りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:夫のこと > 分析


以前、ご近所の高齢の未亡人に会う度に
いつも言われていたことがある。
「ご主人を大事にしてね。あんな奴嫌いだ、と思っていても
いざいなくなるととても寂しいものよ。もっと大事にすれば良かったと
後悔するわよ。遺族年金で暮らしていけるのは旦那様のお陰、と感謝しているの」

この方のご主人は、とてもまともな方だったのだろう。

うちもそういう夫であれば、その話を少しは気に留めたと思う。

(前提が違うのよ。)
と内心思っても、いちいち説明する必要もないし、
わからない人には、あなたの我慢が足りない、と
お説教されるのも嫌だし、
黙って、ハイと答えていた。

「コノヤローと思っていても、いざとなると、そんな気持ちは消える」
普通のまともな夫婦関係ならそうだろう。

コノヤローの意味が違う。

家族を不幸にする夫を大事にしたら、もっと被害が広がる。

年金もわずかで、全然助けにはならないだろうし、
夫のお陰、と感謝するようなものは何も思い浮かばない。
子どものことは別。
逆に後始末をさせられ、迷惑をかけられると思う。
ellych52821_TP_V

夫のように、嘘の薄っぺらな優しさで、誤魔化されるよりも、
愛想が無くてもいい、やるべき事さえきちんと
やる人ならそれでいい。
信頼が基本にあってこその感謝だ。お互いに。

義務も責任からも逃げ、平然と好き放題やっている人が
いなくなっても何も感じないと思う。
むしろ、心が解放されるだろう。

世間には、「夫婦はこうあるべきだ。」
「お互いに我慢し、感謝しあおう」とか、
うまくいくコツをご指導する人がいる。

それは、二人共、きちんとやるべきことをやっているのが前提。
そうじゃない夫婦にいくら指導しても意味が無い。
逆に、どちらかが更に被害に遭い、事態が悪化する。

虐待を受けている子どもも同じ。
「親に感謝しましょう。親孝行しましょう。」
みたいな事が学校で指導されてきた。
益々、子どもは被害を訴えにくくなり、事態は悪化する。

昔から私はこういう親孝行や感謝の強制には抵抗を感じていた。







夫の話を思い出すと、
成功している友人を、自分の箔付けには利用する。
が、必ず「あいつは自分より出来が悪かった。きっと親のコネだ」
「自分にも大手企業から誘いがあったが、俺様には物足りないと思ったから、
断わり、あいつに譲ってやったんだ」
などと、言い訳していた。

真面目に努力し、働いてきた夫の友人等は、高収入を得、
家族をきちんと養い、守り、
悠々自適な老後が待っている。
夫は、そんな友人とも自分を同一視している様で、
「そろそろ、引退してゆっくり過ごそうかな」
と私に言って来たことがあった。

引退?遊んで暮らせるの?
借金も返さないまま、退職金も貯金もお金もまともな年金も無いのに?

我が子の学費すら出さない父親で、経済的DVしてきたのに?
それとも、誰かのお金をあてにしている?
まさか、自分の生き様まで頭の中で改竄している?

他人に見栄を張って、ほらをふいているうちに
そうだと思い込んだ?
そんな事を私に言う神経がおかしい。

まさか、私にまたどうにかさせるつもり?
私が言いなりになると思ってるのか、
脅迫したり、モラハラで言いなりになると?
aig-ai20221111061-xl_TP_V

即、それは無理だろうと、当時は返事したが
妻はもうコントロールできない、と我に返ったようで、
また次の作戦を考えて居ることだろう。

と言っても、中身は幼児なので、
嫌がらせや脅しをどうするかレベルのものだろう。

こういった人格の歪みはおそらく母親の影響が大きいと思う。

義母は「他の母親は無知で、私だけが一番賢い、
私のいう事だけ聞いていればよい」と言いながら育てたという。
育て方は、長男だけを溺愛し、
下の子がどんなに頑張っても認めず、
夫は愛に飢えて育ち、自信を持てないまま、
自分が何者かわからないまま、大人になったのでは
と想像する。

愛されない、自信の無い自分を認めるのが怖くて
母親を客観視できないのだろう。
母が正しい、と思う事で、自分を慰めるしかないのだろう。
と、いくら私が想像しても、
夫本人は、全くそんなことまで深く考えない。
物事を深く考える能力がない。

だから、想像力にかけ、平気でばれる嘘をつく。

夫は、自分を天才、成功者の位置に置き、
それは母親の育て方が良かったからだ、と
今でも自慢する。
そこからして、異常な感じがする。
私の前では、母親から自立している演技をしていたが
亡くなった途端、カルトの教祖扱いみたいになってきた。

こんな夫が「俺様とうちの親を見習え」と、
偉そうに誰にでも言うなんて、信じられないと思う。
そんなありえない行動をするのが夫なのだ。

こんな人とずっと一緒にいたら、じわじわと洗脳され、
感覚がおかしくなっていき、嫌な事ばかりが続いたと思う。

結婚相手は、一緒にいて、自分の良さが引き出される相手を選ぼう。
嫌な事が続いたり、周りに嫉妬したり、
何か自分の意志でやろうとする時、
相手の嫌がる顔が浮かぶ様なら、その人とは離れた方がよい。







トヨタの社長交代のニュースを見て思った。
夫はこのニュースを見て「本来なら自分が社長になるはずだった」と
思うだろう。会社がトヨタでなくてもどこであっても。
嘘みたいな話だけど、そういう人なのだ。
大企業の社長と自分を同一化する。

若い時は、誰にでも憧れや目標があって、
あれが自分だったらなあとか、
いつかああなりたい、と想像してみることはある。
それはとても良いこと。

夫の場合は、似ている様で違う。
あんな風になりたい、では無い。
「本当は、自分がああなるべき、なるはずだった」
と、嫉妬し、世の中を恨む。
憧れをもったとしても、努力をする事は無い。

自分が努力してそうなりたい、と言う考えではなく、
自分は何もしなくても、周囲が持ち上げ、上に立たせるべきだ。
そうなっていないのは、周囲が悪い、世の中が悪いと
陰謀論に逃げている。

自分が無いので、簡単に儲かるという詐欺にすぐ騙される。
おだてられたら、この人は自分の事をわかっていると気持ち良くなり、
すぐ騙される。が、信念もないので、それもうまくいかなくなり、
逃げる。騙されたとは思っていないし、
反省もしないので、また騙される。騙す人間なのに、騙される。
正しさや本質を見抜く目や感が無く、
自分と同類の世界に寄っていく。注意してくれる人を敵視する。
そして失敗、でも反省しない。

自分に正しい忠告をしてくれる人を疑い、
ちやほやして騙そうとする人には、喜んでついていく。

自分を慰める為、どうでも良いことに浪費し、
本当に必要なことには使わない。
子どもに使う位なら、自分をちやほやする人に
何かご馳走していい格好する方がいい、という価値観の人。
kumakichi2020A1943_TP_V

幼児期なら、まだ自己が確立されていなくて
何でもできそうな万能感があり、
世界は自分を中心に回っていると思ってもおかしくない。

人は、成長するにつれ、自分はヒーローでも天才でもないと、
現実がわかってきて、
世界の中心にはいない事がわかってくる。

その過程が無く(自我の成長未発達)内面は幼児のままで大人になり、
「何故、自分を誰も尊敬しないのだろう」
と納得しないまま本心を隠し、演技をして生きて来たのだと思う。

俺様を特別扱いにしろ、
俺様を誰だと思っているんだ。
お前らより、俺様の方が凄いんだぞ、

など本心を言ってしまうと嫌われるから
ぐっと我慢し、努力をするでもなく、
裏では人生を順調に歩む友人達を妬んできた。

就職して、仕事に慣れて来ると、
それまでの謙虚な演技をやめ、本性を出す。
態度が偉そうになる割には、ミスが多く、
責任感も無く、人間関係のトラブルで解雇される。

豹変ぶりが酷くて、会社側は騙された感が強くなる。
注意しても、何が悪いと開き直る。
それを繰り返してきたが、その都度、自分は正しい、
全て自分への嫉妬が原因だと被害者ぶり、
自分を切った人の悪口を周囲に言いふらす。

夫の被害にあった人は、沢山いる。
私がもし、その人達と会って話せば、
あんな人と何で結婚したのと言われるだろう。
実際、言われた事があった。




”うまく人を騙す人がいる。うまく責任を逃れる人がいる。
そういう人たちはその時「うまくいった」と思うだろう。
しかしその時にその人は心の中の借金が増えたのである。
心の中で負債を背負った。”   
 Twitterの 加藤諦三bot より~

↑の文は、わかってくれる人がいる、と感じて嬉しくなった。
そのまま夫にあてはまる。

先を考えず、その日暮らしの考えで、目先を誤魔化し、
自分さえ守られたらいい、誰かがどうにかする、
自分は悪くないから、誰かが後始末するべき。
と、常に誰かをあてにして生きている。
建前だけの計画性、責任感を表現する演技で騙し、裏切る。

長年、現実から逃げて来た夫は、
その積み重ねが大きな心の負債となっているのは明らかだ。

まともな人ならわかることだ。
普段の行動の積み重ねが大事だということを。
aig-mid22910-187-xl_TP_V

「自分の為に犠牲になってでも尽くす人がいて当然、
自分にはそれだけの魅力と能力がある」と、かつて
夫は自分で言っていた。
「え?本気で言ってるの?」
と赤面するようなことを堂々と言う。
資産家のぼんぼんだと嘘を言っていたり、
信じて裏切られた人は何人もいた。

深層心理では、わかっているかもしれない。
認めてしまうと自分が潰れてしまうから
自分の都合よく、記憶をぬりかえている。

なので、困った時は平然と、騙した相手に弱った演技で
何とかしてもらおうとする。
誰が助けるか、調子いいな、と拒否されると
あいつは悪人だ、と被害者面して悪口を言い回り、
そもそもの問題もその人のせいにして責任をすりかえる。

反して、有り難いことに、自分は心の宝物が沢山増え続けている。
子ども達と過ごした歴史だ。沢山の幸せな思い出がある。
そして現在進行形で、宝は増え続けている。

夫は親の責任から逃げ、親としての能力に欠けていた。
私には親としてやるべきことはやったので、何も怖くない。
言い訳したり、色々わめかれても、夫にそれだけは、強く言える。
子育てに関しては、もう結論は出ている。

自分で背負って来た心の負債の重さにやがて潰される日がくればいい。







夫の被害に遭った人は沢山いる。
皆、夫と縁を切った。
その都度、夫は職場も住居も転々とする。
こちらにはばれるまで黙ってこそこそしている。
ばれたら一方的に相手を悪く言う。

縁を切った被害者と再会した時の夫は、
何も無かった風に笑顔で擦り寄っていく。
被害者は、不気味に感じて相手にしない。
それを「許してやったのに、あいつは何をこだわっているのか。子どもだな」
と馬鹿にする。

自分の思いたい様に思えて幸せな人だが、不幸な人でもある。

夫の被害に遭ったことが無く、
善人の演技に騙されている人は
夫の言い分を信じるだろう。
「まさか、こんな柔和で謙虚な人が?想像もできない」と思うだろう。
「でしょう?僕がそんな悪人に見えますか?
ひどい嘘と被害妄想ですよね。嫉妬されて参ってますよ」
と平然と夫は被害者の悪口を言って回る。
自分を被害者にし、フライングモンキーを集めていく。
aig-ai20221111440-xl_TP_V

こんな人には何を言っても無駄。
過去に、素直な気持ちをぶつけた事もあったが無駄だった。

離れるしか改善策はなさそうだ。

次に会う事があるとしたら
最初は、また「有難う」と笑顔を連発し、
これまでの事は何も無かった風にするだろう。

簡単に人は騙せると思い込んでいるから。
何度失敗しても、失敗と思っていないから。
幸せな人…





先日のDV相談カード、裏にびっしり書いてある例の中から
夫にあてはまる物を書き出してみる。


●長時間の説教・無視・睨み付ける
●大切なものを捨てる、壊す
●自〇ツをほのめかしてきょう迫、強要する
●生活費を渡さない
●平気で嘘をつく
●人格否定(えらそうにするな、口答えするな他)
●らしさ価値観の強要(女、母親なんだから他)
●家事、育児の一方的な押し付け  等…


カードのスペースの範囲でびっしり書いてあった中では、
これが当てはまった。これまで夫がしてきたことの一部だ。
他にも色々な例があるのだろうが、
上に挙げた例だけでも、充分DVを確信した。

そして、色々思い出した。

普段、何も向こうに損害が無い時は
作り笑顔でいつもへらへらしている印象、
無駄なお喋りをだらだらとして、
肝心なことは絶対に言わない。

有難う、を言ってくれるのは良いし、
笑顔でいるのも良いと思う。
が、それで誤魔化されるから厄介になる。
本当に言うべき深刻な事態の時は絶対言わない。
家族だけでなく、他人に迷惑かけたりお世話になった時も
頭を下げない。

どうでもいい時には、やたらと愛想良く馴れ馴れしくして、
良い人アピールする。
それで誤魔化せると思っている。
そんな演技はしなくていいから、本当にするべき時に
心からわびたり、感謝するべきだと思っていた。
KUMAKICHI1027630_TP_V

お茶をだすと「有難う」と言う旦那さまは偉い、素敵じゃないのと
思われる。が、お茶を出した時しか言わないで、
生活費や学費を出さず、私が苦労してどうにかしても
無視で逃げて、話題を避ける。
むしろ、自分にはそうする理由があるのだから
文句を言うな、えらそうにするな、と
自分を被害者にし、そもそも家族がいるから俺は苦労すると言い出す。

そう言いながら、またお茶をだすと、
笑顔で「ありがとう」と言い、俺様は妻に優しい夫だと
その一言で全てを誤魔化している。
何の価値もない、気持ちもないお礼の言葉。
本心から感謝する気持ちを知らない人。
人は自分に奉仕して当然と思っているから。

妻は自分の価値がわかっていない。
優しくしてやってるのに感謝しない、
夫を馬鹿にしている、欲が深い、と自己弁護をする。

最初の頃、まだ夫に期待していた私は
きちんと子どもに責任ある行動をとってほしい、
父親として家族を大事にしてほしいと何度も訴えた。
夫の返事はこうだった。
「なあんだ、がっかりした。君もそういう女だったのか。
人にばかり要求して、ああしてくれない、こうしてくれないと
文句ばかり言う贅沢な人だね。あーあ」

夫が苦労しているなら、妻が全てをカバーし、
我慢するのは当然だ、文句をいうなんてもってのほかだ。
と妻をコントロールする。

でも、現実には夫は苦労なんてしていないし、
しているふりをして、自分だけ楽をしようとしているだけ。
今でも、まだその手を使う。

後からこれは典型的なモラハラ発言だったと気が付いた。
 



なので、夫はその場しのぎの嘘で世の中うまく行くと信じて生きて来た。
それが、全ての失敗と恨みを持たれる原因ともわからずに。

私が何を言おうが、全部夫のしたい様にされてきた。
それ以前に、言う機会も与えない。

「1度位は、そっちに呼んでほしい。」と言い続けるつもり。
「妻が会いたがらない」という言い訳ができないように。

自分の嘘で身動き取れないなんて認めたくないから、
自分で自分を騙している。
そんな事ばかりに頭を使わず、もっとまともな事に使ってほしい。
自由気ままに、誰も忠告する人もいない生活で
益々、夫は頭が固くなり、この性質は悪化していくかもしれない。
aig-ai20221111445-xl_TP_V

夫が帰宅しないだろうと予想できる時、
最高に幸せで心が落ち着く。

夫は、私に寄生し利用して楽に生きようと思い、
騙して結婚したが、洗脳がうまくいかず、逃げだした。

逃避先で、次のターゲット(会社社長)を捕まえては、次々と縁を切られた夫。
夫の場合、愛よりお金が全て。ターゲットにするのはお金をくれる人。
擦り寄るのは、男性社長さんばかり。
無価値である家族は、扶養義務が嫌で切り捨てる。

高齢になり、新しいターゲットは見つかりそうもないのだろう。
計画が狂って、何も残っていない夫は、
次の作戦を考えて居るかもしれない。

この性質は「寄生型サイコパス」にもあてはまるようだ。



最近、老化で仕事がきついと言ったり、更にお金が無い振りをしてから
帰宅しなく(できなくなった)夫。
言い訳に、体力の限界で、とか不景気でと言っていたが
それも嘘だとわかっている。
益々、自分が見えなくなっている。

自分でついた嘘で、自分を追い詰めている。
自分の存在アピール、家族のコントロールの為に
抜打ちで帰宅したくても、
お金がないと言っているうちは帰れない。

旅費はどうしたのと聞かれたら困るから。
そしてこれまでの経済的DVを自覚するのを避けたいから。

もっと旅費のかかる遠い実家をホテル変わりにし、
毎年何度も遊びに行っているのを私が知らないと思っている。
別居先で車や色々買い物もしている。
お金に困っている様には見えない。

このまま何年も帰宅せず、会わずにいたら
離婚理由としてこちらには有利になる。
かなり前から私は、夫の住居に呼んでほしいと何回も言っている。
が、引っ越しても教えないし、呼んだ事も無い。
私に旅費を渡すくらいなら、自分で使う方がましなのだろう。
(そのうち、こっそり見に行ってみるか)

私にはそうでも、子どもに対しても同じ扱いなのが問題。
子どもの生活より、自分の遊ぶお金が優先というのが
夫の人間性を疑う一番の理由。

自分が責められないように、常に人のせいにして逃げる。
今後も、妻が嫌がったから帰れなかった。
コロナを気にして帰らなかった、
お金が無かった、などと言うだろう。

即その嘘はばれる。
こちらからそっちに行きたい、呼んでほしいと何回も言っている。
帰宅を嫌がる言葉は一度も夫には言った事が無い。
仮に言ったとしても、
人の意見を聞く人ではなく、勝手に帰ってくる。
逆にわざと頻繁に帰宅し、抵抗する。

Tsurutama511A007_TP_V

もし、私の意志を気にする人なら、
そもそもこんな生活をしていないはずだ。

コロナは風邪、ワクチンは害、マスクも不要と
コロナの存在を否定しているのに、気にするとは矛盾している。
何度も実家に帰省しているし
旅行をしているのはなぜか。

コロナだから帰れないなど、夫から一度も聞いたことはない。
コロナ禍、一度も家族を案じる連絡は来ていない。
自宅にすら帰れないほどお金がない時に、用事もないのに、
何故毎年何度も自宅より遠い実家に帰省するのか。

などなど、嘘を証明する材料だらけ。
なんでこんなくだらない事を考えないといけないのだろう。
もっと有意義な事に頭を悩ませるべきだし、
相手がまともだったら、そうなっていただろう。

早く何もかも解決して落ち着いた生活ができる日が来るのを願うしかない。





以前、お役所の相談担当の女性から聞いた話だが
DVが原因の離婚を、弁護士に相談しても、人によっては
弁護士自身がDV人間だったりして、その人から更に被害を受ける例が多いと聞いた。
かと思えば、生活苦で相談に行った友人は、
お役所の男性から、あなたはDVを受けていますよ、
と教えてもらい、初めて自覚し、そこから離婚まで早かった。

私は誰にも相談していない。
母もいなくなった。

大人になった子ども達には説明はしている。

子ども達は、完全に父親不在に慣れてしまっているが、
人から父親の事を聞かれると返事に困っていた。
一番嫌だったのは、私同様、父親に嘘をつかれてきた事だろう。
aig-mid22922-396-xl_TP_V

子どもだから騙すのは簡単と思う夫は、
平気で子どもに嘘をついて、何度も裏切った。
子どもだからこそ、騙しちゃいけないことすらわからない。
それで、責められると誰かが洗脳しただのと人のせいにする。

自分の体験から、子ども達は夫に不信感しか持っていない。
今ではもうそれでよいと思う。これ以上、被害に遭わない為には。

夫がいなくなった後は、いなかったからこそ、
私と子は明るく、幸せに平穏に過ごすことができた。

夫は、妻子を不幸にさせる事が自分の存在価値をあげ、
コントロールできると信じていたようだ。
今もそのつもりなのだろう。
夫だけ精神が止まっていて、成長せず
妻子はどんどん変化し、自立し、真実をみているのに。

自分の結婚失敗は腹立たしく、我が子には申し訳なく思うが、
かといって、夫が家にいたらどんなに大変だったかと思うとぞっとする。
いなくて不幸中の幸いだったかも、結果的に良かったし、守られたと思っている。

でも、無責任さ、異常さを許している訳ではない。
夫本人が後悔する何かが起きる事を期待するしかない。
きっとチャンスは来ると思っている。


お役所や大きなショッピングセンターや駅などのトイレなどに置いてある、
”DVに悩んでいませんか?
相談はこちらへ ”と言ったDVに悩む人向けのカード。

これまでは無視していたが、
先日1枚持ち帰った。

裏にびっしりと何かが書いてあったからだ。

自分がDVの被害者だと自覚しておらず、共依存になっている人には
いくら相談してとアピールしても、
自分には関係ないとスルーされるだろう。

まずは、自分が被害者だということに気が付くことが大事。

ということで、このカードの裏には
気が付くような工夫がしてあった。

これは普通の事じゃないですよ、
こんな目に遭っていませんか、と例を列挙している。

それがびっしり、カード一面に書いてある。

過去に見たカードとは違っているので興味を持った。

もっと他にも色んな工夫をしたカードはあると思う。
私が知らなかっただけだろう。
haro20211031-A7305085_TP_V

自分は本当に被害者なのか、夫の様なわかりにくいDVも
例とされているか確かめてみたい気になった。

夫の場合、陰湿で巧妙で、かつ稚拙な意地悪のレベル。
表面的にそうは見えないし、証拠を残さない。

直接的な言葉を使わず、手も出さず、
言い訳のできそうな嫌味を言い、不安を与える。
相手が夫のしりぬぐいをせざるを得ない状況に嘘で
追い詰める。

「自分は頼んでいない、勝手に向こうの意志でやったこと」
と言える様にする。

表向きは、いつも笑顔でソフトで
DVとは思えない演技で意地悪をする。

そういうDVもあることを、
公の機関や世間に周知されているのか知りたかった。
小さいカードだから、そこまでは書けないのはわかっているが
一つでも夫にあてはまるものが無いかどうか確認したかった。


↑このページのトップヘ