りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 思うこと





見積もりを頼んでいたもう1社からも連絡が来た。
とりあえず、見積書の画像を送ってもらった。
明日説明を聞くことになっている。

最初に見積もりをくれた会社には、待ってもらっているが
お断りする予定。

シロッコファンに変更するのも良いと思うが、
吸引力がプロペラよりも弱くなるのと、 
いつまでこの古い家に住み続けるのか、
地震などでいつ壊れるかわからないし、
お金をかける価値を感じない。
今時のシロッコに変える時は、誰かが、家中を大がかりにリフォームする時でいい。
私はやらないし、できない。

できるだけ、今までと同じタイプの物と交換したい
と思っていたが、古いタイプのフードなので
うちの台所の壁の作りでは、最近のタイプでは、サイズの合うフードが無さそうだ。

これは、自分でネットで探した結果わかった。
シロッコに変更すれば、壁のサイズにフードが合うので変更可能。

これをふまえて、見積もりを見ると
やはり最初の会社はでたらめ。
フードも換気扇もサイズが合わず、取りつけられない物を選んでいる。
そして馬鹿高い。
で、もう1社は、シロッコの見積もりと、
今と同じ換気扇のみの交換の見積もりの二つが書いてある。
fruit1748_TP_V

説明は明日して貰うけど、
おそらく、私が思っている事と同じ内容だろう。

これしか、やりようがありませんと言われると思う。

後の方の会社の方が、内容がまともで、正しい商品を選んでる。
プロだから当然なのだけど。

シロッコにしないなら、フードは交換せずそのままで、
換気扇だけ交換するしかなさそうだ。
だったら、自分で買ってつけられそう。

スイッチを変えたら、動く様になったし
換気扇が壊れるまで、交換は待ってもいい。

最初は全くわからず、任せるしかないと思っていたが、
自分で色々調べてみる事は大事だなと思う。
勉強になったし、面白い。

とりあえず、明日説明をきいてみて、
それから結論をだそうかな。




換気扇の見積もりが1社だけ届いた。

商品番号を見て、ネットで調べると、
〇換気扇のサイズが間違っている。 
〇レンジフードの場合、金属製の羽根でなければいけないのに樹脂製。
〇レンジフードのサイズも違うし、スイッチ、フィルター無し。
〇工賃以外に、詳細不明な高額な費用が二つ。
〇商品は、安い物を使っているのに、総額が高い。

これでは換気扇が枠にはまらないし、
スイッチも無く、動かせない。
紐で引くのは危険で無理。
金属のフィルターもついて無いから油で汚れてしまう。
今のと同じレベルの物をと頼んでいるのに。

同じ金額で、探せば適した商品がある。
自分でネットで見ればわかる。

もしかして、適当に選び、合わない時は、
工事を増やして強引に設置して工賃で稼ごうと?
悪徳業者かと疑われても仕方が無い。
人の紹介だし、まさかとは思うけど。
それにしても、質を落とし、レンジフードに禁止されている樹脂製を選ぶとは。

たまたま在庫にあったから、
これを使おうとかそんな事はしないよね。
色々勘ぐってしまう。嫌な人間になってくる。
調べると、レンジフードも換気扇も品薄では無い感じ。

そもそも、ここの若社長、最初に総計しか言わず、明細を教えなかった。
頼んでもいない、高い工事の金額だけを言って来て、
高いと思わせてから、次に本来の工事の金額を言って来た。
安くなったでしょう?これでどうですか?すぐやりますと、
明細を見せないで、返事を急がせてきた。

もう、そこからして信用できない。
「何もわからないから、あなたに任せる」と言われると思っている感じ。
実際そういう人客が多いのかもしれない。
特にお年寄り。うちの実家でもそうだった気がする。
簡単に騙される。

客は、素人で何もわからないと思い込んでいる風だった。
とんでもない話。
ここには絶対頼まない。
YUKIR20505_30_TP_V

見積もりをする為の調査に来た時も、
余計なお喋りばかりして、なかなか現場を見ようとしなかった。
途中「換気扇は?」と私が言わなければやらなかった。
きちんと調査しないで帰ったのではないかと思う。
この程度の仕事、楽勝、簡単、と思い込んで。
儲けも少ないし、適当で、と。

おばさんだから、素人には何もわからないから、
適当に決めて適当に工事して言いなりに請求してもわからないだろうと
舐めているのね、と思われても仕方が無い。
こうやって客を逃がす。

どんなに利益が少ない仕事でも、
誠実にやれば、紹介や仕事が増えていくのに。
見積もりの段階で、こんなじゃだめだよね。

若社長さんには、もっと経験して苦労して
視野を広げて貰いたい。お節介はしないでおく。

お喋りがうるさかったのは、
必死で営業しているつもりだったのだろう。
それでは逆効果よと言いたくなったが、
老害みたいに思われそうで我慢した。

もう1社は、まだ連絡が無い。
そこからどんな見積もりがくるのか楽しみだ。
そのうち若社長には丁寧にお断りする。

他にも、当たってみようと思う。
へたすると数万の差がありそう。

複数の会社に見積もりするのは
大事なんだなと改めて感じた。




これからの自分の人生について
独身時代の様に、自由に生きたいと思うけれど、
今年は、コロナや町内会の班長、子どもたちに頼まれる用事が結構あって、
好きに予定を入れられそうにない。
お金の問題も大きい。

せめてコロナ感染者数が減れば、
実家の片づけや、旅行にも行ける。 
実家は、父が嫌がるので、短時間しか滞在できないが
本当は、長期住んでみたいと思う。

父は1人で自立した生活ができるのはあとどれ位だろう。
先日会った時は、まだ大丈夫そうだった。
認知症が酷くなったり、火事や怪我などの危険が予想されたり、
食べ物を食べ無くなっていたら、施設のお世話になるしかない。
身体は、良く動いているせいで、
病気もせず、足もしっかりしている。

弟が、父の変化に気が付けば良いが。

父は若い頃は、ここまで頑固では無かった。
脳の老化のせいなのだろう。性格が変わって来た。
普段は穏やかだが、突然怒りだす。

高齢だからとわかっているが、傷つけられる言葉を言われると
ショックと怒りが沸く。母がずっと耐えて来たストレスが理解できるから尚更だ。
それでも、夫よりは何百倍もまし。
elly2252803_TP_V

これからの事を色々考えて居ると
「でも、〇んだら何もならない」
「いくら頑張っても、意味がないのでは。何の為に生きているのだろう」
という思いが頭に浮かぶ様になってきた。

〇んだら終わり。全て消える。
今、いくら心配してもどうせいつかは、人生終わるのだ。
だったら、悩むのも、我慢するのも無駄じゃないか。
仮に報われた人生でも、いなくなれば意味が無い。

そんな事を打ち消してはまた浮かび、を繰り返している。

自分は、何が一番嫌かと言うと
自分の人生を勝手に他者に決められる事。
夫の存在。
これからは、絶対に邪魔をされずに
自分の為に生きていくのだと言い聞かす。







換気扇とレンジフードの見積もりは、
1個だけ、金額のみラインで連絡がきたが、
ばかみたいに高いし、こちらが希望した物とは違う物の見積もり。
これではないと返事すると
これから、再度請求してみますと返事。
仕入れの段階で、もたもたしていて、
知りあいの紹介なのに、とにかく一番高い物を売ろうとしている。

もう1店からは、何も言って来ない。
品物が無くて困っているのか、途中経過だけでも連絡してほしいが。

すぐに工事をしてほしかったから、
知りあいのリフォーム店に2か所見積もりしてもらったのに
こんなに時間がかかるなら、
もう自分で探して、仕入れて
工事だけ直接電気屋さんに頼んだ方が早くて安いし、
納得がいくかもしれないと思えて来た。

レンジフードのスイッチが壊れただけなので
待っている間だけでも、使えないかと、
ネットでスイッチを探し、自分で修理してみた。
13ellyri529C_TP_V4

小さなおもちゃみたいなスイッチだけど、
ぱっと見ると、同じものがいくつもある様に見えて
定格やら、サイズやら、機能を探すとなかなか無い。

かなり古い物なので、もう今では無いタイプなのだろう。
サイズは小さいが、それしかないという物をやっと見つけて
アマゾンで、送料無料で数百円で買えた。 

サイズが小さいので、工具箱からパッキンを探して
どうにか穴にはめこみ、
端子も小さかったが、差し込んでぐっとペンチで締め付けた。

外していたフードの全面カバーを
よいしょっとはめこみ、電源コードをカチッとはめこんで終わり。

さて、動くかな、とおそるおそるスイッチを押す。

動いた。何事もなかったかのように
台所の換気扇が復活した。

もうこれでいいやと思ったが、
次は、換気扇のモーターが壊れたり、
断線したりするだろう。
寿命をとっくに過ぎている。
だから、できれば今、全部交換した方が
ストレスは無いだろう。

見積もりがあまりに遅かったり、
品物が無いと言われたり、異常に高かったら
自分でネットで探してみようっと。

夫には、見積もり金額を連絡して
これだけ必要だと伝えてみよう。
無視するとわかっているが、
あえて、自宅に対して無責任、無関心である態度を
少しでも記録に残したいと思う。





続き

初対面なのに、驚いた。
まず、あなたがマナーを学びなさいと言いたかった。

教育実習の学生さんが授業をすれば、
授業中に口をはさみ、授業を止める。生徒の前でけなしまくる。

泣く学生さんを、生徒さんが慰める。

なのに自分が他の教師から注意を受けると
40代なのに、新人みたいに泣いて「あの先生がいじめてくる。」と生徒に言い、
原因を生徒のせいにする。
絶対に反省したり、学ぼうとする姿勢は無い。

もう1人の女性教師も似ていた。
PTA活動で一緒に行った企画が無事終了し、
こちらが御礼を言い、お疲れ様でしたと声をかけても、
親を徹底的に無視する人だった。
頭を下げると負けだと思い込んでいるのか?
お疲れ様、有難うも言えないなんて。驚いた。
何故、女性にそういう人が多いのだろう。

話を戻して、知人の子どもさんの学校の生徒指導の先生(女性)が
朝、挨拶をしても、スマホに夢中で、生徒を無視するというのだ。
最初は、聞こえないのかなと思ったが、
翌日も目の前ではっきり大きく挨拶したが
やはり、スマホを見ていて、無視するとか。

しかもだ、校則違反ではないのに、
冤罪を作り、生徒の言い分も聞かず、
一方的に罰をあたえるのだそう。
幾らなんでも理不尽なので、親が説明を求めたところ、
冤罪だったと認めたものの、謝らず、上から目線のままだったそう。
HIRAyottesofa_TP_V

教師は椅子にすわったまま、
親は立たせたままで、長い時間話し合いしたそうだ。

そんな教師ばかりではないのはわかっている。
うちの親族で、退職した人も含めて数人はいるが、
こういうタイプの人は、女性1人だけ。
他の人はとても良い人たち。

保育園の悲しい事件、事故も、
我が子も似た様な目にあっているので
他人事ではなく、辛い。
あの時も謝ることもなく、園に誤魔化された。
今なら、マスコミやネットで訴えたのになと悔しくなる。

両親は、私に教師になってほしかったようだが、
自分には合わないとわかっていたし、憧れもなく、抵抗した。
どっちみち、なりたくてもなれなかったかもしれないし、
もし、なっていたら、自分も嫌な勘違い教師になっていたかもしれない。
ならなくて正解だったと思う。

ブラックな厳しい労働状況をみても、
体力も根性も無い自分には無理だった。

精神疾患になる先生が多いが、
それだけ大変な仕事なのはわかっている。
純粋で真面目、熱心な先生ほどストレスを抱えるのかもしれない。

採用時に人格まで見抜くのは難しい。
学校の在り方そのものを根本から変えた方が良いと思う。
我々の時代よりも、後退している気がして驚く。

私たちの年齢より、若い政治家や教師達の考えが古臭く感じる事は多い。
頭が時代に逆行している人は、若かった頃の自分を思い出せばいいのにと思う。



知人の高校生の子どもさんの愚痴を聞いて、腹が立った。

自分も子育て中に、学校に苦情?を入れた経験もある。
(よく調べて考えた上で。理不尽な問題は放置できない)
未だにそんな教師がいるのか、とがっかりする話だった。

学校そのものもだらしなく、事務的能力が低すぎ、
連絡が不足しすぎているだけでなく、
生徒指導の名のもとに、理不尽ないいがかりや、
学校側の間違いを指摘しても、絶対にミスを認めず
謝らないのが最近流行ってるの?て感じ。

教師の個々の人格と能力の差によって
教室の雰囲気も指導結果も全然違ってくる。

特に女性教師には不信感だらけ。
家庭訪問の場で何人もの教師のマナーを見て来たが、
社会人として、人間として
マナーや、言葉使いで、人格がよくわかる。
教師である以前の問題。
SHIO151020084797_TP_V

教師だから何をしても偉いのだと勘違いするのだろうか。
社会でもまれず、試験を受けてそのまま
未熟な年齢時から先生と呼ばれ、
生徒に上から指導する立場にいると、
世の中の人も皆生徒に見えてくるのだろうかと思いたくなる人もいた。

自分の親族にも教師が何人かいる。
男性はそうでもないが、女性は酷い。

私生活でも、周囲の人を生徒の様に扱う。
自分は動かない、人にやらせて当たり前。お礼も言わない。
謝れば負けと思っている風。

子どもの担任で一番酷かったのは、40代女性教師で、
家庭訪問に来るなり、こちらの挨拶も無視し、
どすんと座布団にすわり、いきなり「おい、お前」と我が子を呼ぶ。
そして、両手のひじをテーブルにつけたままお茶を飲み、
「あ~あ、最悪な家だわ、駐車場が狭くていれにくかったわ」
と文句を言っていた。
言葉使いが悪くて驚いた。    
                             続く










換気扇、レンジフードを交換するつもりが
このご時世、やっぱりだ。品薄で、手に入らないらしい。

換気扇が使えないと、本当に不便。
料理がやりにくい。

スイッチの故障だけで、換気扇はまだ動いていたので、
最悪、スイッチだけ交換とか、
市販の安い換気扇をつけて、
レンジフードはそのまま使えば何とかなる。

ただ、フードが古い商品で、前面にはめこむスイッチのサイズが合わないとか、
電源や配線の工事も必要になるかも。

それでも、無いよりまし。
どうにか工夫して換気できるようにしたい。

市販の安い換気扇も在庫が無いのだろうか。

で、外したままのレンジフード、
再び使うかもしれないので掃除をした。
ベタベタしていたので、洗剤でふきとりツルツルに。

とは言っても、壁についたままの換気扇やレンジフードの土台は
そこまで綺麗に掃除できない。
YATsan1203429_TP_V

外して捨てると思っていたので、
掃除はしたが、こびりついた油が完全にとれていない。

それにしても、電器店やリフォーム会社は、注文がきても
品物が無ければ困るだろうなあ。もったいない話だ。
それより、生活が不便になる人が一番困る。
値段も高くなっているし。

我が家は、台所に窓があるので、
窓を開けて料理をするからまだ良いけれど、
それでも、油や湿気がこもり、ただでさえ古い家には良くない気がする。
魚を焼くと、臭いが消えないので、メニューも限られる。

昨今、涼しくなってきて、エアコンをつけず、
窓を開けられる様になってきたのがまだ救われる。

家が古くなると、あちこち修理が必要になってきてうんざりだ。
自分の身体もそうなっていくのだろうなあ。
人の身体は、家電みたいに、新品交換ができないから困る。(笑)
 


久し振りにリビングの模様替えをした。
と言っても、テーブルの位置をかえ、物置タンスを一つ動かしただけ。
床のべこべこしている場所を踏まない様にする為に。

気分転換になるので、定期的に部屋の雰囲気を変えたくなる。
模様替えをすると、違う家に来たような気分を一瞬だけ味わえる。
その一瞬の為にやっている(笑)

掃除にもなるし、筋肉も使うし、私には良いと思う。

長年、隣の和室を応接間にしていたけれど
今では、そこは私の部屋になっている。
今の我が家には応接間は無い。

独身時代に独り暮らしをしていたせいか、
自分だけで静かに好きな事をして過ごせる部屋が欲しかった。

夫は、整理能力が無く、あっという間に家中が荒れる。
夫のアパートは、おそらく悪臭が漂い、ごみが散乱している事だろう。

そんな夫に加え、子どもが小さい頃は
自分の部屋なんて夢のまた夢だった。
子ども達が自立して、夫もいない今、やっとその夢が叶っている。
20220227-A7306139_TP_V

夫みたいに汚部屋が好きな人は
もう誰かと共同生活をするのは無理だろう。
どれだけ汚そうが、臭かろうが、好きなだけ食べて、浪費してだらしなくしても、
誰も何も言わない気楽な生活を長年やってきたのだ。
本人は、そんな現実を、わかっていないかも。

いつでも帰宅すれば、妻を利用して楽になると思っている。
共同生活となると今までとは違い、私は当然のことだが、
夫の方がもっと苦痛を感じるだろう。

私は、特に神経質でもないし、綺麗好きな訳では無いけれど、
生ごみも床に放置して、悪臭のゴミ部屋で生活する夫とは、生活したくない。
職場でも整理能力が無いので、ミスや忘れが多く
仕事の容量が悪いのは当然だ。

が、夫は何も知らない相手には
「自分は整理整頓は得意で、社員のお手本になっている」
と大嘘をつく。そこがまた病的。
私も騙されていた。

自分が妻を利用して楽になる、自分は男で偉いから。
と自分の思うことは妻も同意のはずと
自他の区別がつけられないので、
私の気持ちが想像できていないのだ。

なので、以前私にも意志があることを伝えたことは、良かったと思う。
勝手に帰宅して私を奴隷にさせない為の
ブレーキにはなったかもしれない。

それでも、人の気持ちを理解できないだろう。
だから無視を続けているのだろう。

夫が、放置している物や衣類を
少しづつ処分したり、まとめて、向こうに送る準備をしておきたい。
自宅に夫の物が完全に無くなる日が待ち通しい。



台所の換気扇とレンジフード交換の為、
業者さんに見に来て貰った。
知人の紹介で、知人が一緒に連れて来てくれた。

今回は見に来るだけなので、軽くコンロ周辺を片づけ、
掃除し、脚立も準備した。

約束の時間を1時間遅れて到着。
サイズを測り、見た時間は数分。
次はどういう物が良いとか、色とか
希望を言おうと思ったら、
家の中をキョロキョロと見回し、
粗を探して、あれこれと教えてくれるというか、
ここが悪い、こうすればいいと話し始める業者さん。

すでに知っていることや
対策済の事を、熱心に教えようとして下さる。
黙って聞いていることにも疲れたが、
肝心の換気扇のことには触れてくれない。
1時間、遅れて予定が狂ったし、
さっさと仕事済ませて、説明などして帰ってほしかったので、
こちらから強引に換気扇の話をすると
あっと思い出したように、話そうとするのだが、
またすぐ、違う方向に話がそれていく。

おまけに知人も自分の聞きたいことを質問し始める。
(それは、別の場所でやってほしい)
私が強引に、換気扇のことを口にしないと
何しにきたのかわからない状態。

いつもは、人が来るとお喋りになりがちな自分も
顔が引きつっていたと思う。
マスクをしていて良かった。

知人と私だけの会話も、業者さんは聞いていて
「それは違いますよ」
「何のことですか?」
といちいち、口をはさんできたのもイラッとした。
elly181027B002_TP_V

帰る時に、やっと商品を調べて連絡しますと言っていたが、
コロナ禍、もろもろで品物がなかなか入らないとか
高くなっているとか、を口にしながら帰って行った。
料理をする時は大変でしょうから、なるべく急ぎますと
言ってくれたのは良かったが、そういうことを
もっと先にじっくり話してよ、と言いたかった。

私って、こんなに短気だったっけ?
と思ってしまった。歳のせい?
心に余裕が無くなっている?
1時間、待たされたせいかも。

まだ若い人だったから、良かれと思って売り込みのつもりで色々口にするのだろうな。
これが、別のお宅だったら
「あんた、余計なお喋りしないで、さっさと工事について説明しなさいよ。
換気扇のことしか頼んでいないのに、あれこれ人の家についてケチをつけて失礼だねえ」
と、どこかの老人みたいに、叱られそうだ。

そういう体験を通じて、客との折衝を学んでいくのだろうが、
これまで、そういう事はなかったのだろうか。

「自分は営業が下手で」と話していたが、だろうなあ。
無駄なお喋り、しかも相手をムッとさせる話では。
営業は売り込めばいいってもんじゃない。難しい。
お喋りは嫌われる。
相手を不安にして、仕事を貰うやり方もダメ。

でも、何かあった時、気軽に修理をお願いできる業者さんの知り合いがほしかったので
これから、この人が頼りになるなら良いけどどうかな。

見積もりが来たら、まずは、夫に請求の連絡をするのが楽しみだ(笑)



夏はいつも髪をアップにしている。

汗で首に髪の毛がはりつくのが気持ち悪く、うっとおしい。
毎年、夏が終わると、髪を切りに行く。
切ったら、次の夏まで髪をおろす。

アップにするのは楽だけど、
 きつく括るのが髪には良くない気がして、早く涼しくならないかなあといつも思う。

白髪も増えてきて、細くなり、髪量も減って来た。
髪にも老化がくっきり。

パーマはやめてから長い。
白髪染めは止められないので、髪が傷んでいく。

夏にアップにできる長さをいつもキープしているが
いよいよアップも見苦しくなったら、短くするしかない。
それもかなりのショートに。
私には似合わないのだけど。仕方がない。
老化は、こうやって止めることもできず、進む。

16kissaten22812A_TP_V

コロナ禍になってから、美容院にも行っていない。
自分で毛先を切って誤魔化している。
でも、流石に、酷い状態になってきた。

髪をいつも綺麗に整えて、つやつやにするのも
余裕がないとできない。

頻繁に美容院に通い、上質なヘアカラー、シャンプーを使えばよいのだけど
そんな余裕は私には無い。
最近は、美容院に行くのも面倒臭いと言うか疲れてしまう。
精神的余裕も経済的余裕も無い。

髪がぱさぱさだと、疲れて見える。
だらしなくも見える。気をつけなくちゃ。

短くすれば、手入れも楽なのだろうが
似合わないので、切る勇気がない。
顔をなるべく隠したいタイプなので。(今更?)

今の私と同じ年齢の時の母の写真を見ると、
当時の母は、お婆ちゃんに見えていた。
今見ると、そうは見えない不思議。

我が子から見れば、今の自分も同じ様に見えるのだろうな。
「あ~あ、歳はとりたくないものだね」
と鏡を見ては、呟いていた母と同じ気持ちになっている。


↑このページのトップヘ