りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我


先日、自分を取り戻さなきゃ、と気が付いてから? 
特に何もしていないけど、まずは身体から。
良く笑い、今よりは快活だった自分に戻るには、
活動的になる事と笑顔を意識することにした。

気が付けば、身体が固くなり、筋力も無くなり、すっかり老け込んでいる。
ジム等にお金をかけられない為、
なるべく歩いたり、室内で軽い運動をしている。

ネットで探すと楽しく無理なくやれる体操の動画が沢山ある。
好きな音楽をかけながら、
ダンス的な要素もある体操の動画を見ながらやっている。

最初は5分、次は10分、慣れたら20分と伸ばしていくと
汗だくになり息があがる。
これは効果ありそう。

コレステロール、HBA1C(過去1~2カ月の平均血糖値)などの数値が気になり、
運動しなきゃと思ったら、まずは無理なくできる室内体操から始めるのも良さそう。

昨年、HBA1Cが少し高めだったので、
室内運動を少しづつやり始めたら
次の検診では、数値は正常値に下がっていた。
効果が即でるとやりがいがでてくる。
smIMGL3696_TP_V


運動も好きな音楽を聴きながらやると、
楽しいし全く苦にならない。

今の自分と同じ年令の時の両親を思い出すと、
父は活発に運動し続け、今も身体年齢は若い。
母は、足が悪かったが、リハビリを頑張っていた。
家でもよく動いていた。

2人共、老化を気にして色々努力していた。
私は両親ほど頑張っていない。

苦労に耐えて乗り越えた時代の人たちの強さには
かなわない。
比較するのが間違いかも。

できる範囲ででも、今からでも自分らしさを取り戻し、
納得した生き方をしたい。

DV被害者によくあることだろうけど
自分が自由に何かしたいと思う時、ついブレーキをかけてしまう。
共依存に早く気が付けば良いのだが、それがなかなか難しい。
「自分は悪くない」
と言い聞かせ、自信を持つ様にすればよけれど、
それがなかなか難しい。






先日、一日中運転した後、外の寒い中を立っていたら
翌日、腰痛が。
いつもの骨盤にピリッとくるやつ。 

ヤバイ、歩けなくなったらどうしようと思ったが
何とか大丈夫だった。
反り腰にならぬよう、腹筋に力を入れ、
お腹を内側に引っ込める様に意識して歩いた。

腰が冷えた事も原因だろう。
やっぱり足腰大事。
何もできなくなる。動けなくなれば寝たきりになって
一機に脳も身体も弱っていく恐怖。

旅行にも行きたいし、本当に気を付けよう。

まずは冷やさない。靴や寝具、寝る姿勢にも注意。
そして運動。

昨日は帰宅後、疲労感は無いのにやたらと眠くて、
気が付くと寝ていて、起きてはまた寝ての繰り返し。
こりゃいかんとお風呂で身体を温めてからさっさと寝た。
UKA20906018_TP_V
今朝は、すっかり回復。
立ち上がるのも痛くてよいしょっと状態だったのが
すくっと立てた。
入浴と睡眠は一番の薬。
お風呂で、好きな音楽を聴きながら入るようにしたら
気分が変わり、お風呂が更に幸せな空間になった。
ちょっとした事だけど、それだけで、免疫力が上がる気がする。(単純(^∀^))

今日も、午後から眠いけど、
眠気がくることの幸せを大事にしたい気分。(??)
眠くなって、布団に入って、そのまま眠って起きたら朝だった。
という理想の眠り。
快感だ。これほどの幸せがあるだろうか。

以前、夫が原因の長い体調不良に陥った時、
不眠もあったし、起きている間がずっと苦痛で、
短い時間でも、睡眠をとれる間は苦痛を忘れられるので
眠れる幸せを嫌と言うほど味わった。
あの時「起きている時間ずっと辛い」と言ってた気がする。

身体が、寝ている間に、疲労を取り除き、炎症があれば治癒し、
雑菌をやっつけ、記憶を整理する。
何とか身体を元気にしようと、
知らず知らずのうちに、免疫が頑張ってくれている。

ストレスが強いと、その機能が弱る。
病は気からというのは真実だと思う。
どんな細やかな日常でも「ああ幸せ」と思うことが
今の自分にとってできる、精一杯の病気対策かもしれない。



知人から発熱したと連絡があった。
2日前に会って、1時間ほど話をしたばかり。
お互いマスクをしていたし、横に並んで話した。

会った日の夜に熱がでたらしい。
その前日に、出張から帰ったばかりだったというから
出張先で感染したのだろうか。

検査は今日とのことで、
結果が出たら連絡をくれると思う。
職場でも、熱がでたけど、風邪だった人もいるし
コロナとは限らないけど、
知人の周囲には、陽性者が増えてきているらしい。

マスクをしていたから、私は濃厚接触者にはならないが
自分も感染していないか、気になる。

潜伏期間は、平均3日位らしいので
明日位までに症状がでなければ大丈夫かな。
市販の検査薬も使ってみよう。
aig-ai221124003-xl_TP_V

聞くと、マスクをはずして、2時間以上、
近距離で喋ったりしなければ、ほぼ大丈夫とか。

同居家族間や、人との2時間以上の食事会、マスク無し会話などは、
感染する可能性が高い。

今回、一緒に飲食はしておらず、ずっとマスクをしていたから
自分は大丈夫と思うし、思いたい。

学校でも学級閉鎖が続出しているようだけど、
軽症ですむパターンが多い様だ。
持病がある人や、高齢者は重症化や後遺症が心配なので、
まだまだ油断は禁物だ。

聞くと、検査をする為に、近所の病院に電話をしたら
予約でいっぱいで、数日先まで受け付け中止だったらしい。
他の病院に何度も電話して、やっと検査の予約が取れたらしい。
今、また波がきているので、年末年始が思いやられる。

こんな事があるから、旅行したくても躊躇してしまう。
コロナが、インフルエンザレベルになる日はいつのことやら。



歩いていると腰にピリッと痛みが走る。
無意識に姿勢を良くしようと
立っている時も歩く時も、背中を反ってしまう。
筋肉が落ち、お腹は出てきて、バランス悪くなり、
反り腰になり、腰痛がでてくるようだ。

腰を丸めるストレッチが良いらしい。
歩く時も、少し腰を丸くするイメージで、おしりの力を抜くと
痛み無く歩ける。
背中が丸くならないように、意識し過ぎてもダメだし、
姿勢を気にしながら歩く面倒くささ。

家の中では、”10分体操”も動画を見ながらやっている。
簡単な動きと音楽にあわせたのりのりなダンス風の動きなので楽しい。

人に見られたら恥ずかしいかも。

10分でも、最後の方は汗ばんで、息もはあはあ言っている。
全身に血が巡っているのがわかる。
こういう動画は他にも沢山あるんだろうな。

もっと早く見つけていればよかった。
夏なら汗びっしょりになると思う。
aig-ai221124122-xl_TP_V

毎日、家の中を何だかんだと片付けていて
重い物を運んだり、持ち上げたり、
雑巾がけをしただけで疲労感が残った。

左腕の肘も、まだ時々違和感を感じる。
痛みとまではいかないが、力が入らない。
使わなければ早く炎症が治るのだろうが、
毎日、つい使ってしまうので、
筋の炎症はなかなか完治しないらしい。

急に冬の気候になってきて、
冷えで、またあちこち痛くなることだろう。

今年もあと1カ月、
早すぎる。年末はまた弟夫婦は父の世話から逃亡する予定だそうだ。
(呆れ顔))(゚皿゚メ)


昨日は、久しぶりにケーキを作った。
最近、テレビなどで美味しそうなものを見ると
すぐに食べたくなる。

単純…。ささやかだけど、やりたい事ができる幸せ!
夫がいればこうはいかない。

自作ケーキは、買うより安くつくし、
自作の方が、スポンジ、クリームの味、弾力などがお店のよりも美味しく感じる。
出来栄えは、ぐちゃぐちゃだけど。
そこは流石にプロに敵うはずがない。

粉をとばし、クリームを飛ばしながら、時間をかけて作っても、
無くなるのは一瞬。
保存のきくものじゃないし、最初の一口の幸せの為に作るようなもの。

今回は、冷凍のベリーミックスを見つけ、
それをたっぷり飾りに使った。
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、ブラックベリーが
とても可愛く、美味しかった。

ケーキは、子どもが小さい時に、良く作っていたが、
最近は、面倒になってた。
たまに作ると、やっぱり美味しい。

少しでも、明るく笑顔で過ごせるように、
子ども達の為にと、作って食べて笑って、気を紛らわせていた若い頃を思い出す。
MMK_settingsaretacake_TP_V4

ケーキの次は、お好み焼きを食べたくなった。
小麦粉があまったし、ちょうど良い。
でも、また粉もの?太るし、糖分大丈夫か?と自問自答。

長生きしていて、元気な人は、良く食べている。

食事に気を付け、しっかり食べていた母が
突然、食欲が無くなったことから始まり、
結果的に口から物が食べられなくなった。
最後は水すらも。
飲食した物は、途中、腫瘍で腸が塞がり、物理的にそこで詰まってしまう。
1度目は成功したが、再発後は、手術もできなかった。

あと1年、1カ月でもいいから、食事ができるようになり、
治ったんだと母を喜ばせたかった。
そうなると信じていた母の様子は可哀想で、辛かった。
私は、母がこんなに元気なのだから、このまま、長生きするかも
と希望を持っていたのに。

「食べられなくなったら終わり」という言葉を耳にすると
今は、胸が痛む。
食べたいと思った時は、食べよう。ただし、適度に。

食欲のある私は、まだ大丈夫だなと、今日の命に感謝する。


いつもは朝早く目覚めるのに、
今朝はめざましがなってなければ、寝坊するところだった。
寒くなってきたからか、冬眠モードに入ってしまった?
眠くて眠くて、久しぶりに、寝ぼけモードの朝だった。

眠れる、眠いというのはとても幸せな事。
眠れない時の辛さ。
寝ても、脳の疲れがとれない辛さ。
それを思いだすと、今は幸せ。

で、久しぶりなのはもう一つ。
長時間の運転をして疲れた。
一番のストレスはやはり右目。

普段は気にならなくなっていても、
運転をすると、目の前が明るくなり、フロントガラスを見ると
飛蚊症がはっきり出る。わかるというべきか。
光も眩しく、いつ突然、網膜剥離になるかわからない不安を意識してしまう。

硝子体が完全に網膜と剥離してしまえば安心だが、
次の検査までは、どうなっているかわからない。
突然、目の前に墨が垂れて来る感じがするというから
その突然というのが怖い。

車が動いている時は、気が紛れるのだが
信号で止まっている間が嫌なのだ。
じっとしていると、目にゴミが見えて邪魔になり、
気になって仕方が無い。
汚れたコンタクトレンズを入れている様な感覚。
aig-mid22922-61-xl_TP_V

老化からは絶対逃げられないものだなあ、当たり前だけど。
それも、じわじわなんだろうけど、
自覚するのは突然っという感じ。

母を見ていてわかったけど、
何か変だから病院で診てもらおうと行くと、
それっきりになってしまった、というあっけなさが悲しかった。

あんなに元気だったのにと
本人も自信を持っていたのに、まさかという気持ちが
最後まであった。

自分も、いつその突然が来ても慌てない様に、
とは思っても、やはり今はまだ嫌だ。
何も問題を整理していないままだし、
何の心配もないと思える状況までは
元気でいないと。

下の子は、成人し、自立したとはいえ、
まだまだ、母親に甘えたいのか、
そんな話をすると「絶対、長生きして!」と言ってくる。 
私も私で、子どもに、事故に気を付けて、
体調に気を付けて、と気にしている。

お互い、そう思いあえる家族がいるだけで
他には何もいらないと思えて来る。



最近、急な温度変化、乾燥で、
咳がとまらなくなる時がある。
たまに唾の誤嚥で自滅?する時もあるが、苦しい。

このご時世、風邪でもコロナでもないけど
ただ、のどが過敏なだけだったり、反射みたいな物で
咳き込むと、周囲にとても気を使う。

アレルギー体質の人は、鼻炎や後鼻漏からのど、気管支に炎症が広がり、
今の時期、苦しそうな人を見かける。

先日、実家に入った途端
喉がイガイガして、咳が出た。
母がいたら、窓を開放して空気の入れ替えをやたらとするのだが、
父は窓も開けず、閉め切っているので
埃っぽく、乾燥していたせいかもしれない。

それにしても、父の世代の人は食べ物もなく
今と比べれば劣悪な環境で、
小さな身体で家の手伝い、子守りをさせられたり、
体力、気力共、強かったんだなあと思う。
今より、自然の中で育ち、多くの菌に触れ、
抵抗力は備わったのだろう。

その代わり、薬や医療も乏しく、
幼くして亡くなる子も多かったと聞く。
haro20211016-A7304543-Edit_TP_V

それにしても、父の丈夫さには驚く。
あんな環境で生活しても、元気で熱も出さない。
むしろ、母がいた時の方が、
突然体調不良を訴え、救急車を呼んだこともあったほど。

1人暮らしで、気ままなせいか、
周囲の心配に反して、しっかりしている。

寂しくはないのだろうか。
寂しいはずだけど。
父より、私の方が先に倒れる気がしてきた。

目の状態は、少しづつ気にならなくなってきた。
光視症もほとんど感じない。
ドライアイで、違和感が強かったのも
薬のおかげで消えて来た。

次の検査でどうなっているか、
少し不安だけど、硝子体が無事網膜から外れていますよと
もう大丈夫と言われたら、どんなにか安心かなあ。
心配なのは右目だけど、左目もどうなるか。

骨粗鬆症予防に、かかと落としもやる様にしている。

何だか一機に老化を感じる日々。
誰でもいつかは、こうなるものとわかっていても、
これも寂しい気持ちになるものだな。

 



目の異常?を感じてから、
体調がくるくる変わる日が続いている。
その違いははっきりしていて、
気を付けようにもどうにもできない感じ。

あ、おかしいなと思う日は(前にも書いたが)
身体が重く、全身が固くなり凝っている感じ。
血の巡りも悪く、力が入らずふらつく。
首が座ってないという感覚に近い。

耳も閉塞感があり、耳鳴りがする。
そこからめまいの不安感。

そんな時は、じっとしているより、動いた方が気が紛れ、血流も良くなるので
あえて動く。朝は調子悪くても、仕事しているうちに良くなってくる。
こんな日は、だいぶ前からあった。
自律神経の不調なのだろうな。

最近は、翌日には突然ぱっと良くなるので、それも不思議。

ストレスがかかると、すぐ体調にでるのがわかり
かといってストレスは必ずあるものだし、
自分の精神状態をコントロールするのも大変だ。

芸能人など、いくら具合悪くても笑顔で元気よく見せないといけなかったり
絶対に仕事を休めない時は、本当に辛いだろうなあと思う。
芸能人でなくてもそういう事はあるのだが、
多くの人に見られる職業って大変だなと思う。

芸能人が体調不良で長い休養をしたり、
昨日まで元気そうだったのに、とショックを受けたりする度、
具合が悪い時に、無理せず休めたらな、
周囲に迷惑がかかっても、仕方がない、命が優先と
理解の得られる環境にいるのが一番良いのだけど、
といつも思う、早いうちに休むほど回復も早いと思うし。
子どもでも同じだ。
悲しい事件が起きるたび、辛くなる。
aig-ai221017035-xl_TP_V

私の腰痛は、自律神経と連動?しているようだ。
調子悪い日は、身体が動かず、腰も痛くて、
お風呂にゆっくり入って、リラックスして、
湿布を貼って早めに寝ると、翌朝は、腰痛は完全に消えている。
身体のだるさも消えている。

これは、お風呂や睡眠の効果というより
バイオリズムなのであり、どうしようもない事の様な気がする。
(これも前に書いたかな。)
じたばたするより、不調な日は、仕方がない、明日は嘘みたいに治る、と
思うしかないし、そう思えば不安も和らぐ。

最近何年かは、ここまで気にすることは無いほど、
調子よかった気がするけど、
目の異常を感じてから、急にまた自律神経が不調になる日が出て来た。
目の老化現象は結果であり、それが原因ではないだろうが、
コロナの影響もあり、活動不足が続いたのと
一番は、夫の存在そのものがストレスなのだ。




 


今月の初めに受けた健診結果が届いた。
去年より数値は良かった。
血圧は、緊張で健診の時だけどっと上がる。
家で毎日測り、記録しているが、110-65 が平均。

高くなったのは、めまい後で、動揺している時だけだった。

それは、健診の医師にも説明済み。
家庭の方を優先するものだけど、
「心配ないと思いますが、一応健診では、数字で判断することになるので~」と、むにゃむにゃ。

だから、結果は、医師の指導を受けて、となる。

健康診断の基準値も厳しめな気もするし、
時々、変わったりするし、
素直に病院に行ったら、不必要な薬漬けにされる危険も感じる。

コレステロールも、女性は高齢になると高くなる。
私も悪玉は高いけど、善玉も高く、
コレステロール比(悪玉÷善玉)が正常なので
治療するまでは無いと思うし、過去に若い医師には
善玉も多いので、大丈夫と言われた。
でも、これ以上悪化しないよう、意識して生活している。
17AMEMAN8752_TP_V4


検診は病気の発見にも貢献しているし、
自分の生活習慣を見直す為に、重要な役目をする。
できるだけ受けるべきだと思う。

眼底検査の結果は異常なし。
健診の眼底検査で、目の異常が見つかるとしたら、
よっぽどなことなのだろうか?

眼科の検査と、こんなに違うのかと、
さっさと検査に行って良かったと思った。

目の症状は、変化無し。
光の見える回数が減ったような?
油断大敵。頑張れ、私の目。




寝る時は、枕の下に色々敷いて重ねて、
上半身を高くして寝ている。
部屋は今まで暗くして寝ていたが、
昨日から薄灯りをつけている。
ふらつきの不安がとれるまではこうやって寝ようと思う。

めまいが起きる前は、何となくわかる。
後頭部と背中が固く、重くなりだるい。
血の気が引いている感じ。(貧血気味?)
耳が塞がった感じがして、耳鳴りもする。

私の場合は、朝の目覚めでその日の体調がわかる。
何か変だぞ、すっきりしない、と感じたら
どう気をつけてもどうしようもない。
ホルモンの周期に影響を受け、バイオリズムがあるように、
体調不良は避けられない物かもしれない。
aig-mid22910-189-xl_TP_V

季節の変わり目は特に。
花粉症はでなくなったが、
耳の不調が出る。
それでも、一時期よりはずっと軽くなってきた。

ふらつきも、回復が早くなってきた。
それでも、グラグラとした時のイヤーな感覚は慣れない。
何とも言えない、恐怖と孤独感。
自由に動けないという恐怖。
寝ていても辛いし、起きて居ても辛いものだ。

最近は、耳石のせいだから、と頭を動かし、
動き回るようにしている。
以前なら、とてもそんなことはできなかった。
吐き気や過呼吸、血圧の変化が起きて
パニックになり、1日動けなかった。

今は、吐き気もなく、頭を振ったり、
動き回るうちに治ってくる。

ストレスの影響で、簡単に自律神経がやられることを思い知った。
私の場合、血流の悪化と血圧の変化が起きる気がする。
お風呂にゆっくり浸かり、身体を温め、
好きな音楽を流し、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせている。

↑このページのトップヘ