りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 世の中のこと


知りあいからラインがきて
「企業枠でワクチンを早くうてそうなんだけど、今うつべきか迷うわ。どう思う?」
 と相談された。

まだ30代のその人は、市の接種ならば
2回目が終わるのは、8月末以降になるのではないかと言う。
企業枠なら、7月中には打ち終わるそうだ。

多くの人に接触する仕事の為、
感染リスクが高く、毎日不安な気持ちで仕事をしている。
聞くと、マスクをしていない人も来るし、
大きな声でお喋りしながら、密になっていたり、
中には赤ちゃん連れの人もいるので
神経を使うという。

だから、ワクチンは早くうってしまいたい、
と思ってはいるそうだ。

ただ、まだ日本では、若い人の摂取がこれからで、副反応に関する情報が少ない。

医療関係者の若い人で、すでに打ち終わった知り合いは
副反応が強かったそうで、2~3日寝込んだそうだ。
「熱と倦怠感で動けなかったので、食料や薬を準備しといた方がいいよ」
と言われたそう。

回復するから良いけれど、自分がどうなるかは
うたなきゃわからない。

女性の方が多い傾向にあるのは、
ワクチンの量を体重別にしていないからでは?という説もある様だ。
KMIMG_9301_TP_V

実際どうなのかはわからないが、
子どもに接種するのは不安が大きい。
歳とった私でさえ怖いのに、若い人、お子さんのおられる方、
無事終わるまでは心配だろうなあ。

痛いとかそういうのはどうでもいい。
打った直後は何ともなくても
数日後に急死された方も多く、ほとんどが脳内出血の様だ。

ワクチンは打ちたいが、やってみなきゃわからない。

なにせ、人体実験しながらという状態に近い。

陰謀論は嫌いで、ワクチンを否定はしない。
重い副反応さえなければ、必要だと思う。

相談してきた友人には
「不安なら、急がないで市の方でやったら?できれば病院の方が何かあった時安心よね。」
と答えてみたが、どうするかは、当人の決める事。

多少、何か副反応があっても、後遺症が残らず、
数日中に回復するなら構わない。

腕の痛みや熱、だるさ位なら全然自分は気にしない。
頭がふわっとするとか、吐き気などの気分の悪さが嫌いだ。

祈るしかない。




アマゾンプライムで「ガス燈」を観た。

1944年の作品。白黒。
その頃の日本は…?自分はまだ生まれていない、かなり昔の映画。

画像は綺麗、俳優も有名な人。
イングリッド、バーグマンの美しさと抜群のスタイル、品の良さに気を取られてしまう。

タイトルは良く耳にしていたが
時代が古いし、恋愛物語?みたいな勝手な印象を持っていた。 

全く違った。

ストーリーは新しい気さえする。
この映画がサスペンスの土台になったのかなとまで感じる。

白黒ということ、夜の暗いシーンの多さ、恐怖心を煽る演出で、
最後まで怖かった。

凶悪な宝石泥棒が、狙った家の持ち主である娘に近づき、騙して結婚する。
完全に騙された彼女にとって、男は優しく紳士で、良く気の付く素敵な男性だった。
男は、結婚すると、資産や宝石を奪う為に、妻を洗脳し始める。

コントロールする為に、妻を家に閉じこめ、人と接触させない。
周りには、妻は病気だと言いふらす。
色んな細工をして、妻自身に、自分は精神の病気だと思い込ませる。

妻が苛立ち、反抗しようとすると
男はすぐにご機嫌を取り、優しくし、誤魔化す。
妻は愛されていると思い、夫を信じてしまう。

家のガス燈が、事件解決の鍵になる。

正義の味方が登場し、スカッとするラストに救われた。
                                         71aUCtMI2sL._SX300_     
                                                                                                  (Amazon primeより)

「ガスライティング」という言葉がある。

それがこの映画のタイトルから作られたものだったとは。

ガスライティング~~心理的虐待の一種。被害者に些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑う様仕向ける手法。
例としては、嫌がらせの事実を加害者が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させる為に、奇妙なハプニングを起こしてみせるというものまである。(ウィキペディアより)

加害者は、虐待を否定し、悪いのは被害者の方であると、
被害者本人に思い込ませるやり方。

映画では、妻を世間の人と接触させない、趣味も奪い、家に閉じ込め、
夫だけを頼る様に仕向けて行く。
カルト宗教でも夫婦間DVでも加害者のやり方はそれに近い。

最近でも、福岡でママ友に洗脳されて、
全てをコントロールされ、遂には我が子を餓死させた母親の事件があったが、
これもまさしくガスライテイングが行われている。
逃げられないのか?何故簡単に洗脳されるのか、と世間の人は不思議に思うだろう。

加害者はおそらく人格障害なので、恐ろしいほど洗脳がうまいのだろう。
被害者になりやすい性格の人を直感的に捉まえ、
逃げられない様に最初はとても優しく、
自分がいなければ生きられないみたいなところまで洗脳していくのだろう。

今でも、現実に事件になっているのだから、とても怖い話だ。

学校でも、もっと心理学や哲学、こういった洗脳の事例を学べないものだろうか。
(オウム真理教の事件については、触れるようだが)

そういう人間がどこにでもいるという事を知っているだけで、
自分を守るきっかけになると思う。

一旦洗脳されてしまうと、救おうをする人を「自分に嘘を言って、足を引っ張る悪い人」
と思い込むかもしれないし、加害者からそう言われれば信じることだろう。
洗脳を解くのは、身内でも難しい。

洗脳から逃げた被害者の声を信じて、もっと社会の理解が増し、
被害者を救える世の中になれば良いと思う。

少し前よりは、だいぶDV,モラハラ、虐待問題が取り上げられては来たが、
まだまだ男尊女卑、差別、被害者への二次被害が溢れているのも事実。
それも、教育の力が必要だと感じる。

我が身を守る為に、まずは「知る」ということから。






コロナワクチンの予約が順調にとれるようになってきたようだ。

聞いた話によると
副反応が出る人の割合が多いらしい。

早く打った知りあいの医療従事者は、
倦怠感が強くて、寝込んだとか。
何もできなくなるので、
食べ物を(ゼリーとか)を用意した方がいいと言われた。
特に2回目。

接種した腕が痛くなるのは、当たり前というか
これまでの経験で慣れてはいる。
痛みだけで終わるなら幸いだ。

クラプトンみたいに、痺れなどの全身症状が出て
打った事を後悔するほどの影響が無ければ良いが。

2回目の方が、強くでそうだし、
発熱するパターンも多いらしい。

数日で収まるとは言え、症状がでたら不安になることだろう。

それでも、コロナに感染するよりはずっと良い。
7月までに全ての人に、というのは無理だろうが
とりあえず、予約がスムーズにとれるだけで安心感は持てる。

自分は去年まで、インフルエンザの予防接種は受けて来た。

仕事柄、受けないといけなかったので。
慣れているのに、打つ度に緊張し、
副反応におびえている自分。
MAR89_ajisai20140601_TP_V

子どもの時、風邪で診てもらった近所の医院で
2種の注射を一度に打たれて、
アナフィラキシーショックを起こした事がある。

帰り道に急変した。
すぐに医院に戻ればよかったのに
そう言った事に全く無知な母は、事の重大さがわからず、
私が単に甘えていると思い込み、
座り込んで吐いている私を怒鳴りつけ、
おんぶして帰宅した。

その後、医師の医療ミスだとわかったが
親は苦情も何も言わず、無事だったからと放置だった。

大人になってからも、歯科で麻酔の量が多かったらしく、
治療後、帰宅1時間後に呼吸困難が起こり、
寒気でガタガタと震え出した。
しばらく休んでいたらなんとか落ち着いたのだが。
歯科に問い合わせると「よくあることです」で済まされた。

そう言う体験をしていると
身体に薬物を入れるのが怖くなる。

今でも、歯科で麻酔を打たれると、思い出し
動悸がする時がある。
気にしないように自分に言い聞かせ、
リラックスする様にしていると落ち着く。

が、始めてのワクチンは、やはり不安だ。

若い人ほど、反応が強くでるそうなので
自分よりも子ども達が心配だ。

仕事に差し支えたりするかもしれないし、
接種する翌日に休みを取っていた方がいいと勧めたい。




仕事帰りにいつも立ち寄るショッピングセンターで買い物しようと
思ったが、遅くなりそうなので、営業時間を調べてみた。

時短営業の可能性もあるので、ホームページを空けて見た。

すると、えっ?
「当店の従業員に、陽性者が出ました」とある。

消毒はきちんとしています。
みたいな事が書いてあるだけで、広い店内のどの売り場なのかはわからない。

店はいつも通り営業。

検査結果は、昨日でたもの。
ということは、濃厚接触者とか、
同じ部署の人とか、検査結果待ち?

従業員の出社日、休んだ日が書いてあったが
どの売り場かわからないことにはなあ。

自分はよく行くので、その人とどこかで接触した可能性はある。

食品レジなら、不安になる。

買物に行って大丈夫だろうか。

具体的に、売り場を教えてくれた方が良さそうだけど。
わからない方が、不安になって
客が減るのではないかなと思う。

生鮮食品だったら、そういう訳にはいかないのかなあ。

drtftgyuhij_TP_V

不特定多数の人と接する仕事は
陽性者がでたと公にされ、影響を受けるので神経を使うことだろう。

お店へのダメージもだけど、職場での居心地も悪くなりそうだ。
どの職場でもそうだろうが、
気を付けていても、なる時はなる。
先日、感染して職場に迷惑をかけたと
命を絶った女性がいた。
悲しすぎる。

コロナは風邪だ、マスクもいらないなどと
迷惑をまき散らす人もいるというのに。

自分は、買物中は、手の消毒は何度も店内でやっている。
それとマスクだけで、本当に大丈夫だろうか。
最近は、花粉症なのか、よくくしゃみをしている人がいる。
通りすがりにやられると、心配になる。

今日は、他の店に行こうかなあ。

まだまだ、こんな状態の日本で、オリンピックを絶対に開くと言うIOC.

これで、オリンピックが開催されて、
とんでもない事になったら、誰がどう責任とるの?

おまけに地震、水害、台風と
これから自然災害も増える時期なのに、
人災まで起こされたら、
日本は終わってしまうのでは。

コロナ禍になってから、
病む人が増えたのではないか。
芸能人を見てもそう。
色んなところで、悩み、困っている人が増えている。

「どげんかせんといかん。」という懐かしい言葉を思い出した。
このままじゃいけないよ。
どうにかしないといけないよね。


今日、お昼前に用事で外に出たら
凄い車の渋滞、お店の駐車場はどこも満車、
え?コロナ禍だよね?

何故こんなに混んでるの?

と不思議だった。

そういう自分も外に出ている訳だが、
頼まれて、急ぎで届けないといけない用事があり
行きたく無い?店で買い物をし、急いで届けた。 

今日、何かイベントあったっけ?というほどの人出。

コロナも2年目、IOCも国も、オリパラをする意志しか感じない。
医療崩壊と言われている中、無策の上に、何を考えて居るのだろう。
そんな国の姿勢も、国民にコロナ疲れを与えている。

このままワクチンが行きわたらないまま、
インド変異株が蔓延したらどうなるのだろう。

鳥取県知事の記者会見の動画を見た。

県が聖火ランナーのタレントに
辞退するように求めたとの説明は虚偽であったと謝罪。
実は大会組織委員会が誤りの情報を流したと説明した。
&タレント事務所のお偉方から、県職員への恫喝などがあったなど、
の説明をした。

長い会見で、コロナ対策についてのさまざまな説明を
きちんとされた後にこの話をされていた。

原稿など一切見ず、全て自分の言葉で、
分かりやすく、誠実に話されていた。

こういう地方のトップの方が、国のトップより
よっぽどまともに見える。
PKASXZdasdfa_TP_V

聖火ランナーのユニフォームについても、
高齢者や身体の弱い方などが、
寒くて中にセーターを着ていたら、
ユニフォームの形が崩れるからと、ぬがされたとか、
上着を着て走ることもできないそうである。

オリンピックの為に、何で健康を害してまで
国民が尽くさないといけないのだろうか?
鳥取県が流された虚偽の情報といい、
オリンピックの組織委員会は、そんなに偉いのか?
何様ですか?と言いたい。

誰の為にやるのかわからなくなってきた。

「メダルをとらないと」というプレッシャーに
追い詰められるオリパラ選手たちを見ていると
国の為にとか、まるで戦争にいく兵隊さんみたいに見えた。

確かにこれまでは、応援する楽しみ、メダルをとってくれる感動を
与えてもらえて、世界の国の運動会みたいでいいなと思っていた。

が、コロナによって、色んな事が透けて見えてきて
4年に1度とか、税金を使って新しい施設を作るとか、
もうオリンピックは無くても良い気がしてきた。

国がもっと早くに延長や中止を決めて、
国民第一に世界の先頭をきってどんどん対策をやっていたら
オリパラなんて無くていいなんて思う事は無かったと思う。



 
札幌の理容店に、ワクチン申し込みの間違い電話が殺到しているという話題。

電話線を外したくても、お店の予約電話もくるのでできなかったとのこと。
全て、対応されたのだろうか。
仕事どころでは無かったことだろう。

殆どの方は、謝った事だろうが
中には高飛車にどなったり、間違いを認めず、黙っていう事を聞けなどと
言われたとか。

この失礼な老害な人達には呆れる。

自分の父も似たところがある。

若い時は、母にだけ本性?をだし、
外では、温厚で無口で人柄の良い人に見えていた。
(父親として、一家の長としての自覚と責任感はきちんとしていた。)

間違い電話のご老人も、若い時はそうだったのかも。

高齢者になると、どうして老害になる男性が多いのだろう。

父の場合、「嫉妬」「ちやほやされたい」「ただの年寄り扱いされたくない」
「本当は自分は凄いんだ」など、が根底にありそう。

定年退職後、色んな良い仕事の誘いがあったのを断り、
趣味を楽しみたいと、これまで趣味に没頭してきた。

趣味のサークルで、人との交流もあり
体力作りも熱心で、理想的な老後だなと思っていた。
母は置いてきぼりで、振り回されていた。
KAZUHIRO171013175_TP_V

やりたい事をやれて、老後を楽しんできた父でも、
現役世代に嫉妬したり、
自分を敬えと言う様な老害爺さんになった。

母だけが父のDV体質を知っており、
私にそのストレスをぶつけ、私が間接的に父の被害にあいながら
育ったと言えるかもしれない。

何も知らない、甘やかされて育った弟は
父は、急に変わった、そんな人じゃないと信じていた。

この世から、老害は無くならない。

DV,モラハラ体質、差別主義者が
歳老いて抑えが効かなくなり、表に出るのが老害ということか。

最悪、人の命も奪う結果になるので
違和感を感じたり、もしかしたらと思ったら
早めに離れた方が賢明だろう。

自分は,若い頃それができなかった。
当時、DVやモラハラ、人格障害などの知識が無かった。
世間にまだ周知されていなかったので
誰も、理解してくれなかったかもしれない。

でも、知っていれば全然違った。





日本中、コロナの感染者数が更に増えて来た。

連休が終わり、これから更に増えることだろう。
変異株にとって代わり、感染力もこれまでとは違う。
ワクチンもまともに普及させられない、情けない国。

海外に学ばない、何もしない、検査も増やさない、
自分の利権優先…などなどのツケは国民にくる。

人工削減計画、強い者だけを残し、弱い者は減らそう、
福祉、年金にお金を使わなくて良いように?

そういう裏の声も聞こえていたが、
まさか、そんな事、ありえないと聞き流していた。
陰謀論は嫌いだ。
が、ここまでくると、否定もできなくなってくる。
実際は、ただの無能なだけなのだろうが。

ELFA315DSC05464_TP_V

いつのまに、こんな国になってしまったのだろう。
国民の人間性も変わって来たのだろうか。
ネットでの、有名人への誹謗中傷、差別発言、
事件の被害者への中傷なども、人としておかしすぎる。

ウイルスという未知の敵によって
世界中の多くの人が亡くなっている。
今や、世界中がウイルスと戦っている。

人間同士のテロや戦争がいかに馬鹿らしいことか、
人間の愚かさを感じる。

やはり、この世は修行の場?苦しんで当たり前?
この世にまだ、生きている自分は
まだまだ修行が足りないのだろう。






今日はすっきりした気分。
最近は、気圧の影響を受けやすくなっていたが
今日は元気だ。

時間の力は凄いと思う。悲しさが薄れていく。

それにしても、コロナで国民は疲弊しまくり。
高齢者にワクチン接種券は発送されているが
予約は殺到し、取れない状態。

父にも届いたらしいが、
いつから申し込むのか、何もわからないと言う。
弟が手伝わないと、おそらく予約はできないだろう。

殺到するのは目に見えている。
なのに、お上は何も工夫をしない。
早い者勝ちというのは、いかがなものかな。
何をしても、国民に負担をかけさせるやり方。

国の無能さを嫌というほど味わっている。

聖火リレーは、参加者の周辺では盛り上がっている。
知り合いが走るとなると応援するのは当然。
記念になるし、つい笑顔になるのも理解できる。

でも、何か変、違和感あるなあ。

国民が疲弊しているのに
オリンピックでどうしても利益を得たい人たちが
強引に盛り上げようとしている感じ。
国民は後回しで。
000AME5031_TP_V

治療を受けられず、苦しんでいる人が沢山いる中で、
お祭りをするなんて。今じゃないよね。
自分は、元々オリンピックも、スポーツ観戦も大好きで
コロナが無ければ、かなり楽しみにしていた。

でも、今はとんでもない事態。
心から応援にできるかなあ。

心から世界の人々が喜んで参加して、
応援して、皆で盛り上げれる時まで、延期でいいじゃないか。

誰かさん達は、どさくさまぎれに、憲法改正だの
コロナがチャンス?なんて言っている。
報道しないマスコミも良くないなあ。

一番不可解なのは、そこまでオリンピックをしたいなら
何故、もっと必死で何とかしようとしないのか?

憲法改正とか、法律で国民を縛ればいいとかそんな事を言う前に
お金配るとか、臨時の医療施設をバンバン作るとか
検査を徹底的にやるとか、いくらでもやれることあるだろうに。



 





この事件は、誰もが最初からムカついているのではないか。

「上級国民」と言う嫌な言葉も話題になった。

奥様とお嬢さんを突然奪われた松永さんや、
事故に巻き込まれた多くの被害者の事を考えると
本当に心が締め付けられる。

幸せを絵に描いた様な、本当にほほえましい家族に
何故、こんな地獄を与えないといけないのか。
なぜ、こんな一生懸命に真面目に生きている人に
試練を与えるのか。

神様はいないのか?と怒りに震えてしまう。
真面目に生きていくのが馬鹿らしくなる。

コロナ禍で、尚更、そう思う事が増えて来た。
世の中が腐りきってきている。
権力を持つ側が腐ってきたからか。
domain458A0774_TP_V

過去にどんなにエリートだったか知らないが
プライドだけが高く、
自分は絶対正しいと信じて反省しない。
ただの頑固爺さんでは無い。
老人だからなんて関係ない。

どんなミスをしても謝ったら負け、
絶対頭を下げない、自分は正しい、と
言い張るところは、我が父と同じだ。

父は、飯塚被告ほど悪質では無いと思うが(気が小さいから)
老害爺であることは間違いない。

飯塚被告は車のせいにして譲らない様だが
トヨタにはしっかり真実を証明してもらいたい。

少しでも、被害者、遺族の方が救われる結果がでますように。


知り合いのライターの方から
写真のモデルを頼まれた。

というと、素敵な?イメージがあるけど
そうではなくて、間に合わせに私に頼んできただけ。

それも、顔は映らず背中と手だけ。

普通の主婦っぽい感じでいいと。

”挨拶の品を持ってご近所に挨拶をする場面の絵”
が急遽必要になったそうだ。

顔も映らず、背中だけならといいかなと。
お手伝いできるなら喜んでと、協力することに。

我が家の玄関の前と知人の家の玄関前で
挨拶している風の写真を何枚も撮影した。

「引っ越しの挨拶をする?しない?」のテーマの記事を書くのかな?
コロナ禍でもあるし。

TSU852_ichiganrehurensyu_TP_V

私は、住居の種類、独身か家族か、性別、場合によって
引っ越しのご挨拶はしない方が良い場合もあると思っている。

私も独身時代、アパートを引越すたびに挨拶をどうしようかと悩んだ。

ある女子短大生が、アパートに引っ越して
近所に挨拶して回った。
疑う事も無く、女性の1人暮らしだと知らせてしまった結果、
隣の男に命を奪われた事件があった。

独身だった私の従妹も、向かいの部屋の男性が
部屋に押し入って来て、怖い思いをしている。

そんな事件も多い中、
老人や女性の1人暮らしは
玄関に他の人の靴を置いておくとか
家族がいるかのように洗濯物を干したり、
1人では無いアピールをする事を勧めるし
そうされている人も多いと思う。

自分もいつか、そうなる日が来るだろう。
近いかもしれない。来ないと困る。



↑このページのトップヘ