りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 実家のこと


歳の離れた高齢の従姉から
先日、暑中見舞いの葉書が届いた。


年齢だけはずっと上だけど
いつまでも若々しく、活動的なイメージの人。

何かある度にすぐ手紙をくれる。

母の姉の娘にあたる人だが
親族は亡くなった人が多く
今では、この従姉とうちの実家だけが
地元では健在で連絡を取り合う仲。

従姉とは言っても、
年齢がずっと上で、親とあまりかわらないし
遠く離れていたので
付き合いはほとんど無かった。

人懐こい性格の人なので
それでも私にも優しく葉書や手紙をくれるのだ。

私も手紙を書くのは好きなので
嬉しくなり、すぐ返事をだしている。

従姉は子どもも自立し
夫婦二人暮らしが長い。

旦那さんは時間に細かく、こだわりが強く
「全く融通がきかない人で疲れる」と
従姉はいつも母に愚痴っているらしい。

最近は、旦那さんの耳が
ほとんど聴こえなくなり
どこにいくにも、従姉が運転して付き添っているそうだ。

高齢だから、運転は怖くてしたくないけど
地方の不便な場所なので
車が無いととても不便なのだそう。

「近所で葬式ばかり連続して参っている。
自分も持病が悪化して入院していた。」
と最近母に話していたらしい。

自分の事も大変なのに
交通の不便な土地で耳の不自由な、
融通のきかない旦那さんを支えている。

母の言い方では、
夫婦仲が悪くなっているのかなあと
思っていた。

C824_ohanatotegami_TP_V

暑中見舞いの返事を出したら、またすぐ葉書が届いた。

そこには
連名で句が書いてあった。

「難聴を嘆くな 足も手も動く」
「通院に耳の代わりと付き添って」

旦那さんの耳の代わりになって
付き添う従妹の夫婦愛を感じた。
母から聞いた話とは違う。

何だかんだと愚痴っていても
ここまで連れ添えば
諦めというより、腰が据わるのかなと
家族愛が深まるのかなあと思った。

うちの両親は、
長生きはしているが
認知症もでてきて
おかしくなっている。

歳をとるほど
険悪になってきている両親を見ていると
身体は長生きしても
性格が歪んできたり
人と喧嘩しながら過ごすなら
こんな老後は嫌だなあと思う。




弟から父の背中の手術跡の写真が送られてきた。

思ったより、汚いというかショッキングな感じ。


母の足の手術も腸の切除手術も
大掛かりだったのに
傷跡はわからないほど綺麗で
回復も早かった。

皮膚のできものの切除の方が
表面をえぐるので
跡が大きくなるのは当然なのかも。

ひらがなの「し」の形に、
縫った跡がギザギザとある。
「し」の形も綺麗じゃなく適当な感じ。
まだ縫った部分がくっついておらず
じくじくしそうな感じ。
心配しすぎかな。

夏なので、汗をかいたりして
化膿しやすくないだろうか。
暫くは通院するだろうから
大丈夫と思うことにする。

近くで目の前で見て話せたら、
余計な事は考えないのだろうが
離れていると色々聞きたくなってくる。

SAYAKA1017017_TP_V

弟も、最近老化してきたのか?
話が通じにくい時がある。

弟は、最近スマホに機種変更したばかりで
全く慣れず、ラインがなかなかできない。

あれこれ教えても面倒臭がる。
これも、近くにいれば
即解決できるのに。

のんびり、マイペース、頭の固いところもある弟だから
ちゃんと話を聞いてほしくなる時もある。

弟と言っても、世間ではおじさんだ。

親より先に倒れないでほしい。

奥さんと娘に苦労しているのを
誰にも愚痴らず、1人で心の中に押し込んでいる。

もしかしたら、私とやりとりするだけでも
弟の気晴らしになっているのかもと
感じる時もある。

コロナの今、私が動けないので
弟には身体に気を付けていてほしい。


久し振りに母から電話がきた。

弟から様子を聞いていたので
話の内容は予想通り。

声のトーンは低くて力が無い。

コロナのせいもあるが
鬱気味になるのは仕方ない。

体力が落ちて来て
かつての様に人とお喋りしたり、楽しい事も無いからだろう。
自分で散歩をしたり、
動く努力はしている様子。

父の手術の話になったが
やはり、病気になった事を責めている。

私の言う通りにしないからこうなった、と言う。

そうなのだ、自分の思い通りに人を動かす事を
当然と思っている。

私はそれは違うとたしなめて、同調はしない。
HOTEL86_washitunoocya20150124135505_TP_V

父が今後介護認定を受けられたら
介護サービスを受けられるだろうから
(これまでは、母だけではサービス受けられなかった)
掃除や買い物を頼めるねという話をした。

時間が短いかもしれないから
ヘルパーさんもバタバタかもしれないけど
掃除だけでも助かると思うよ、と勧めた。

弟夫婦がいっさい、やらないので
その辺の事情が、担当者にわかってしまうだろうけど
仕方ない。恥をかけばいい。

というか、そういう家庭は結構多いらしい。

今日は、布団を干したら暑くて気分が悪くなりそうだったと
言っていた。

そういう事も危険に思う。

でも、主婦は、やりたくなるんだよね。

そんな事も、できなくなったと思いたくないし。

母のやる気は理解できる。

でも、そういう事をした後、
いつも具合が悪いと言い出す母。

かといって
他に誰もしてくれない。

母が弟に頼めばやるだろうが
いつも家に居る訳じゃないし、
気を使っている。

週に一回でもいいから
掃除とか、布団干しとか
何かしてほしい事はない?と言って
手伝う人がいれば、
全然違うだろう。

私が近所に住んでいたら
今頃、命令口調で
毎日、家事をやりにこいと母から呼び出された事だろう。

弟夫婦は、全て私に押し付けて
夫婦で娘の所に行ったり
長期旅行に行っていた事だろう。

弟に文句を言う私を母が必死で止めて
彼等だけは特別扱いで
私はヘルパーかわりに使われていたと思う。


だから、県外に居て、良かったと思う。

コロナでストレスだけど
そう思うしか無い。

それにしても、父は歳相応の認知症。

頑固でおかしくなっている。

それを何度も母に言うのだが
母も頭が固くなっているので
聞いていない。

老後、配偶者と揉めながら
憎みながら最期を迎えるのは嫌だなあと
母を見ていて思う。


父の手術は約2時間半。


弟は、手術室前で父を見送り
駐車場の車の中で終わるのを待っている。

付き添い、面会は1人だけということで
常に弟1人で送迎したり
許可を得て部屋まで付き添っていたらしい。

1人と決まっていなくても
母は病気持ちだし
奥さんは全く無関心なので
弟1人が行動するのは予想していた。

コロナでこうなった今、
近くに弟がいてくれたのは
本当に助かった。
OG458A8663_TP_V

実家の近くに誰か親族がいるかと言えば
病気持ちのおひとり様の高齢者ばかり。
とても協力をお願いできるような方々ではない。

弟に何かあったら
弟の奥さんしか頼める人はいない。

おそらく手伝ってはくれないだろう。

これまで母が家事ができない時も無関心で
コロナ禍でも長期旅行に行こうとしたくらいだから。

弟が健康でいてくれる事を祈るしかない。

「ちょっとした怪我の治療程度だよ」と父の事を言うのだが
本当にそうなのだろうか。

高齢であろうが、
寿命であろうが
本人はまだまだ若い時のつもりでいるし
いつまでも生きていたいと思っている。

私たちと何も変わらない。
死ぬのは怖い。

勝手に、命の選別が行われる世の中はおかしい。

色々、怖い話が入ってくるのだが
人の寿命について
他人があれこれ決めるべきじゃない。

無事に手術は終わる事だろう。

弟へ。お疲れさま、ありがとう。


今日は父が入院する日。

弟にメールしたら
ちょうど病院にいた。

まずは、コロナの抗体検査をしてからだそうだ。
結果がでるまでの1時間、待っているところだった。

陰性を確認後
病室へ通され、説明を受けて今日は終わり。

明日が手術。

簡単な手術だし、父も旅行気分みたいで元気とのこと。

手術後、麻酔が醒めたら動いて大丈夫らしい。

とは言っても、痛みはあるだろうし
寝る時、背中が気になるだろう。

順調にいけば、数日で退院。

だから弟は、何も気にしていない様子。

それが私を安心させてくれる。
011KAI319_TP_V

高齢だから、いつ何があってもおかしくない。

これまで父に大きな病気などが無かった事が奇跡。

去年までは、行きたい時に行けた実家。

行くのをやめたらこんな事に。

まさかこんな感染症で世界中が混乱し、
自由に行けなくなるとは思いもしなかった。

母の病気が落ち着いてきた時だったのが救い。

両親に、もし今緊急な事が起こったら
私はどうすればよいのだろう。
こっちもあっちもクラスター発生してるし
危険な状況。

感染ルートをみると
ほとんどが県外に行った、県外から来た人に会った、
が多い。

移動すると感染するという感じ。

PCR検査をいつでも、誰でも、何度でも。
それができれば、
どうしても帰省しないといけなくなったら
検査をしてから出発し
帰宅前にまた検査をして
安全を確認した上で、行動できる。

私が若かった頃の日本の印象は
世界に先立ち、優れた研究者、専門家の元、
国が対策を次々と考え実行し、
国民の為に早く収束させる努力をする、
そんな国だった気がするが
いつのまにこんな最悪な国になったのだ。

政治がどれだけ自分の生活に影響があるのか
無関心だった人に今こそ、気が付いてほしい。

今の日本が当たり前だと思わないでほしい。



昨夜は何度か目が覚めて
寝てない様な気もするが
それでも夢を見た。

何となく気になる夢だった。

実家の夢は定期的に見る。
いつも自分だけが現在の年齢で
設定は子ども時代。

両親は若い。

元気で明るい雰囲気の夢だ。
子ども時代を思い出す。

でも、昨日は違った。

現在の私と現在の母が出て来た。

AME19716056_TP_V

私が帰宅すると
母が突然訪ねてくる。

夢の中にはコロナは無い。

母は、歳をとって病気なのに無理をしてやってきた。

何気ない会話をした後、すぐに帰るという母。
引きとめる事もしない私。

後から商店街を歩きながら
「ここで一緒に買い物をしてあげたら喜んだかな。」
とふと後悔する私。

すると目の前に、母の姿。
服屋さんで服をお土産に買っている。
嬉しそうに笑いながら。

その姿を遠くから見て
「ああ、やっぱり一緒に買い物したかったんだろうなあ」と思う私。

帰りの新幹線の場面になる。

せっかく無理して1人で来た母に対して、
そっけなくしたので、見送りには行こうと決め、
急いで駅に走る私。

母が乗ったあたりの座席の近くまでホームを走る。

新幹線が動き出した。

良く中が見えないが、とにかく手を振る。
一生懸命の笑顔で手を振った。

きっと母は、中から私の姿を見ているだろう。

そして私の笑顔を見て安心しただろうなと。

口には出さないが、
私の事が気になって心配でたまらず
1人で来てしまった母を感じた。

とても、悲しい夢だった。

これは、コロナのせいで
身動き取れない私も親も同じストレスを抱えているが
いつお別れになるかわからない両親がいるという
私の不安も表れているのかもしれない。

そして、我が子達の事も
心配する母としての自分の心境も。


弟からメールがきた。

文面が明るいので救われる。

父の手術前の検査に行ったそうだ。

予定通り、3日から入院。


術後はおそらく傷跡の処置が大変なのではなかろうか。


3日ほどで退院できるそうだが
大丈夫だろうか。

母が世話することになる。

相変わらず、父の文句を言っているらしい。

父は、歳相応の認知症もあって
頑固になり、怒りっぽい。

母も言い返すのですぐに喧嘩。

若い時は、何を言われても黙って我慢していた母が
今さら反抗しても手遅れだ。


父がもっと若い時に抵抗すれば良かったのに。

こんな高齢になってから
反抗しても、もめるだけ。

これまでは私に電話で愚痴っていたが
今はめったに電話をしてこなくなって
弟に愚痴る様になった様だ。

AMEMAN1222036_TP_V

コロナのせいで
私は身動きがとれない。

子供達の仕事も心配になる。

出張とか、人に会わなきゃいけない事もあるだろう。
どこでいつ感染してもおかしくない。
他人事ではない。

とにかく早く治まってほしい。

以前の様に、国全体が自粛ムードならまだ安心だが
Go To などをやるし、
緊急事態宣言も無し、
東京アラートも無い、

ただ気をつけろと言うだけでは
若い人達は、自由に出かけて、食事会もするだろう。

きっちり補償して、皆で自粛して
誰でも検査できるようにして
もっと皆で早く収束させようという
ムードができれば希望ももてるのに。


今度は Go To  Eat  とか言い出した。

旅行にいけだの、食事に行けだの

国は、ウイルスの蔓延キャンペーンをしているのか。

離島にまで広がり、
県外からの移動で持ち込まれたパターンが多い。

無症状の感染者がそこら中にいると思った方が良さそうだ。

都会の満員電車は恐怖だ。

来週は、色々、気の重い週になりそう。







父の手術が来月初めにある。

出来物の大きさよりも広く深く切除するらしい。
癌なので、そうなるのだろう。

背中なので、
寝る時はどうすのだろう。

しばらくは痛いだろうな。

順調に回復してくれたら良いが、
年齢が超高齢者だけに、免疫力も弱いし心配だ。

これをきっかけに、寝たきりになる可能性もある。

歳相応の認知はあるが、
身体は本人が意識して良く動いているので
杖も使わずにいる。

でも、この傷が完全に治癒するまで
安静にするとなると
一機に体力も衰え、認知も進みそうだ。
今でさえ、世話をしたがらない弟夫婦はどうするのだろう。

父がこうなったので、
両親が介護認定されたら
介護サービス受けられる様になるので
少しは助かるよと勧めている。

これまで、母の病気にばかり意識がいっていた。

父も、急な高熱で救急車のお世話になったりしたが
その度、母は父を責め、文句を言うだけで
父を大切にする意識を周りから奪っていた。

弟夫婦も、元来冷たく、
何回かの母の入院中、
父の世話はいっさいやろうとしなかった。

だから、私が何回か父の世話に帰省した。


ELFA711011_TP_V

手術の日だけでも、帰省したい。

母の世話じゃなく、父に顔をみせて
声をかけたい。家の中では孤独な父。

でも、コロナで行けない。

親の手術という理由なら
帰省する理由になるかもしれない。

でも、もし自分が帰省の途中に感染したら?
無症状で誰かにうつしてしまったら?

高齢の親に感染させたら?
母なんて血液の病気だから命取りだ。

大騒ぎになるだろうし
近所の噂も怖いし、
ただ迷惑をかけてしまうだけの話だ。

一生後悔するだろう。

その覚悟で行けるか?

都市圏と地方を移動した人の感染が増えている。

地元の人が「何で県外に行ったんだ(帰省したんだ)コロナを持ち込むな」
と怒るのは理解できる。

自分だけは大丈夫、気を付ければいいと
思うのは間違いで、常に最悪の事を予想して行動する位がいい。

緊急の大事な用事の場合は仕方がないが。
理由なんて関係なくコロナは感染する。

私には、まだそんな勇気も覚悟もない。

離れた土地で、ただ親の回復を祈るしかない。




弟からメールがきた。

父の背中のできものは皮膚がんだった。

でも、切除すれば大丈夫とのこと。
心配いらないものらしい。

皮膚がんにも悪質なものもあるが
父のは取り除けば治るものらしい。

背中は見えないし、
痛みが無いと何かできていてもつい放置しがちだ。

長く放置していたらしく
お風呂あがりにそこから血がでていて
母が気が付いた。

病院に行く事を勧め、やっと先日行ってわかった。


手術は来月の初め、2~3日入院するとのこと。

コロナの影響で、見舞いも断られるので
家族も毎日通うことはしなくてよいらしい。

だから弟は、楽だ、何の心配もしてないよ。と明るい。

母の病気と重ならなくて良かった。

JYUN923_22_TP_V

私も、父に会いに行きたかったが
コロナが怖いから来ない方がいいと
弟からも止められた。

弟は、病院についていくだけで
他は何もしないから、何も大変じゃないよと言う。


それでも、母の事もあるので
弟がいてくれて良かったと思う。

父の入院が短期間で、
他は元気らしいので良かった。

母は、ぶつぶつ文句を言いたいところだろう。

私に電話したくてもできずにイライラしているかも。

歳をとると
長い間の刺激などで
ほくろや出来物ができやすい。

弟もあちこちにできものができたので
皮膚科で診て貰ったらしいが
小さいものは気にしなくていいと言われたそう。

私も、瞼と足の指の小さい腺維腫、
舌のできものを切除したことはあるが
最近は背中にできたほくろが気になる。
全て刺激が原因のもの。

とにかく父の手術が無事に終わるまで
母に急変とか体調不良がでませんように。

すぐに駆けつけられない今の状況は
早く収束してほしい。

Go to とか今はやめてほしい。


親の認知症が進み、
頑固になったり、思い通りにならなかったりで
介護している側はついイライラして
怒鳴ったり、喧嘩になるのは、介護あるある話。

でも、後で後悔するから
怒りは抑えて我慢して
親の気持ちを受け入れてあげましょうと言われるのは理解できる。

自分も、後悔するかなと思っていたから
母はまだ認知はないし、
介護もしていないけど
母の事は我慢してきた。

今では、母が先が長くないというのに
我慢できなくなってきた自分がいる。

PPH_kuri-muderaito_TP_V

「このまま母とお別れになっても後悔しないか」
と自分に問いかけてみる。

今はまだ後悔しない気がするが、どうだろう、
いざとなったら後悔するのだろうか。

母は、口癖のように
「私はいつ何があるかわからないのよ」と言う。
だからどうしろと言うのだろう。
「先が短いから、もっと自分を大事にしろ、いう事を聞け」
と言いたいのだろうか。

世の中、何があるかわからないのは
誰だって同じ。年齢は関係ない。

そんな母を
これまで長い間我慢して受け入れて
今、我慢の限界にきてるのに
最期まで仲良しでいる必要があるのだろうか。

コロナでこのまま会えず、お別れになる
かもしれない。

父とこのまま会えないのは嫌だと思う。

父の事を思いやったり、
思い出を懐かしんだり、そんな事を
思いつかなくなるほど
母は父を悪人のように言い続ける。

自分だけを心配して自分だけを大事にするように
仕向けている。

母と話す時間が減ってきて
父の事を思う時間が増えた。

それだけでも私にとっては
母から離れたことは
良かったと言える。



↑このページのトップヘ