りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

世の中のこと

今年もまたこの時期がきた。迷惑なご近所さんの木。大量の木の葉が近所の敷地内に吹き込み、溜まっていく。生垣に長々と植えてある木の葉なので、これから長期間、玄関も駐車場も葉っぱまみれになる。車の隙間にも入り込む。掃除をしても毎日溜まるので追いつかない。中腰に
『今年も迷惑なご近所さんの話』の画像

町内会の回覧板が回って来たのだが…一番上に挟んであった書類を見て驚いた。1カ月ほど前に、班長さんが能登半島地震義援金を集めに回っていた。1口千円と決められていた。(断るのは勇気がいる雰囲気)訳のわからない団体に寄付するよりも、町内会なら安心なので寄付した
『回覧板は無くしても良いのでは』の画像

ランチをケンタッキーにしようと思い、お店に行った。カウンターには2人の店員さんに注文中の2人の客。並んでいるお客は私だけ。空いててよかったと思っていたら、あれよあれよと後ろに列ができた。その理由は、店員さんの1人が、レジでもたついていたから。お客さんはス
『他人事には思えない』の画像

福岡の小学1年生が、給食のうずら卵で窒息した悲しいニュースに 心が痛む。どんなにか苦しかっただろう。見ていた周りの子ども達、必死で対応されたであろう先生方のショック、朝元気に行ってきますと出て行った我が子が、こんな事になるなんてと現実を受け止められないであ
『悲しい事故、誤嚥にも注意』の画像

朝早くに用事があり、まだ外が暗いうちに 起きるとリビングで下の子が寝ていた。別の部屋に布団を敷いておいたのに、部屋と布団が冷たいからかリビングのこたつで寝た様だ。すぐに用事を済ませて帰ると、下の子は起きたところだった。朝食を食べながら、同級生の話をしてきた
『悩む若者達、大人の責任』の画像

昨日インフルエンザの事を書いたけど、コロナはもっと流行っているみたいだ。今のコロナは、高熱。喉や頭、身体中が痛いと訴える人が多いらしい。気を付けていても集団の中にいれば感染しても仕方が無い。とにかく、マスク、手洗い、うがい、免疫力を下げない生活をするしか
『コロナも流行っている』の画像

昨日、詐欺メールが来た。これまでも何度も来ているので用心していたが、敵もいかにも本物ぽく、騙しのレベルをあげてくる。ほとんどが、契約していない銀行やクレジット会社の名前からなので、すぐ気が付くから良いけれど、もし使っているカード会社だったら信じてしまう可
『不審なメール』の画像

地震に続き、羽田での飛行機事故。なかなか消えないどころか、どんどん燃え上がる機体を見て、恐怖を感じて息苦しくなった。飛行機には何度も乗っているが、慣れる事は無い。いつも怖い。益々飛行機嫌いになりそうだ。でも、新幹線よりも格安なので利用せざるをえない。乗客
『恐怖で息苦しくなる』の画像

元日に起きた能登地方の地震。寒い中、どんなにか大変な事でしょう。お見舞い申し上げます。避難所はどんな状況なのか、気になる。長年、大きな災害が続いている国なのに、避難所は全く昔と変わらない。体育館で雑魚寝。トイレも劣悪。プライバシーも守れない。自分も過去に
『今年もよろしくお願い致します』の画像

家の前で散歩中のお年寄りにもよく声をかけられる。通りすがりの知らない人だから、逆に気楽に話せる。話しかけにくいと思われるより、抵抗なく声をかけて貰える方がいい。中には、若い人を使って声をかけてくる色んな詐欺商法も多く、屋根が壊れてますよなどと言ってくる例
『狙われる年齢になった』の画像

↑このページのトップヘ