りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我


携帯が古くなり、
調子が悪くなっていたので機種変更をした。

コロナが怖いけど、いつまで待っても行けなくなりそうで
思い切ってショップへ行った。

コロナだし、最近はオンラインだし、手続きはスムーズにいくだろうと
思っていたら…とんでもなかった。

免許証を3回請求され、何度もバッグから出し入れ、
何度も同じ説明をされ、何枚も書類を書かされた。

質問をしても、えーっと困って答えられない店員さん。

おそらく、新入社員の練習台にされたようだった。

この時期、早く帰りたい。何度も対面で同じ説明を
聞きたくないし、良く聞こえないから
顔の距離も近くなる。

やっと終わって、帰れると思ったら
あれもこれもと備品を買わせようと説明始める。

まるで携帯初心者と思われている様な対応。
これまでの長い契約内容もきちんと見ていないのか、
この年ですよ。わかってますし、持ってますの一言で、
全て断った。

駐車料金もあがるし、
何故、長々とひきとめるの。こんな時に、と言おうかと思った。

tomucaat17102701_TP_V

だらだらと同じ説明を受け、練習台にさせられ
御詫びも、新人教育中との説明もなく
売り上げだけを考える店。
仕事だから仕方ないのだろうけど、
それで、クラスターでたらどうするの。

きっと上から
売り上げ売り上げと言われて
店員さんも必死なのだろうね。
自分達も感染の不安と戦いながらやってるのよね。

と、1人ぶつぶつ言いながら店をでた。
 
最初は空いていた店内も、
帰る頃には混んできた。

帰宅後、疲れて家で休んでいたが、翌日のどが痛くなり、
だるさがでた。
やばい、このままでは熱がでそうだと不安になる。
まさか、感染してないよね?」と。

ゆっくり、入浴剤をいれてお風呂に入り
イソジンで何回もうがいをした。

家に居てもマスクして、のど飴をなめて
とにかくのどの炎症を抑えることに。

そして早めに寝た。

コロナが無ければこんなに神経質にならないのに。

今朝、すっきりと目が覚めたのでホッとした。

のどが痛い時、家でもマスクして
寝る時はタオルを口の上に乗せて寝ると落ち着く。

のどにスカーフなどを巻いて
のど、口を冷えと乾燥から守るとかなり楽になり、早く治る気がする。


肩こり、首凝りが酷い。
頭痛や歯痛までしてくる。

小さいマッサージクッションを使ったり
入浴で頑張って?ほぐそうとしているが
なかなか良くならない。

急に首や肩が痛くなる時は
3日前位に重い段ボールを抱えて運んだ後だったりする。
原因がわかると安心する。

首、肩こりはパソコン操作が原因なのだが
それでも、以前に比べると楽になった方だ。

若い頃の方が
パソコン操作が身体に合わなかった。?

職場で全員が一斉に稼働させると
とたんに気分が悪くなったりしていた。

電磁波過敏症?
目も疲れるし頭痛はするし
首が回らなくなるほど痛くなったり
不定愁訴が起きていた。

夫からのストレスに加え
あの頃は本も読めないほど悪化した。

あの頃に比べれば
今は楽勝だ。

油断するとまたあんな風になるんじゃないかと
不安になる時もある。

ELL96_osuteosuperumamu20140329_TP_V

一番効果的なのは人の手によるマッサージなんだけどな(笑)。
お気に入りのマッサージ師さんとかいないし
そういった類の店に行ったことが無い。
昔は、子どもに揉んでもらっていた。
本当に気持ち良かった。

そう言えば、母にマッサージをもっともっとやってあげたかった。
背中をさすったり、手足をもんだり、
気持ちいい、と嬉しそうだった。

コロナで孤独で不安な日々、
痛みとの戦い、
人の手に触れるだけで安心した事だろう。

医師や看護師さんの手をいつも握っていた母。

やっと面会許可がおりた時は、
もう末期だった。

意識があり、最後に会話した時は
私の手をぎゅっと握り
「まだ握力があるのよ」と言った。

何につけても、まだ母の事を思う。




部屋が乾燥する時期。

喉を傷めて、熱がでたりするのは
コロナの時期、嫌なので
のど飴を頻繁に舐めていた。

結構効果があるし、口寂しくなくなるので
ついつい何個も。

時々、無意識にガリガリと噛んでしまう。

 最近、ふと気が付くと歯を食いしばっている。

以前、キシリトールガムを
毎日、何かにつけストレス解消に噛んでいたら
顎が痛くなり、頭痛もしてきて
治療した歯もだめになった。

噛み過ぎも良くないとわかり、
それっきりガムはやめた。

妊娠中に、やたらと氷をバリバリと噛みたくなって
氷ばかり口に入れていた。
鉄欠乏性貧血が原因らしい。

それ以来、食いしばるのが癖になった気がする。
強く噛むことが良いことと思い込んでいた。

ストレスの多い年月も続いたから。

で、氷はその時だけだったが
先日まで無意識に飴をガリガリしていた。

ガリッとやった後から前歯がピリピリしてきた。

昔、ぶつけてひびが入っていた歯の方。
歯科では特に何も言われず、
何ともなくきていた。

もしかして、中の方のひび割れがひどくなったのかと
心配になり、歯科に行った。

レントゲンを見ても異常なし。

歯の表面を綺麗にレジンでカバーしてもらった。
これで、ひびも隠れ、痛みも消えるかと思ったが、
まだ違和感がある。
HIRO96_ukabukamo_TP_V

そして、いつも噛む側の奥歯の根も
傷んでいた。
これも、食いしばりのせいかも。

あまり固い物を噛み過ぎるのは
歯に負担になるのだと
要するに老化なのだと思い知った。

治療が終われば、またついガリっとやってしまいそう。

気を付けなくては、とおそるおそる食べている。

何だか入れ歯をしている人みたい。

まだ、全部自分の歯なのに。
今からこれではダメじゃないか。
美味しいものも
味気なくなり、食欲も無くなってくる。

我が子には
虫歯の苦労をさせないように
ミュータンス菌を口に入れないように
乳児から気を付けていた。

が、虫歯になった。
夫が、自分の唾液のついた物を子供の口に入れていたのだ。
注意していたのに。
知っていて、わざとやるのが夫だ。

歯科に連れて行くのは私だから
どうでもよかったのだろう。
自分が虫歯だらけの汚い口をしているので
気にしていないのだろう。

子育てからは逃げたのに
こういう邪魔ばかりしていた。

歯科にいくとつい力が入って疲れる。

これから、歳をとるにつれて
歯が悪くなり、歯科通いが増えるのだろうか。
病院嫌いな自分には
これからが思いやられる。



肩こり、首凝りは気にはならない程度に落ち着いたが
まだ、何か違和感がある。
どこか炎症を起こしているのだろうが
こんなに治りが遅いのだろうか。


それだけで、気分が悪いのに
今度は前歯の知覚過敏。

それ専用の歯磨き粉を使っているが
かなり前にぶつけて薄いひびの入った前歯が
しみてきた。
これまでは、何の痛みもなく
歯科にいっても
特に処置無だった。

固い物を噛んだり、
噛みしめる事が多い様で
負担がかかりすぎたのだろう。
前歯だし、早めに手当した方が良いかも
と思いながら、 コロナ禍でもあり
気が乗らない。

でも、もうすぐ年末年始。

食べたい物を気にせず食べたいし
今のうちにいくことにしよう。
TKL0614_5_TP_V

色々、思い出した。
2人目を妊娠中に
親知らずが痛くなり、見ると歯茎が化膿していた。
熱まででた。

歯科にいくと
「妊娠中はへたに薬を使えないから
応急処置だけします、
親知らずの抜歯は出産後にしましょう」
と言われた。

親知らずが斜めに生えて
苦労した思い出。
出産後、順に3本、親知らずを抜いた。
手術と言えそうな?ものだった。

その時を思えば
たかが、この程度のことで
歯科に行きたくないとか
どんだけ、臆病でひきこもってるんだ。
幼子もいないんだぞ。
と自分に言い聞かす。

子育てが終わって楽になったら、
嘘みたいに無精になってきた。

これまでの反動か。

あんなに外で活動していたのに
こんなになるなんて、と言われたりして。

老後は、引きこもり老人になりそう。

人間嫌いになりそうなのもやばい。
人に神経を使うのがしんどくなっている。

コロナの影響も大きいかもしれない。



愚痴ばかり書いていても、
気分が悪くなるので
今日は、話題をかえてみる。


↑先日からのちょっとした不調。

右の喉の奥と耳の奥の痛み。
首凝り、肩こりが原因だと思うし、思いたい。

母が、リンパ腫だったことから
自分も何か腫瘍ができているんじゃないかと
不安もよぎるが
あまり考え過ぎないようにしている。

色々、手当てしているが
今回はなかなか良くならない。

噛んだり、飲んだりすると
痛みを感じる気がして
痛みを感じたくなくて
食べることが怖くなる。

パソコンを見る時間が長いことと
眼鏡があわなくなっていることから
眼精疲労もかなりある。

眼鏡を交換し
枕を頭にあう形に変えた。

体操や散歩をし
お風呂で温めた。

湿布を貼って寝る。
RD2020322G071_TP_V

すると今度は、左の耳とのどに
同じ痛みがきた。

最初は右の首で、
次は左の首こりか?

左も同じ痛みがあったことで
腫瘍の疑いは消え
コリが原因だと確信できた。

老化、それに尽きるだろうな。

耳なりや、頭が重くなってくると
前に体調不良で長い間動けなくなった時のトラウマが
甦り気分が悪くなる。

温度変化、気圧の変化も原因だろう。

今の自分と同じ年齢の頃の母を思い出すと
膝の持病、耳鼻科、眼科、歯科と
毎日通っていた。
頭がぼーっとすると言って
首のMRIをとったり
心療内科に通ったり
その度、重病のように騒いで
家族が振り回された。

でも、結果は大きな病気もせず
今の病気になるまで
結構活発に元気に過ごしていた。

あの頃の母に比べれば
自分は、健康だと思う。

母との違いは、
母はちょっとしたことで、騒ぎ
誰かに頼る。

自分はそれができない。
大病をしても、家族には内緒にしたい位だ。

こうやって、ブログに吐き出すことで
かなり救われている。
ブログに感謝。



きつい肩こり、首こり、眼精疲労からくるのか、
数日前からあちこちが痛い。

コリからくる痛みは
のどの奥の上側、耳の奥まで響く。

喉を見ても、異常なし、耳も痛くなるような事は
思い当たらない。

痛みの発生源を探す。
のど、耳の痛い場所に続く首筋のコリを探した。

押していくと、見つけた。
痛いが、気持ち良い。

棒でつつきたい感じ。
針を刺して、そのツボを刺激したい気になる。

歳をとると
パソコン作業、読書、パソコンでの長時間の映画鑑賞などは、
身体がすぐに疲労する。

若い時から、肩こり症、頭痛持ち。
歳をとり、益々弱くなった。

やりたいことがあっても
身体がいう事聞かないと
ストレスの発散ができなくなる。

困った。
最近は、すぐに回復していたのに。
痛み止めを飲むしかないのかな。

整体とかマッサージに行けば良さそうだが
私は、そういう所があまり好きではないのだ。
病院も嫌い。
よっぽどひどくならないと行かない。

shikun116744_TP_V

パソコンは仕事でも生活でも必要なのに
肩が凝るなんて言ってられない。

「老後になったらやろう とか
いつか、これをやろう
とやりたい事を後回しにしているうちに
身体がいう事をきかなくなって
実現できなくなることがある。
やりたい事は
元気なうちに、思いついた時に実行した方が良い。」
という話を聞く。

本当にそうだと思う。

私は、欲が無いのか、
若い時に燃え尽きた感じで、
やり残したと思う事は無いが
強いて言えば、もっと旅行をしたい。

コロナが怖くて
go toで安くなっても、旅行も行く気になれない。
聞くと、結構な人が
go toで旅行に行っているらしい。

早くコロナが落ち着いてくれないと
鬱になりそう。

とりあえず
アレクサに元気がでそうな曲をリクエストして
音楽の力で、気晴らししよう。
 


昼食をとってから2時間ほどして
コーヒーを飲んでいたら
突然の腹痛。

コーヒーを飲み過ぎたり、豆の種類によっては
よく腹痛がおきる。

食中毒や腸炎とは違う一時的なものなので
さほど気にはならない。

コーヒーには腹痛を起こす成分が入っているのもわかっている。

今日も、そうなのだろうと思っていた。
でも、痛みが強い。
キリキリと刺されるような。

とりあえず、トイレに。

トイレでも痛い。

しばらく座っているといつもなら治まるが
なかなか治まらない。

何とかお腹を空にして
落ち着いたところでトイレをでた。

トイレを出たら
嘘みたいに痛みは消えた。

身体が冷たい、冷えている。
ジャケットを着て
足も温めた。
急に眠くなった。

まさか、コロナ?と不安がよぎったが
痛みはそれっきり無くなった。

やっぱりコーヒーの刺激だったのかなあと
思うが、突然襲う痛みは困る。
身体が冷えていたのかも。
PENTAFANPK98003_TP_V

以前、新幹線の車内販売でコーヒーを飲んだら
1時間後位に、激しい胃の痛みが襲い、
何も食べれなくなり、お腹も痛くなったことがあった。

痛みはその日だけで
胃腸薬を飲んで寝たら
翌日の朝は嘘みたいに痛みが消えていた。

コーヒーも私にとっては
毒になる時がある。

ブラックで飲み
身体にあう豆の種類や
自分で淹れる時の濃さも、腹痛にならない程度に
気をつけている。

何を飲んでも、大丈夫な人が羨ましい。

好きなのに、気にせず思う存分飲めないのは辛い。

母の病気のことがあってから
自分もおかしな痛みがあると
つい気にしてしまう。

これまでは、何でもない事ばかりだったが
年齢的には仕方ないことなのか。
あ~あ。嫌だなあ。





最近、色々やる事が増え、外での活動が活発になり
夕方になると疲れて来る。

朝は冷えて
昼に汗をかく。
汗をかいたまま外で活動し、
身体を冷やす。

今、熱をださないように気を付けないと
ただの風邪でも
発熱すると、コロナの可能性を疑われる。

これが本当に面倒。

一番ストレスなのは
ちょっとした風邪でも
熱がでると、病院にかかり辛いこと。

インフルエンザみたいに
薬やワクチンがあって
病院に行ったらすぐ検査をしてもらえ
その場で結果がでるとどんなに良いか。

48時間内に飲めば、効果のある薬もあるし
インフルエンザはかかりたくないが
コロナほど恐怖はない。
010ELFA191116_TP_V

「コロナはただの風邪だ」と訴えている人は
なぜ怖くないのか。

コロナの怖さは、
まだ全てを解明されていない事、
いつでもどこでも検査はしてもらえず、
有効な薬がすぐに処方されない事、
ワクチンも無い事。

後遺症が残ることもあること。

無症状、軽症で回復した人も多いかもしれないが
自分が軽く済むという保証はない。

コロナは無いとか
陰謀説を流す人もいるのが
不思議でしかたない。

夫も陰謀説が大好きみたいで
色んなデマを信じて拡散している。
もし、自分の不摂生で病気になっても
誰かが、何か仕込んだと言い出しそうだ。


こういう人は、世の中が破滅することを
密かに願っているんじゃないかと疑ってしまう。


昨日へんな汗を沢山かいたから
今日は身体が重い。


最近、右腕が重く感じ、筋肉痛というより
神経痛か、骨の痛みか、嫌~な感じ。

使いすぎ?不自然な姿勢でパソコンをうっていたから?

最近、重い荷物を持ったり、縫物をしたり、
拭き掃除をしたり、色々作業が多かった。

でも、大したことない。
この程度、全然どうってことない。
以前は、もっとやってた。

筋肉の衰えだろうなあ。

紐を思いっきり引っ張って
右手の人差し指の皮膚が一部むけてしまい
慌ててテープで固定した。

こういう手抜きをしたせいでドジな怪我をするようになった。
EL150173307_TP_V

もっと落ち着いて、若い時と違うのだから
雑にやったらダメだよ、と自分に言い聞かす。

去年の夏に、転倒して結構大きな擦り傷作った。

未だに、痛いし、跡がくっきり残っている。

見た目より深い傷だった。

甘く考えないで、慎重に行動しなくては。

これも、年齢のせいだな。

弟からの情報では
母が私に何か送ろうと買い物を色々しているようだ。

それは母の楽しみでもある。
だから、それは感謝して受け取るつもりだ。

何か目的のある日々を送る事が
老後、楽しく生活する秘訣なのだろう。

弟から見れば、娘に冷たくされている憐れな母親。

もう少し、優しくしてあげたらみたいな事を
ちらほら言ってくる。
それは、自分の奥さんに言えばいい。

私は多少の怪我や病気をしても、
自分でやれる物は誰にも言わず自己完結。

母は、すぐに父や弟に病院に連れて行ってもらう。

何でも人に頼る母。
私もそばにまともな夫がいたら
頼ったり、グチったりして気持ちが少しは晴れた事だろう。

優しくしてもらいたいのはこっちよと
言いたくなってくる。




インフルエンザの予防接種の予約をした。

高齢の両親にいつ会えるかわからないけど
接する機会があるかもしれないし、
コロナもあるので気休めかもしれないが
念の為だ。

インフルエンザの予防接種の料金は、病院でまちまち。
私が予約した病院は整形外科で、地域で一番安い。
他の病院の半額。
今年は少し値上げされた様だが
それでも他より安い。

AME20181201D009_TP_V

今年はコロナ事情で、
65歳優先と聞いていたから、
今すぐは受けられないかと思ったら
そうではなく、予約すればOKだった。

ネットで簡単に予約できた。

問診票もダウンロードして家で書いていける。
時間短縮できるのはこちらも有り難い。

病院が苦手で、ワクチンの副作用も怖い私だが
以前勤めていた会社から受ける様に言われて、
仕方なく受けているうちに慣れて来た。

でも、やっぱり注射を打たれるのは嫌なものだ(・∀・)つ。



↑このページのトップヘ