りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我


昨日の続き。


翌日、陰性だったとの連絡があったそうだ。

 ならば、これから診察してもらえるかと思ったら
「まだ、咳はでますか?」と聞かれ
たまにコホンと出る程度ですと答えたところ、
「なら、完全に咳がでなくなるまでは、診察出来ません。」
と断られたそうだ。

肋骨の骨折かもと思う位、痛いのに診てもらえないとは。

なら何のための検査だった?

陰性なのに、まだコロナ疑いで診察拒否されたわーと不満気に話すご近所さん。

保険で安く検査を受けられ
陰性が確認できたのは良かったが、
一番の苦痛と不安に対処してもらえなかったのはどうなのか、と
複雑な様子だった。

痛みは、激痛は少し収まってきたとかで
結局、このまま病院に行かずに済むかもしれないのでまあ良かったが。
かかりつけ医にも、痛みの話はしたが
特に検査もせず、だったそう。
専門外だからかなと思い、整形外科に行ったという訳で。

もし、重大な病気や怪我だったらどうなっていたのかなと
他の病院に行けということかしら、とぶつぶつ。

1800円の支払いは、2週間後にするか、振り込みでと言われたそう。
徹底している。

人から聞いた話なので
自分もこの病院の事は正確にはわからないが
何だか、おかしな話だなと感じた。

shikun81421089_TP_V


「かかりつけ医で咳は診て貰った」と書いた問診票を見て、
取り急ぎ手当をする必要はないだろうと
この病院では判断したのかもしれない。

それとも、受付の人が
マニュアル通りに、事務的に答えたのかも?

とにかく、風邪っぽい症状がほんの少しでもあれば
診察しないということ?
検査して陰性でも?

それだけ、病院での感染を防ごうとするのは正しいし
高齢の入院患者さんも多い病院なので仕方ないのかもしれない。

かかりつけ医は、別室に入れてくれ、
防護服で診てくれたというし、
いかに良心的かを感じる。

コロナ禍で、色んな方面で色んな対応をし、
人の受け止め方や行動の仕方も別れたり、
これまで見えていなかったものが見えて来た。
特に、政治というものがいかに国民の命と生活に影響を与えるかを実感する事となった。

とりあえず健康維持の為に、
私は毎日、ラジオ体操第1と第2をやっている。
汗が吹き出し、結構良い運動になっている。






整形外科、内科もある中規模な病院が近所にある。
救急でいつでも駆け込めるので、心強い。


近所の人は、肋骨の痛みを診てもらう為に
その病院に行ったそうだ。 

前に、かかりつけの内科に行き、
アレルギーも咳も治まっている。
肋骨の痛みを診てもらいたいと受付で伝えると、
「咳のしすぎで肋骨が痛い」という言葉を聞いた途端
「外に出て下さい」と言われ、外で問診をされたそう。

「咳が出たことが原因の痛みということで、PCR検査を受けて頂かないと、
診察はできません。陰性を確認後、診察になります。」
と言われたそうだ。
検査は午後になり、また出直すことに。
結局その日は、検査を受けただけで終わったそうだ。

結果の連絡は翌日の午後に電話が来るので、
陰性であれば、それから診察を受けに病院に行くことになる。

PCRset12007_TP_V

痛みを我慢しながら、2日目の午後の診察に間に合えばよいが、
連絡の時刻次第では、診察はまた翌日?
これは、他の苦しい症状の人は、困る事だろうなあ。
もっと早く結果が出せないのか。

陰性を確認すれば、家族も職場も安心するし、
痛みは我慢できるから仕方ないと話すご近所さん。

症状があり診察目的での検査なので
検査費用は1800円。
初診料と問診料?
これが、健康で検査だけが目的だったら、自費で2~3万?

この病院は、昨年は抗原検査を行っており
発熱の場合、30分ほどで結果が出て、
そのまま車の中で診察してもらえたそうだ。

今は、対策を徹底している訳だから良い事なのだが、
すぐに診察してもらえないのは辛いかも。
でも、コロナになっても治療を受けられず、
自宅放置されている方々の事を思うと
そんな事言ってられない。

自分が発熱したら、この病院にかかるつもりだ。
いざという時、駆け込む病院を決めておくと
少し安心する。

そうならない事が一番なのだけど。


ワクチンもどこまで効果があるのか。
3回目を打つまでには、
変異株にも有効なワクチンが開発されて
いたらよいけれど。

今、熱、のどの痛み、咳がでれば、まずはコロナが疑われる。
だから、ただの風邪であっても、とにかく
体調を崩さないようにと気をつけてはいる。

冷房で冷えすぎたり、
急な温度変化で喉を傷めたり、鼻炎などの
アレルギーを起こしたり、咳がでたりすれば
コロナと紛らわしいので、この時期は本当に予防が大事。

なるべく病院に行かずにすむように、と
誰でも思う事だろう。

昨年末、歯科に行った時、まだデルタ株では無く、
世間が今より楽観的な時期だった事もあり、
歯科のコロナ対策が甘い気がして不安になった。

受付では、来客に対して体温チェックも無く、
消毒液も、入り口に置けばいいのに、受付のカウンターにあり、
誰も使っていなかった。
待合室の椅子はくっついていた。

歯科医師は、マスクはしていたが、
手袋も、フェイスガードも無し。
こちらは、口をあけて無防備。
かなり不安だった。

今は、どうなっているのだろう。
流石に、今はきちんとしていると思いたい。

最近、病院に行っていないので
近所にある色んな病院がどのような対策をしているのか
軽い病気や怪我でも、診て貰えるのかと気にはなっている。

yasumimasuIMGL0293_TP_V

そんな時に、近所の人から様子を聞くことができた。

近所の方は、熱は無いが、アレルギーで咳が止まらなくなったので
近所のクリニックに行ったそうだ。

この方は、アレルギーからの咳は、毎年でるそうで
今回は、秋の花粉症らしい。

受付で「咳がでる」と言うと、顔色が変わり、
別室に通され「PCR検査しますか」と聞かれたそうだ。
その部屋に出入りする看護師さんは、防護服。
検査は断り、診察を受けると
防護服状態の医師が「いつものアレルギーだね、コロナじゃないね」
とホッとした表情で、いつもの薬を出してもらって帰ったそうだ。

風邪っぽい症状全ての人をコロナと仮定して対応していたらしい。

昨年はここまでピリピリしていなかったそうだ。
デルタ株の脅威だ。

で、薬が効いて、症状は落ち着いてきたところに
今度は、咳のし過ぎで、肋骨に激痛があるとのこと。

ちょっとした動きでも、かなりの痛みで
仕事にも支障がでるので
整形外科に行って、診てもらうことにしたそうだ。

最初のクリニックも、この整形外科も私のかかりつけでもあるので
今、どんな状態なのか、聞く事ができた。

                              続く


昨日から歩く時に右足首に違和感を感じていた。
その度、足首をぐるぐる回したり、
ほぐす体操をしていた。

今朝から、足首が上がる時に痛みが走る様になった。

やばい。

こういう事は前からよくある。

痛みの場所は違うけれど
要するに、運動不足、筋力の衰え、筋肉そのものが減っているのだろう。

いやだなあ。
以前からなるべく歩く様にしているが、
猛暑と雨続き、コロナ禍もあって、車に頼り、さぼっている。

部屋で、体操はしているが
そんなものでは追いつかない。

昨日、久しぶりに歩いた。
用事があったので、歩きやすい靴では無く
堅めのお洒落靴を履いていた。
靴が悪かったのかもしれない。

運転の姿勢も悪いのは前から感じている。

そう言えば、一昨年の冬だったか、
足にあわないブーツで無理して歩いた後から
股関節の痛みがしばらく続いていた。

母が心配していたのを覚えている。

それ以降、足にあわない靴は捨てた。
かと言って、幅の広いゆるい靴もだめ。
適度に甲を締め付ける位がいい。
PPP_suzusigenahuurintachi_TP_V

胸が痛くなったり、足が痛くなったり、
頭痛はいつものことだし、
肋骨もまだむずむずするし、老化現象だと思う。

私の場合、今のところ、内臓ではなく、筋肉や神経のSOSぽいから
安静にすれば落ち着く。
 以前、派手に転倒して怪我をしたところも
ずっとチクチクしている。
頭と首が重い、と思ったら、奥歯の根に問題があったり、
治療した後からは、固い物は食べないようにしている。

根に負担がかかるので、
固い物をばりばり噛むのは、若い時だけの話で、
歳をとったら、よくないのだそうだ。
あごや、首や頭が痛くなるのは
そういう噛みしめる癖も原因のようだ。

高齢者は、動かなくなるとあっという間に
運動機能が衰える。
母がそれを若い時から気にしていて、
ジム的なリハビリに長く通い、頑張っていた。
最後に入院した時は、その面でも不安だったと思う。

足にはとりあえず、湿布を貼り、歩き方を変えて安静にする。
足をかばって歩く姿は、老婆に見えるかも?

最近、湿布をよく使うようになってきた。
若い頃は、母が背中に湿布を貼っていたのを
他人事の様に見ていた。
自分も老人の仲間に入ろうとしているってことか。

いつまでも元気に動けるとか無理がきくとか、
自分でやれるだけは絶対やろうとか、
若いつもりでやってしまうと、怪我をする。

これからは自分を過信せず、適当なところで
人に頼ることも大事だなと感じている。


テレビはオリンピックだらけ。

試合を観れば応援するし、楽しいのだが、
試合中継をしていない時間には
きちんと他の情報を流してほしい。

医療崩壊、瀕死な状態にならないと入院できないと
国から見捨てられている時に、何だかなあ。

熱海の災害だってまだ落ち着いていないのに。
今は、お祭り気分になれない。
県をまたいで移動するなと言うが、
国をまたいで大人数が移動するオリンピックはいいのか。

親の法事にも行ける雰囲気ではないというのに
アナウンサーの歓喜の叫びを聞いていると、
異次元の世界を見ている気になる。

こんな時でなければ、どんなにか楽しく、夢中になったことか。
時期が悪すぎる。
ellycollection097_TP_V

我が子がワクチンの2回目接種を受けた。
予想通りの副反応がでた。
打った日の夜に強い悪寒、高熱。
解熱剤を飲んだが、38度以下にならず、
ぐったりと寝ていた。

頭痛が酷い様だ。
昼に少し楽になった様で、おかゆを食べ、解熱剤をロキソニンにかえた。

ほとんどボーッとしており、すぐに寝てしまう。

夕方汗を大量にかいて、解熱。
頭痛と悪寒が残っている様だった。

肌のゾワゾワする感覚は私もあった。
汗がじわっと出ると、落ち着くが、熱感が気持ち悪いのは同感。

夜、悪寒が強くなり微熱。
ロキソニンを飲み、就寝。

今朝は回復したようで、頭痛だけが残っているそう。

仕事は昨日は特別休暇(副反応休暇?)を貰え、今日は有休。

2回目の副反応は出るのが当たり前になってきた。
私は軽くすんだが、それでも気分悪かった。

これがコロナだったらと思うと恐怖だ。
副反応は病気じゃないとわかっていても気になる。
目の前で、ぐったりし、辛そうな様子を見ていると
コロナだったら、とんでもなく心配になるだろう。

おまけに付き添えないし、世話もできないのだから。

気を付けていても感染してしまう強いウイルス。
苦しんだあげく一人ぼっちで家族にも会えず亡くなったり、
後遺症に苦しんだり、人生が変わる人もいる。
そんな怖いウイルスを
ただの風邪、ワクチン不要、マスクは害だなんて言い続ける人たちが
いるのは、更に恐怖でしかない。




ワクチン1回目の時、嫌な痛みがあって 
ビリビリ痺れたのは、あまり良くないことらしい。

針を刺された時に
「痺れませんか」と聞くのは、痛いのが良くないからだそうだ。

「痺れています」と言っても、
「そんなものですから」と笑顔で言われたが、
なら何故、聞いたのかなと思った。

痛いのは神経に針が刺さる場合もあり、
後遺症が残る可能性もあるという。
ellycollection008_TP_V

刺した時に「痺れませんか」と聞かれるのは
その事故を避ける為なのだろう。
痺れると言えば、注入をやめるか、浅く入れ直すのだろうか。

私の場合は、大人しくしていたからか?
痺れると言っても、そのまま続けられた。
看護師さんの感覚で、この人は大丈夫だろうと判断したのかな。

打った後も、しばらくは指先まで痺れがあり、むくんだ感覚と
腕全体がマヒしたような感じだった。

翌日はとれたから良かったけど。

痛いのが全て失敗では無いだろうが、
危険と隣り合わせなのは確かな様だ。

2回目があまりにも無痛だったし、
比べると、1回目は深く刺された様な感覚だった。

腕に力をいれたらいけない、
腰に手をあてたらいけない、神経にささりやすいからと
聞いたが、私は力を抜いて、だらんと下げていた。

まあ、無事だったから良かった。
何故、痺れませんかと聞かれるのか、理由がわかったから良しとしよう。

抗体は3カ月ほどで効果が弱るという統計もあるし、
2回打った後でも、油断はできない。

五輪後の感染者数が怖い。
テレビが異常に五輪ばかりで、
ニュースもまともに見れない。
五輪が終わったら、手の平を返した様に
コロナが激増した、医療逼迫だ、大変だ、
外に出かけた国民が悪いとか言われそうだな。




母の話は、ちょっと休憩。

コロナワクチン2回目を打ってきた。

とにかく早く終わりたかったので、ホッとした。

1回目は、注射が痛すぎて、打った瞬間指先にビリビリ、
液を注入する時も、腕全体に痺れが襲い、痛かった。

あれは、針を深く差し過ぎたか、神経や血管に刺さったんじゃないかと
勝手に想像している。
副反応は、手の平までの痺れと痛みがあっただけで
3日目には消えた。

接種2回目は、何か副反応があるかもと覚悟していた。

注射は、全く痛み無し。
針を刺された感覚も無かったと言う人がいたが、こういう事か。
こんなに違うのかと驚いた。

すっと刺して、さっと終わったと言う感じ。

なので、腕は痛みも痺れも何も気にすることなく、
打った事を忘れるほど。良く眠れた。 
翌日、打った場所が少し痛くなってきたが、
1回目に比べると全然楽だ。

そのかわり、朝から汗がでなくて、皮膚がほてっている感覚があり、だるい。

頭痛は前からあったから、
副反応ではないかもしれないが、
朝から、頭痛と熱感。

熱は37.1度、
何回も測ると、平熱と微熱を繰り返している。
だるさはかわらない。

でたぞ、副反応。
自分の身体に「頑張れ」と言い聞かす(笑)
でも、この程度は発熱の中には入らないらしい。
本人にすれば、いつもの微熱よりだるさが強く不快だ。


000tonbokazukihiro1202_TP_V

朝でも、夜でも暑い時期だし、汗がじとっと出てくるのが当たり前。
それが無く、ほてったり、悪寒がするのは、
わかっていても嫌なものだ。

市販の薬を飲んで、効いている間は平熱になるが
クーラーで部屋は冷えているし、
節々が痛い感覚が気持ち悪い。
体内に何か異物が入っているという感覚がある。

このままずっと続いたらどうしようとか
高熱になったらとか。不安になる。

我が子の一回目がこんな感じだった。
微熱なのに、きつそうだった。

調べてみると、高齢でも高熱が出た人もいる。

それに比べれば自分はたいした事は無い。
子どもが小さく、それどころじゃなかったら
熱は気にせず、普段通り誤魔化し無理して動いていた事だろう。

接種後、二日目も、まだ37度が続く。
節々が痛く、熱感が気持ち悪い。

忙しく作業をしていると忘れるレベルだが
疲労感があり、つい座り込んでしまう。

若い人、女性に副反応がでやすいという。
免疫力の強さの為らしいが、私は高齢なのになあ。
まあ、この程度ですんでいるのは若くないからだな。

女性は免疫力が強いのだと。
免疫が強いのは良いことだと思ったら、
それが、悪くでてしまうと
膠原病などの自己免疫が原因の病になってしまう。
だから、リウマチや膠原病は、女性に多いのか。ふむふむ。

どうか、3日で収まりますように。

そうそう、接種後、やたらとポカリ類が飲みたくなり
がぶがぶ飲んだ。
身体が欲しているのを感じ、飲むとすっきりした。

この時期、部屋にいても水分補給は大事。


また右の肋骨の下周辺が気持ち悪い。
気持ち悪いと言っても、内臓ではないと思う。 

痛いという程度も無く、
ムズムズするというか、肋骨が開いている感覚。
ぜい肉が骨に引っ掛かる感じ。

右胸の痛み、違和感と言えば、
その下にある肝臓などの異常を疑う。

検査にいけば良いのだろうが
そこまでの苦痛は無い。

前回同じ違和感を感じた時も梅雨の時期だったような。
湿度のせいかも?

一日、同じ姿勢でじっとしているし、
右の肩が凝っているのはわかっている。
湿度は、神経痛を引き出す。
冷房で冷えすぎも良くない。
動いている間は、感じない。

だから、気を紛らす為に
ウロウロと動いている。
身体をほぐしたり、体操もする。

独身の時、湿度の高い土地に住み、
冬の冷えと湿度で、肋間神経痛になった事があった。

とても痛くて、辛かった。

それとは全く違うので、
まだ肋間神経痛まではなっていないが、
違和感が背中に回る時もあるので
これ以上放置すると、神経痛になって
痛みに変わるかもしれない。

湿布をして、しばらくすると気持ち悪さは消える。
USasagao_TP_V

母の病気、知りあいの不幸に接したせいで
いつもの事だが、
少しの違和感で、悪い事を一瞬考えてしまう。

そこで、いつも思う事は
「今、重い病気になったら
2度と帰宅できなくなるかもしれない。」
ということ。
そうなると、夫が何をするかわからない。
全て自分の為に利用するし、ろくな事は無い。
子ども達が振り回されるかもしれない。

絶対に困る。

あいつより、絶対に元気に長生きするんだ。

母は、モラハラの父に対して、
いつか、自由な楽しいおひとり様生活を味わうまでの辛抱だと
それを目標に我慢していた。

それが、叶えられなかったことが
一番悔しかったと思う。

母の分も頑張らないと。

そして、今日は、メジャーリーグのホームラン、ダービー。オールスターも楽しみ。
大谷選手の活躍に、気分転換させてもらっている。




我が子が、職域接種で1回目のワクチンを打った。
「痛くも何ともなかった。注入された感覚も無かったし、腕も痛くない。」
と、私の体験よりも軽いと自慢気だった。

ところが、翌日の夕方というか夜近い時間になって
急に、腕の痛みが始まり、悪寒と倦怠感が襲った。
熱を測ると37,3度。

厚労省では、発熱の基準が37,5度以上らしいので
統計では、これは発熱には入らない様だが、
本人は結構きつそうだ。
食欲も無い。

そのままベッドに入り、翌日の朝は平熱に戻った。
夜中はだるくて、きつかったと言う。

仕事に行ったが、昼間にまた倦怠感と微熱がでたようだった。
頭がぼーっとしたが、動けないと言うほどでは無かったので
普通に仕事はできたらしい。

その日の夜も37,3度だった。
バファリンルナを飲んで、早めにベッドに入った。
翌朝はすっきりし、熱も下がり、副反応は収束した様子。
elly21515C1872_TP_V

20代は、やはり副反応が強く出る様だ。
微熱だし、すぐに収まるが、
気分は良く無さそうだったので、傍から見ている方も心配する。

接種した日から2日目に表れ、3日目も熱があり、
4日目の朝に落ち着くというのは、長く感じた。
微熱は、発熱にカウントされないので、統計の数字より、
実際にはもっと多くの発熱した人がいる事だろう。

コロナに感染するよりはずっとましなのだが、
症状が落ち着くまでは、後遺症や急変が心配だ。

1回目からこうだとすると
2回目はもっと強いかも?

自分の2回目も近いので、不安になってくる。

効果は6カ月程で弱くなるとかで
3回目をうつと、5~10倍の効果があるとか。

3回うつなら、10年位、効果が続いてほしいものだ。
毎年、こんな思いで接種するのは苦痛だ。

来年は、1年に1回で済むのかな。




 


ワクチン接種後2日目には、朝から嘘みたいに腕の痛みは消えていた。



腕全体に入っていた異物が、すっかり無くなったと言う感覚。
実際そうなのだろう。

1回目の副反応に関しては、腕の痛みだけでたいしたことは無かった。ホッ。
ただ、注射の痛みは予想外だった。

腕の筋肉が減っているせいかも?
脂肪はぶよぶよとついているが…(´;ω;`)
腕が痩せ細っている人と、脂肪が多くついている人では、
針の長さを変えるそうだ。

腕が細すぎると、針が骨まで行ってしまう。
太すぎると針が筋肉に届かない。

SHI1987A01AS6_TP_V4


よほどでない限り、誰にでもOKなサイズの針と
無難な❔分量にしているのだろうが、
女性に副反応が多い傾向にあるらしいというのは
そういう事が、関係していないだろうか?

2回目まで、また体調管理に気を付けないといけないなあ。
それと、接種後は、睡眠をしっかりとった方が良さそうだ。
効果の具合が違ってくるとか。

接種後、15分じっとしている時、眠気が襲った。
気持ち良い睡魔で、2~3回、ふわ~っときた。
これは、ワクチンに関係ないのだろうか?
まだ、仕事があったので、
「いけない、寝るな」と自分言い聞かせた。

ワクチンが、1回接種で効果が長年続くものならどんなによいだろうか。

これから毎年、打ち続ける事になるのだろうか。

そのうち、色々改良されたワクチンが製造されていくだろうから
期待して待とう。
「あの頃は、実験台だったなあ」と言う日がくるのかも。

夫は陰謀論を信じている様だから、
ワクチンはうたないだろうな。
そして、ワクチンを打つ人を馬鹿にしているんだろうなあ。

それとも、人の前では常識人ぶってて
さっさとワクチン打っていたりして。
嘘つきで無責任だから、何も信用できない。




↑このページのトップヘ