りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 病気、怪我

大阪の地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


昨日、体調が急におかしくなり、一日休息して過ごした。
平衡感覚が狂っていたのだが、身体全体の状態も普通では無かった。

体温が低いまま、身体が冷たい。くびがぐらぐらする感覚と足に力が入らない感覚。

薬を飲んだら、一日中眠くてたまらず、逆にそれで休めたので今朝は嘘みたいに元に戻った。

1年に1度はこういう日がある。耳や目の疲労だとは思うが、以前からいろんな不定愁訴があって、病院にもあちこち行って、異常なし。

更年期障害もあると思うが、元々体質的に自律神経が弱いのだと思う。
それに夫へのストレスで悪化しやすい。

気圧の影響も受けやすく、昨日も気候のせいかなと思っていた。
それで今朝の地震。

私も昔、大きな地震を体験した事がある。その時も昨日と似たようなふらつきがあった。あのいやーな感覚、似ている。

動物だから危険を察知しての事?まさかね。
ただの不摂生と老化現象だと思っているけど、一応言ってみた(笑)。

以前メニエール病もした事がある、あれは二度と体験したくない苦しさだった。
それ以来生活習慣を改めて発作が起きないよう、気を付けている。

☆メニエール病時の状態
●耳が塞がった感じが続いていた。
●考え事をしていたら、突然頭の中でプツッと何かが切れた感覚がし、目の前がぼやけて耳が遠くなった感覚。動悸がし、激しいめまいが起きた。
●睡眠不足が続いていた。
●心配事があった。
●パソコンで目を酷使していた。

バスの中で一回と、3年後に職場で再び一回発作がおきた。病院に駆け込んで、おさまったのは6~7時間後だった。全く歩けず、吐き気がひどかった。
頭の重さ、眼精疲労がおさまらず、目を動かすと気分が悪くなるので、運転も控えた。
しばらくは、足元がふらつき、力の入らない状態。不安感が残り、外出が怖くなる。

不安感をなんとかする為に心療系のクリニックにいき、軽い薬を少しだけ飲んでいたら回復。薬は持っているだけで安心。

完全に不安感がとれるまでには、年数がかかった。

その後は、頭位性めまい症はおきる事はあったが、メニエールに比べると軽く、回復は早い。

頭位性めまい症
●朝起きた時、頭を動かすとめまいが起きる。
●吐き気はなく、しばらくすると落ち着いてくる。
●内耳の中の耳石がはがれて三半規管に入り込んでしまう事による。
●ホルモンバランスの乱れ、運動不足などが原因、首を動かしたり、寝返り体操をしてはがれた石を流すとよい。

メニエール病も自律神経の異常が原因だが、交感神経が強くなっている時だそう。呼吸も浅くなっているとか。普段から心や体を落ち着かせるにも、腹式呼吸が良さそうだ。

私は最初、恐怖心とショックで過呼吸になっていると医師から言われた。過呼吸というより、自律神経が狂って、手足の冷え、動悸、血圧の上下が同時に起きたような感覚だった。


何回体験しても、嫌なものは嫌だ。めまいは恐怖心との戦いだ。体験した人でないとわからないだろう。




急にお腹が痛くなって、トイレに行って座ったらお腹が張ってきて苦しくなり、あれよあれよと言う間に気分が悪くなった事ありませんか?


お酒や炭酸飲料を飲んだ後や、便秘や下痢の時などではなかったですか?


私は、先日、久し振りにトイレで倒れそうになった。

久し振りだった。十年位は無かった気がする。十年前は、ビールを飲んだ後に急に腹痛に襲われ、トイレで倒れそうになった。最初に倒れた時は、産後だった。

今回は、ビールではないが、炭酸飲料を飲んだ後だった。
スカートのベルトをきつめに締めていたのも影響していたかと思う。

お腹が急に張ってきて、トイレに行っても何も出ず、苦しくなり、吐き気がし、手足の力が抜けていき、冷や汗がだらだらでる。
耳鳴りと目の前が暗くなる。ああ、倒れるなと思う。

酸欠だと思って、出産時に習ったラマーズ法?を必死で行う。(傷みや酸欠の時、ラマーズ法を真似ると痛みは和らぎ、脳に酸素が行く気がする。)

鼻でゆっくり息を吸い、口でゆっくり吐く。「とにかく脳に酸素を送らねば!」とそれだけ考える。


それでも気分は悪い。諦めずに呼吸をする。そばで誰かが見ていたら、何をふうふう言ってるんだろうと思っただろう。

まるで出産シーンみたいだ。

トイレで気を失うのは嫌だったので、何とかはいつくばって和室に行き、そのまま横になった.


目を閉じた。開けたらきっともっと気分が悪くなると思った。頭の中がぐちゃぐちゃになっているのがわかる。
脳の血流がグルグル回る。脳がパニックになってる。呼吸は続ける。フーフーっ。

身体がふわふわ浮いてる感覚まで襲ってきた。耳も血流が悪いのか。過呼吸になってはいけないと思い、呼吸を普通に戻してみる。

首の後ろが温かくなっている。

冷や汗が凄い。服はぐっしょりだ。お腹は落ち着いている。目はまだ閉じたまま。

ふわふわ感がとれてきた。呼吸を落ち着かせ、目をそっと開ける。

すると再び軽い腹痛。今度は大丈夫かも、トイレにいってお腹を空にしたらいいかもと思い、ゆっくりトイレに戻る。

今度は嘘みたいに普通にトイレをすませた。お腹がすっきりして、さっきの現象は嘘みたいだ。

服を着替え、横になって休んだ。暫くうとうとした後は、すっきり目が覚めた。

脳の中を滅茶苦茶に血が流れ切った感覚。

言い換えると、運動不足だった脳を一気に全力疾走させて、脳のコリがとれたみたいな感じ?

最初にトイレで倒れた時は、産後の処置が悪かったとかで、その後遺症となる子宮の痛みが原因だった。

こういう倒れそうになったり、失神する症状は、「血管迷走神経反射」だという。


産後、初めて気を失った時は、悪い病気かと思い、色んな病院に行ったが、検査のたらい回しの上、異常なしだった。結局産婦人科に行きついた。

誰も「血管迷走神経反射」という言葉は使わなかった。

最近自分で調べて、これだ!と確信した。


先日、迷走神経反射の事を書いたが、私はこれまでに一度だけ気を失った事がある。


その時の事を思い出してみよう。


★第一子を出産して数か月過ぎた頃だった。

深夜熟睡していた時、突然激しい腹痛が襲って目が覚めた。

それまでに感じた事の無いほどの激痛。


腸がねじれた様な痛み。いつもならじっとすれば、次第に落ち着くのだが、どんどん痛みが強くなっていく。

とりあえずトイレに行った。お腹が張ってきて苦しい。

何もでない。苦しい!と思ったところまで覚えているが、その後の記憶が無い。

目が覚めたら、トイレの前の廊下で倒れていた。怪我もしていないから、おそらく無意識にトイレの外にでて、寝ころんだのだろうか。

失神していた間、夢を見ていた様な不思議な幻覚を見た。

ものすごい大衆が倒れている私を見てざわついているのだ。ざわざわと声がする。


意識が戻った時は、なぜここにいるのだろうと訳がわからなくなっていた。どの位、そこにいたのかも全くわからない。

寒気がしてきたので、布団に戻った。

すると再び腹痛が襲ってきた。前回ほど強くはなく、がたがた震えがきたので、おなかを温めてると収まった。

その後は何ともなかったが、痛みの原因がわからず、とりあえず近所の内科へ行った。

結果は異常なしだった。胃腸はどこも悪くないと。「腹痛がして失神したなら脳の異常ではないか」と言われ、脳外科を紹介された。

幼い子どもを夫に預け、1人で遠い脳外科まで行き、検査を受けた。

結果は異状なしだった。


ホッとはしたけれど、「あれは何だったのか、またあんな事があるなら不安で外出もできない。しかも小さい子どももいる。夫はあてにならない。どうしよう。」と不安で一杯になった。

夫はその頃から家にほとんどいなかった。私の事も他人事みたいだった。

親戚も親も誰もいない土地で、あの頃の私は孤独で、身も心もくたくただったと思う。


体重も今と比べると、10キロは少なかった。

★その前にも、疲労で寝込んだ時があった。

具合が悪かろうが、子どもの世話は私しかやる人がいないから、フラフラしながら家事と育児をしていたのだが、夜には倒れこむ状態。
帰宅した夫に「体調が悪いから協力してほしい」と頼んだ。


すると「甘えすぎだろ。毎日楽してるからだらけてるだけだ。」と言われた。


私は、翌日から食べ物を受け付けなくなり、胃腸も壊れた。

そんな時に、何も知らない私の親が、はるばる地方から遊びに来た。

私の様子を見て驚いて、夫に「どうしてここまで娘を放っといたのですか。子どももいるのに。」と聞いた。

それでも「何も言わないこいつが悪いんですよ。僕は何も知りませんでした。」と言い返し、更に私にむかって「あんたのせいで僕が誤解されるじゃないか。何でこうなるまで病院に行かなかったんだよ」と言った。

その頃の住居は、山の上のニュータウンにあり、病院に行くにも買い物に行くにも不便な土地に夫が新居を決めていたのだった。

車は無く、バスと電車を使わないとどこにも行けなかった。

「赤ちゃんを抱っこして病院に行く元気も無いのに。」と言いたかったがそんな気力も無かった。

後に、姑から手紙がきて「赤ん坊もいるのに、そんなに弱いと困ります。しっかりしなさい。息子が愚痴ってました。」と書いてあった。

失神したのは、それからしばらくしてからだった。
流石に、そこまでの事があると放っておけなかった夫は、子どもを見てくれて、やっと私は病院に行けた。


あの頃の私は、若さのせいと、家庭環境の影響もあったと思うが、我慢する方が楽で、面と向かって反論する力も自信も無かった様に思う。

当時予期不安が強くなり、外出が怖くなっていた。

いつ突然の腹痛が襲って、失神するかわからないという不安の為、電車に乗る時は動悸が激しくなっていた。

昼間は幼い子どもと二人で、もし私が突然気を失ったらこの子はどうなるんだろうとか考えて居ると益々外出できなくなり、孤立感が強くなった。

ある日、昼間に腹痛がきた。一瞬不安がよぎったが、出産後、初めて訪れた生理だった。

キリキリとした痛みは、あの時の傷みと似ていたが、子宮が収縮した時の痛みだと思った。

そこで、腹痛は子宮が原因ではないかと気がついた。今思えば、なぜ最初にそれに気が付かなかったのか不思議だ。


産婦人科に行ってみた。すると内診した医師がすぐに言った。

「これは、産後の処置が悪かったようですね。産後排出されないといけなかった物が残ったままになっていたのでしょう。子宮内で感染し、その痕がケロイド状になっていますよ。」

それで、生理が復活しようとして、子宮が収縮した時に、その部分が傷みを発したという事の様だった。


あまりの傷みで、迷走神経反射をおこしたという事か。


そう言えば、産後の処置は確かにひどかった。

当時、転勤で実家は病院の少ない地方に引っ越していた。産婦人科も少なく、その為にいつも患者や妊婦さんにあふれ、一人しかいない医師は過労気味。
私の出産の時は、医師も婦長も不在で、新人看護師しかおらず、ぎりぎりまで冷え切った分娩室に放置されるという状態だった。


初めての出産は、ドタバタして酷いものだった。病院を選べないというのは何かあった時に困るものだ。

産後一か月検診で、「子宮に残留物があるから出します」と言われ、いきなり麻酔なしで処置された。出産より痛かったし、感染予防の薬もその後の生活上の注意も無く、そのまま帰された。


おそらくそれで、知らない間に傷口が感染し、自然治癒した後子宮壁がケロイドになったのだろう。
熱がでたり、痛みがでない程度だったから気がつかなかった。

本来なら、病院は、処置した時についた傷が化膿しない様に抗生物質など感染予防をし、しばらく安静にと注意をするべきだったのではないか。

付き添った母も、昔の人で自宅で産んでいる為、そういった知識はなく、実家では私を安静にさせる気は全くなかった。

私は産後は全く眠れず、休めずだった。

何の為に実家で出産したのか意味がないのではと、思うほどだった。

母は、私の身体よりも、世間体を優先。「どんなに体調が悪かろうが、産後の肥立ちが悪いなんて、みっともないから、40日経ったら、絶対に帰ってもらうからね。」

といつも言っていた。だから、フラフラしながら赤ん坊を抱いて帰宅した記憶がある。

今思えば、若い頃の私は強く自分の意志を言えない、抵抗できない人間だったのだ。今思えば、あの頃の自分が情けないし、可哀想になってくる。


診察した産婦人科の医師は「これはどうしようもない事で、昔は血の道といって、多くの女性が苦しんできた症状なんです。もし、また痛みがきたら我慢しないですぐに薬を飲みなさい。そしたら大丈夫だから。」と私の不安感を取り除く事を優先してくれた。


優しく安心させてくれ、痛み止めの薬をだしてくれ、それだけで、私はだいぶ救われた。


そして「完治させる方法はありますよ。出産する事です。また子どもを産む事により、子宮の壁は新しく生まれ変わりますからね。」

と言われた。これらの話が全て真実かどうかは確かではない。でもその時はそう言われた事で精神的に楽になり、救われたのだ。


夫に不信感があり、もう子どもなんていらないと思っていたので、二人目は無理だなと思っていたのだが、それから3年後に二人目を出産し、本当にこの症状は完全に無くなった。

2度目の時は、幸いに実家は都市部に転勤しており、出産する病院も慎重に選ぶ事ができた。


出産は病気ではないと言う人もいる。

とんでもない。一歩間違うと一生重い体調不良を抱えたり、感染して命を落としたり、大出血を起こしたり、子どもの命も母親の命も危険になる事だって、ありえるのだ。

昔の女性は、嫁という立場で何も言えず、産後の肥立ちが悪い事を恥と思われ、一生我慢を強いられてきた。

私は、自分が嫌だった事は、絶対に子どもにはしないと決めてきた。
自分が誰かのお産の世話をする時は、母親になった人の一番の味方になろうと思った。

堀ちえみさんの病気がきっかけで、自分も舌癌ではないかと病院に行く人が増えたそう。

c978e5623072dd5efed59e1b2f426010_t


早期発見が大切なので、関心を持つ事は大事だと思う。

私も過去に舌のできものを取った事があり、その後も違和感がたまにあるので気にしていた。


舌のできものは、痛みで気が付いた。鏡を見ると舌の横に白い小さいできものがあった。

その場所は数日前に強く噛んでいた事を思い出した。普段から噛みやすい場所だった。

口内炎では無い、炎症を起こしている感じではない。

調べてみると乳頭腫かもしれないと思ったが、歯の治療のついでに歯科で見てもらう事にした。


歯より先に舌を看てほしくて、話したのだが、医師はちらっと見ただけで、歯の治療を先にし始めた。

堀さんの場合もそうだったが、歯科では舌の病気について苦手意識があるのだろうか。

すぐに舌癌を疑って調べる様な反応は無かった。


この機会に口の中を全て診てもらおうと思っていた。
1本目の歯の治療が終わった時、再び医師に訴えてみた。

「先に舌を看てほしい。切除できるならとってほしい。違和感があるので。」と話した。

歯科医師はにこやかに受け入れてくれ、(内心は厄介だなと思われたかも)患部を触ったり、良く観察してくれた。
触ってしこりがないか、痛みを感じないかなどを診てくれているのだろうと思った。

そして「これはただのできものですね。いぼみたいな物です。取らなくても大丈夫ですが、ご希望なので切除しますね。多分取っても、またできると思います。もし更に悪化する様な事になったら次は大学病院で検査するという事になるでしょう」と言われた。


悪い物ではないと言われて、安心した。

切除する時~痛いのだろうか?後は食事はできるのだろうか?縫うのだろうか?費用は高いのか?など、不安になった。

ブログで体験談を読むと、結構大変だった、とか2~3万かかったなどと書いてあったから。


でも、舌のできものを気にしながら生活するのは嫌だったので、レーザーで切除してもらう事にした。

                                  続く





3年前なので、実は細かい事は忘れてしまっている。

目を閉じて、緊張しているので、何をされているかはその時の想像なのだ。

多分、こうだったよねみたいな記憶だが、まず、舌の患部に麻酔の為の麻酔を塗布されたと思う。


しびれてきたら、舌に麻酔の注射をうたれる。

恐くて目を閉じて身体に力が入っているのがわかる。

レーザーでちょんちょんと触って居る様な気がした。そして縫合。


麻痺しているので、良くわからない。でも、ほんの5分位だった気がする。


焦げ臭い臭いがする。


え?もう終わり?簡単すぎない?という感想。それだけたいした事のないできものだったという事。

舌癌だったら、とんでもなく大変な手術で、こんな事で不安だなんだと言う事自体が甘い話。


それでも、体験したからわかること。他の人は、同じ様な切除でも、もっと大変な事になっていたけどな。


医師で違うのか。

抗生物質と痛み止めを貰い、料金はなんと1500円位だった。何かの間違いではないかと思った。

032ELLY18420_TP_V1


麻酔がきれても痛みもなく、食事も普通にとれた。舌をみると数針縫ってある。できものだけでなく少し広めに切ったとのこと。


その後も歯の治療と同時に消毒や抜糸をした記憶があるが、親知らずの方がよっぽど大変だった。


どうってことはない。もし、口の中に気になるできものができたら、不安にならずにまず歯科に行く事をおすすめする。

ただ、舌の一部をほんの少しだが切ったわけで、その部分の軽い痛みや話す時に違和感はある。


数ミリでもこうなのだから、舌癌で舌の半分でも切除すれば、どれだけ不便になることだろうと想像する。

そして医師でやり方も費用も違うという事もわかった。

堀ちえみさんのブログで、舌癌になるとこうなるのだと参考にさせてもらっている。明日は我が身だと思って。

でも、絶対に今は生きて居たい。夫よりも長く生きてやるぞ。





昨夜は頭が痛くて眠りが浅かった。


おそらく、眼精疲労と肩こりだろう。ドライアイもある。


根を詰める仕事があり、身体も冷やしてしまった。

037ELLY18420_TP_V1

若い人でも脳梗塞や心筋梗塞になったりする。自分は更に気を付けないといけない年齢。


若い時は無理ができたのに、情けないものだ。両親は長生きしているが、自分はどうなんだろう。

不安になっていると、夫からメールが。

また印鑑証明を送ってくれという。何に使うのかは一応聞くが、正直に言うとは限らない。

最近連続している。

また何かよからぬ事をやっているんじゃないか、騙されているんじゃないかと思うと、ぞくっとしてきた。この人は本当にろくな事はしない。縁をもった人を不快にするし、迷惑をかける事が平気でできる人だ、普通じゃないと心から思った。

そこまで悪人でなくても、そう思わせられる行為をこれまでしてきた事は確かだ。


頭痛は更に強くなった気がしてきた。




外の明るい時間が長くなり、気分が変わって来た。

冬は冬季鬱ではないが、憂鬱な気分で目覚めていた。

何故だろう、起きる時外が暗いから?寒さは関係ないと思うが何となく気分が落ち込んだ。

無意識にため息がでたり、不安感が襲って来たり、自己分析してみるが、目の前に切羽詰まった大きな問題は無く、トラブルを抱えてもいなかった。

冬だから、冬眠モードなのだろうと気にしない事にした。

春になり、紫外線が強くなり朝陽がまぶしくなると、その憂鬱さが消えて来た。


根本的にストレスは長い間抱えているので、普段はそれを忘れポジテイブに生きようとしている。


冬は、普段心の奥に抱えているストレスを抑える力が弱るのだろうか。


年齢と共に、ストレスに弱くなってくる気がする。すぐに体調に出て来る。

健康に生きていく為にも、うまくバランスとってストレスを抱え込まない生活をしなくては。

これから太陽がまぶしくなる季節。やりたい事を頑張るならこれからだ。
で、活動的になろうと思うのだが~
MZ18063DSCF5739-2_TP_V1


最近、運転が怖い。連続する悲惨な交通事故のニュース。

幼い子どもたちが巻き込まれる事故のニュースはもう聞きたくない。

辛すぎて、イライラする。それと同時にいつ自分が事故をするかもわからない。

 自分も、ヒヤリハットは何度も体験した。「もしかしたら自分はこの世にいなかったかもしれない」とか「家族や誰かを巻き込んだかもしれない」とか、冷や汗がでた事はある。

子どもが飛び出しそうになったり、車が突然出て来たり、いつでも怖いと思いながら運転するべきだ。「運転が嫌いです、怖いです、下手です」自分はそう思う位がいいと思う。

「女の運転は~」と馬鹿にしている夫の方が、頻繁に事故も違反もしている。
「自分は運転が上手い、運転が好き、ベテランだ」と自信を持つ事と、現実の運転の仕方とは一致しないと思う。


我が子も小学生の時に、交通事故では無かったが、ある事故(施設の不備が原因)で一歩間違うと命を失なったかもしれない体験をしている。

電話が来て、救急で運ばれた病院へ駆けつける時の心境は今でも忘れられない。
奇跡が起きた様な幸運で、助かったから良かったが、もしそうでなかったら…
事故にあわれた子どもさんの親御さんの気持ちを考えると、胸が苦しくなり言葉がでない。

何故自分なのだ、何故自分の子なのだ、と納得がいかない不運な出来事。神様を恨みたくなる。

今日無事に生きてこられたのは奇跡なのだと再び感じている。

やってしまった。

ちょっとした怪我を。

家の前の道路はぼこぼこしており、ちょっと転んだだけで怪我がひどくなりやすい。数か月前、斜めになっているでこぼこの部分でくじいて、転び、ひどい擦り傷と青あざを作った。年齢的にも足が弱く鈍くなっていると思う。

なのに、また昨夜転んでしまった。強い雨なのにでなきゃいいのに傘をさして外を歩いた。ほんの3分しか歩いていないのに、何かにぶつかって膝をついた。

傘は壊れるし、服はびしょぬれだし、恥かしい。誰も見ていなかったが。ちゃんと周りを見ていない自分が情けない。

転んだら傷が深くなりそうなでこぼこ道路、またやってしまった。


膝下の部分から血がでてきて、腫れていた。


歩けるので、打撲だろうとは思ったが、一応病院へ。たいした怪我ではなかったが、消毒に通うことに。
PAK86_amekiiroisen1299


子ども達の怪我には頻繁に病院通いをしていたが、まさか自分がこんなドジをふむなんて。

母の付き添いや厳しい予後の説明を聞いたりしたのも辛かったが、自分もいつ入院するかわからないんだよなあなんて思った。

嫌、そんな事はだめだ。今は。とにかく気をつけるしかない。自分のドジさに反省し、自己嫌悪。


母には言えない。すぐに治るだろうからそれまでは帰省しない。今、だいぶ落ちついているようだし。

転ぶ瞬間、「あ、やってしまった」と思ったが、記憶が飛んだ。どんな風に転んだのかわからないのだ。

なぜここが?と思う場所を怪我しており、不思議だ。

ぞっとしたのは、車が来ていたらと思う事。
暗い雨の夜道、転んだ私に気が付かず、車が来ていたら、そんな事を考えて、夜は興奮して眠れなかった。自分が運転することも怖い。そしてのどがやたらと渇いた。

この程度でこうなんだから、もっとひどい怪我の人はどうなるんだ。落ち着け。

母の突然の発病といい、私の怪我といい、今年はこれまで無かった事が続くので、本当に気を付けたい。




実家に帰った夢を見た。

両親と弟と私がいて、私が料理を作っているところだった。


母が弟と押し入れを空けて、何か言っている。見に行くと、火がついている。
大変だ!水を!早く消さないと!と私が叫ぶ。

母は、何の反応もなく、弟は、水なんかいらないよ、とパタパタと叩くだけで、火がどんどん大きくなっていく。それでも慌てず放置する2人。
いったいどうしたの?と思いながら私が台所から運んだ水をかけて消火した。という夢だった。

寝る前に見たドラマなどの影響で夢をみることもあるので、たいした意味はないのかもしれないが、火を見ても平然としていた2人は何だったのだろう。

夢分析してみたいものだ。私の心理状態がおかしいのかもしれない。
OHhokkaido_IMG71991_TP_V1


今日は日曜だが、足のケガの消毒にいかねばならない。

たいした事はないから良かったものの、病院に毎日通うのも疲れる。待ち時間があるからだろうか。

かといってまだ痛みがあるのにもういいと言われたくないし、通うとどこか安心する。勝手なものだ。

そう言いながら、病院の後は久し振りにカラオケに行く予定だ。

自分はカラオケは苦手だが、人が歌うのを聞いたり、一緒にお茶を飲んだり食べたりするのが好きなのだ。

また転ぶんじゃないかと、少しトラウマになっているが、そんな事言ってたら益々足腰弱くなる。

それと目や耳も衰えているのかもしれない。
夜は見えにくくなっていることは確かだ。

いよいよこれが老化というものか、とがっくりしている。


↑このページのトップヘ