りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 趣味

朝早く玄関周りの掃除をしていたら
新聞配達の女性(70歳位?)が来て
新聞を受け取ろうとしたら
「ポストに入れときますから、そのまま掃除を続けて」
と言われた。

そこに置いていた植木鉢の花を見て
「この花、ずっと前から良く咲いてるね。
長い間、枯れないで強いね」
と声をかけられた。

確かに長い年月、枯れずに毎年花を咲かせる。

剪定したり、肥料をやったり、最低限のお世話しかしていない。

根も張ってきているが、重くて植え替えるのも大変。
このまま、植え替えとかもせず、
今まで通りにしておくつもりの無精者なので
この花(薔薇)の強さには助かっている。

「昔からずっとお宅の玄関を見て来たのよ。」
と言われて、恥かしくなった。

ベランダに置いた植木鉢の花が咲くと、
玄関を華やかにしようと、咲いてる間だけ
置き替えたりしているので
「この前咲いていたあの花はどこにやったの?」と言われた。

花が散ったので、移動させたと説明したが
「楽しみにしていたのよ」と言われた。

あまり、玄関周りに植木鉢を置くと
邪魔になるし、台風などが来る度
家の中に移動するのが大変だ。

だから、あまり置かない事にしたのだ。

PAK56_sakihajimerubara_TP_V4

母は、花が好きで、
植木鉢が沢山増えており、玄関は花だらけだ。

私はそこまでしない。
あまり植物だらけにするのは好きじゃない。
ごちゃごちゃして息苦しいんじゃないかと思ってしまう。

今ある植物は手入れはするが、
枯れたら枯れたでいいと思う。

すっきりとした空間に並べたい。
置き方にむしろこだわる。
花を増やそうとかの執着は無い。

花の好きな友人がいる。
私の無精さを見たら馬鹿にするだろう。

母もそうだが、花が好きだと言う人は
どうして人に口うるさく言うのだろう。
と思う時もある。

昔、夫が勝手に次々と買って来て
世話もせず、ぽいと置いたままの鉢が沢山あった。
置き場所も考えず、汚く放置していた。
子育てと同じで無責任。
後始末は私。

それでいて「自分は植物には詳しい。偉そうにするな。何も知らないくせに」
と私の世話の仕方に文句を言う。

長い間夫が放置し私が育ててきた花を見ても、知らん顔だ。
綺麗に咲いていれば、
それは私の手入れのお陰じゃなく
自分が買った物だから感謝しろというスタンス。
褒めるどころか、手入れの仕方にケチをつける。

だったら、自分で育てろよ!
子どもも育てなかった人に言う資格はない!
と、そのうち、言ってやろう。

私が買った苗が大きく育ったのを見た夫は
「風で飛んで来た種が勝手に大きく育ったんだろう」
と言って、私が買って育てるはずがないと馬鹿にしていた。

新聞配達の女性には
「私は無精なので、お恥ずかしい」と
一言伝えておいた(笑)

気分がスッキリしない時は
キーマカレーを作る。

若い時は、辛い物は苦手だったが
歳をとるにつれて好きになってきた。

本来カレー自体、好きでは無い。
外食でカレーを食べた記憶が無いほど。

最近、キーマカレーを人に作って貰って
食べた瞬間から大好きになった。

作り方は簡単。

玉ねぎとニンニクを炒めた後
ひき肉とピーマンやナスなど好きな野菜を加え
カレーパウダーで炒める。全てみじん切り。
トマトを潰して入れて
野菜の水分で
カレーの素を溶かせば出来上がり。
306b3207f10708c118485e74830b13f5_t


ピリッとした辛さが頭を抜けた後
野菜と肉の旨みと甘味が広がる。

メニューに困った時や
食欲が無い時は
キーマカレー。

大人の味なのかも。

やっと私の口は大人になれた?
遅れてる。

野菜は色とりどりに入れると見た目も美味しそう。

トマトを沢山いれてもいいし
野菜を大きく切ってもいい。
冷蔵庫に残った野菜が使える。

ゆで卵を添えたり、
卵焼きをのせたご飯の上にかけたり
色んなアレンジをして楽しめる。

水を少し入れて甘めにしてもいいし
カレーの素は
キーマカレーの素やジャワカレーとか
バーモンドカレーでもOK.。
失敗をしない美味しいカレー。

今頃知ったの?
誰でも作って食べてるわよ、と言われそう…(T_T)





家で映画を良く観ている。

ほとんど洋画ばかり。

キッチン、リビングのソファ、寝室のふかふかなベッド、フリフリのレースカーテンなど
ほとんどの映画に好きな背景が出て来る。

家の玄関前には椅子が置いてある。。

食事の後に玄関前の椅子に座ってビールを飲むお父さん。
庭では犬と遊ぶ子どもの姿。

涼しいお昼には本を読んで、ちょっとうたた寝。

家が古くても、自分たちでリフォームする。

そんな日常のシーンを
観ているだけで気持ち良くなる。

私の通った幼稚園は、カトリック教会の中にあった。
毎朝、聖書(幼児用のお話)を読んでもらい、
讃美歌を歌っていた。

当時の自分は
ただ毎日面白いお話を聞かせて貰っていると思っていた。

お話を頭で映像に変換し
映画を観ている様な楽しさだった。

今でも記憶に残っている。

映画で「十戒」や「ベンハ―」を観た時、
「どこかで観たことがある!」と感動した。

それは、自分の脳の記憶にある聖書のお話だった。

幼児期に想像していた映像が
映画と全く同じだった。

海が割れるシーン、
色んな奇跡が起こるシーン、

どれも聞いていた話そのままだった。

AndorraDSCF7776_TP_V

親は、幼稚園がたまたまそこしかなかったので
何も考えず、入園させたのだが
私にとって、あの園で過ごせたのは
幸運だったと思っている。

洋画が好きなのは、そんな事も影響してるのかな。


今の自分は、コロナをきっかけに益々映画ばかり観て
なるべく人にあわないようにしていて、
電話も面倒になってきている。

友人関係は疎遠になっている。

声をかけられても
全て断ってしまう。
このまま、友人がいなくなってしまうかも?

今は、コロナだからやむを得ないと言えるが
人と会って、気を使うのが面倒になってきた。

仕事柄、色んな人と接する為
その反動なのかもしれない。

言い訳のできる今のうちに
神経を休ませ、
また友人と話したいと思える自分になれるまで
無理はしないでおこう。


それまで、映画でストレス発散しよう。


SNSで、友達になっている人の中で
独身でおそらく50歳代と思われる男性がいる。

会った事もない、良く知らない人だが
その人はとても器用らしく、家のリフォームや料理も上手で
写真など毎日アップして楽しませて下さる方。
ご自宅で音楽教室をしておられる。

SNS上での友人も多く、
御近所付き合いも上手にされており
いつも人に囲まれているのを
写真や日記などで見ていた。

それが6月になって、
突然更新されなくなった。

どうしたのだろうと心配したのは
私だけではなく
SNSで仲良くされている多くの
ファンの人たちも騒いでいた。

最後に投稿された内容をみると
「最近、食欲が無い。食いしん坊だったのに
サラダしか食べる気がしない。
肉類や揚げ物を無理に食べると具合が悪くなる」
とか
「だるい。こんなことは今までなかった」
とか、
「階段から落ちた」
などなど「これまで無かった異変」が起きた様な事を書いてある。

「すぐに病院に行ってください。」という多くのコメントが並んでいる。
PPU_asufarutodebakusuineko_TP_V (1)

更新されなくなってから数日後、
親しい友達であろう人から
「○○さんが、救急車で運ばれました」
という書き込みがあった。

脳梗塞で入院されていたのだった。

半身まひを起こされていたが
奇跡的にリハビリで完全回復されたらしい。

今は退院され、自宅で静養後
すぐにまた色んな活動に復帰されるそうだ。

精力的に活動されており、
料理は栄養満点でバランスもよく
プロみたいにお上手だった。

脳梗塞とは無縁なイメージだった。

1人暮らしとの事だったが
普段色んな方と人間関係を築いておられ
人気のある方だったので
病院にも付き添ったり、
お手伝いをされる人もいて

こんな時に、人徳がある人は
周りから助けられるのだなあと思った。

それにしても、
奇跡的に完全回復されて良かった。


それよりもショックだった。
まだ若いのに脳梗塞なんて。

救急車で運ばれた時の状況は知らないけど
1人でいる時に自分で電話したのか
誰かが呼んだのか。

そのタイミングも奇跡だったのだろう。


そして
梗塞を起こす前の異変。

「食欲がなくなった」
「好きだったものが食べられない」
「階段から落ちた」

母も、悪性リンパ腫からの腸閉塞の前に同じ事を言っていた。

「食べたいという気が無くなった」
と言っていた。

声がだるそうな感じだった。

母は、階段からは落ちなかったが
西城秀樹さんが発作を起こす前に
階段から落ちたと言ってた気がする。

脳梗塞では無いが
志村けん氏がコロナの症状が出る前、
転倒したと言っていた気がする。

偶然なのか、何か関係があるのか。


暑さとコロナで運動不足になりつつある。

気をつけなくてはと思うが
どうしようもないなあ。




コロナ禍が、これだけ長く続くと
本当に色々ストレスが溜まって
良くないなあと思う。当たり前か。


たまには大きな声で笑わないと!と思って
何か面白い映画がないかと
アマゾンプライムで探してみた。

日本語タイトルが、いかにもふざけていて、
レビューの星が多いものを見つけた。

「お!バカんす家族」

いかにも、ふざけたタイトル。

早速観た。
下ネタが多くて
最初は,う~ん…と思っていたが、
我慢してみていたら

下品なギャグが段々下品に見えなくなってきた。

何故かというと
出演俳優が男性はカッコイイし、
女性は美人で、品があるのだ。

言葉は下品でも、シーンはさほど下品では無い。
だから、自然に笑声が出た。

舞台はアメリカ。
家族4人の車旅行。そのドタバタ珍道中の間、
素晴らしいアメリカの風景が出て来る。

「ばっかだなあ。」と言いながらゲラゲラ笑った。
N754_grandkyanionokeikoku_TP_V


洋画に出て来るキッチン、玄関、寝室、食事の風景に憧れる。

あんな家に住みたいと
ずっと夢見ていた。
「いいね、住まわせてやるよ。」
といつも軽く言う夫。
嘘を平然とつく。

子どもにも、簡単に守る気の無い約束をする。

その場だけいい格好すればいいと思ってる。

洋画にでてくるパパは
だいたいが、妻や子に愛情たっぷりで
身体を張って守ろうとし、逞しい。

映画を観て、大笑いをしたり
うっとりしたりするだけで
ストレス発散になっている。

昨日は久し振りに、笑ったなあ。

私は、一度笑いだすと止まらない。
思い出してはまた笑う癖がある。

最近、そういう機会が無かった。

笑うことは大事だな。

家に居る時間が多いと、ついコーヒーを飲み過ぎてしまう。

私はコーヒーが好きで、精神安定剤かわりに飲んでいるけど、1日3杯が限度。

飲み過ぎるとお腹が痛くなってしまう。

今、コロナでストレスが溜まっているのがわかる。ついお代わりしたくなるのをぐっと我慢。

タバコを吸う人はこんな感じなのかな。

コーヒーは我慢できるけど、タバコは依存症になる、身体には害になる、経済的に負担なのが違うな。

精神安定剤になるという点だけは似た様な感じだろう。
pretytop3PAKU4332

大きな災害が起きて、避難生活になり、停電や断水になって食事もまともにとれなくなった時、コーヒーの香りを嗅いだら、それだけで日頃いかに平和で幸せだったかを噛みしめることだろう。

避難所に、色んな人が差し入れしたり、炊き出ししてくれたりするけれど、あれは絶対嬉しい事だ。

私なら、あったかいコーヒーを1杯頂けたら、辛い事も忘れるかもしれない。

失ってわかる日常の幸せ。

そんな事を考えて居ると、まだまだ甘いなと自分に言い聞かせる。
家でコーヒーを飲み過ぎる心配なんて贅沢だ。とんでもない我儘だ。

さて、仕事に戻ろう。昼には少し歩こう。誰もいない道を。

昨日、ゆっくり散歩したら、太ももの痛みも軽く、歩けた。歩き方を変えてみたのが良かった。

モデル歩きが良いと聞いたが、できる訳もなく、でも何となく意識して歩くと確かに痛くなく、楽だった。でも、恥かしい。”何を気取ってんの、あのおばさん”と笑われそうだ。


志村けんさん、心配です。人工心肺装置を使っているなら重症なのだろうか。

元気になって、また笑わせてほしい。動物達も待っているだろう。皆が待ってます。

オリンピックが延期と決まった途端、予想通り東京都が動き出した。急に言葉が強くなったぞ。

それにしても、国のコロナの対策のひどさにはストレスが溜まる。
牛肉の商品券?旅行のクーポン券?あほちゃうか。お金だしなさいよ。早く困った人を助けなさいよ。とおばさんは怒っている。

PAK88_coffee

そんな中、知人からコーヒーの粉を頂いた。

オリジナルにブレンドした粉が2袋箱に入っていた。

帰宅して、さっそく一つを淹れてみた。


粉にお湯をかけたところで、ふわーっと部屋一面にとても良い香りが漂う。

いつも飲むドリップコーヒーとは全く違う別物と言う感じ。

ストロベリーのフレーバーと、2種の豆のブレンド。

私の好きそうな優しい柔らかい味と香りにしてくれたそうだ。

コーヒーというより、お茶と言った感じで、飲み込んだ後にワインの様な香りが口から鼻にぬけていく。

自分では、経済的になかなかこんな凝ったコーヒーは飲めないので、このプレゼントは嬉しかった。

私の為だけのオリジナルな味と香り。

なんて贅沢な贈り物。こんな歳になって私の為に誰かが何かをしてくれたという事に最高の幸せを感じる。

これで、しばらくはストレスから解放されそうだ。


映画「新聞記者」が、日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、を受賞した。

色んな圧力に不安を感じ、出演を断った俳優も多かったと聞く。
上映会場も限られ、思い切った宣伝もできず、それでも客が多くて評判も良かった。

映画というのは、こういう社会問題を扱う事で、世の中に何かを訴える事ができるからこそ面白いのだと思う。「翔んで埼玉」も良かったけど…「記憶にございません」も…面白かったけど、やっぱり命がけで作ったであろう作品の凄みが、評価されたのは嬉しかった。

忖度無しの映画界に感動し、テレビに向かって拍手した。

それにしても、こんな映画をいくつもの困難を乗り越えながら創らざるを得ない世の中が悲しい。未だに。

でも、昨日は久しぶりに光が見えた気がした。

すぐに知人らからラインやメールが届き、一緒に喜んだ。
C824_akaboxhana

そこまでは良かったが、残念なことに、パソコンの調子が悪くなり使えなくなった。

とりあえず、子どもに借りている。

スマホは長い文章を打つのに慣れていない。肩がこる。

困ったなあ。修理するにも買い替えるにもまた出費だ。エアコンもそろそろ壊れそうだし、ガスコンロもかなり古くて、一つは火がつかなくなった。はあ。

とりあえず、パソコンは色々やってみよう。どうにか使える様になればよいけど。

A君のお宅みたいに、「壊れる時はいっぺんに壊れる家電、その時に買い替えられる収入さえあればいい。(あるから満足よ)」と言ってみたい。私も夫に(T_T)。



腰が痛い。

原因は冷えと姿勢。

先日から手芸をやり始め、久し振りに夢中になってしまった。

夕飯も準備せず、食べず、深夜まで夢中になるという癖がでた。

独身の時はそれで良かったが、結婚した後はそういう訳にはいかず、誰でもそうだと思う。

何年か前に、手編みを少しやったがその時も少しずつ、途中手を止めながらやっていた。

手芸はその時以来かな。今回は、慌てて食事を食べさせる小さい子どももいないし、食べ盛りの子どもに夕食を作る事も無い。
「もう大人なんだから勝手に作って食べて」と今なら言えるし言っている。

作りだしたら面白くなってきて、早く仕上げたいと思えてきて、深夜まで縫い続けた。
コロナのせいで、楽しみだったお出かけ予定をキャンセルした分、この作業で発散する事になった訳だ。

ミシンが調子悪く、時間はかかるが手縫いだ。

手縫いの方が、細かい部分がミリ単位で調整できる。

ついでにマスクももう1枚縫った。
ELL19613024

大まかで雑で、酷い仕上がりだが、昨夜、アニメのキャラクターのぬいぐるみが出来あがった。

子どもの評価は、けなされると思いきや、意外にまあまあ良かった。
自分も私に聞きながら作りたいと言っているが、教えられるほどの物じゃない。立体裁断で、テキトーに縫ったから。

いくつになっても、好きなものは親子して子どもから変わらないものだな。

下手なりに、また何か作りたくなった。

そうそう、ぬいぐるみの大きさは、身長が50センチ。アニメを見ながらなるべく忠実に作った。

材料費は0円。

家にあった端切れが、全てちょうど色があっていてラッキーだった。

詰める綿は、使っていない枕の中身でばっちり。

着なくなった服を捨てる時、綺麗な部分を切り取って捨てる時がある。こういう時に使える様に。

着れなくなった黒のベロアのスカートなら、髪の部分や服の一部に使えたりする。

ほとんど、そういう布が役に立った。

腰が痛いのは、この作業のせいだろうけど、今日は身体を動かして、ちゃんと夕飯作って食べようと思う。






私のささやかな楽しみは、朝のコーヒー。

と言っても、3杯以上飲むとお腹を壊す。

好きなのに身体が抵抗する。

だから一日2杯だけ、大事に味わいながらコーヒーを飲む。

過去には、豆から挽いて飲んでみたり、コーヒーメーカーも何台も買い換えた。

結局今は、ドリップコーヒーに落ち着いた。

好みの味と香りで、身体に合うのは「モカ」。

お湯を注ぐだけで簡単に、安く好きなコーヒーを飲める幸せ。

coffee20160715365204

マニアに近いコーヒー好きな方には、味のわからぬど素人と思われるかもしれないが、コーヒーは、その人の体質も関係するし、奥が深いと思う。

お湯を注いだ時の香りは、精神安定剤になる。

胃腸の調子が悪い時に飲めないのは辛い。むしろコーヒーで胃腸の調子が悪くなる時もある。

これは、コーヒーに含まれる成分に原因があるそうだ。

数年前までは砂糖とミルクを入れていたが、今はブラックしか飲まない。

ブラックに慣れてくると、甘味、苦味、旨みなど美味しさがわかる。以前は苦いだけで飲めなかったのに、今では、ブラックほど美味しく感じる事は無い。


大人になったのかな?この歳でやっと?(笑)



↑このページのトップヘ