りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 世の中のこと


狛江市で高齢の女性が亡くなった強盗事件。
最近、リフォーム業者らしき人が頻繁に営業に来ていたらしい。 
この人達が、実は偽物で、下見に来ていたとしたら怖い。

父は大丈夫だろうか。
お金持ちでは無いから狙われにくいとは思う。
詐欺が心配だ。

弟が今いないから余計に気になって来た。

そういう自分も危ない。
固定電話にかかってくるのは
ほとんどセールスや買取詐欺らしき怪しい営業のみ。

だから固定電話は常に留守電にし、滅多に使わない。

名簿が流出しているのだろう。
悪い輩に出回る、泥棒や、詐欺しやすい家の名簿もあるそうで、
狙われる人は何度も被害に遭うらしい。

yuugurezoratomachinami_TP_V


以前、1人暮らしの高齢女性が、電話で詐欺にあった。
遠方の息子さんが何度も注意し、警察沙汰になり、
もう絶対、騙されない!と言っていたのに
それから1カ月後、また詐欺にあっていた。

電話をとった時「怪しげな電話だな、詐欺かも、
信じないぞ」と思ったそうだ。
が、おいしい話につい乗ってしまった。
「これが本当なら、良い事だわ、疑って損したくない」
と信じたい心理が勝ってしまった。
それほど、詐欺師の口はうまい。

詐欺かも、と思っても騙される人は何度も騙される。
自分は騙されない、とプライドの高い人ほど騙されると聞いた事がある。

本当に詐欺師は口がうまいので、
話を聞いてしまうと終わりだと思う位がいい。

昔から、詐欺師はいる。
平気で嘘をついて人に被害を与える人間が
いつの時代も、どこにでも存在するということだ。
私も夫の嘘を見抜けなかった訳だから、騙されやすい方かも。
明日は我が身。気を付けよう。


昨日の博多駅前の事件には恐怖を感じた。
被害者の女性が、男女トラブルを県警に何回か相談していたらしいので
加害者の逮捕は早いだろうと予想する。

人通りの多い所での犯行だった。
現場を目撃した人はトラウマになるんじゃないか。
自分が目撃したらと想像するだけで恐怖だ。 
別れ話のもつれ?ストーカー?
口論していたそうだし、警察に相談するほどだから
身の危険を感じていたのだろう。
haro20211031-A7305155_TP_V

何故、いつまでたっても、こういう事件が起こるのか。
警察に相談していたのに防げなかったと言う事件が多い。

相手が酷いDVをする人やストーカー性質だと、
逃げたくにも、縁をきろうにも、こういった恐怖と危険が襲う。

恋人間、夫婦間だけの問題ではない。
男女間の喧嘩で済ませてはいけない。

DVやストーカーの問題は、以前よりはずっと改善されているとは思うが、
もっと細かく法の整備をするとかして、
対策を厳しくしてほしい。
とは言え、嘘をつき、冤罪を与える人もいるし、
第3者には見極めも難しいのだろう。

さっさと縁をきればいいのに、と傍から言うのは簡単だけど
こういう事件が起こる限り、難しい問題だとつくづく思う。
もし、知らない人から勝手に付きまとわれたら
男女のもつれどころじゃない。本当に恐ろしい。


どうしても大型ショッピングセンターに行かねばならない用があり、
休日の人混みの中に入りたくなかったが、
これまでの反動なのか、凄い人の多さで、気分が悪くなりそうだった。

これで、更に感染者が増えるんだろうなあ。
ほとんどが、家族間や、マスクを外して、近距離での長時間の会食や会話が
感染しやすい条件みたいだが、
マスクの力は凄いなあと改めて感じる。

人と一緒だったので、勝手な行動はできないし、
早く外に出たいのを我慢していた。
psst2night458A2325ato_TP_V

沢山歩けたのは、唯一良かったこと。

誰でも同じだと思うけど、
今、コロナや風邪をひくわけにはいかない。
今週は大事な予定があり、人に迷惑をかけてしまう。

夜は、仮眠した後、ワールドカップ決勝を観た。
凄い試合だった。流石だなあ。
感動をありがとう。

その前に、鎌倉殿の13人の最終回を観て感動。
感動の後に来る寂しさ。
また今日から、新しい楽しみができるはず。
明るい未来を見よう。

今年ももう少しで終わるのかあ。早すぎる。
どんどん歳をとっていくわけだ。
年末年始はどう過ごそうか、まだ決められない。



昨日の知人から連絡があり、陰性だったそう。
ホッとした。
熱も微熱になり、他に何も症状はないとかで、疲れからく風邪だったのかな。
急に寒くなったし。
検査の予約時間に病院に行き、
所定の場所で抗原検査をしたそうだ。
インフルエンザも一緒に。

両方共陰性だったので、翌朝にもう一度、コロナの抗原検査をするよう言われたらしい。
検査キットは無料。(無症状、濃厚接触者は有料。)
で、今朝、再検査しても陰性だったそうで、一安心。
それにしても、知人は、陽性の人と一緒に食事したり、
マスクをはずしたまま長く話していたらしいが、
感染していなかったのは運が良かった。

発熱していたから
抗原検査の結果は確実なのだろう。
仮に陽性が出ても、病院では何もできませんから
家で療養してくださいと言われたそうだ。
カロナールを処方してもらっただけという。

症状が軽かったというのもあるだろうが。

つい最近まで、マスクははずしてもいいと
もうコロナは終わった、怖がることはない、ただ風邪と同じ、みたいな雰囲気で
国ももう終わった感を出していたが、
どこが?まだ薬も無い、検査をうけるのにも時間がかかる。
家で休むしかないなんて、インフルエンザとはまだまだ異なる。

人によっては、重症化したり、免疫が落ちて寿命が短くなるし、後遺症もでる。
その解決策も、特効薬もまだ普及していない。

熱がでただけで、すぐに病院にもいけないなんて。

感染してもほとんどの人が軽症で、特効薬がだされて、
感染力もインフル程度で、感染する時期が決まっているならまだしも。

コロナは、一年中感染するし、病院に殺到する人数が多いし、
特効薬を即安く出されることも無く、
どこが、もう大丈夫、マスクを外しても良いと言えるのかな。
aig-ai221124165-xl_TP_V4

コロナでなくても、病気には感染したくない。
無症状、軽くすむかどうかはわからない。
もし、重症化したり、後遺症が残ったらと思うと
予防するに越したことはない。
熱で苦しみたくない。

ワクチンの効果もさっぱりわからないし、
かかる人は何回もかかるし、
旅行に出れば、感染しちゃう人は多いし、
3年前と何も変わっていない。
なのに、もう危機感も無く、コロナ禍を終わった事にしたいのだろうか。

私の周囲は、しっかり気を付けている人ばかり。
どっちみち、インフルエンザが流行る時期だから
今は、マスクをした方が良い。
寒さよけ、口の乾燥防止にもなるし。

そんな暗い事を考えて居たら、
ラッキーなこともあった。

大事に履いていたブーツが劣化してぼろぼろになり、
ショックを受けた。歩きやすく、腰も痛くならない。
足元が温かい。1個しか無かったので、大事にしていたのに。

新しいものを買わないとと思っていた。
なかなか足にあうデザインが無く、出費も厳しく、
今年は足元が寒くても我慢するかなと諦めていた。

たまたま通りかかった靴店で、セールをしており、
半額の値札の更に半額の激安。
なので、2足買えた。

最後の1足となると、こんな風に在庫処分の激安になるので
サイズが合えばラッキー。
いつもこういう買い物をするので
貧乏くさいけど、とても得した気分になれる。

こういうケチは良いと思うのだ。
自分にケチるのだから。
定価は普通の値段なので、質の悪い物を買う訳ではないし。

知人の、陰性だったという連絡と、
ラッキーな買い物で、とりあえず心はポッカポカになった。




保育園での虐待のニュースが続く。
胸が痛くなる。
保護者の方の「夜も眠れない。おかしくなりそう」
と言う言葉は本当に辛い。

たまたまニュースになったというだけで、
他にも似た様な事例は沢山あると思う。

1~2歳児は、言葉でうまく伝えられない。
それを良いことに、サイコ保育士はやりたい放題。

被害に遭わなかった園児たちも、それを目撃するだけで
恐怖に震えた事だろう。
園に行きたくないと泣いただろうな、
夜泣きしただろうな、
でも、嘘つきなサイコ保育士は
保護者の前では、とても優しいふりをして
誤魔化していた訳だ。

園でまさかそんな目にあっているなんて
想像もせず、泣いて嫌がる我が子を無理やり園に連れて行った事を
保護者は後悔し、自分を責め、どうしようもない怒りに震えたと思う。
(私の想像だけど)
仕事に行かねばならないから、どうしても園に行ってもらわないと困る。
でも、そんな目に遭っていたなんて知っていたら、
無理やり登園させなかった。と親は自分を責めてしまう。
眠れなくなるのは当然だ。

私の子も、虐待を受けていた。
公立の園だったし、隠ぺいは当たりまえ。
親の職業で態度が違った。
苦情がきた保育士は異動させて終わり。
だから何も変わらない。

今なら、マスコミ、ネットにあげれば、大騒ぎになるだろう。
証言する保育士さんもいた。
aig-mid22922-58-xl_TP_V

当時はうまく話せなかった子も、
成長するにつれ「あの時、こんな目にあった、絶対許さない」
と言い始めた。証言してくれた保育士さんの話と一致していた。

2歳位でも、子どもはしっかり記憶しており、心の傷になっている。
虐待をするサイコ保育士は、幼児だから話せないし、すぐ忘れるとでも思っているのだろうか。

やがて、サイコ保育士が中年になり、体力も衰えてきた頃、
どこかで見知らぬ大人に声を掛けられ、
「○○先生!お久しぶりです!覚えていますか?
△年前に、あなたに保育園で、虐待を受けていた▢ですよ。
あなたの名前、顔、された事は一生忘れませんから。」
と言われるかもしれない。

自分より体格も良く、立派な大人になった元園児をみて、
自分の醜い過去(まだやっているかもしれないが)
を記憶している大人が存在するという恐怖を
感じるかもしれない。
あるいは、罪悪感も無く、そんな事は無かったと
平然としているタイプの人もいるかもしれない。

我が子も大人になって、街角で、偶然当時のサイコ保育士を見かけることがあるそうだ。
声をかけると、びくびくして走り去ったそうだ。

「何だか、ただのか弱いおばちゃんにしか見えなかった。」
と、がっかりしていた。
あんな人に自分はおびえていたのか、
心に傷をつけられたのか、と思うと情けなくなったそうだ。

でも、それ以来、今はもう気にしていない様だ。

小、中学校でも暴力をやめない教師がいて、
親が集団で教育委員会に訴えても、何も手を打たれず、
その結果、被害が広がり、複数の児童や同僚にまでもストレスを与え、
命や健康を奪う結果となった事例もある。

マスコミに訴え、騒ぎになってから
やっと教育委員会が動いたが、手遅れだった。

本当に、何故あの時に、と虐めの問題も同様で、
何でも、初動が大事だと思う。





統一教会と政治の問題は、以前から問題視されていた。
何故、マスコミは黙っているのだろうと不思議に思っていた。

今思うと、統一教会の問題は身近にあった。
以前住んでいた土地で、子どもの幼稚園で一緒だったママ友は、
夫婦共統一教会の信者で、合同結婚式で結婚したと聞いた事がある。 
ごく普通に生活しておられたし、
宗教の話題になることもなく、自分もあまり関心が無かった。

今の土地に引っ越してから知りあったママ友は、信者2世だった。
結婚を機に、実家からは離れたそう。

子どもの時から家が貧しく、親の指示で
高校に進学するのを諦め、働いたという。
給料は全て親に渡し、自分の自由になるお金は無かった。
美容師の資格を取る為に、美容院でアシスタントとして働いたが、
成人すると、昼は美容師、夜はキャバレーでホステスをしたそうだ。
その給料も全て親に渡していたという。

その後、良い相手と出会い、今は専業主婦で幸せに暮らしている。

ところが、いまだに母親からお金を催促されるそうだ。

「母は、異常なほど高額の寄付をずっとしている。父は反対していて、
母は父に嘘をついている。生活費も無いと言うし。
こっちも夫のお金だし、もう無理だと断るけど、私が送らないと
親族からお金を借りなきゃいけない、そうなると父にばれる。
ばれたら、父が激怒して母を虐待すると思う。
母を守る為に、私がずっと犠牲になって、うちの実家を守っているの」
と、ため息をついていた。

そして「私も、内緒の送金がいつか夫にばれて、夫婦仲が壊れるかもしれない。」
と恐れていた。
そのストレスからか、不整脈が出ていると言っていた。
34ellyri529G_TP_V

私は、ただ、びっくりして聞いているだけ。

彼女のご主人が、高収入で、
毎月の生活費から少しづつの仕送りなら、ばれないらしく、
切羽詰まっている感じでは無かった。
もし、高収入でなかったり、お金の管理を旦那さんがやっていたら
どうなっていたのか。

結婚した娘の人生まで壊しかねない母親の信心の罪の深さ。

彼女は、母親が父親に何かされるのでは、という不安を持っていた。
家庭内で言い争いになると、父親はすぐ手が出ていたそうだ。

両親がいて健康なのに、高校に合格した娘を入学させず、
水商売で働かせ、お金は全て親が取り上げ、結婚してもなお送金させるとは。
酷い家庭に思えるが、彼女は、「それが自分の使命であり
自分がいないと家族が困るのだ」という自己肯定感を得て、言いなりになってきた。
(彼女の父親の事情はよくわからない)

今は、幸せな家庭に恵まれて本当に良かったが、
彼女がご主人に秘密を持つ事、(信者2世であることも話していない)
悪い事ばかり考えて、おびえて暮らしている事、全て親が原因。

当時、彼女は、何度も私に「あなたはまともな家庭に生まれ、
大事に育てられたことを感謝した方がいいわ」と口にした。
私は逆に、良い結婚をした彼女が羨ましかったが…

私なら、親がどうなろうが、縁を切ると思う。
彼女の口からは、親を恨む言葉は無く、自分の運命と思っている様だった。

今は、彼女は遠くに引っ越してしまい、次第に疎遠になった。
今どうしているかな…ご両親も高齢化してもう寄付も止めて、
彼女は悩みから開放されていると信じたい。








先日、近所の大型ショッピングセンターに、
買い物についでに(運動代わりに)歩きに行ったら、
夏物の売りつくしで、スカートが300円に値下りしていた。

偶然、欲しかった服のセールに遭遇すると
とてもハッピー、得した気分になる。

パーティに?よばれる機会も減り、
かしこまった服を着る仕事はしていないし、
買うのは普段着だけ。
値下げして激安でも、定価は高い物や、
デザインや生地が高そうに見える物を選ぶ。

そうすると、ちょっとした旅行や人に会う時でも
それで間に合う。長い事、安い服ばかり着ている。
普段はそれでOK。
いざと言う時はお金を使い、ちゃんとすればいい。
その為の節約。
fujiko2629_TP_V

世の中は変わった。
昔は今みたいに安くて良質な服は売っていなかった。
給料、不動産は上がり続け、その分、物価も高かった。
良い物を高くても買えた。というか買うしか無かった?
その分、今ほど税金も高くなく、スマホも無く、引き落とし金額が少なく
手元に残るお金でなんとかなってた。
独身だったから、好きな物を値段を気にせず買えた。

時代は変わり、家庭も持って、ましてやこんな最悪な結婚をしたのだから
当時と比べるなんて無意味なことはしない。
ただ、自分らしさは忘れないようにしたい。
政治的な面では、夢のある良き時代に戻してもらいたい。
子ども達に申し訳ない。

時代とは何て変わりやすいものなのだろう。

お願いだから、戦争だけは避けてほしい。
若い人たちの未来を奪わないでほしい。

すっかり年寄りになってしまったようだ…(´;ω;`)




もう言葉がでない。胸が苦しくなる。

誰かが、可愛いと思ってこっそり家の中で隠していたと思いたかった。

とにかく生きていてほしいと、誰もが祈っていたことだろう。

まだ、何もわかってはいないが、
行方不明のお子さんでは無かったとしても、
幼い命が海で見つかったという辛い話には変わりない。

目を離したのがいけないだの、親を責める人は
一度、自分で一日中子育てしてみたらいい。

こういう事故は、どのお宅でも起こるのが当然と言ってもいいくらい、
子どもというのは、いつ、どこでも、
命に関わる行動をするものなのだ。
私も、子ども達が今まで生きて来れたのは、奇跡であり、
たまたま無事にここまでこれたと思っている。

目を離すなと言われなくても、親はわかっている。
瞬きしただけ、横を見ただけで
視界から消えて、どこにもいないという事だって起こりうる。

自分の子育てを思い出しても、
本当に、ヒヤリハットだらけで、
ダメな親だと自分を責めることばかりだった。

すぐ横にいるのに、子どもは自分の目の前しか見えておらず、
ママがいない!とパニックになり、
サーッとどこかに親を探して走って行ってしまう。
あっという間に。

そんなものなのだ。
だから、子育ては神経も肉体もくたくたになるのだ。
pksn85s24062_TP_V

夫婦で協力しても、どっちかが見ているだろうと
逆に油断したりする。
車から降りた時の駐車場での事故などもそうだろう。
外では、絶対に手を離さないことだ。

本当に、子育て時代というのは、大変なのだ。
だから、親を責めるなんて残酷だ。
虐待する愚かな親を責めればいい。

先日も、近所を歩いていたら、
2歳位の男の子が玄関から裸足で飛び出してきて
「ママ―っ」と泣きながら、道路に出ようとしていた。

自分の体験上、きっとママさんは家にいるけど、
男の子の視界に入っていなかったのだろう、
すぐ横にいたのに、パニックになってママがいなくなったと思い込んだのかも。
道路に出たら危険だなと思って、
柵の外からその子を見守っていた。
私の方を見たので「どうしたの?ママは?いないの?」
と声をかけて、気を引いて、敷地から外に出ないよう見ていた。

何か言いたげな顔でこちらを見ていたが、
最悪、私が家の中に声をかけて、
もし誰もいないようなら、玄関で一緒に家の人の帰りを待とうかなと思った。

すると、ドアが開き「何やってるの?」とママさんが出て来た。
男の子は、ママがいたことに、ほっとした様子で
バツが悪そうに家に入って行った。

私は不審者みたいに見えたかもしれない。
子どもを誘拐するおばさんかと思われたかも?

何も無かった風にその場を立ち去った。

が、あの時、ママさんが子どもがいないことに気が付かないままだったら、
男の子が道路をどんどん歩いて行っていたら。
すぐ横は、大きな側溝があり、蓋が無い。
危険な場所が沢山ある所だった。

こういう事は、当たり前にあると思ったほうがいい。
子育ては皆で温かく見守ってやるのが一番いいのだ。
ママだけで何もかもなんて、無理。

自分の体験で感じたこと。
子どもがお腹にいる時は、妊婦さんだからと
世間の目は優しいのに、生まれた途端に
「母親なんだから」と厳しくなるのは何故?

産後鬱も、育児ノイローゼになるのも当然だと思った。


コロナ禍は、落ち着く様子が無い。
友人たちと「落ち着いたらゆっくり会おう」と約束したまま
なかなか会えない。
近くに住んでいたり、職場で毎日会える人なら
気を付けてどこかでお喋りできるのだろうが、
仲良しの人は家が遠いのと、仕事の関係で感染には特に神経を使うので
いつも約束しては、延期してずるずると会えない。
向こうも私が言い出すのを待っているのかも。

いったい、何年経ったら会える?
旅行にいける?
気にしない人や、出張の人、帰省する人は、どんどん移動と会食やってる。

行った先で、発熱でもしたら、医療崩壊でホテルから出られない?
と思うとなかなか実行できない。
今は、暑いのも理由だけど。

無料PCR検査を受けられる場所ができたのは助かる。

抗原検査キットは持っているが、あまり信用できない。
気休めに使う程度になりそう。
発熱した時、PCR検査の前にとりあえず使う位かも。

今、時間がとても貴重に感じる。
コロナのせいで、待つこと、延期すること、諦めることが続き
時間を無駄にしている気がして来た。

「感染を怖がっていたら、何もできないよ」と言われた。
それもわかる。
ellyfsp52806_TP_V

会いたい人に会いに行こうかなと思っても
相手が県外から来る人に会うのは、不安じゃないかなと遠慮する気持ちもある。

誰にも会わず、1人旅でもいい。
まずは、旅のついでに夫のアパートに行くか?
証拠探しが目的だから、留守中に。
鍵を管理人に頼んでも、本人に連絡が行くだろう。

今なら、引越したのを黙っているから油断している。

だらしない人だから、鍵をかけ忘れている可能性もある。
それを期待して、中に入って、色んな嘘の証拠を発見できたらなと
想像するだけで、ワクワクしてくるような(笑)

現実には不可能だろうが、
想像するだけで、縁を切りやすくなるかもと
元気が出て来る。

何を言っても、記憶を改竄して、
こちらの嘘にされるので、話合いは無理な相手。
これからは、私が自由に楽しむ事が一番のリハビリ。。

NPDと共依存、洗脳下にあると、
嫌な顔をされたり、罪悪感をもたされるので
つい我慢してしまう。なのにNPDは、自分だけは身勝手に楽しむ。
まともな夫なら、
妻子が嬉しそうにすれば、一緒に喜ぶのだ。
堂々と、楽しく過ごそう。



高校野球、甲子園大会が始まった。
開会式は主将のみが歩く入場行進。

開会式にでられない4校も含め、何だか寂しい。

それでも、一昨年、昨年に比べればまだ良かったと言える。

若い頃、高校野球の応援に1人で参加したことがあった。
応援するチームが活躍し、応援席ではしゃいでいた。

当時の夏は、今ほど猛暑ではなく、
その日は曇っていた。
一応、日焼け防止に長袖のパーカーを着て、
肌を出さない様にして座っていた。

日差しは弱く、焼けなくて良かったと思っていたら
突然、キーンと耳が聞こえなくなり、
目の前が暗くなってきて
吐き気と脱力感が襲って来た。

これは何?どうしよう、ここで倒れたらやばい、
と、焦って、隣にいるお母さん達に、
声をかけようかなと思った。

迷いながら無意識に上着を脱いだ。
すると、一瞬で気分が回復。
風がすーっと体内に流れてきたような感覚がした。

日焼け防止を意識して、服で全身を包んでしまうと、
体温の逃げ場がなくなり熱がこもり、熱中症になるわけだ。
この日は、温度は高くなかったが、湿度が高く、
汗をかいても、熱が放散されにくい状況だった。

あの時来ていたパーカーの生地も蒸れやすいものだったかも。
最近は、夏用に通気性のある涼しい生地になっているから
そんな事は起きにくいと思う。
DSCF9033_TP_V

それ以来、夏の外での活動(最近は滅多にないが)では、
通気性を重視した服を着ることにしている。
暑いからどっちみちそうなるのだが。

百均で、バンと叩くと冷たくなるカイロみたいな物を見つけた。
首に巻くタイプのもある。
前からあったのだろうが、使った事は無かった。

凍らせたり、濡らすタイプの物は、時間が経つと効果が消えるけど、
これなら、使いたい時に使える。
打撲した時とかも、氷が無い時は使えそう。

首に巻く凍るバンドも、ダイソーで千円で売っていた。
最近は、色々なアイデア商品があるんだなあ。
便利な品物が増えているのは、嬉しいこと。

最高気温40度とか、もう驚かない様になってきた。

子どもの頃の、エアコンのいらない家、木陰の涼しさ、
からっとして気持ち良かった夏が戻ってこないかなあ。
これから未来ある子ども達が可哀想になる。

まずは、コロナ禍をどうにかしないと。


↑このページのトップヘ