りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:夫のこと > 離婚について


昨夜は重苦しい気分だった。
母の時とは全く違う。 
予想もしない突然の別れはショックが大きい。

こんな時にこの寒さ、気候、コロナ禍、
外が暗いと、心まで落ち込む。

自分には直接影響のない人であっても、
父、弟には何だかの心境の変化が起きるのでは、と
嫌な予感がする。

遠くで呑気に自分勝手に過ごしている夫を思うと
益々怒りが増してくる。
連絡しても不快になるだけ。口先だけ驚いて、
かといって、他人事で、1円の香典も出すはずもなく、
人の不幸を喜ぶ人だから、今は連絡はしない。

もう夫は、自ら他人という位置になっている。
自分が得をする時、人を利用する時のみ、身内面する。
あまりにバレバレな演技をするので、
もううんざり。期待することも本人に注意するのもやめた。

言いたい事は山ほどある。
言えばいうほど空回りで傷つくので言わない事がまたストレス。

ellycollection000_TP_V

縁を切りたくない弟夫婦の縁が切れてしまい、
縁を切りたい我が夫婦の縁が切れないなんておかしいと思ってしまう。

弟嫁と同じ年齢かそれより若くして急死した知り合いは多い。
ここ数年の間に続いている。
また?もう嫌だ、と思う。

そして、明日は我が身。
父より先に私や弟がいなくなる可能性もある。
私より夫が長生きしたら、どんな迷惑をかけてくるかわからない。

子ども達のことがまた心配になってくる。
戸籍上の親子の縁をきることが可能なら、
心配事は消えて、今すぐきっぱり縁を切るのに。

配偶者との別れに悲しむ弟、
別れたいのに別れられないと嘆く私。
立場が逆だったら良かったのに。



たまたま目にしたブログの中に、
我が家とよく似たお宅の奥様のブログがあった。

ご主人と同居しているところは違うので、
その点は自分の方が恵まれているのかも。
一番違うのは、奥様が私よりずっと優しくて努力家という事。
(だからこそ、被害にあいやすい?)

一番共感した部分は、
”ずっと離婚を考え、迷ってきたけど
自分は他人になれても、子ども達は縁が切れない。
だから、離婚後夫に何かあった時、子どもに連絡が行き、
子が夫の世話をすることになってしまう。
だから躊躇してしまう。”というところ。

こういう事が、現実の話としてある。↓

息子さんが赤ん坊の時に離婚し、
早くに再婚をした知り合いがいる。
息子さんは、再婚相手を本当の父親と信じて育った。
離婚して20年が過ぎた頃、
突然、警察からその知り合いに電話がかかってきた。

元夫が家の中で倒れていたと言う。元夫は1人暮らしだった。
元夫の親族がすぐに駆けつけているにも関わらず、
(離婚しても元妻と子どもが優先されるのか)
警察は「(元夫の)親族の方が世話をしたいと言われていますが、
先に、そちらの意志を伺おうと思いまして」
と聞いたそうだ。
警察が、戸籍から追って、連絡先を調べたらしい。

知り合いは「もう長年会ってもいないし、関係ありません。
子どもは、父親の顔も存在も知りません。そちらの親族の方にお任せします」
と答えたそうだ。
それで終わったのだが、警察はしつこく息子さんについての質問をしてきて、
息子さんにも電話しようとしていた。

母親が再婚だったことも、本当の父親が他にいる事も知らない息子さんに、
いきなり警察から電話が来て、その事実を知らされたあげく
あなたがお世話しますか?と聞かれても、
ショックと混乱で戸惑うだろう。と慌てた知り合いは、

「息子に連絡するのはやめてほしい」と頼んで、それは避けられたが、
実は、警察は、母親にかける前に、すでに電話をかけていたのだった。

たまたま、息子さんが電話に出なかったから良かったが
出ていたら、警察は奥さんに連絡せず、
まだ大学生の息子さんとだけで、話を決めようとしていたらしい。
当然、母親と相談してから返事しますとはなっただろうが。

ellycollection081_TP_V

成人したし、そろそろ機会を見て父親のことを話そうと思っていたそう。
警察は、戸籍を見て、元夫の親族からも事情を聞いて、
赤ん坊の時に離婚していて、それっきりなのを知っていたはずなのに
いくら相続人だからと言って、真っ先に子どもに連絡するのかと驚いた。
本当に形式的。家庭の事情まで想像もしない。

こういう話を聞くと、
我が家の場合は、もう大人だし何もかもわかっているので、
先に子に連絡が行くのは構わないが、
やっぱり、どんなに疎遠でも、相続人は縁を切れないのが困る。

夫は、もし私と縁が切れたら、それを良い事に
堂々と子ども達に執着し、搾取し、介護もさせるという恐れは充分ある。

このブログの奥様も、似た様な不安を持っていて
”子ども達に迷惑をかけたくない”気持ち、
それが離婚に踏み切れない一番の理由とのことだった。

”夫が介護状態になったら絶対に世話なんかしたくない。
まず、年金も少なすぎる夫の世話までさせられたら
共倒れになる。何故、長年犠牲になってきた自分が
加害者の世話までして、老後を縛られないといけないのか、
と思うと、縁を切りたくなる。”
と言う点も共感した。

家族が拒否し、誰も面倒見る人がいなければ
後見人という制度もある。
が、そこまで強く突き離せるのか。

若い時に離婚し、長年全く会ってもいない、
どこにいるかもわからない、存在も忘れていたような関係なら
もう、縁をきっているからと扶養拒否できるのだろうが、
熟年離婚の場合は、親子でよっぽど恨みを持たないと
なかなか割り切れないかもしれない。
(夫の嘘を信じたままの)夫の親族からの反発も気にすると思う。


ブログ上の話ではあるが、
似た様な悩みを持つ人がいるだけで少し救われる思いがした。




 


家でパソコンいじっていたら
子ども達へ伝えたい事を書いた手紙がワードに残っていた。 
いつ自分に何が起こるかわからないし、
私がいなくなったら、夫から子ども達が被害にあいそうな気がして
気を付けてほしいことなどを書いた手紙だ。

去年書いたのを忘れていた。
印刷しておらず、下書きのつもりで、
自分の不安を落ち着かせる為に、思ったままを書いたものだ。

読み返すと、印刷して保管しといた方がいいかもと思った。

途中、いくつか書き直して、日付を今日に変えて、印刷した。
自分に何かあった時、家族が必ず見るであろう書類のケースに入れた。

夫が見ないよう、封をして子ども宛に名前を書いてある。
夫に見られたとしても構わない。すでに子ども達には話してあること。
定期的に見直して、書き直していくつもり。

私がいかに結婚を後悔して、怒っているか、
夫に洗脳されていなかったか、がわかるはず。
それを伝えられるのも良い。

3枚の紙に、ざっと夫の性格、夫のしてきたこれまでの事実、
何かあったら、こうしてほしいと言う内容を書いた。

それだけでも、少し落ち着く。
何もしないよりは。

もう夫に手を差し伸べる人は誰もいない。

両親が生きている時は夫は強気だった。
そもそも、親の真似をしているようなものだし、
最後は実家に逃げようと安心していたはずだ。
30ellyri529F_TP_V

今では、義兄しかいない。嘘か本当か、今は仲が悪い?
確かに、独身時から、義兄夫婦に迷惑ばかりかけてきたらしく、
義兄嫁とは険悪だし、こんな歳になるまでゴタゴタする弟に、義兄は
もう勘弁してほしいと思っている気がする。
夫は義兄夫婦をもめさせようと企んでいた位だ。
兄を利用するのに、奥さんが邪魔だったから。

孤独になって、自分の甘さを思い知ると良い。

私が別れをほのめかすと、突然帰宅し、強引に同居する可能性がある。
自分勝手で衝動的な人間。
人との同居は夫の方が無理だと思うから、
またすぐに出ていく気がするが、その時に
私や子ども達に被害を与えそうな気がするのだ。

縁をすんなり切れるような相手じゃないので
チャンスを待つしかない。
別居している今の方がチャンスなのになあ。

世の中には、若い時に、家庭を蔑ろにし、毒夫、毒父だった人が
老後、妻子から見放され、孤独になり、
福祉のお世話になっている老人が
結構多く存在する事も知っている。

今すでに、もうあんな人のこと、どうでもいいと思っている。



久し振りに、明け方まで家で仕事した。
睡眠時間が足りないのに、充実感の方が勝っていて、
何故か、元気に乗り切った。
その日の夜は、早めに寝たので、ぐっすり眠れた。 

目も疲れているはずだし、こんな時に酷使したらよくないのではと
不安だったが、途中目薬をさしたり、
白湯を飲んだりして、気分をごまかしながらやったら、大丈夫だった。

調子が悪い時なら、ふらふらして最悪だったと思う。
どうしてこんなに日によって、体調が違い過ぎるのだろうか。

そして、気分の影響がすぐに身体に表れるということもわかった。

不安が一番良くない。
夫は故意に私に不安にさせる事ばかりを話して、
エネルギーを奪い、弱らせ、自分の言いなりに動くように洗脳しようとした。

都合悪くなると、嘘を言って誤魔化し、
その場をしのぎ、またすぐに脅迫をしてくる。
自分は好きに生きたいが、家族はいざ利用する為、世間の信用に為にキープしたい。
どうにかして騙して、我儘を通したい男。
妻が稼いで、俺様を遊ばせないのが悪い。
妻の親も同罪だ、という潜在意識を感じる。

自分から離れない様に、経済的に困らせて、
自立できないようにしよう。子どもを人質に。
という、矛盾したことを考えて居る。


25ellyri529F_TP_V

もううんざり。
最近、離婚してもスッキリしない気がしてくる。
何故かなと自己分析してみた。
今の自分は、復讐をしたいのが一番の願望の様だ。
離婚とかどうでも良くて、
届けを突きつけることが、復讐になるかもと思っている。

でも、そうじゃなかったら?
相手が強気になって、被害者ぶって、泥沼になったら
復讐どころじゃなくなる。

まずは、夫が悔しがって、落ち込むのを見たい。
孤立し、弱り切ったところで、届けを出すのが理想。

本当はそれじゃいけないのだ。
復讐とか、どうでも良くて、さっさと縁を切るのがいい。
相手がどう思おうが、どうでもいいと思わなきゃいけないのだ。

怒りを持つ間は。まだ期待があると誰かが言ってた。
期待どころか、もっと嫌な目にあう不安があるというのに。

自分がどうしたいのか、迷っているのは
ずっとストレスが続くということ。
自分の人生、楽しく、健康で長生きする為には
早く解決しないといけないのにと思いながら、
チャンスをじっと待つ日々。

早く何かが起きてほしい。



最近、離婚の時期や方法をあれこれ考えている。

熟年離婚は生活が大変だから我慢して、遺族年金を待った方がいいと言う人もいる。
わかっているけど、いつになることやら、どうせわずかな年金だし。
その前に私が病気になったら、大変だ。

夫は、責任をとりたくないから
わざと私から言わせて、自分の得になるように仕向けている可能性もある。
そして、わざとらしく、別れたくないけどどうしてもというなら、
私からの慰謝料で解決しようとか、裏で誰かにそそのかされているんだろうとか、
(自分が嫌われるはずがないと思いたい)
子ども達とはずっと仲良くしていくから、と
色々勝手な条件をつけてくると思う、
まるで、最高の夫であったかの様に振る舞い、
こんな自分と別れたい理由がわからない、
妻の我儘だという事に話を変えていく。

世間体を繕う為に、嘘を周囲に言いふらすのは間違いない。
というか、もうそんな手は通じないと思う。
aig-mid22922-400-xl_TP_V

これまで、人間関係のトラブルは
いつも夫が原因だったのに、こういう妄想を言い触らして
自己弁護をしていた。
だから、夫を憎む人が次々と増えていく。

言いなりに、私が許してきたとか、
夫に屈していたとか、へたすると別居は家族の希望だったと言いかねない。
こんな人間の自分勝手が許されるなんて理不尽だ。

私がこんな事ばかり考えて居る間に、
調子に乗っている夫は、年2回の旅行中。
今年は、3回に増えている様で、景気が良さそう。
その分、こっちが被害にあってて、恨みが積っているのをわかっていない。
まとめて、自分に返ってくることも想像していない。
何をやっても、うまくいけてる俺、凄い、
この調子で、好き放題していこうと思っている、おめでたい人。

調停はしんどいけど、もしそうなったら
夫は間違いなく不利。
ありえない行動の数々。誰も味方はしないだろう。

自分を大事にしたければ、もっと人を大事にするはずだ。
どう考えても、人として大事な面が欠けている。

私は、強く願い、準備をしていれば、
きっとチャンスがくるものだと信じるタイプ。
チャンスに気が付くかどうかだと思う。
きっと、来ると信じている。



以前に比べれば、たいしたことはないが、
今の夫の何がストレスかと考えたら、
 〇1年以上経っても未だに引っ越しした事を教えない、
 〇自分の一部の税金納付までこちらに押し付けようとする、
 〇離婚したいが、向こうの嫌がらせが不安、子ども達を守りたい、
など色々思えばきりがない。

年金分割などの手続きのやり方も調べてみたが
夫の転職の多さに、書類記入がかなり面倒。
年金額の少ない夫からは、分割金額はほんの少しだけど。
3号の分けられる期間も少ないし、平成20年以前の分は、
夫が自分で手続きしないと分けられない。
額が少なければ、諦めてもいい。

離婚前なら、こっそり額を調べられるようで、
面倒だが、やってみようと思う。

夫は、責任を負いたくない人、家族は利用するだけの存在、
それができないなら邪魔、家族に1円も使いたくない、
むしろ、家族から搾取して当たり前と思っている。

自分から離婚を言い出すと、損をするから
妻から言い出す様に仕向け、自分が得をする形でなら
(私からお金をとる)縁をきってもいいと、被害者の立場になろうとする。
aig-ai221017257-xl_TP_V

だから、いざ届けをむこうに送りつける時は、
夫がサインせざるをえない理由をつけて、
今後、一切子ども達に迷惑をかけないように約束してもらう形にしたい。

一番心配しているのは
別れを切りだされた時、夫が、突然自宅に戻り、
子ども達に執着し、何事も無かった様に居座ろうとすること。

今の夫の様子では、
何をしても私が絶対縁を切らないと思っているのか。
「指導してやる」が口癖なので
嫌がらせは「お仕置き」のつもりなのだ。
お仕置きどころか、自分の首をしめているってことに気が付いていない。

それにしても、一生懸命仕事して
責任感もあって、真面目な人たちが病気になったり、
若い人たちが、命の危機にあうニュースを見ると、
どうしてと納得がいかない。
そして、何故、罰が当たるべき人が平然と
自分の罪に気が付かずに生きているのかと怒りが沸いてくる。




ブログに書いたからか、
夫が夢に出て来た。
なので朝から気分が悪い。
夢の中で、突然帰宅してきて、偉そうに指図した。
私は、とぼけて聞こえないふりをしたり、
接触しないように、避ける夢だった。

現実でもありえそうな内容。
ああ、嫌だ。

これまで、夢に出て来た時は
夫が何か失敗をしでかしたり、悪い事を企んでいる事が多かった。

今、家庭の事で、夫が何か考えて居るとすると、
(自分の存在アピールの為に、ぬきうちで帰りたいが、
旅費を使うのももったいないし、お金が無いという嘘がばれる。
そして、これまで無視して妻に押し付けている支払い分を
催促されるだろう。困ったな。)
と、色々考えて居ると思う。
自分で自分の首を絞めている。

自宅よりも遠く、旅費もかかる(義兄の物となった)実家にはよく帰省している。
世間には、自宅に帰宅しているふりをしているようだ。
昨年、引っ越しした事も、まだ教えない。
嘘まみれのNPD.。
私には、全て内緒にしているが、嘘はとっくにばれているぞ。

(このまま長く帰宅せず、連絡も無視し続けると、
調停や裁判になった時に不利になるしな。
どうにか、自分が有責にならず、損をしないように)と、
夫ならそういう事しか頭に無い。
常に計算ばかりで(間違っているが)後悔とか、反省とか、
他者に対する情や気持ちが無いのだ。


susipaku211-app92212_TP_V

気を紛らそうと、年金分割のやり方を再び調べた。
夫があまりに転職が多く、
払っていなかったり、収入も安定していなかったので
いざという時、書類を書くのが大変になりそう。

まあでも、その時がきたら、縁がきれるという喜びで、苦にはならないだろう。
ほんの少ししか分割されないけど。
慰謝料がとれるものなら、がっぽり請求したいものだ。
取る事はできないとわかっていても、
それなりの気持ちをぶつけたい。

自分なりに、期限を決めている。
今は、証拠集めと準備期間として我慢の日々。

人の人生なんて、あっけない。
どうせ、いつかはこの世からいなくなるのに、
何のために頑張っているのだろう。
と、また思ってしまう。



気候も良いし、本格的に衣換えを始めようと思う。

毎年、着ない服は捨てているが、
夫の服や物を早くどうにかしたい。

全ての物を送りつけたい。
どうせ、自分から出て行ったんだし、
だらしのない性格、どこに何を置いているかも覚えていないだろう。

自分が大事にせず、ごみのように放置したものを
急に思い出しては「大事な物だった。どこへやった」
と言い出す。大事な物なら自分で管理すればいい。
これは、人間関係、家族、仕事も同じ。

自分以外の物を大事にせず、自分から捨てた事を
忘れた頃に「自分にとっては大事だったのに」
「誰かが、自分から奪った。邪魔した」
などと平然と嘘を言う。

仕事で言えば、何度失業しても必死で就活もせず、
ヒモ生活をしたくてたまらないのもわかっていた。
良い仕事があって、勧めても、馬鹿にして放置していた。

それを今になってから「本来、あの仕事で成功しているはずだった。
自分なら今頃、社長だった。なのに、○○が邪魔した」
とまた人のせいにして、言い訳をする。

家族についても同じ。
一番子育ての責任がかかる時期に逃げた。
子育ては大変だけど、それが生きがいだし、親の醍醐味でもある。
子どもと一緒に過ごした大切な思い出が沢山残る。
親子で過ごした生活の記憶が、今後の親子関係に繋がる。
 
離れていても、どうにかして会う努力をすれば、思い出は残る。
そのどうにかして会いたい、という気持ちが夫には全く感じられなかった。
とにかく、子どもにお金を使われるのは嫌だということだけ。
なのに、「本当は子どもと暮らしたかった」
「面倒みたかった。○○のせいでできなかった」
と、間違いなく後から嘘を言い出す。

bakarizmPAR56218_TP_V


結局、自分の我儘な生き方が思い通りにならなかった夫。
私は最初からわかっていたけど、
夫自身は認めていない様だ。
同級生が、老後を家族や夫婦仲良く過ごすのを見て
自分は孤独だと、こんなはずではなかったと焦りだす日が近い。

そして、今更なのに、家族を利用しようと考える。
「自分は本来、家族の為に生きて来たのだから、家族は自分に恩返しをすべきだ」
と。また脳内変換し、世間体のためにも、嘘で取り繕うとする。

だが、現実はそうはいかない。
奴隷にできると甘く見ていた家族は騙せそうにない。
と気が付き始めているかもしれない。

これまでなら、脅しでどうにか黙らせた。
今できる嫌がらせは、妻からの連絡を無視して、困らせる位のもの?
愚かなのは、益々嫌われ、孤立するということがわからないところ。

次のターゲットが簡単に見つかると思っているのだろうか。
いくらなんでも、この歳で、みすぼらしい爺さんなら、もう不可能。

夫にとって、意見を言う家族なんかいない様がいいのだ。
奴隷にならない家族は邪魔なだけなのだ。
自分が搾取できて楽ができるターゲットさえいれば。

長年家族と別居して、偉そうな態度の割に失敗の連続で資産も無い。
転職を繰り返している信用の無い人。
誰が、そんな人を信じると言うのだろう。

「この人、自分のことをわかっていない。恥かしくないのだろうか」
と周囲から異様な目で見られているかもしれない。

その本人が「自分を客観的に見る事が大事です」
と、今日も誰かに説教をしている。(笑)






気候も良いし、連休にはどこかに遊びに行きたかったなあ。

そう言えば、不景気で収入が激減したと言っている夫、
いつも同じ理由をタイミングよく言うので
もう聞き飽きたし、騙されない。

収入にムラがあるのかもしれないが、
無いと言う時に限って、自分の為だけにお金を使っている。
子どもに必要なお金、学費など払う時期になると
必ず、収入が減ったと同じ嘘を繰り返した。

その裏で、高額な買い物や
旅行や、買い物、賭け事、などなどやっていた。
ばれても、また嘘でとぼけていた。
しまいには、「夫が困っている時は、妻がどうにかするものだ」
というガスライテイング、モラハラを繰り返す。

で、今回も。
連絡も無視、税金も払わず人に押し付け、旅行に行っている様だ。
SNSで、いかにも余裕のある実業家みたいに書いている。
無視をすれば、妻が諦めてどうにかするだろうと、
私をうまく騙せていると思っているのだろうな。

はいはい、また証拠ゲット(笑)。
軽蔑しかなく、どうでもいい存在。

誰かに相談する時が来た時、夫はNPDですと言って、
相手の方から即OK,わかった、と言って貰えば
どんなに心強いだろうか。
kusatuIMG_3839_TP_V

対決になった場合、夫は嘘ばかりを周囲に言いふらし、
自分は被害者だと言いだす可能性はある。
調停や裁判になったらと考えると、面倒臭いし
憂うつになってくる。説明する事実があまりに多くて、
それを夫が全否定した場合、どこまで信じてもらえるのかと。
弁護士をお願いするお金も無い。

届を夫に突き出すタイミングを慎重に考えている。
今からでも集めた嘘の証拠を一斉に出して
向こうが何も言えない状況にもっていきたい。
アパートの鍵があればなあ。

もっとボロを出せばいい。
自己満足で、私に罰を与えているつもりなのか、
私が平伏していると調子に乗っているのだろう、

そんな訳ないだろう、調子にのってると
予想もしていない反撃にあうよ、と言いたくなる。

夫は、自分の思いたい様に思いこむので、
私が夫に依存していると、自分から離れるはずがないと
自惚れていたいのだろう。

NPDは、孤独を恐れる。
憐れな末路になるのはもうすぐ。
自業自得。その一言に尽きる。
早くその言葉を相手に呟いて立ち去りたい。


換気扇、フードの交換工事は 、今のが壊れるまで
一旦延期にしたが、見積もりが来た時点で、
金額を夫にはメールで連絡した。

異常なお金への執着とドケチな夫が、費用を払うはずがないのは承知の上。
夫の作戦は、”無視して不安にさせ、媚びさせる”、”言いなりにはならない事に慣れさせる”、
”自分がお金を出さないのが当然と思わせる”ことだろう。

子どもの為のお金もずっとそのやり方で苦しめてきた最低な父親。
出さないことに慣れさせ、たまに少額のお金を出すと、
感動し感謝すると思っている。
その通りにならないと、調子に乗るな、とか
まるで贅沢をしたくてお小遣いをせびっている様な言い方で話をすりかえる。
家族を舐めていた。

予想に反して、私が抵抗すると、今度は「今、大金を稼ぐ話があり、
すぐに沢山送金できる」と嘘をついて、その場を誤魔化すの繰り返しだった。
よくも大嘘を何度もつけたなと呆れる。

諦めたら終わり。
最後は責任をとらせる形で終わらせたい。

夫が世間には「家族の為に仕方なく別居して働いている」と言っている。
ならそれを実行してよねと言い続ける必要がある。
私が望んだからとか、同意したと言いかねない。
嘘を証明する為に、
いくらこちらが訴えても、無視され、経済的DVを受けたという証拠を残す事が大事。

それにしても、無視すればするほど、
縁を切らざるをえなくなるのは向こう。

自分が帰宅する旅費はあるが、
家族に使うお金は1円もだしたく無い、ということになるから
帰宅できないだろう。

子どもが小さい頃は、「家族なんて簡単に騙せる。
そのうち、帰りたくなったら逃げ帰って、利用する為の存在」と思っていたはず。

ちやほやされる空間でないとだめな夫。
結果はでた。家族が歓迎するどころか、恨み事しか浮かばない。

自業自得でも、家族は自分への尊敬が足りないとか、
勝手な理由を作って、自分は被害者と騒ぐだろう。
12ellyfdesk845_TP_V

最後の砦の家族を大事にせず、逃げたら何も無いはずだ。
来年もこの状況が続いたら、
流石に異常なので、なにかが動くかもしれないと期待する。

今は、まだ向こうの出方がわからないから、
慎重にしないと、とんでもない目に遭う可能性もある。

今は、夫が無視すればするほど、存在が薄くなり、
嫌われ、自宅が居心地悪くなるだけ。
自分で自分を追い詰めている。
このまま家族から(お金から)逃げているうちに、
孤独な老後へと進んでいくであろう夫。

そう思うと、とても気分が楽になる。

このまま会わずにすむなら万歳!と嬉しくなる。

で、見積もり額を連絡した結果、無視が続いている。
前回の税金などの支払いも無視のまま。
これは夫の義務であり、言い訳できない。

どんどん、証拠が溜まっていく。

今もあいかわらず、SNSで、偉そうに説教している。
20代から口にする言葉がずっと変わらないのが気持ち悪い。
人の言葉を借りているだけで、同じ言葉しか使わない。
今までの自分の体験から出る言葉は無さそうだ。
現実から逃げて、目を背けてきたからか。

長く離れているうちに、夫にブレーキをかける人もおらず、
自由に生きて来た結果、夫の本質、欲望だけが浮き彫りになり、
結婚した頃の夫は、すっかりいなくなった。
この人、誰?何も考えが合わない。変人にしか見えない。
カルト好きな変人と、一緒に住めるわけがない。

本人は、自分は20代のままだと思っている様だ。(; ̄Д ̄)







↑このページのトップヘ