りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 母の病気~悪性リンパ腫





昨夜、弟から電話がきた。
「父の事で話したいことがある」と真剣な口調だったので
父に何かあったのかとドキッとした。

良く聴くと
父が、介護認定申請をされた事について
ごねたらしい。

”自分は健康で若い、介護認定される必要は無い。
家事をやらないのは、仕事が忙しいからであり
老化で出来ない訳ではない。
面談するなら、そうはっきり言って断る。”

と言ったそうだ。
仕事はしていないし、忙しくも無い。
だが、本人はそう言い張る。
こういう年寄りが多いと思う。

調査員は慣れているので心配はいらない、
家族が説明すれば大丈夫、むしろ認知症がわかるからいい
と弟に話したのだが

父の様子では、どんな失礼な言葉を言ったり、
調査をすっぽかしたり、怒りだしたりするかわからない。
どうしようと困りきっていた。

母が、これから家事ができなくなるし無理はさせられないよ。
お父さんがやれるの?と聞いたらしいのだが
それがまた、酷い言葉が返って来たそうだ。

全く母の事を心配するでもなく
女には死ぬまで、家事をやらせればいい。
できないなら、施設にいれたらいい。
病気であろうが、家事やらせた方があいつの為になる
など、典型的なDV発言。
AME19612005_TP_V

ちょっと前の父とは別人。

数年前の母の入院の時は、私には、母を褒め、
大丈夫だろうか、ととても心配していた。
母とのなれそめや、結婚する前のラブラブな話まで
私に聞かせてくれた。
もうあの時の優しい父は消えつつあるのか。

脳の老化、認知症は怖いし、悲しい。

弟は、現実を突きつけられ、ショックで
私に電話してきたのだ。

父の女性差別は、私の育て方を見ても
元々持っていた人だから、老化でそこだけ残ってしまったのか。

反対に差別意識が消えて、丸くなる人もいるのに。

その後、介護サービスについて調べて弟に教えたら、
面倒になったようで、父への不安が頭から離れないようで
申請を取り消すと言っていた。

サービスは週1~2回だし、
誰かがやってあげれば済む話だよと私が言うと

父の事で、悩む位なら
自分が週1回くらいは、掃除をすると言い出した。

ああ、やっとか。

ここまでこないとその気にならなかった訳だが
良かった。

遅すぎるよ。弟も父と同じ事をしていたってこと
わかっているのかな。

弟には「1人で抱え込まないで何でも相談できるという良さが
介護サービスを受ける利点でもあるよ。」とは言っておいたが。
私に色々、相談する回数が増えてきた事は
良い変化だと思う。

息子の方が、母親に対する思いは強いのかな、
お別れが近いのかもと実感すれば
このままではいけない、と目が覚めたのかもしれない。

調べたが、無症状で、安く、PCR検査を受けられるところが無い。
検査を気楽に受けられるなら帰省するのだが。
こっちで検査できても
向こうで検査できないと
帰る時が怖い。

検査を誰でもどこでもいつでも受けられる様にしていれば
安心して動けるので、経済も回ると思う。
不安だから、中途半端に自粛するわけで
前から言われているのに
何故、やらないのか。

このまま、両親と会えないまま突然の別れとなる気がして、
顔色の変わった弟1人がバタバタしている様子を
離れて見ているだけなのも
何だか、辛くなってきた。





そろそろ母の診察結果が出る頃だと思い、弟からの連絡を待った。

さっきラインがきて
担当医師の時間が取れず、明日に延びたそうだ。

母は落ち着いているようだし
病院なので安心だが
待たされるというのは疲れるものだ。

コロナもあり、予定外の入院なので仕方がないのだろうが
それだけ、緊急性も無いと判断されたのなら良しとしよう。

私が先日、怒ったせいか
父の世話が迫ってきたせいか
やっと、弟が訪問介護サービスを受ける為の
相談をし、申し込みをしてきたらしい。

母は、認定されているが
以前、父は認定は無理と言われ
父がどんなに高齢でも
家事ができるとみなされ
訪問介護サービスは受けられないと言われたらしい。


MKJ_koottabara_TP_V4

介護認定も訪問介護サービス内容も
以前に比べて条件が厳しくなっている。

介護保険制度が開始されたばかりの頃は、
認定が甘く、サービス時間もたっぷりで、
安く使えるお手伝いさん感覚で使う利用者もおり
介護保険が赤字に。
それ以降、保険料が上がり、
認定基準やサービスの見直しが続いた。

基準の変更は仕方が無いのだろうが
本当に困っている人には迷惑な事だ。

最近特に、弱者に厳しい国になってきた。

父は、最近皮膚がんの手術を受け完治はしているが
軽い持病もあり、通院はしている。
以前なら、がんの手術歴だけでOKだったはず。
何といっても、認知症もでている高齢者。

父が介護認定されないことには
訪問介護サービスが受けられない。

面談が中旬にあるとか。

良くある老人の「元気なふり」「しっかりしているふり」を
してしまい、いつもは何もできないのに
認定されなかったという事もありそう。

まずは、父が認定されることを祈る。
弟夫婦がもっと家事を手伝ってくれたら
こんなに心配しなくて良いのだが…。
不労所得があり
時間とお金に余裕のある2人。
気持ちがあるなら週1回の掃除位はできると思う。

生活と子育てに追われた私とは全然違い、恵まれている弟。
おまけに、1人っ子の子育ても
両親に任せっきりだった。
そのお陰で今の楽な生活がある。

でも、いい大人なんだし
どうにもならないと半分諦めている。

それにしても
コロナ対策を見ても、
弱者に対して厳しい世の中になり、
消費税も介護保険料も上がったが、
国からは自助とか言われるし
何の為に税金や保険料を払うのか
わからなくなってきた。





あれから色々考えた。

一番良いのは、両親を私が引き取る事。

でも、現実的には不可能。
コロナ禍もあるし、慣れない土地で
2人共ストレスを溜めるのは間違いない。

2人が今より若くて元気なら、たまに自宅に帰って
こっちと行き来するという方法もある。

でも、元気なら面倒を看る必要は無い訳で
介護が必要だから引き取る訳で。

かかりつけの担当医師が代わる事は不安だろう。

父は、今のところは治療も不要で
自分の決めたスケジュールで好きなことをして過ごしている。
父は年齢相応の認知症がでており
頑固、物忘れ、怒りっぽい。

父は、絶対拒否するだろう。
自分の決めた通りの日常が無くなるのは
かなりのストレスで、苦痛になるからだ。

無理に引き取っても、
突然家を出て、帰ってしまう可能性もある。
(両親がいれば、夫へのけん制にもなるのだが)

今は、弟夫婦に任せるしかないのだが
あの夫婦が意識をかえないままだと…心配だ。

母が今回も無事再発を乗り越えて
自宅で過ごせる様になる日が来ると確信はしている。

前回の手術後、退院してしばらくは
食事制限もあり
家事ができない母にかわり
私がしばらく家事全てをやり、
母の回復を確認して帰った。

今回はそうはいかない。

母は家で寝たり起きたりの生活になる気がする。
家事はできなくなるだろう。
どうするのか。
普通なら息子夫婦が実家に出入りするのだろうが
意地でもやらない夫婦だから。
介護サービスを受けられる様にと
弟に頼んだが、やる気を感じられなかった。

弟夫婦、実家の台所に二人共立つのを拒否する。
不思議で仕方がない。

「親を一度甘やかすとつけあがるから」
みたいな、さんざん世話になった親に対して
上から目線。

自分等はさんざん親に甘え、我が子も甘やかして
どの面で、親をそんな扱いをするのだろう。

この話は、母が「そんな気がする」とこぼしていた。

弟嫁の言葉が母のぎりぎり踏ん張る心を
ずたずたにしてしまう。

これまで、母は本音を私にだけ漏らしていた。

でももう、このまま電話も愚痴も言って来ないだろう。
そのエネルギーももう無さそうだ。

penfanpenfan1204002_TP_V

どんな嫌な目にあっても
弟しか頼れる人がいないから
感謝して文句なんて言えないと
気持ちを押し殺していると思う。

そういう母にも原因があるから仕方がない。

人間関係は、母や夫みたいに
自分の都合で計算して
相手によって待遇をかえるというのは
結局、自分にそのまま返ってくるという事なのだな。

私自身の気持ちを考えても、
弟との差別もなく、
もっときちんと娘の話、気持ちを受け止めてくれる親だったら、
世間体第一ではなく。
どんな事があっても、我が子を守るという人だったら。

今の自分の意識、行動が違っていたかもしれない。

息子第一なら、最期まで息子だけを頼ればいい。
母の気持ちを優先するよ。
とどこか、醒めている。

ただ、時には味方になってくれて
助けてくれたこともあった。

何割かは毒親だったけど、
何割かは普通の母親だった。

今年も色々悩み多き年になりそうだ。





元旦早々…第二弾が。

昨日夜に弟からライン。

”母が「調子悪い、病院に行きたい」と訴えるので
かかりつけの病院の救急窓口に連れて行ったところ、
CTで、十二指腸に腫れ?腫瘍?ようなものが見られた”
とのこと。
リンパ腫の再発かもしれないとのこと。

担当医ではないので
正確な診断ができず、
来週、きちんと検査するそうだ。
そのまま母は自宅に帰り弟も家に帰った。

え?
具合悪いのに放置?
母は無理して夕飯の準備したり
洗濯物を取り込んだり
家事をしたことだろう。

案の状、夜中に症状が悪化、
緊急入院になったという。

こういう弟の鈍さというか冷たさは
どうしようもなく
これが実は母のストレスになっていると思う。
NKJ56_poisonbottle_TP_V

閉塞を起こしている様で

チューブで胃の中の物を吸い出す処置をして
気分は落ち着いたらしい。

母は病院だから安心だが
父の事を気にかけてほしいと弟に伝えた。
私は、コロナで帰れないことは
わかっているはず。

検査をいつでも、誰でも、速やかにできればなあ。
最悪、無症状でも検査できるところを探して
検査してから帰省するしかないか。

もっと検査について国が力をいれておけば
結果は違っただろうし、安心して帰省ができるのに。

GO TOやら、アベノマスクやら
税金の使い方がおかしい。
収束に向かわないのは、国の無策のせい。
人災ともいえるのではないか。


↑このページのトップヘ