りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我

昨夜は周期的に胸の痛みが走り、すっと消えては
また数分後に痛むの繰り返し。

何かがいるみたい。

周期的にくるので、じっとしていると気になって眠れない。


ロキソニンを飲むことにした。

30分たっても変わらず、

そのうち寝てしまっていた。

最近胸とお腹周りが太り、下着もきつめ。
痛い部分は結構締め付けていて、
血行が悪くなっていたかもしれない。

衣類が密着すると摩擦で痛くなる気もする。

血行不良が原因?

なのでゆるゆるの下着や服に着替え、肌が擦れない様にした。

解放感が凄い。

どんだけこれまで圧迫してきたんだ。

痛みが取れるまで、ゆるめの衣類にし

今後は少し太めのサイズに変えよう。
N612_suitekigahikaruakaibara_TP_V

と思っていたところに母から電話。

漢方薬は、私のお薦めのが症状にあっていたので
それを飲み始めたという。


気持ちの影響が大きいと思っていたので、
やはりこれは効果的だった。

飲んでから、だいぶ楽になったという。

箱に書いてある効能を見て
これなら効きそう、と思ったらしい。

今だけかもしれないが、薬や注射に頼る人間なので
安定剤かわりに、良いと思う。

母はこうやって、弟や私に電話してくるが

私は今のところ、
自分の子どもには自分の不調は話さない。

自分よりまだ子供たちの事が心配だ。

まだ若いので、しっかり健康で自立していくのを見守っていきたい。

私が迷惑をかける訳にはいかない。

夫が頼りないというより足を引っ張るので

せめて自分だけは、しっかりしなきゃと思う。

電話の後、自分の方は、何だかの炎症だったのか
神経痛だったのか、
ロキソニンが効いてきた様で、

少しずつ痛む回数が減って来た。

どうかこのまま落ち着きますように。




昨日の続きを書こうと思ったが
昨夜からみぞおちが少し痛くて。なかなか眠れなかった。

痛いというほどではないが
骨の上が周期的にずきっとする感じ。

思い当たるのは
夜、ついソファでうたた寝をし、身体が冷えていた事。

肋間神経痛にしては、一か所だけの痛みだし
筋肉痛に近い?
texture198192274_TP_V

胸の真ん中が痛くなることはなかったので
気になった。

自転車に乗った時に、胸の下の部分の筋肉痛になったことがあった。
慣れるまで力をいれてしまうのだろう。

内臓では無いと思う。
そうであってほしい。
骨の上、表面の痛みだ。

他には最近いつもと違う車に乗り始めたので、
運転中の姿勢が悪くて
おかしなところに力を入れている事も考えられる。

昼、活動中は全く気にならず、夕方からまた少し気になった。

筋や筋肉を傷めたところに冷えが原因で痛くなったか。
であってほしい。

パソコンで背中や肩が凝っているところに
胸に変に力を入れたのか。
色々考えて見る。

我慢できないほどではないので
しばらく様子をみよう。


足の方もまだ少し違和感はあるが
おそらく筋だったのだろう。

楽になり、普通に長く歩けるようになった。


一つ解決して、また一つ変な所が痛みだす。


これも、コロナによる運動不足や老化現象からくるトラブルだろう。

最近痛みに過敏になっている。嫌だなあ。

身体のあちこちに湿布ばかり貼っている。

母の心配をしている場合じゃない。

自分が今病気になるわけにはいかないという気持ちがいつもある。


いつまで私の足は痛むのだろうか。

神経痛でもなく、普段は何ともない。それが救われる。

外を歩くと段々痛くなってくる。

足の付け根の筋が痛んでいるのだと思う。

歩き方が悪いのだろうと思い、
色んな歩き方をしてみる。
きちんと病院でリハビリ?をすれば良いのだろうが
ただの筋肉痛かもしれないし
コロナの今、あまり行きたくない。

無理にかばって歩くと、腰やお尻や別のところが痛くなるので
なるべく姿勢を崩さないように
姿勢よく歩く。

それにしても長い。

筋肉痛ならとっくに治っているだろう。

最初は股関節かと思い、不安になったが
日が経つにつれ、痛いところがはっきりしてきた。


痛みが長い理由を考えて見た。

もしかすると運転の姿勢が原因?

アクセルとブレーキを踏む時の足の位置や力の入れ方が悪いのかも。

でも、それで長い間やってきて
運転しやすい姿勢なので変えられない。

とにかく、湿布を貼りながら、
ストレッチをしながら
足の動きを意識してみよう。

足が痛いと、どこにも行きたくなくなってくる。
早く良くなれ!

PEZ_2089

コロナは色んな所で悪い影響を与えて来る。

街のライブスタジオなどが閉店になったりしている。

音楽の楽しみも奪われていく。

もっと早くに充分な補償が受けられていたら。

経済面もそうだけど
これからの感染症対策を考えると
3密にならざるを得ないライブスタジオの経営は
これから難しくなるだろうという判断をして廃業した経営者もいる。

日々、寂しいニュースが入ってくる。

いつもあちこち痛いと書いている私だが、
湿布を貼ったり温めたりしているうちにどうにか治って来た。

運動不足、体重増加、加齢が原因だろう。


ちょっとした動きが、後から痛みとなってくる。
これまでと違う場所だったり、
痛みの強さが違ったりして嫌になってくる。

意識して身体のあちこちを動かしているし、
家の中でもじっとはしていないつもり。
加齢と体重だな。

なるべく歩く様にしていたら、今度は股関節が痛くなった。

背中やら腰やら指やら首やらと痛いのは慣れてきたが、
足にくるのは久しぶりだ。

何年前だったか、同じ場所が痛くなったことがあった。

重くて足にあわないブーツを長い時間履いていたのが原因で、

無理して変な歩き方をしていた為に、
足の付け根の筋を痛めた。(と思った。)

しばらく安静にしていたら痛みは消えた。


その場所と同じで同じ痛み。

思い当たるのは、1週間位前、歩いて食料品を買いに行き、
帰りに両手に重い袋を下げて歩いたことか。


歩く姿勢が歪み、変な歩き方をしていた。
あの時から痛みが出ていた。

dogGFVL3409



コロナで家にじっとしている時間が長いせいなのか。

こんな時に嫌になるなあ。


今は病院には行きたくない。

歯科にも耳鼻科にも。

だから歯が痛くならないことを祈る日々。

股関節のあたりが痛いけれど、
骨じゃなくて筋肉であってほしい。

手術なんてしたくない。

歩いていなければ、普通に足は自由に動かせるし、痛くない。

ある動作をする時だけ鈍い痛みがある。

もし、血流が悪くて運動不足で筋が固くなっているせいならば、
歩いたり、ストレッチが良いらしい。

ストレッチは気持ち良い。

近所の誰もいない道を歩いてみた。


色々な歩き方を微妙に変えて歩いてみた。

痛くない歩き方を選んで歩いているうちに

まったく違和感が消えた。

しばらく様子を見てみるとするか。

体重を減らす事も良いのだろうが、
家にいる時間が増えると、つい食べてしまう。

いくら食べても太れない事に悩んでいたのが嘘みたいだ。
まずはダイエット、運動だな。


コロナに関係なく、運動不足解消を意識していたが、最近また運動しなくなった自分。

歩いて買い物に行っていたが、帰りに買った物を両手にさげて歩くので(それも3日分位を買いだめするので重くなる)後日、変なところが痛くなり、足を引きずる様になってしまった。

もうお婆さんだ(´;ω;`)。
両手に荷物を抱えて、長く歩くとおかしな姿勢になる為か、ポンコツな身体にはすぐ影響が出る。

今も、右足の太ももと内側の筋か何かを傷めたのか、少し歩くとひきつり痛い。

歩き方が悪いのだと思う。

筋肉の疲労なら良いが、骨に異常がでるとこんなコロナの時、病院には行きたくない。
股関節を傷めて手術になる友人も結構いる。そんな事を考えると、痛いのを我慢して長く歩くのも今はやめようかなとか、意志が弱くなる。

かと言って、じっとしていてもどんどん筋力が落ちるし。

ほどほどに気を付けながら動くしかない。

運動不足にならない様に意識はして、身体をまめに動かす様にしよう。
TSU863_kirinosaki

今、予算委員会を見ながら書いている。

志位さんが、「文化、芸術、スポーツは人間が生きていく上で無くてはならないもの。どうかこの危機に特別の補償をして頂きたい」と訴えている。

[Go to キャンペーン]の予算には呆れている。それより先に使い道があるだろう。

マスクの怪しい件といい、何をやってもずれていて、モタモタしている国。

気分転換にプライムビデオで映画をみたり、DVDをみて過ごそうかなあ。

昨年見た、映画”Yesterday"

もし、この世にビートルズが存在しなくなっていたら?という映画。ビートルズファン向け?の楽しい映画だった。
今日は、そのDVDを観て気分を変えよう。(無くなったのは、ビートルズだけではなく、タバコ、コーラ、ハリーポッターも存在しなくなっていた)

シンデレラ役をした女優さん(リリージェームズ)が、恋人役ででていて、とても可愛いのと彼女の演技力で映画をより盛り上げており、音楽の良さも快感で、ほのぼのとした気持ちになる良作。


一昨日から背中の痛みに悩んでいる。

最初は(背骨?やばい)と思ったが、冷静に探ってみると、どうやら背中の表面に痛みを感じている。

朝起きた時は何ともなかった。突然痛みがきた。何気ない動きの時で特に無理した動きは無い。


強いて言えば、前日壁に大きめの絵をかけたこととか、体操をしたことくらい。

いつもやっている事で、今まで痛くなったことも無かった。

冷え?寒く無かったし…。

運動不足による筋肉の衰えのせいか。腰はたまに痛くなるが、背中は急にひねった時以外は痛くなった事は記憶が無い。

痛みは、背中の中心から右に左に、肋骨の下側にと移動する。

寒さを感じていないつもりでも、冷えていたのかもしれない。

体操も身体が温まっていないうちに急に動かしたのがいけなかったのかもしれない、なんて色々考えて居ると、今まではこんな程度で痛くなることはなかったのに、老化したんだなあ、と自分に腹がたってきた(笑)
だいぶ前に肋間神経痛をしたことがあったが、あれよりはまし。
PPW_kicchingaden

神経痛は本当に辛い。

じっとしているより動いて身体を温める方が気にならなくなるから、気にせず動こう。

でも、油断するとピリッとくる。痛みが胸まで広がると何だか怖い病気じゃないかと再び不安がよぎる。
そして世の中には色んな痛みと戦っている人がいること、痛みで行動も制限され心も参ってしまうこと、その人にしかわからない辛さなのだという事に思いを馳せる。
この程度で、心配するな。我慢しろと自分に言い聞かす。

それにしても、自分で確認できない場所の痛みとか怪我とかできものとか、何か異常があると不安になるし、動きもぎくしゃくする。お腹ならかばえるが、背中はかばえないし、湿布を貼るのも大変。

以前、手の小指が痛くなった時も理由がわからず、不安になったが、いつのまにか良くなった。
自分の想像だが、軽い火傷をしていたのかもしれない。

料理中にフライパンにさわり、火傷をすることはよくあるが、いちいち気にしていない。

なので、忘れた頃に痛みがきて、何だろう?と気になってくる。

火傷といっても、軽いので見た目はうっすら赤いだけ。でも、指がこわばり、痛みは結構強かった。それも日が経ってから感じるのだ。

なあんだ、病気じゃなかったで終わって安心したが、たまたまだったと思う事にしている。

早く痛みが消えてほしい。痛みにはやる気まで奪われる。

花粉症の症状がでてきた。

のどがイガイガ、くしゃみ、目のかゆみ。
長い事、症状がでなかったり、軽くなっていたのになあ。

最初に花粉症の症状がでたのは、初めての出産で里帰りしていた時だった。

風邪がなかなか治らないなと思ったら、アレルギーと言われた。

今思えば、出産した時の実家の場所が最悪だったようだ。庭に杉の木があり花粉真っ盛りだった。

そして自宅に戻っても良くならず、悪化するだけだったのは、当時の住居も環境が良くなかったらしい。

近所のお母さん達が「ここに引っ越してきてアレルギーが悪化したわ。この辺りはアレルギーを引き起こす物質が多いみたい」と言っていた。

喘息になったという子どもさんが多かった。

そして私のアレルギーも悪化し、激しい咳が1カ月以上続く時もあった。

そして子どもも喘息になり、何度病院に駆け込んだ事か。

夫は、子どもの事なぞ全く頭に無く、ただ自分が行きたい所に引っ越し、仕事も変わる。そんな事で引っ越しを何度も繰り返して今の土地に落ち着いた。(のは私と子どもたちだけで、夫は遠くに引っ越し、そこでも転職を繰り返している)

今の土地は、まあまあ空気が綺麗な方なのか、私はアレルギーがでなくなった。

なのに、また少しぶり返しそうだ。

コロナが心配な時なので、病院に行きたくないし、のどが痛くなるのも困る。

水分をちびちびと摂取し、まめにうがいをし、マスクはしっかりと。どうかこれ以上悪化しませんように。

ひどい時は、花粉症でも微熱もでてくるので、コロナじゃないかと不安になりたくない事もあってどうにか乗り切ろう。
NATSU86_yuugurenisomaruume20140305130410

20代のコロナ感染者の方が、二人重篤な状態になられている。
まさか自分がと、つい最近まで想像もつかなかったことだろう。

我が子も明日は我が身。お二人の病状を聞くたびに辛い。どうか回復してほしい。もっと早くに検査を受けられていたら、ここまでならなかったのではと思える。

国の初動の遅さ、昨日の学校の休校の要請なども場当たり的、独断的で、検査をしたがらずオリンピック優先?命の重さを軽んじられている気がする。



母は歯科で舌を診てもらった様だ。

口内炎だったと安心していた。とりあえず良かった。

私の方が舌癌が気になる。以前舌のできものを切除したが、2年ほどしたらまたできた。

最初に医師に「再発しやすい」と言われていたので気にしていないが、もう切らないでこのままにしておくつもり。

こんなことなら最初から切らない方が良かったと思う。

ほんの何ミリか切っただけなのに舌を動かしにくくなった。それでまた同じ所にできたら切った意味が無い。それに切った刺激が癌化させてしまうことになるかもしれない。


今も違和感あるが、我慢している。

水分をとり過ぎた日は、舌がむくみ、そこが少し痛くなる。

この程度でどうのこうのと言っている私が、舌癌になったらどうなることか。

堀ちえみさんの壮絶な手術とその後の体験談を聞くと、自分には乗り越えられないかもしれないと思ったりする。

彼女みたいに良い旦那さんはいないし、経済的にも豊かじゃないし、応援してくれるファンはいないし(笑) 子ども達に迷惑をかけたくないと思ってしまう。
ELL19613038

昨日の夫のブログには、また親の事が書いてあった。
「父親が立派だった、その背中をみて時分は立派な大人になった」と、また同じ事を書いている。自分で自分を褒めているのが気持ち悪い。

父親が立派だったのは真実だろうが、「その背中を見て育って自分も立派な父親になれた」とある。え?どこが?

「嫁の親から金をひきだせ」と言った義父、「嫁をもっと働かせればいい!」と言った義母の記憶しかないけどな。義兄嫁を虐めたり、嫁の実家に失礼な言葉を吐いたり、だったけど。

悪い記憶を消し、美しく塗り替えるいつもの癖かな?

当時、働かないで遊んでいた夫が口走ったのがその言葉だった。
「お袋が、嫁の稼ぎをあてにすればいいって言ったモン!」
「親父が、嫁の実家から金ひきだせばいいって言ったモン!」

特に「お袋が言ったんだぞ!」と言えば、誰でも「はは~っ」と言いなりになると信じていた夫。

自分にとって母親はそういう存在だったのだろうが、他の人には通用しないということがわかっていなかった。

第一、老後近いおじさんが、いつまでも「お父ちゃんが、お母ちゃんが」って言わないだろう。
しつこいよ。こんなブログ書いて笑われてるよ。

私に、俺様のブログを読め、としつこく言ったが、まさか読んでるとは思ってもいない様子。
どうせ女はネットなんてできないと、異次元の世界にいる人だから。

たまには、コメント書いてあげようかなと思う時もある(笑)

立派と思える父親を偲ぶのは良いけれど、自分は同じ父親としてどうだろうかと、何故その発想にならないのだろう。

ブログでは現実を歪め、自分を理想の人間として表現する場にしているのかもしれないが、実名で、しかも知り合いや同級生や親族や仕事関係者にも読んでくださいと公開しているブログ。

自分の言う事は誰もが信じ、簡単に人を騙せると信じているのが普通じゃないところ。

私は、最近は一周回って笑わせてもらっている。

昨日は、夕食を作った後、突然右側のこめかみが痛くなった。

右目のドライアイが酷く、眼精疲労もあるのでそのせいだとは思うが、気にしない様にして家事を続けた。

右肩、首に湿布を貼り、目薬を入れた。
ロキソニンを飲もうか迷ったが、まだそこまでじゃないと思い様子をみた。

寝れば治ると信じて布団に入ったが、中途半端な違和感が気持ち悪くて寝付けない。

無意識に噛みしめていることも原因だろう。
今朝は痛みは取れていて、ホッとした。

最近、ちょっとした事で不安になるし、今まで無かった変な痛みが多くなった気がする。

前日昼に重い段ボールを持ちあげたし、パソコンも原因だろうし、筋肉が衰えているしあちこちガタがきているのだろう。

そして~野村元監督が亡くなった。また突然な孤独死。

家電でも、長く使っているとどんなに大事にしていても、中の線が錆びたり劣化していて、ある日突然断線し壊れる。

人間も同じ。いつかはどこかが壊れる。消耗品だ。どんなに健康に気を付けていても、元気そうに見えても、必ず最期はくる。


最近、こんな事ばかり考えるのは、両親が高齢なことと従弟などの突然死があったからだ。
MAR86_suisenn20140225


そう言えば、最近の夫のブログに、「自分はヘビースモーカーだ」と自慢気に書いてあった。

私の前では「節約の為にタバコをやめた。タバコのマナーの悪い人が多くてうんざりする。今ではタバコを吸う人の気がしれない。マナーについて指導している」と言っている。嘘だろうと思っていたがやっぱりだ。

私は「タバコをやめてほしい」なんて言った事はない。
私が夫の健康を心配していると自惚れているのか、節約の演技なのかわからないが、どうぞお好きにと言ってあげたい。

思う存分吸いまくって後で後悔すればいい。

私の今の楽しみは、遠くにいる友人に会いにいくこと。

できれば今年の目標にしたい。楽しみを作り、笑って過ごしたい。

その前に、コロナが早く落ち着きますように。




最近、右手に違和感があり、じっと観察すると小指の関節が痛い。

何かしたっけ?強いて言えば物置の箱を持ちあげたけど、小指使ったかなあ。記憶が無い。
パソコンを打ちにくい。

まあ何かの疲労かなと思い、湿布を巻いた。

翌日、今度は左の鎖骨から首にかけて痛くなった。

今度は左?何をしたっけ?寝相が悪かったとしか覚えが無い。でも今までに無い痛み。我慢できないほどではない。ここも湿布を貼った。


若いつもりで、重い物を持ったり、動かしたり、ちょっとした事で後からどこかしら痛みがでてくる。

今回もそうだとよいけれど。
giftFTHG6740

「指の痛み」で検索すると、リウマチがでてくるし、何か病気の兆候?と思い始めたら不安で一杯になる。だからただの疲労と思う事にした。

母は、病気が発覚する前「肩の痛みがなかなか良くならない」と言っていた。
いつもの肩こりかとマッサージに行ったら、そこの先生に「お腹に何か異常があると、肩が痛くなることがありますよ」と言われたらしいのだ。

それが当たっていた。

”関係の無さそうな痛みが実は予想もしない病気の前触れ” という事があるということを知った。
だから最近は、ちょっとしたことですぐに不安になる。

これが老化なのだな。
若い時は、気にもしなかったことだ。

子育てで忙しかった頃、仕事から帰るとそのまま家事に追われ、なかなか椅子に座れなかった。

いつも動いていた。それが当たり前だった。

当時に比べれば、今は家の中ではのんびりしている方だ。帰宅した後もゆっくりできる。
体重がかなり増えた。

子育て中は、「ゆっくりしたい、1人になりたい」といつも思っていた。

いざそんな生活になると、今度は運動不足だと言い出す私は勝手なものだ。

今はまだ、寝込めない。病気になりたくない。

子ども達が全員自立し、夫と縁が切れて、安心する日がきたら、気が抜けて病気になるかもしれない。ストレスが無くなり、ホッとした時が危険だと聞いたことがある。

ほどよいストレスと気の張り、運動がいいのだろうが難しいな。



↑このページのトップヘ