りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我

昨日は、夕飯を食べた後
急に眠くなり、うたた寝していたら
突然の胃痛で目が覚めた。

夜に腹痛がすることはたまにある。

寝ている間に胃腸が活発に働いているのだろうか。

だいたいはトイレにいけば解決。

昨夜は、痛みがなかなか治まらず
胃腸薬を飲んで、上半身を高くして休んだ。

それでも痛い。
2時間位は続いただろうか。

食べ過ぎてはいないけど
何かがもたれている。

早く胃の中の物が腸に流れて行きます様に。

と願いながら、じっと嵐が去るのを待った。

気が付いたら、眠っていて
朝にはすっかり良くなっていた。

念の為、朝食はやめて
コーヒーもやめて
日本茶だけを飲んだ。

胃を休めよう。

ストレスからくる胃痛では無いと思う。

単に、良く噛まずに飲み込んだり
食べ方が悪かったのかもしれない。


夜中に体調が悪くなる事が多く
その度不安になったりする。
誰かに痛いと伝えるだけで
気が休まる気がした。

子どもが病気になった時、そばにいてさすってあげたり
大丈夫だよと声をかけてあげることはとても大事だなと思う。
我が子でなくても大人でも同じと思うが。
KZ18610shibazakura_TP_V

自分が小学校の低学年だった時、
先生が嫌で朝になると腹痛がしていた。

熱が無いからと、学校には行かせられた。

学校が原因の腹痛だとは
誰も思いもせず、
自分は腹痛位では絶対休めないということが
わかった。

自分が親になり、我が子の時は、
ストレスが原因の体調不良はすぐ気が付いた。
そんな時は
無理に登校させないと決めていた。

そして、ストレスが原因だということを
口にせず、あまり意識させないようにした。

学校と親の私との対立みたいな感じにはなったが
何とかなってきた。
どうしても、学校の対応に納得できない時は、
引っ越して転校させたこともあった。

それで良かったと思うし、後悔はしていない。

大人でも、心の痛みの代わりに身体の痛みが出ることは結構多いのでは。



クーラーのきいた部屋にいるせいか
鼻とのどが乾燥している気がする。

のどはなるべく冷やさない様に
スカーフやタオルを巻くようにしている。

外でマスクをしている間は
鼻の乾燥は防げるが
家の中まではマスクはしないので
家で鼻炎になっている気がする。

たまに
夜中に息苦しい気がして
目が覚める。
呼吸は普通にできるから
慌てたりはしないけど
痰がからんでとれない気持ち悪さ。

おそらく気管じゃなくて
喉から食道に引っ掛かっている感じ。

鼻が原因かもしれないし
咳をすれば、取れそうな感じなのに
咳がでない。

気になって眠れなくなるので
無理に咳をして、水を飲んで
また寝る。

寝ている時に痰がひっかかるのは
とても困る。

現実的には苦しくないけど
苦しい気がして目が覚めるのが
苦痛だ。

ストレスが原因で感覚過敏になる
事もあるそうだが
それは気にしないことにする。


夜は何かあるととても不安になる。
優しいご主人のおられる方は
話を聞いてもらうだけで
安心するかもしれない。

おひとり様状態の私は
そういう不快感や
悪夢で目が覚めたら
暫く起きて時間を潰す。

気分が落ち着いてきて
いつのまにか寝ている。
ELFA711013_TP_V

若い時も同じ様な事があったはずだが
気にする余裕もなく
子育てと仕事しているうちに忘れていたのだろう。

今は、年齢的なことと
余裕ができて
ちょっとした事も気になってしまう。

単に冷えや肩こり、姿勢の悪さが原因だったことでも
痛みが消えるまでは
とても不安になる。

コロナ禍では
こういう不安を抱える人は増えているのでは。



最近、服がきつくなってきて
コロナ太りしたのは間違いない。

体重計に乗るのがこわくて避けていたが
昨日久し振りに体重計に乗った。

これまでもじわじわと増えていたが
また1キロ増えていた。

若い時は、食べても太れず
やつれて見えるのが嫌だったのに。
(誰でもそうだろうし、当たり前の事だが)
食べたい物を気にせず食べられた
若い時はなんて幸せだったことか。

代謝が悪くなってる上に
動きも鈍くなっている。
少し前までは
機敏に動いてキレがあった?
今は…年寄りみたいなノロノロ歩き。

子育て中は毎日がくたくたで
仕事で動き、
家でも動きっぱなしだった。

早く楽になりたいと思っていたが
いざ楽になったらこのざまだ。

このままだとやばい気がする。

歳をとってからの減量はかなり難しい。

梅雨時だし熱中症予防を考え、
広いショッピングセンタ―の中を何往復か
歩く様にしている。

NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

癌の兆候として
味の好みがかわったり
食欲が無くなるというのは本当だった。

まだ母が、病気に気が付いていなかった時
「最近食べ物に全く興味が無くなった。」
「食べたいという気持ちにならない」
「料理をする気にならない」
と言っていた。

それまでの母は「しっかり3食食べなきゃだめ」と
年齢の割によく食べる方だった。

食べたくない、なんて信じられないことだった。

手術後、母は10キロ体重が減った。

太り気味だったから、やせても標準体型になって
やつれてはいない。

食欲も徐々に戻った。
体重は今も減ったままだが
標準なのでこのままでいいと気にしていない。

そんな事もあるから
ある程度は体重が多めの方がよいかもしれない。

とりあえずは、健康でいることが大事。
長生きしたいとは思っていないが
夫よりは長く生きたい。




風邪ではなく、喘息でもないのに私はよく咳をする。

気管に唾液が入ってしまったり
埃や空気の状態によって咳き込む。
のどが敏感で反射的にでてくる。

これが仕事中にでると焦る。

コロナ騒動になる前から
いつも突然の咳に
「風邪ひいているの?」と相手の方が心配する。

「ただむせただけです」といつも答えるが
今、コロナのこの時期、困っている。

一番でやすいのは
美容院。

空気がよどんで来たり
使用される薬剤が空気中に漂ってくると

のどがムズムズしてくる。

カット中に咳き込むと危険だし
迷惑がかかると思い、
ぐっと耐えるが
喉のムズムズが止まらない。

他には
人の家だったが
台所に行ったら、壁に黒カビ。
そこの方が換気扇を回すと即、咳が出た。
elly20160628400123_TP_V

若かった独身時代、
まだ堂々と職場で喫煙する人が多かった。

私は毎日咳をしていた。

単にのどが弱いのだろうと思っていた。

ある日、目の前の席の人が異動になった。

その日から、咳が出なくなった。

空気が澄んだ気がして体調が良くなった。

その時、気が付いた。

その人は、自分の席で頻繁にタバコを吸っていた。
(今ではありえないが当時は普通の事)
その副流煙の被害にあっていたこと。
当時の自分も
知識が無かった事に加え、
タバコの煙に全く抵抗がなかった。

まだ当時は今ほど禁煙ムードが進んでいなかった。

あのままあの職場で毎日煙を吸っていたら
今頃肺が病んでいたかも?

実は知人で
肺の検診で問題ありと言われ
「このままでは命にかかわりますよ」と医師に言われた人がいた。

肺が真っ黒だったという。

タバコも吸わないのに?
原因はご主人からの受動喫煙だった。

副流煙の被害の方が深刻だとその時知った。

                                  続く


昨日は、肋骨の痛みでばてていた。

油断するとズキッときたり、ちくっとする。

不意に来る痛みは疲れる。

ひどくなったら薬を飲もうと思っていたが
気が付いたら、またいつのまにか寝てしまっていた。

ところが、今朝は痛みが消えている。

何なんだろう。この出たり消えたりするやつ。

考えられる事は、やはり身体を締め付ける布地を身に着けた翌日が
痛みがくる気がする。

湿布の接触すら、痛みを誘発している気がしてきた。

それで、昨日はバタンキューだったわけだが

誰かから着信がきているなと思ってみたら
何十年も会っていない遠くに住む友人からだった。

コロナが落ち着いたら
旅行がてら彼女に会いに行こうと思っている。
ELL88_huruihon_TP_V4


でも、今は彼女と電話で話すエネルギーが無い。

久し振りだし、話し始めたら何時間かかるだろう。

こんなだらけた時には
そんな電話をする余裕が無い。

誰かと話したくてたまらない時があるのに
自分勝手だと思う。

母の長電話がやっと減ってきた。

解放されて、ホッとしたところ。

そこに再び、痛み。

テンションが上がらない。

母と話したくないと思うだけでなく
今は誰とも話したくない気分だったのか?

自分は何に疲れているのだろう。

この友人も、家庭内が色々大変そうで
きっと愚痴などもお互い話したかったんだと思う。


今の自分は、愚痴も話す気力が無い。

友人には、申し訳ないが
落ち着いてから連絡すると返事をした。



昨日もたっぷり眠った。

この前までは、夜中の12時までは頭がさえていて
朝の6時には必ず目が覚めていた。

長い間、その生活リズムが出来ていた。

最近の夜9時になると襲う眠気、起きていたいのに耐えられない。

無理に眠気を我慢すると
私の場合、そこから調子が狂い不眠症になってしまう。

なので夜に睡魔が襲ったら、
できるだけそのまま眠る方が質の良い睡眠が得られる。


多くの高齢者は眠るのに薬を必要とするが
これまで母には必要無かった。
最近、ついに睡眠導入剤を飲まないと
眠れないという。
母については、仕方が無いと思う。

私はこれまでは、自分の睡眠時間が短くなってきたのは
老化現象だと思っていた。

また暑くなると、元に戻るかもしれないが。
今、眠れるうちにたっぷり寝ておこう(笑)。

HIR87_hutonnouedenerusco_TP_V

胸の痛みが消えたので
昨日、服の関係で
きつめの下着をつけた。

前よりはゆるめに調整していたので
全く苦しくなかった。

が、今朝、朝食をとった後、

再び右の肋骨がチクチクしてきた。

これはやはり神経痛だな。
下着のせい?
血流が関係しているのだろうか。
それとも、何だかの動きで肋骨周辺を傷めていたのが
また傷んできたのか。

肋骨は柔らかく、傷つきやすい。

もっと動作に気を付けよう。

と言っても無理かなあ(T_T)。



最近、早い時間に眠くなる。

テレビを観ていて、気が付いたら寝ている。
夜中に寒くて目が覚め、慌てて布団をかぶる。


なので、珍しく最近は睡眠がたっぷりとれている。

そのせいか、身体のあちこちの痛みが突然?消え去った。

ビタミンB剤を飲んだ事もあるが
昨日から湿布が必要にならなくなった。


変なだるさも消えた気がする。

あの体調不良は何だったのだろう。

これがバイオリズムというものか。

ZUajisaiDSC_1185_TP_V

おそらく、変な病気では無かったということかな。
そう思いたい。

ロキソニン、湿布。温かい湯でマッサージ。
が自分には効果があった。

部屋の模様替えもかなりの気分転換になっている。

耳鳴りだけは持病で、
常に何だかの音が聞こえるが。
何かに集中している時は気にならない。

コロナが収束して、どこへでも旅行ができるようになって

人にもマスク無しで会えて、

気にせず、外食もできるようになったら、

もっと体調は良くなることだろうな。

その頃まで両親に何も悪い変化が無い事を祈るだけ。

最近、つくづく筋力が衰えたと思う。
身体が重い。
何をするにも力が出ない。
動きがのろくなる。

太った事も原因か。

ついこの前までは、何時間歩いても平気で、
多少の重い物を持っても平気で、
機敏に動けた。

後から来る筋肉痛も大した感じでは無かった。

最近は、同じ事ができない。
後から来る筋肉痛と言うより
神経痛が襲ってくる感じ?

脂肪だけが増えて筋肉が減っているのだろう。

したい動きができないという苦痛。

昨日も片付けがあり、多少の荷物を移動させただけで
あちこちに即、痛みが襲ってきた。

後からくるんじゃないの?

何で今痛くなるんだ?
やばいと思い、マッサージをしたり
消炎鎮痛剤をぬったりした。

歩くだけで激痛。

047mushi2054_TP_V


早めの処置が大事だ。
悪化して動けなくなるのは嫌だ。

ただでさえ、あちこち痛いのに。

帰宅後、即お風呂に入った。

湯船につかり、マッサージ。

あがって汗がひいたら、湿布。

それでも、身体中がカチコチな感覚。

眠気まで来る。

なので、さっさと寝る事にした。

安楽な姿勢で、足元にクッションを置き。

今朝の目覚めの時、恐る恐る足腰を動かしてみた。

嘘みたいだ。痛みは消えていた。
回復力はまだあるみたいだなあ。

やっぱり、早めの対処が大事なんだ。

若い時、湿布は全く使う機会がなく、
効果を疑っていた。

今、こんなに湿布に頼るとは。

病院で処方されたロキソニンの湿布。(人から頂いた物)

母の影響のせいか、自分も気分は高齢者だ。

そういえば、母から留守電が何度か入っていた。

毎日かけてくるが、
声が元気そうなので、しばらくは電話の相手は遠慮させてもらおう。


先日から、足、胸の真ん中の痛みがきて
足は少しずつ回復してきて
胸はロキソニンで収まった。

すると次は右の肋骨の痛みがでてきた。

真ん中の痛みは、周期的だったが
右側は、ズキンズキンと常に痛い。

肋間神経痛だろうとは思っているが、以前なった時と痛み方が違う。
調べると、色んな痛み方があるようで
おそらく真中と同じ原因であろうと思う。
ELL86_majyonokusuridana_TP_V


連続して痛くなっていることと
呼吸や動きに関係ないこと。

胃腸や心臓の不調は無い事。

触ると、骨の周囲に圧痛。

一日、様子を見たが
気になるので、ロキソニンを飲んだ。

先日、眠気が凄かったので寝る前に一回のみ。

すると凄い効目。

痛みは消え、ぐっすり眠れた。

おそるべし、ロキソニン。

炎症も抑えてくれたのなら
もう痛みは消えたままになるかな。

何度も言おう。

きつめの衣類で、身体を圧迫するのは注意。
湿布すら貼っている間は刺激になっていた。

特に寝る時は、開放的になろう。





昨日は、昼に一回だけロキソニンを飲んだ。

すると眠気が襲ってきて
横になったが、色んなことが気になり、
起きてはまた横になるの繰り返し。

一昨日も昨夜もあまり寝ていなかったからだろう。

眠くてしかたがない。

いっそ早めに寝ようと思い、夕方から家事や夕食を早めにすませた。

母からまた電話がきたが、
頭がぼーっとしていて

適当に相手をし、電話を切った後、布団に入りぐっすり寝てしまった。


眠れるってなんて幸せなんだろう。
眠気のホルモンは快感を出す気がする。
授業中や仕事中なら我慢するのが苦痛?になるが

いつでも眠れる状態なら快感でしかない。
眠くなる幸せを昨日は感じた。

006ELLY18420_TP_V


朝、目覚めた時、頭はすっきりしていた。
まるで麻酔が抜けた感じというか。
薬は怖いなあ。

胸の痛みは消えたが、いつまた突然くるかもという不安があり
気を付けている。


考えるに、胸を締め付けた状態で、おかしな姿勢をとり
神経が圧迫されて炎症を起こしたところに冷えたせいかなという感じ。

それが一番しっくりくる。

ロキソニンが効きすぎた感じがしたのは
軽症だったからだろう。

休日で良かった。



↑このページのトップヘ