りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 友人関係


友人からラインがきた。
また例の友人の様子がおかしいとのこと。

2人は家が近いので、
たまに一緒にウォーキングをするらしい。 
で、いつもの道を彼女が間違えてるので、違うと言っても
全く聞き入れず、どんどん違う方へ行き、
遠回りをしてくたくたになったそうだ。

間違いや記憶のずれなどを訂正しても
聞き入れないことに疲れている様子。

まるで、認知症の高齢者の話を聞いているみたいだ。
うちの父親も、かなり頑固で歳相応の認知症もでているが、
全く人の話を聞かないという事はない。
人のよって違うのかもしれないが、
彼女はまだ若い。

認知症ではなく、他の病気のせいだったり、
何か原因があるかもしれない。
甲状腺は完治しているそう。
仕事には影響は無いのだろうか。

他にも、温泉でロッカーの鍵が無くなったと言い、
従業員の人を巻き込んで、あちこち探し回った結果、
服にひっかかっていたとかで、それを笑って話していたという。

物を無くしたと探したり、
道を間違えたり、記憶障害があったり、
被害妄想が出たり…放置してて大丈夫だろうか。

ellycollection097_TP_V

家族は気が付かないのだろうか。
職場の人もおかしいなと感じたら
ご主人や娘さんに連絡するだろうし、
今は、まだそこまでトラブルにはなっていないのだろう。

本人が気にしていないのがむしろ怖い。
本人が自分は何かおかしいと感じて、早く病院で検査してもらえれば、
治療で治るかもしれない。

このまま放置していくと
悪化していくんじゃないかと心配になる。
私は、コロナ禍になってから会っていないし、
友人の話でしか知らない。
実際に本人に会わないと真実はわからない。

私が離れた場所でいくら心配してもどうにもならない。
友人も私と同じ気持ちのようだが、
どうしようもなくて、連絡をしてくる。

コロナ禍になってから、まさか!な事ばかり起こっている気がする。


久し振りに、故郷に住む友人にメールしてみた。
元々は今の土地で知り合ったのだが、
同郷だとわかり、仲良くなった人。

でも、彼女はご主人のDVに苦しんだ結果、離婚し、実家へ帰って行った。
実家に帰った後は、気を紛らすかのように必死で働いていた。
帰省した時に会おうと言っていたが、
コロナ禍になり、疎遠に。

返信が来た。
「あなたの事をふと思い出して、どうしているかなと思っていたら
メールがきて、びっくりした」
と驚いていた。
ラインの登録をしあって、絶対会おうねとなった。

もっと嬉しい事がある。
彼女がまたこの土地に戻り、暮す予定だとのこと。
娘さんが出産されたそうで、同居するのだろうか?
きっと色々、若夫婦を助けてあげるのだろうな。
優しい、世話好きな人だから。

とても苦労していた頃を知っているから、
すっかり自分らしさを取り戻し、元気になっている様で
とにかく嬉しかった。
23ellyri529F_TP_V

それにしても、長年実家に戻って生活を立て直し、
再びここに戻ろうと決めたタイミングで、
私が突然連絡をしたというのも、面白い偶然。
彼女がびっくりしたのもわかる。
私には、他にもそういう面白い偶然が結構ある。

「今、まさに~したところだったから、タイミングよすぎて、びっくりした!」
と、よく言われる。

どうでもいい事で、凄い確率の偶然があって、面白い。

気の合う人とは、何か通じるものがあるのかもしれない。
目に見えない通信網?みたいな?

それにしても、旦那さんからの被害にあってて悩んでいた県外にいる友人たち、
離婚、死別などで縁が切れた後、
これも偶然か、同時期にお孫さんが生れて、お世話するのも嬉しそう。
羨ましいな。私も早く縁を切り、すっきりするべきだよな、と思えて来る。

同郷の友人が近くに住むことになると、とても心強い。


 


最近、食欲がでてきて
動かないくせに良く食べるからお腹が出てきてみっともない姿に。
ただ、貧血は治って来たと思う。
以前は、栄養が足りていなかったのかな。

私の場合、見苦しくても太る方が健康にはいいのかもしれない。
が、生活習慣病予備軍になりそうなので、運動はやらなくては。

何より、認知症が一番怖い。
周りに迷惑をかけるのだけは避けたい。

先日病気になった友人は、
記憶障害がでてきているらしい。
普通に仕事や生活をしているそうだけど、
急に話が変わったり、数年の記憶が飛んだり、
訂正しても理解できないらしい。
elly2252803_TP_V

そして、会う約束をしていたが、当日朝キャンセルしてきた。
理由が「自分だけ老けて見えるし、気おくれする」と。
そんな事を気にするタイプだった?本当の理由は?
嫌いになったの?どうしたのと思った。
(思っただけで、直接は聞いていない。)

スタイルはいいし、活動的で彼女は若々しい。
そんな事を気にする人には思えなかった。

もう1人の友人に話を聞くと、
「どうも、今5年前で時間が止まっており、
私たちの年齢も顔も当時の記憶のままで、
自分だけが歳をとったと信じ込んでいる様子。
私たちの年齢も間違えているし、訂正しても聞かない」そうだ。

病気のせいでそうなったのかも。原因はわからない。

「病気でやつれたし、今は人に会いたくない」
という事かなとも思うが、それなら理解できるし
無理に誘わない。聞くとそうでは無い様だ。

聞いてはいたが、彼女の記憶障害と人格の変化には
ショックを受けた。

仕事もしているし、会話や行動自体はそこまで問題にはなっていないのだろう。
(去年、指定された場所と正反対の方向に行っていたと聞いたが大丈夫だろうか)
本人は、自分の記憶障害や、異変には気が付いていない様子。

しばらく会わない間に
人はこんなに変わってしまうのかとショックで落ち込んだ。

老化では済まされない、脳の変化は怖い。
人を変えてしまう。自分がかわっていくなんて、とても怖い。




コロナ禍で、何度か会おうとして
タイミングを失い、そのままになっていた友人と
やっと会う約束をした。

お互いの家が遠く、住所も知らないが長い付き合い。
近ければ、どこかで会ったりするだろうが
職場も変わったし、なかなか連絡もとらずじまいだった。

この土地にきて、長年経つが
色んな友人、ママ友ができては次第に疎遠になっていった。
遠慮なく話せる同郷の1人は地元に帰ってしまい、
残った友人とどうにか縁が切れずにいる。

歳をとると、その場の仲良しにはなれるが、
長く付き合える友人はなかなかできない。
私の場合、引っ越しの連続で、一生付き合える友人は、県外にいる。
コロナと母の事が無かったら、
県外の友人に会いにいく予定だった。

コロナ禍のせいかもしれないが、
最近人と会うのが面倒になってきていた。

1人家で海外ドラマにはまる楽しみ、
子ども達と話せばそれで寂しくもなく、
気が付けば、友人と連絡もとらなくなっていた。
16ellyri529C_TP_V

母の事で頭がいっぱいだった時期は除いて、
これではいけない、こうだからダメなんだと
自分の引きこもり癖が嫌になってきた。

で、やっと来週会う約束をした。
数か月、会わないうちに、
友人の1人は、手術をしていて、まだ検査が必要な状態らしい。
自分よりも年上で、活動的ですらっとしていて
病気とは縁が無さそうな人なので、びっくりした。

その人は、御主人と二人暮らしで、
ごく普通の幸せな家庭生活を過ごしている。
が、御主人も大きな手術をされたばかり。

でも、お姉さんや結婚された子どもさんもおられるし、
夫婦で支え合って乗り切ることだろう。

うちは、どちらかが病気になったら
どうなる事やら、だ。


 


遠方の友人に久し振りに連絡をとってみた。

別居中だったご主人が2年前に亡くなられ、
今は落ち着いて、のびのびと暮らせて楽しいとのこと。
お孫さんが誕生されて、3カ月だそうだ。
お手伝いに通っているらしい。
色々、御主人の問題で苦労していたが、
今やっと、平穏な日々を取り戻している。

その上、お孫さんも生まれ、幸せそうだった。
elly134090143_TP_V (1)

母は、父のDVが辛い時、
いつか自分が父を看取り、自由なお1人様生活が来ると信じていて、
その日を夢みて、耐えていた。
だから母の悔しさがよくわかる。
今の私も似た様なものだから。
父が1人残らない方が良いと思っていたが、
その不安は現実になった。

人生の後半に来たら、後悔しない生き方をしたい。
かといって、夫みたいに、人を犠牲にしてまで
我儘に生きればいいという解釈はしない。

来年あたりは、友人に会いに行きたい。
彼女は、私の素を知っている貴重な人。

会うと何時間あっても話し足りない事だろう。
何か楽しい計画を作るだけで、心が少し晴れて来る。
我慢した分、実現した時の喜びが大きい。




今は付き合いの無いママ友の1人のことがふと気になった。
家は離れており、子ども同士も連絡を取っていない。

前に、子どもに聞いたが、その家の子がどうしているのかを
他の友人に聞いても、誰も知らないとのこと。

突然電話するのも変だし、
家の前を通ると、誰かは住んでいる様子。

人付き合いの活発な人だったので
近況を誰も知らないなんておかしいと思っていた。

たまたま自分の周囲の人が付き合いが無くなったのだと思う。

しばらく忘れていたところ、
子どもから情報が入った。
ご夫婦と下のお子さんだけで、遠くに引っ越していた。
今まで住んでいた家には、上の子どもさん(成人している)が住んでいるとか。

今までの家は持ち家で、まだ新しいのだが、もう1軒買ったらしい。
御主人は高収入だと(聞いていないのに向こうから)話していたので、
もっと広い、良い家に住みたくなったということかなと思った。
羨ましい話だ。

引越した理由は、それだけではなかった様だ。
奥さんがご近所でトラブルを起こし、居づらくなった事、
末っ子の子どもさんが、学校でトラブルが多く、
親同士のもめ事に発展などなど…が原因で、
もうこの校区にはいたくないという事になり
遠くに引越したと聞いた。

そう言えば、このママ友と接触があった頃、
まだ下のお子さんは幼稚園だった。
子どもさんが、問題行動があると、何度も園長からママ友は説教されたとか、
「お友達にすぐ暴力を振るうらしいの、家でどんな育て方をしてますか、って言われるのよ、
失礼よね。頭にきたから、園長に文句を言ってやったわ」
と話していた。
その後、小学校に入学した後も、
色々トラブルが多く、毎日学校に呼び出されてると言っていた。

013ameman54_TP_V4


末っ子だけは、ご主人が甘く、何をしても怒らない、
お金を使う事を惜しまず、
我儘放題だと言っていた。それが原因かどうかはわからない。
問題が起きる度、引っ越ししていたら大変だと思う。

お金があって、御主人の理解があるからこの方は恵まれている。
外ともめても、家族の絆はしっかりしており、仲良いそうだ。

それが一番の幸せだろう。姑と同じタイプ。旦那さんがずっとそばについていてくれた。

このママ友は、自分にあう結婚相手を選ぶ目はばっちりだったんだなと思う。
これからこの家族がどうなるのか、
幸あれと祈るしかない。いつかどこかでばったり会うかも?
その時、お互い笑顔で話せたらいいな。


ああ、宝くじが当たらないかなあ。
私も遠くに家を買って引越したい。呑気に1人暮らししたいなあ。
勿論、夫には言わずに。
その時は、他人になってるし。

と、夢に逃げる私なのだった(笑)






親しい友人は、今の土地にはあまりいない。
これまでで、一番長く住んでいるのに。
沢山の人と知りあって、その時々で仲良くしていたが
お互いの環境が変わる度に連絡をしなくなっていった。

電話が嫌いなので、連絡はメールやライン。
若い時は、全国あちこちにいる友人に手紙を良く書いていた。
今ではすっかりご無沙汰。

母とだけは、長い年月、途切れることなく電話で話してきた。
亡くなる二日前まで。
ストレスだった元気な頃の母の愚痴電話も
今では懐かしく、寂しくなると
時々、留守電に残った母の声を聴いてみたりする。

電話って、相手の状況がわからないから
他人の場合、迷惑じゃないかと気を使う。
人の家にずかずかと土足で踏み込むみたいで。
だから、好きじゃない。

既読がつくラインも他人とやるのはあまり好きでは無く、
社交的な人から見れば、信じられないことだろう。

ある人などは、毎日誰かと話さないと不安みたいで
あちこち電話しては長く話し込んで、気分を落ち着かせている様だ。
常に誰かと一緒に何かしないと落ち着かない、
誘って買い物に行ったり、遊びに行ったりしている。

私にはそれができない。疲れてしまう。
ellycollection006_TP_V

私は、1人で過ごすのは苦痛では無い。

散歩はしたい時に1人でゆっくり楽しみたい。買い物も。
人と一緒だと楽しめない。

1人でカフェで過ごしたり、ランチを食べたりするのが楽しい。
その時間が精神安定剤だ。
だから、友人はできないのだろう。
拒否しているような雰囲気を出してるのかもしれない。

今更、友人は増えなくていいと思っている。
全国あちこちにいてくれる。
会えないだけで、心は通じている。(と勝手に思っている。)
何故、そう思えるのか?
以前、大きな災害に合った時、
あちこちの友人から、心配の手紙、メール、宅配便などが
届いて、びっくりしたと同時に、感謝の気持ちでいっぱいになった。
自分の事を気にしてくれる人がいてくれるというのが
とても嬉しかった。

離れていても、通じているんだと。

子ども達も近くにいてくれるし
まだまだ、自分の役割はありそうだ。



友人が沢山いて、賑やかで楽しそうな場面をSNSにアップして、
自己アピールする?のが、世の中の傾向だったらしいが、
最近は、1人でも楽しい、友人が少なくても充実しているよ、
という事をアピールする傾向に変化してきているらしい。
コロナ禍が拍車をかけたのかもしれない。

1人キャンプも流行ってるし、
1人で外食もいいし、
遊びに1人でいくのもいい、
それもまた楽しということ。

「ついに私の時代がキター!」と思った。(笑)

多くの人と接する仕事は、意外と自分に合っていた。
自分は人間好きだとわかった。

それが、私的な時間になると
1人でいる方が良いと感じる。

子どもの時から雨の日が好きだった。
「子どもは子どもらしく外で元気に遊べ」と強制されるのが苦痛で
雨なら、堂々と家で過ごせたから。

家族旅行にも行った事が無い家庭だったので
進学で実家を出てから、自分の視野の狭さ、経験不足を思い知った。

なにより、出会う友人達が、活動的で、やりたい事をすぐに実行していた。
活き活きしていて、細かい事は気にしない。
そういう性格の人達を見て憧れた。
田舎者の自分を変えたいと思った。

友人に刺激を受け、真似をして
なりたい自分になろうとした。

その時の経験が、自分を少し変えてくれたと思う。
心が歪んでいた自分に少し自信をつけさせてもらった。

もしかしたら、内向的だと思っていた自分は
本当は、違ったのではないか、親によって抑圧されていたのかなと思うほど、変わった。
親から離れた事も良かったし、出会った友人にも恵まれていた。

私の性格が急に変わった、と親が話していたらしい。

大人しく弱虫で、従順だったのが
活発で強くなり、口が悪くなったと感じた様で、
母から注意されたこともあった。

親に、押し付けられ、演じていた性格でもあったから
大人になったら、自分の性格は自分で作るぞと思った。
PENTAFANPK98003_TP_V

それが、結婚したら、夫に抑圧される事になったわけで。

理不尽な怒りと不安を与えられる生活で
自分らしさは消えてしまった。というかそれがモラハラ人間の目的。

今では、やっと山を越え、振り切れた。
法的に縁を切るまでは、片隅に不安はある。
でも、負けない。これからは、自分らしく生きて行こうと思っている。

が、もう昔ほど力は無い。
長い間、神経を擦り減らしてきた。
ちょっとしたストレスで、すぐに体調や気分が悪くなる。

これも、DV被害の後遺症か。
弟みたいに、近くに親がいて、
何もかも甘えて利用しまくっていたら
全然違っていたと思う。
まあ。親が近くにいても、私のことは助けなかっただろうが。
息子だから大事にしてきたのだから。
(親は裏切られた訳だけど)     続く







しばらくは、友人とメールやラインのやりとりも
気が乗らず、急ぎ以外は後回しにしていた。

このままではいけないと思い、あちこちの友人に連絡をしてみた。 

県外のなかなか会えない人、
今の土地での少ない友人、

昨年ランチに誘われても、コロナ禍や母のこともあって
何度も断っていた。

顔は見えないが、ラインやメールだけでも
久し振りに連絡がとれると、感動がある。

メール、ライン、携帯電話が当然の世の中になって
つくづく便利になった。(老人か?)

電話が苦手な自分にとっては、メールやラインはとても助かる。

新婚の頃は、友人と手紙のやりとりを良くしていた。

C824_ohanatotegami_TP_V

今思えば、手紙は後に残るのでまずかったかも?
処分してくれているかなと心配になる。

ストレスを手紙のやりとりで発散していたから。

今は、相手に残るものは神経を使って送っている。

結局、電話がいいという事か。

話し始めると止まらなくなりそう。
おばちゃん同士の会話だから(笑)…。
  
明日、久しぶりに友人に会う。

コロナが怖いので、
それなりの場所を友人が選んでくれた。

気をつけて会ってこよう。

先日、久し振りに古い友人からメールが来た。スマホ、携帯でもメールやラインをしない人なので、パソコンでやりとり。

明るい話をなるべくしようと、お互い気を使ってやり取りしていた。
すると昨日、「実は…」とちょっと深刻な感じの返信が来た。

NKJ56_coffeecok

ご主人が嫌になり、家を出たというのだ。
近所に部屋を借りて1人で暮らしているという。子どもさんは結婚されて心配はない。

以前のやり取りで、何となくご主人に何か不満がある様な感じだった。具体的には聞いていない。

アパートを借りるのは経済的に大変だろう。パートをやめると生活できないと言っていた。

一時的なご主人への警告の意味で、行動にでたらしいが、うまく収まってまた帰宅できたらよいなと思う。

年齢的に考えて、人の性格は変わらないと思うから、大変だろうなあ。

離婚の準備?いやまだそこまで決心している感じではなかった。ご主人に変わってもらうことを期待している様だった。うちと違って、本質的なところが良い人なのだろう。

うちは、夫の方から出て行ったのが、今となっては良かった。

当時は、夫の身勝手な行動に怒りしかなかったが、今ではもう帰らないでほしいと願う。

夫は、もう誰かと生活することはできないだろう。自分勝手に生きていく癖がついている。
仮に帰ってきても、またすぐ嘘の理由をつくって出ていくと思う。

自分が寝込んで動けない時だけ、利用するつもりだろうが、そうはいかない。

友人はずっとパートだったので、年金も少ないし、縁をきって自分だけが老後破産するのも納得いかないというところだろう。

多くの奥様が熟年離婚できない理由はそういう面が大きい。

正社員で働き続けられたら良かったが、子どもができれば女性だけが負担を強いられ、パートにならざるを得なくなる。
うちみたいに、夫に振り回されたあげく誰も知り合いのいない土地で放り出されたら、尚更だ。

正社員の仕事ができなくなる状況に追い込んだ夫が「もっと働いて稼げ」と言うのは腹が立つ。

友人ときちんと話をしたいのだが、遠く離れていてすぐに会えない。

近い未来に、会いに行こう。

新しい目標ができた。


↑このページのトップヘ