りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ:つぶやき > 実家のこと


気が滅入る時間がまだある。
でも、母が入院中の時よりは心は重くない。

アレクサで好きな音楽を聞いたり
ネットフリックスで映画をみたり
あえて遠くの店に買い物に行ったりして
気を紛らす日々。

原因は、やはり父との確執だと思う。
葬儀のあと、きちんと手伝いをして
実家を掃除、片付けて今後の法事の予定なども話して、
父の世話に、定期的に通う約束をして
納得して帰宅していたら、
今頃心はすっきりしていただろう。

父にまだ会いたくない。

先日父と弟に送った自作の”母の思い出DVD”を見て
父は泣いたそうだ。 
少しでも、まだ人間らしさと母への想いが残っていた事に安堵する。

今頃、父は少しづつ
自分の考えの甘さに気が付いているのではないか。

前にも書いたが、葬儀の日に
「1人暮らしは大丈夫、気楽にすごせるからいい。
食事の世話をしようなんて迷惑だ。邪魔だ。出ていけ。」
と言った老害父だったが、

今までは”母が必ず元気になって帰っていた”事を忘れている。
母は、退院した後、どんなに体調が悪くても、
1人暮らしで栄養不足になってた父の為に食事を作ってきたので、
父はすぐに回復し、元気だった。
しかも、母に暴言を吐き、ストレス発散していたし、
それが当たり前になっていて、
自分は1人でもちゃんと元気にやっていけると思い込んだ。

永遠の1人暮らしの経験はしていないのに。

もう母は帰らない。
もう父の為に食事を作らない。
父の栄養状態は回復しない。それをわかっていない。

だから、これからは、私が
定期的に通うつもりだった。

そろそろ、体力、気力の限界がきているのではないか。
PP_kabocya_TP_V4


自分の事はできると言い、確かに
洗濯やゴミ捨てはちゃんとしていた。
食事は人に作ってもらいたくない、自分の好きにしたいと
怒鳴っていたが、今は、ご飯を作る気力も無いのではないか。

そろそろ、貧血状態になっているかも。

弟は、惣菜やパンなどを時々、持って行っているらしい。

私のように、3食きちんと作って食べさせようなんてことは
最初からしないし、迷惑だ事件以来、益々、嫌う様になった。

父の自業自得である。

施設に入るのは、母の法事が色々終わるまでは無理だろう。

その前に倒れそうな気がする。

弟に、高齢者むけのお弁当配達屋さんを探して父に申し込ませてはどうかと
話したが、こういう事をやりたがらないのが弟だ。

反対なら、毎食世話したらどう?
あなたは私と違ってあてにされているのよ。
と言いたくなった。

すぐ近くに息子夫婦がいるのに、
毎日時間を持て余しているのに
実家は掃除もされておらず(おそらく私が帰った日から)
そんな環境で、栄養失調で父が倒れても平気なのかと思ってしまう。
弟のすることには、父は迷惑どころか有り難いというだろう。
したくてもできない私とは立場が違う。
私と父の件で
お嫁さんが何もしないことを弟はうまく誤魔化せたつもりだろう。
もう、どうでもいいけど。

一生懸命心配している血のつながった子が嫌われ、
心配もしない冷たい人の方が、しかも同じ女性なのに差別されず、
大事にされるとは馬鹿らしくて考えたくも無い。

母が一番心配していたことが
あまりに早く起こりつつある。

まあ、私は離れていることだし
どうしようもないので
考えない様にしよう。








母は「もしかしたら、2度と食べられなくなるんじゃないか、
そうなったらそうな私はもう終わりよね」
と言い出した。


これまでは、入院生活は楽しいものだと思っていた母。
家事からも解放されるし
治療を受ければ、気分も良くなり
また元の生活に戻れた。
今回もそうなるだろうと思っていた。

コロナの影響で、誰にも会えず、
再発した場所が悪く、食事は禁止。
壁を見つめるだけの辛い状況になった訳だ。
日が経つにつれ、現実が見えて来たのだろうか。

両手に点滴、自由に手も動かせない。
日記を書くと、点滴の針が動き、ピーっと
警告音がなるらしい。

何もすることもなく
時間がただ過ぎていくだけ。

テレビはつけているが
音は消していて字幕で観ている。

コロナの悪いニュースを見ていると
気が滅入るので見る気も失せるとか。

病気が病気なので
そもそも、楽しい入院生活のはずがない。
MITTE0208003_TP_V

白血病の患者さんもいる訳だし
他の人は具合が悪くてそれどころじゃないだろう。

退屈だと言っている間は、母は余裕があるということ。

本人は、身体の老化、脳の老化を心配している。
毎日寝ているだけの生活は、一気に認知症が進んだり
足腰が弱ってしまう。
だからとにかく誰かと話したいと
弟と私に電話をかけてくるのだ。

その不満を言う元気があるうちは安心だ。

「私はここから出られないのでは」
「薬が効かなかったらどうなるのか」
と質問された。

心の準備をしていた私は
自宅には帰らない方がいいと強調した。


県外から帰省した人で、コロナ発症している人がいる。

帰省するにあたり 、神経を使ってきたと思うが
それでもどこかで感染してしまうわけだ。
もしかして、変異したコロナは
日本全国にすでに蔓延しているのではと思えてしまう。

何の為に帰省したかわからなくなる。
年末に、地元で隔離されることになり
正月どころじゃなくなる。
高齢の親に感染させてしまう事も
心配な事だろう。

もし、家族の反対を押し切って帰省した人で
高齢の親や親族に感染させてしまったとしたら
親子間はそうではないとしても
兄弟間や親族との関係が気まずくなったりするのだろうか。

以前、弟の奥さんが
コロナ感染者の多い都市部に
旅行に行こうとした。
それも1カ月。あちこち遊んで回ると言って。

私に内緒で、弟が旅行に賛成していたのを
不安になった母から聞き、
私は弟に
「血液の癌の親がいるのよ。
親が感染したら、命を落とすのは間違いないのよ。
そんな事になったら、奥さんを止めないあなたとも縁を切る。
そのつもりでいて。」
ときっぱり言った。
当時、弟は考えが甘く、普段マスクもしていなかった。

母も「息子夫婦に嫌われるより死んだほうがまし」
と言って、強くひきとめなかった。

もし、私が何も知らないうちに
弟嫁が旅行に行き、
帰宅後、周りに感染させたらどうなるか。
弟から親へ感染し、全員コロナになったかもしれない。

残る私に全ての負担がかかり
親にもしもの事があっても
看取ることもできないという問題もでてくる。

gunma-IMG_7939_TP_V

人の行動を止める権利は私にはないが
どうしてもというなら、想像力をもって
帰宅後は、ホテルで自粛してから自宅に戻るとか
検査を受けて陰性確認してから帰るとか
それ位の配慮は考えるなら
何も言わない。
病気の親がいるから引き留めているのに
理解してもらえない。

普段でさえ、
人に冷たく、自分の気分優先。
弱者に全く手を差し伸べない奥さん。
義親の事なんて頭に無いのがわかる。
自分の親じゃないから?
いやいや、人としてどうよ。

仮に自分が感染させても
おそらく責任を認めない、
後悔もしない人だと思う。
これまでの言動を見ていると。

でなきゃ「不要不急の外出は控えて」
「ステイホーム」と言われていたあの時期、
長期に都市圏に遊びに行きたいと思うだろうか。

弟は、私が何を言っても、奥さんを行かせると言った。

行くのをやめたのは、出発の数時間前。

やめた理由は、私に引き留められたからではないと、
ニュースで芸能人が亡くなったのを聞いたからだ。
とわざわざ、弟が言って来た。

ニュースを見てなければ、行かせたよと。

鈍さというか無神経さは相変わらず。

その後、弟夫婦に対する私の気持ちを伝えた。

今年は、はっきり弟に
言いたい事を言えたのは良かった。

これまでは、間に母が入って
私と弟と話をしないように邪魔をしてきたから。

コロナは色んな問題点を明らかにする。

人の本性が見えて来る。

政治も同じ。








同じくゴミを送ってくる夫とは違い、
弟には悪意はなく
ただ無神経で世間知らずなだけと思う。

被災地に自分の家で捨てきれない古着を大量に
送りつける行動と似ているかもしれない。

自分は、善意のつもりであっても
相手にとっては失礼で、不快な思いをした上に
そんな相手に感謝し、下手にでないといけないという
苦痛を味合せることになる。
自分が体験しなければ
相手の気持ちが理解できないこともある。

弟も奥さんも似た者同士だから
どっちかが「これは失礼だね」と
咎めることもなかったのだろう。

そういう私も、
若かった時、似た様な事をしていた。
本当に恥ずかしいと思う行動をしてきた。
よかれと思ってやったことが
相手には迷惑だっただろうと思う。

母から何度か注意され、気が付いた、
その点は母に感謝する。
でも、そんな忠告を弟にはしてこなかった母。
結果、弟の為にはなっていない。

親が教えなくても、
こんな歳になるまでには
常識はついていくものだろうが
弟夫婦に関しては、学んでこなかった様だ。

結局、ほとんどの服は処分することに。
一部は私がクリーニングして
フリーマーケットにだすことにする。
ELL96_dryflowerrese131310_TP_V

弟夫婦のかわりに
ゴミの処分とクリーニングをする私。

弟が独身なら、素直に話したが
奥さんがいるので
板挟みになるのはわかっている。
それに、もう中年のおじさんに
今更、何を言ったって無駄。

母は「気にせず、捨てなさい」と言って来た。

私にあれこれ言うんじゃなく、
弟が持ち込んだ時に、送るのをやめればいい話だ。
弟に何も言えず、ご機嫌を伺って
私が気分を害するのをわかってて
後からこっそり私にうまく処理させればいいと思ったのだろう。

でも、これが、
「せっかく送ったんだから、
ありがたく貰いなさいよ。
(弟夫婦に)お礼を何か送りなさいよ」
と言って来なかっただけでもましだったかも。

ああ、馬鹿らしい。



実家から段ボール2箱が届いた。

以前、私が実家に置いて来た服を何かのついでの時に
送ってほしいと言っていたので
母が送ってくれたのだ。

が、2箱も?
私は、セーター2枚だけしか頼んでいないのに。

箱から中身を出すと
凄い量の古着が出て来た。
あっという間に部屋が服だらけに。

母に聞くと
弟が、自分ちの古着も一緒に送ってくれと
家から山ほどの古着を持ち込んだらしい。

小さな箱1個で送るはずが
大きな段ボール2個になり
送料は母持ち。

母は、私のセーターは、きちんと洗ってアイロンかけて
袋に入れてくれていた。
自分でもそうするだろう。

が、弟が送った服は
おそらく洗っていない?物もあり
畳むどころか、くしゃくしゃで
シミ、汚れ、毛玉あり、犬の毛があちこちについている。

せめて、洗ってアイロンをかけるか
お金に困っていないのだし
クリーニングにだしてからじゃないかと思うのだが。

捨てる予定の服を
洗わずごみ袋に押し込み、
そのまま物置に何年も置いていた物、
つまりゴミを
そのまま送ってきたのかもしれない。
弟夫婦ならやりかねない。

非常識だよ、
私だから?まさか、他人にもこんな失礼なことを
していないだろうな?
と心配になった。

奥さんに、私にあげられる服はないか
と聞いて、集めてきたようだ。
奥さんと二人で
これをあげようとゴミの服を実家に持ち込んだのだ。

母から電話があり
「あの子が持ってきた服を身て
唖然としたわ。あまりにも失礼だと思ったけど
奥さんが渡したなら、あの子が可哀想だから
何も言わなかった。
私が全部、クリーニングにだしてから送ろうかと
思ったけど、あまりに量が多すぎて、
どっちみち、あなたは着ないだろうと思うから
やめた。気分悪いだろうと思うけど
黙って捨てていいと思う。」
と言われた。

そこは母の方が常識的。

でも、弟に何も言えないのはダメだろう。

NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

奥さんが着古して、捨てる予定の服を
汚れたまま姉に送るかなあ。

奥さんは、きっとうちの実家をそういう家庭なんだと
誤解しているのかも。
奥さんに普段我々が馬鹿にされているのも、
弟のそういう言動が原因かもしれない。

せめて、新品同様で、似合いそうだから?
と言える物ならわかるけど。

いくら高そうなブランド品であっても
ボロボロで、しわくちゃで
色も褪せていて
私に似合いそうもないデザインの物は送らないだろう。

私が、貧乏だからと同情してなのか。
貧乏人は、何をあげても喜ぶと思っているのだろうか。

弟夫婦は、そういう無神経な言動をたまにする。


同情から、送ってきたのか、
どこかで馬鹿にしているのか
ただの勿体ない精神なのか(だったらもっと物を大事にしろよだ)

買物好きな弟の家は、物であふれかえっている。

玄関には靴が散乱し、手入れもしていない。
どれも、高い物なのに、大事に扱っていない。

結婚前は、弟は貧乏性だったが
生活が楽になり、奥さんの影響もあり、
だんだん変わって来た気がする。

自分ちではゴミだけど、
貧乏な姉にあげれば喜ぶだろうと
思っているのかもしれない。


眼鏡のレンズに傷がついてしまった。
目の前が曇って気になるし
目が疲れる。

フレームが気に入っていたのに
また買い直しだ。

レンズの状態はよくても
フレームが歪んで、痛くなったり
色があせたり、

そんな事の繰り返しで、2年毎に作り直す。

安い眼鏡を作っても
近眼の度が強いので
レンズを薄くする加工料で
値段が上がる。

視力が弱いのも不経済だ。

長年のコンタクトレンズ使用をやめたのは
いつでも昼寝をしたいからという理由が大きい。
それと過敏症なのか
目が痛くなる。

眼鏡も長年使っているがいまだに慣れない。

近眼になったのは
中学卒業前。

夜勉強する時、机に置いた蛍光灯が暗く、
チラチラして目が疲れた。
その蛍光灯を消し、
部屋のライトをつけたら
父が入ってきて、
「部屋のライトをつけるな。
机の蛍光灯だけを使いなさい。電気代が無駄だ」と
怒った。
チラチラして目が疲れる毎日。

電球をかえてほしいと言えば良かったが、
おそらく「完全につかなくなるまで使え」
と言われそうだったし
いつも母が「父には何も文句を言うな。」
と脅していたので
何も言えなかった。

母に言ったところで
父の言う通りにしろと言うだけ。

気が付けば、その後どんどん視力が落ちた。
実家では、私だけがひどい近眼になった。

父も母も、考えがずれていた。

教育が大事と言って、
習い事を強制するのだが、
肝心の習い事の為の道具を買ってくれない。

先生が買うように母に話すのだが
母は、父に言わず、放置していた。

私は、先生と親との板挟みで
習い事に行くたび
「あなたは何の為にここにきてるの。
意味ないよ」と言われ
親からは
「もっと上達しろ」と言われた。
さぼることが多くなり
結局途中でやめることになる。

親は、私が期待に応えない根性の無い子だと思っていた。
goriselectPAKU2889_TP_V

最近そういう嫌な思い出ばかり
浮かんでくる。
もし、我が子が私の事をそんな風に思っていたら
親としては辛い。
だから親の気持ちを思えば
いつまでも、昔の事を
愚痴っても仕方がない。

それでも、自分の生き方や性格に
家庭環境が影響していると思うので
分析したくなる。

おそらくうちの実家は
近所や親族からは
子育ての仕方が、
変わっていると言われていたと思う。

母が、私より視力の良い人を
「あの人、視力○○だって。ほとんど見えてないじゃない。
ひどい目をしてるよね」
と馬鹿にしていた。

「私は、その人より
もっとひどいわよ、視力○○よ」
と言ったら、ひきつった顔をして
そんなに悪いとは
知らなかったと驚いていた。
そうやって母が自分の無知を棚に上げ、
人を馬鹿にしたり
差別する事も嫌だった。

反面教師として
私は自分がされて嫌だったことは
我が子にはしないと決めていた。

でも、その足を引っ張ったのは
親にされて嫌だったことを
我が子に仕返しした夫である。

こんな人と結婚した自分の失敗が
本当に悔しい。


最近、弟からよくラインがくる。

半分は実家の愚痴みたいなもの。
(たまには奥さんの愚痴をききたいが(笑))
コロナや母との(私の勝手な)確執もあり
私が帰省しないからか?

それでも、言葉使いは優しく
まあ、いいやと最後は落ち着いて終わる。

私は、実家に帰ると
寝る部屋もなく、1人になれず、
つきまとってくる母から逃げられない。

弟は、面倒な事からは逃げて
さっさと自宅に帰る。


最近、父が(父の実家の)お風呂場に暖房がほしいと
言っているとのこと。

空き家で古くて、ボロボロでとても住めない家なのに
認知症のせいなのか
異常に執着している父。

いつ倒壊するかわからない家に
誰も住んでいないのに
相続してから、あれこれとお金をかけ始めている。

そんな事をするなら今住んでいる家を
補修するのが先。
母はそれも気に入らず、イライラ。


tomcatDSC05027_TP_V


弟は家にある電気ストーブを
持っていく様に勧めているらしい。

父は、空き家にエアコンをつけると言いそうで
また無駄なお金を使わせたくないと
弟も必死だ。


母がこれまでなら
こんな話を私に何時間も愚痴ってくるはずだった。
私の貴重な時間を全部母に潰されていた。

今では、それが無くなり
気分が良い。

母は、弟に愚痴っても、
さっさと逃げられる。

両親が長生きなのは良かったが
丸く、優しく、良い感じに老いて欲しかったなあ。

自分は嫌な年寄りにならないよう、気を付けよう。



昨日、弟からラインがあり
たいした用件ではなかったが
話がそれていき
実家の思い出話になった。


色々、こうだったね、ああだったねと
話題が広がって行った。

そこで意外な事を弟から言われた。

「姉ばかり優遇されて悔しかった」と。

全く思いもよらない言葉に
驚きを超えてむっとした。

とんでもない。弟の知らないところで
どんな状況だったのかを
いくつか話した。
AMEMAN17826005_TP_V

すると
「そうだったのか。現実は苦悩していたんだね。
何も知らなかった」と驚いていた。

前にも話した事はあるのに忘れていたのか、
嘘だと思っていたのか。

例えば、親が私の意志を無視して
強制的にやらせた事を
弟は、私がやりたいと我儘を言って
やらせてもらっていた。と思い込んでいた。

我儘を通していたのは弟の方。
何でも買って貰えた。
私は「女だから」と言われて
何も買って貰えず。
学校に持っていくお弁当箱、箸、傘、
そんな物も私には無駄だと言われた。

古びて壊れた様な親のお古を使わされた。
反面、弟は新品を買って貰っては
忘れたり、無くして
何個も買い直してもらっていた。

弟も、親に洗脳されて
私に向かって「女だから買う必要ないよね」
と言っていた。
「それ私に言ってたの忘れた?」と
弟に言ってやったら黙った(笑)。

本人は今も差別の自覚は無いだろう。

嫌な人間だとは思わないが
のんびり屋だし鈍いところもある。

今頃になって、こんな歳になって
誤解していた事がわかるとは。

仲良しな証拠?で、恵まれている方なのかもしれない。




続き
これまで、帰省するたび
母は、私の行動を縛ってばかりだった。

友人ともなかなか会えないし
どこかふらっと1人で外出するにも、母がついてきた。

そのくせ、ばったり母の知り合いに会うと
知らん顔をさせられる。
世間体の悪い娘だからという理由で
他人のふりをさせられた。

内緒で帰省し、ホテルに泊まろうかと思う時がある。

何で、私だけがそんなに神経もお金も使って
こそこそホテルに泊まらなきゃいけないのか。
と腹が立つ。
今では、私の寝る部屋もなく
母がいるとくつろぐ場所も時間も無い。

母が入院中は、父の世話は手もかからず
居心地が良かった。

今は、後どれ位会えるかわからないし、
母もこれまでの様には無理は言わないと思う。
私も強くなり、言いなりにはならないから。

でも、高い所の荷物を降ろせなんて、
きっと他にも次々と作業をやらせると思う。
何故、弟に頼まないのか。

私は、自分の家ですら
今はそんな事はしない。

転倒が怖いから
椅子に乗ったりしての高い所への作業はやめた。

私も若くない。
危ないのは同じ。

簡単な軽い箱をさっと取る位ならやるかもしれない。

母がやらせたいのは
重い大きな荷物類らしい。

「近所の人は、お金をだして業者に頼んでるけど
うちは、あんたにさせようと思ってるから。」と言う。
PPH_kuri-muderaito_TP_V

昨年だったか、
母が退院してすぐ、私がいるうちにやらせたいと
言って、次々と物を出しては、散かし
掃除機を5回、かけるはめになった。

弟にはいっさいさせないし、見ていても弟夫婦は
何も感じないらしい。
家事やきつい作業は、私がするものと思い込んでいる。
自分達は、別格と思い込まされているのかも。
母にずっと尽くされてきたから。

掃除している私の横で、
ゆっくりお客様で、お茶を飲んでいる。
嫁さんは、いつも座ったまま動かない。
お茶もいれない、台所に立ったことがない。
自分は、接待される側だと思っている。
単純に、うちの両親と弟が馬鹿にされているだけだ。

こんな歳になっても
まだ、差別をうけるのはもう嫌だ。

「コロナがあるから、帰る予定は無いよ」
と言って、電話を切った。

すぐに、弟にラインをし
母の希望を伝え、手伝う様に言った。

私は自分のやりたい事だけを自分の意志で行う。
そうする。

何故、もっと早くにそうしなかったのだろう。






母から電話がきた。

以前に比べれば、かかってくる回数がかなり減った。

会話は、いつもの様に母の一方通行で、
私が話す間「うんうん」と言うけれど、
何も聞いていないのがわかる。

私も数回同じ事を繰り返す事になるが、とんちんかんな返事。
年齢的に仕方ないのかもしれないが
元々そんな人で、昔から変わらない。

とにかく自分の言いたいこと、
愚痴を言いたいだけの電話。

「家事がきつい。したくない」
「(父が)いなければ楽なのに。」と言う。

「誰も、家事を手伝ってくれない」と言いたいらしい。
elly063010_TP_V

父も手術をしたし、介護認定の申請をして認定されれば
訪問介護サービスを受けられるのではないかと勧めた。

2人共、おそらく要支援、
週1~2回のわずかな時間しか
サービスは受けられないだろうが
それでも助かると思う。

週2回の訪問で、買物と掃除。
弟夫婦がその位のことは
簡単にできる事なのだが。

つまり、弟夫婦には遠慮して
言わず、頼まず、
私に家事をやりに来いと言いたいのだろう。


「高い所の不要な荷物を降ろして、片付けたい」
と言う。
「それを(私に)やらせたいから
次、帰ってきた時はそのつもりで」
と当然のように言われた。



↑このページのトップヘ