りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

父のこと

帰宅してから、父に会った事を弟にラインした。父とどんな会話をしたのか気になった様で、電話がきた。実家が行く度に不衛生になっていること、近いうちにまた行くので、一緒に大掃除をしようと提案した。やはり弟は自分がこれまで放置してきた事を気にしているのか、乗り気
『弟と実家について話す』の画像

一昨日、下の子が来て「数日休みをとったからどこか県外に1泊で行きたい」と誘って来た。子の会社では、社員に定期的に数日の休暇をとらせる様になっており、家で休んでも落ち着かないし、現実からちょっと離れないと気が休まらないと言う。で、県外で慣れている旅行先と言
『急遽、小旅行へ』の画像

コロナ禍になるずっと前に、子どものアレルギーからくる咳が気になり、パルオキシメーターを購入していた。両親もまだ元気な頃で、いつかは親の介護で使えるかもと思っていた。今我が家にある物よりも、高くて精度の良い物だ。当時、試しに親にも使ってみようと思い、帰省時
『父にあげたパルオキシメーター』の画像

朝早くに目が覚め二度寝したら、珍しく父の夢を見た。目が覚める前に見たのではっきり覚えている。内容は~実家に私が1人で帰省したら留守で、家の中に入ると、とても綺麗に掃除がしてある。これならいつでも泊まれるな、と父の変化を喜ぶ私。しかも、私の部屋まで用意して
『父の夢を見た』の画像

八代亜紀を聴いていたら、両親が若かった頃の様子が浮かんでくる。苦労を乗り越え、戦後の日本を立て直した昭和初期生まれの人達。戦後から平成までの日本が一番キラキラしていた時代にバリバリ働き、子育てをしていた世代。苦労は報われ、夢のある時代に生き、ゆとりのある
『父の変化に心が揺らぐ』の画像

父は、歳相応の脳の老化で、私の子どもの事、孫の名前も忘れて居た。話し出すと、ああそうだったねと思い出す。まだ私の存在、顔は覚えているのでほっとする。会わないでいると、忘れてしまうのだろうなあ。それにしても、父の足腰の強さには驚いた。私の古い荷物が出て来た
『涙が出そう』の画像

昨日は、ぐったり疲れて爆睡した。爆睡した後は気分が良い。同じ1日でもただ普通に過ごすのと、環境を変えるのとでは時間の早さが違うといつも思う。実家に着いた時は、父が眼科からまだ帰宅しておらず、合鍵で家に入って待っていた。付き添いの弟に連絡し、父にも伝えて貰
『父の疲れと孤独感』の画像

弟からラインが来る度どきっとする。父に何かあったのかとつい思ってしまう。昨日、弟から「墓参りに帰ると父に電話したんだって?」とラインが来た。私はいつも弟に連絡して父には弟経由で伝えてもらう。電話だと耳が遠い父と話が通じない気がして、弟に送迎してもらったり
『父の認知症』の画像

暑さももう少しの辛抱。やっと秋が来る。気候が良い期間が限られ 、その中で色んな行事や用事などが殺到してしまう。今年こそは秋に旅行して友人に会いたいと思っていた。が、コロナが蔓延、マスクをしない人が増え旅行にいったまま帰れなくなったらと思うと不安になる。父の
『秋なのに』の画像

今頃になって、身内二人との別れがまだ心のどこかに影を落としていると感じる。 秋を感じ始めたせい?1人暮らしになったから?変な不安感や焦りが沸いてくる。あの世はあるのだろうかと答えのない考えが浮かんでは消える。弟から久し振りにラインがきて色々忙しかったらし
『行動できない自分』の画像

↑このページのトップヘ