りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: つぶやき


梅雨の季節になった。

幼い頃から雨の日が好きだ。
理由は、家に堂々と居られるから。

別に外に行けと親から言われていた訳ではなく、
子どもは外で元気に遊ぶものだ、という世の中のイメージと
自分がかけ離れている気がして
元気なふり、子どもらしいふりをするのが苦痛だった。

雨の日は、お人形遊びをしたり、
チラシの裏に絵を描いたり、本を読んだりして
1人で過ごすのが好きだった。
晴れていると、友達はすぐに外で遊ぼうよと言い、
自分はそれを追っていくのが苦痛だった。

前にも書いたが、老後は眺めの良い高台の部屋に引っ越して、
1人静かに暮らすのが夢。

朝から、ベランダでお茶を飲みながら、海or街の風景を眺めたり、
夜は、お酒を飲みながらと言いたいところだが(飲めないので)
ノンアルビールでも飲みながら、夜景を楽しむ。

そんな生活ができれば最高。

引っ越しが不可能なら、
1年に1度の旅行で、そういう気分を味わえたらいい。

お金を貯めて、このささやかな楽しみを支えに?生きて行こう。

KAZ532_P9270009_TP_V

今のところ、家では相変わらずネットで映画三昧。

最近、若い頃のブラットピットの映画をみて
カッコイイ!可愛かったんだなあとほれぼれしている(笑)。
夫とのゴタゴタ、子育てで、長年映画館に行く余裕も無かったので
古い映画も、今観ると新鮮だ。

気に入った映画は、何度も観てしまう。
長年の溜まったものが一気に爆発してる感じ?

今年公開予定の映画で、楽しみなものがある。
映画館にも行きたいし。

洗濯物が乾かないし、湿度も高くて梅雨はうっとおしいけど
それでも、雨音を聞くとホッとする。

とは言え、
異常に降りすぎて災害になるほどの雨は
好きどころか恐怖でしかない。


災害はコロナだけで終わってほしい…( ;∀;)


これまで色んな土地で、職場で、年齢分、沢山の人と仲良くなったが、
いつのまにか疎遠になってしまった。

自分の引っ越しが多かったのが原因でもあるが、
残った友人は県外に多い。

いつまでも、私を友と思ってくれる貴重な人に感謝する。

人を観察するのは大好き。
自分は人が好きなんだと思う。(その割に愚痴が多い?)

初対面の時、この人どんな人かなと想像してみる。

人相って、だいたいいくつかのパターンに分かれる気がする。

私の場合に限るが、人相で判断するとだいたい性格も一致していた。

それまで自分が出会ったことの無いタイプの人の場合、
予想がつかず、興味が湧いてくる。
どんな人なのだろうと、ワクワクする。

その中で、今でも対応に戸惑う事がある。

それは、相手が何を言いたいのかわからない時、
どう反応すればいいのか戸惑うのだ。

例えば、会話をしていて突然
「私、○○(権力者)と知り合いなの!」
「私の父、東大でてるの!」
「私の夫は、医者なの!」
「私の実家、お金持ちなの!」
の様な事を言う人が何人かいた。

何の脈略もなく、突然言われる。

突然なので、「エッ?」「で?」とこっちは言葉がでないのだ。

一呼吸置いて、大きな声で言われるので
何か反応を期待されてると感じてしまう。
どう答えたら良いのか、返事に困る。

「え~!凄いわね~!」と見る目を変えて、その人との付き合い方も
かえればいいのか?それを期待されているのか?
とも思うが、それはあまりにあからさまだし、相手に失礼だろう。

それに、負け惜しみでもなんでもなく、
凄い、と全く思わないのだ。

だいたい、その人が権力者と知り合いだから、というのは
自分にはどうでもいいこと。
権力者を利用して、甘い汁を吸おうなんて(笑)
大嫌いだし。

旦那さんが医者だからというのも、
その後に「だからコロナで大変なのよ」とか
「幸せよ」とか何か話が続くなら
返事のしようもあるのだが、
黙ってこっちの反応を見られても、だから?としか言えない。

PENTAFANPK002_TP_V4

職業に差別はしない。自分は差別されてきた側。
元財務省官僚だった弁護士の人が
「妹は、医師にしかなれなくて」と言っていた。

医師にしか、と言う人もいるんだなと、
価値観色々だと思った。

お金持ちなのといわれても、
それで、友人に何か良い事があったなら
良かったね、と喜べるが、
いつも苦労話ばかり話す人。
何て答えたら良いのか困った。

「私を馬鹿にしないでね。本当は○○なのよ」
と言いたいのだろうか。そもそも馬鹿になんかしていないし。
マウント取りたい人達?
考え過ぎ?
本音を聞いていないので、
何を言いたかったのかはわからないまま。

ただ、聞いた話で
「私が医師の妻だとわかった途端、誰もがびっくりして態度がかわる」
「いつも、人は私をなめてかかる、だから夫が医師だと言ってるの」
と言ってたらしい。

なめてかかっている様に感じるのは、
その人自身の言動に原因があるからでは?
御主人の職業とは関係ない話だ。

旦那さんの職業で態度をかえるような友人なら
離れてもいいと思うが。


権力者、お金、そういう自分の飾り物に頼らないと
人と付き合えないのもおかしい気がする。

自分が馬鹿にされている気がする、と
思うのが原因なのだろう。劣等感の強い人たち?
常に、人より優位に立ちたいと思う人なのだろうか。

世間体というもの?
馬鹿らしい。疲れそう。

だから、そういう意味不明なことを言われたら
「?」と言う顔で、次に出て来る言葉を待つ。

こういう人は、逆に人の話は聞かない。

自分が決めた相手のイメージと違うことが嫌で
知りたくない(優位にたてない)事実は言わせないようにする。

何でも、ズケズケ言える人の方が合うのかもしれない。
黙ってしまう自分みたいなタイプにとっては、苦手な人達。
だから私は友人が少ないのかも。

付き合いの長い友人にはこんな人はいない。

そんな事しなくても
お互い、素でつきあっていける方が楽だ。

そう言えば、夫が医師と言った人から
「気にしなくていいのよ、貧乏だなんて誰も思ってないから。」
と言われた事がある。
私は、一言も自分の家の話題はしていなかったのに。

「何も気にしてないし、貧乏だって言ったこともないけど」
と笑って言い返したが、
「あら、そうだっけ。てっきりうちと比べて、いじけてるかと思って」
と言い返された。この人は誰にでもそんな言い方をしているのだろう。

その人とは、自然に縁が切れた。

心の広い人なら
笑って終わりにして、いつまでも仲良くしていけるのかも。

私は、心が狭いから無理だ。
本当に好きな人と友達でいたいのだ。





 


 
札幌の理容店に、ワクチン申し込みの間違い電話が殺到しているという話題。

電話線を外したくても、お店の予約電話もくるのでできなかったとのこと。
全て、対応されたのだろうか。
仕事どころでは無かったことだろう。

殆どの方は、謝った事だろうが
中には高飛車にどなったり、間違いを認めず、黙っていう事を聞けなどと
言われたとか。

この失礼な老害な人達には呆れる。

自分の父も似たところがある。

若い時は、母にだけ本性?をだし、
外では、温厚で無口で人柄の良い人に見えていた。
(父親として、一家の長としての自覚と責任感はきちんとしていた。)

間違い電話のご老人も、若い時はそうだったのかも。

高齢者になると、どうして老害になる男性が多いのだろう。

父の場合、「嫉妬」「ちやほやされたい」「ただの年寄り扱いされたくない」
「本当は自分は凄いんだ」など、が根底にありそう。

定年退職後、色んな良い仕事の誘いがあったのを断り、
趣味を楽しみたいと、これまで趣味に没頭してきた。

趣味のサークルで、人との交流もあり
体力作りも熱心で、理想的な老後だなと思っていた。
母は置いてきぼりで、振り回されていた。
KAZUHIRO171013175_TP_V

やりたい事をやれて、老後を楽しんできた父でも、
現役世代に嫉妬したり、
自分を敬えと言う様な老害爺さんになった。

母だけが父のDV体質を知っており、
私にそのストレスをぶつけ、私が間接的に父の被害にあいながら
育ったと言えるかもしれない。

何も知らない、甘やかされて育った弟は
父は、急に変わった、そんな人じゃないと信じていた。

この世から、老害は無くならない。

DV,モラハラ体質、差別主義者が
歳老いて抑えが効かなくなり、表に出るのが老害ということか。

最悪、人の命も奪う結果になるので
違和感を感じたり、もしかしたらと思ったら
早めに離れた方が賢明だろう。

自分は,若い頃それができなかった。
当時、DVやモラハラ、人格障害などの知識が無かった。
世間にまだ周知されていなかったので
誰も、理解してくれなかったかもしれない。

でも、知っていれば全然違った。







ああ、何という事でしょう。

友人と会う約束は、ドタキャンせざるをえなくなった。

お互い、たまたま今日が休みで
やっと都合があったというのに。

何が起こったかと言うと~
待合わせの時間に合わせ準備をし、さあ家を出ようとしたその時、
職場から電話。

3日前に仕事で接触した人の家族にコロナの疑いがあり、
今、検査中とのこと。
濃厚接触者のその方は、結果がわかるまで自宅待機。

その方に接触した人に連絡が回っている。
その中に私もいたわけだ。

近くで話はしたが、マスクはしていたし、
食事をした訳でも無い。

ogasutaFJ04_TP_V

接触してから3日経っているし、
その時以来、会ってはいない。
今のところ何も症状はでていない。

その人の家族の一人だけが発熱ということだから
ただの風邪かもしれない。

でも、結果がでるまでは、気を付けないと。

変異株は、感染力が強いので
マスクをしていても大丈夫かどうかわからない。
はっきりするまでは、人との接触には気を付けなくては。

なので、急遽、友人に電話をいれ、ランチをキャンセルした。 

なんてついていないのだろう。

去年から、会おうとすると何か障害がある。

後から友人が言うには、
友人は、私を励まそうと
料亭を予約し、ご馳走してくれるつもりだったそうだ。

何て嬉しいことか。

友人も2年前に介護していたお母様を亡くしている。
当時、落ち込んでいた友人と、お茶してお喋りした記憶はあったが
自分は、そこまで、彼女に気を使う事はしなかった。

せっかくの機会だったのに、申し訳なかった。
キャンセル料がかからなかったのは良かったが。
コロナはいつになったら、解決するのだろうか。

まだコロナかどうか、わからない人の濃厚接触者との接触者というだけで
こんなに、不安になるなら、
自分や家族がコロナになったら
どんなにか怖いし、大変なことだろうか。



しばらくは、友人とメールやラインのやりとりも
気が乗らず、急ぎ以外は後回しにしていた。

このままではいけないと思い、あちこちの友人に連絡をしてみた。 

県外のなかなか会えない人、
今の土地での少ない友人、

昨年ランチに誘われても、コロナ禍や母のこともあって
何度も断っていた。

顔は見えないが、ラインやメールだけでも
久し振りに連絡がとれると、感動がある。

メール、ライン、携帯電話が当然の世の中になって
つくづく便利になった。(老人か?)

電話が苦手な自分にとっては、メールやラインはとても助かる。

新婚の頃は、友人と手紙のやりとりを良くしていた。

C824_ohanatotegami_TP_V

今思えば、手紙は後に残るのでまずかったかも?
処分してくれているかなと心配になる。

ストレスを手紙のやりとりで発散していたから。

今は、相手に残るものは神経を使って送っている。

結局、電話がいいという事か。

話し始めると止まらなくなりそう。
おばちゃん同士の会話だから(笑)…。
  
明日、久しぶりに友人に会う。

コロナが怖いので、
それなりの場所を友人が選んでくれた。

気をつけて会ってこよう。


日本中、コロナの感染者数が更に増えて来た。

連休が終わり、これから更に増えることだろう。
変異株にとって代わり、感染力もこれまでとは違う。
ワクチンもまともに普及させられない、情けない国。

海外に学ばない、何もしない、検査も増やさない、
自分の利権優先…などなどのツケは国民にくる。

人工削減計画、強い者だけを残し、弱い者は減らそう、
福祉、年金にお金を使わなくて良いように?

そういう裏の声も聞こえていたが、
まさか、そんな事、ありえないと聞き流していた。
陰謀論は嫌いだ。
が、ここまでくると、否定もできなくなってくる。
実際は、ただの無能なだけなのだろうが。

ELFA315DSC05464_TP_V

いつのまに、こんな国になってしまったのだろう。
国民の人間性も変わって来たのだろうか。
ネットでの、有名人への誹謗中傷、差別発言、
事件の被害者への中傷なども、人としておかしすぎる。

ウイルスという未知の敵によって
世界中の多くの人が亡くなっている。
今や、世界中がウイルスと戦っている。

人間同士のテロや戦争がいかに馬鹿らしいことか、
人間の愚かさを感じる。

やはり、この世は修行の場?苦しんで当たり前?
この世にまだ、生きている自分は
まだまだ修行が足りないのだろう。






今日はすっきりした気分。
最近は、気圧の影響を受けやすくなっていたが
今日は元気だ。

時間の力は凄いと思う。悲しさが薄れていく。

それにしても、コロナで国民は疲弊しまくり。
高齢者にワクチン接種券は発送されているが
予約は殺到し、取れない状態。

父にも届いたらしいが、
いつから申し込むのか、何もわからないと言う。
弟が手伝わないと、おそらく予約はできないだろう。

殺到するのは目に見えている。
なのに、お上は何も工夫をしない。
早い者勝ちというのは、いかがなものかな。
何をしても、国民に負担をかけさせるやり方。

国の無能さを嫌というほど味わっている。

聖火リレーは、参加者の周辺では盛り上がっている。
知り合いが走るとなると応援するのは当然。
記念になるし、つい笑顔になるのも理解できる。

でも、何か変、違和感あるなあ。

国民が疲弊しているのに
オリンピックでどうしても利益を得たい人たちが
強引に盛り上げようとしている感じ。
国民は後回しで。
000AME5031_TP_V

治療を受けられず、苦しんでいる人が沢山いる中で、
お祭りをするなんて。今じゃないよね。
自分は、元々オリンピックも、スポーツ観戦も大好きで
コロナが無ければ、かなり楽しみにしていた。

でも、今はとんでもない事態。
心から応援にできるかなあ。

心から世界の人々が喜んで参加して、
応援して、皆で盛り上げれる時まで、延期でいいじゃないか。

誰かさん達は、どさくさまぎれに、憲法改正だの
コロナがチャンス?なんて言っている。
報道しないマスコミも良くないなあ。

一番不可解なのは、そこまでオリンピックをしたいなら
何故、もっと必死で何とかしようとしないのか?

憲法改正とか、法律で国民を縛ればいいとかそんな事を言う前に
お金配るとか、臨時の医療施設をバンバン作るとか
検査を徹底的にやるとか、いくらでもやれることあるだろうに。



 


携帯が古くなり、
調子が悪くなっていたので機種変更をした。

コロナが怖いけど、いつまで待っても行けなくなりそうで
思い切ってショップへ行った。

コロナだし、最近はオンラインだし、手続きはスムーズにいくだろうと
思っていたら…とんでもなかった。

免許証を3回請求され、何度もバッグから出し入れ、
何度も同じ説明をされ、何枚も書類を書かされた。

質問をしても、えーっと困って答えられない店員さん。

おそらく、新入社員の練習台にされたようだった。

この時期、早く帰りたい。何度も対面で同じ説明を
聞きたくないし、良く聞こえないから
顔の距離も近くなる。

やっと終わって、帰れると思ったら
あれもこれもと備品を買わせようと説明始める。

まるで携帯初心者と思われている様な対応。
これまでの長い契約内容もきちんと見ていないのか、
この年ですよ。わかってますし、持ってますの一言で、
全て断った。

駐車料金もあがるし、
何故、長々とひきとめるの。こんな時に、と言おうかと思った。

tomucaat17102701_TP_V

だらだらと同じ説明を受け、練習台にさせられ
御詫びも、新人教育中との説明もなく
売り上げだけを考える店。
仕事だから仕方ないのだろうけど、
それで、クラスターでたらどうするの。

きっと上から
売り上げ売り上げと言われて
店員さんも必死なのだろうね。
自分達も感染の不安と戦いながらやってるのよね。

と、1人ぶつぶつ言いながら店をでた。
 
最初は空いていた店内も、
帰る頃には混んできた。

帰宅後、疲れて家で休んでいたが、翌日のどが痛くなり、
だるさがでた。
やばい、このままでは熱がでそうだと不安になる。
まさか、感染してないよね?」と。

ゆっくり、入浴剤をいれてお風呂に入り
イソジンで何回もうがいをした。

家に居てもマスクして、のど飴をなめて
とにかくのどの炎症を抑えることに。

そして早めに寝た。

コロナが無ければこんなに神経質にならないのに。

今朝、すっきりと目が覚めたのでホッとした。

のどが痛い時、家でもマスクして
寝る時はタオルを口の上に乗せて寝ると落ち着く。

のどにスカーフなどを巻いて
のど、口を冷えと乾燥から守るとかなり楽になり、早く治る気がする。





この事件は、誰もが最初からムカついているのではないか。

「上級国民」と言う嫌な言葉も話題になった。

奥様とお嬢さんを突然奪われた松永さんや、
事故に巻き込まれた多くの被害者の事を考えると
本当に心が締め付けられる。

幸せを絵に描いた様な、本当にほほえましい家族に
何故、こんな地獄を与えないといけないのか。
なぜ、こんな一生懸命に真面目に生きている人に
試練を与えるのか。

神様はいないのか?と怒りに震えてしまう。
真面目に生きていくのが馬鹿らしくなる。

コロナ禍で、尚更、そう思う事が増えて来た。
世の中が腐りきってきている。
権力を持つ側が腐ってきたからか。
domain458A0774_TP_V

過去にどんなにエリートだったか知らないが
プライドだけが高く、
自分は絶対正しいと信じて反省しない。
ただの頑固爺さんでは無い。
老人だからなんて関係ない。

どんなミスをしても謝ったら負け、
絶対頭を下げない、自分は正しい、と
言い張るところは、我が父と同じだ。

父は、飯塚被告ほど悪質では無いと思うが(気が小さいから)
老害爺であることは間違いない。

飯塚被告は車のせいにして譲らない様だが
トヨタにはしっかり真実を証明してもらいたい。

少しでも、被害者、遺族の方が救われる結果がでますように。


肩こり、首凝りが酷い。
頭痛や歯痛までしてくる。

小さいマッサージクッションを使ったり
入浴で頑張って?ほぐそうとしているが
なかなか良くならない。

急に首や肩が痛くなる時は
3日前位に重い段ボールを抱えて運んだ後だったりする。
原因がわかると安心する。

首、肩こりはパソコン操作が原因なのだが
それでも、以前に比べると楽になった方だ。

若い頃の方が
パソコン操作が身体に合わなかった。?

職場で全員が一斉に稼働させると
とたんに気分が悪くなったりしていた。

電磁波過敏症?
目も疲れるし頭痛はするし
首が回らなくなるほど痛くなったり
不定愁訴が起きていた。

夫からのストレスに加え
あの頃は本も読めないほど悪化した。

あの頃に比べれば
今は楽勝だ。

油断するとまたあんな風になるんじゃないかと
不安になる時もある。

ELL96_osuteosuperumamu20140329_TP_V

一番効果的なのは人の手によるマッサージなんだけどな(笑)。
お気に入りのマッサージ師さんとかいないし
そういった類の店に行ったことが無い。
昔は、子どもに揉んでもらっていた。
本当に気持ち良かった。

そう言えば、母にマッサージをもっともっとやってあげたかった。
背中をさすったり、手足をもんだり、
気持ちいい、と嬉しそうだった。

コロナで孤独で不安な日々、
痛みとの戦い、
人の手に触れるだけで安心した事だろう。

医師や看護師さんの手をいつも握っていた母。

やっと面会許可がおりた時は、
もう末期だった。

意識があり、最後に会話した時は
私の手をぎゅっと握り
「まだ握力があるのよ」と言った。

何につけても、まだ母の事を思う。



↑このページのトップヘ