りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: つぶやき


断捨離の続きをしたいのだが、
この湿度と暑さで一時停止中。

普段、よく使う物置はざっと見渡し、
その中の自分の物は1部処分した。 

問題は、普段開けない物置。
ここもほとんど子どもの物。
幼児期のおもちゃや道具、部活の道具など。

処分するには子ども達と一緒に片付けないと
勝手に判断できない。

とりあえず、自分で判断出来る物はどんどん捨てたい。

開かずの物置の奥の方を見ると、段ボールが数個ある。
何年か前に整理したはずだが、
中に何を入れたのか全く覚えていない。

奥の方なので、手前の物を外に出さないと届かない。

かび臭いし、埃っぽい。
これは、本気を出してやらないと
そう簡単ではないなと思う。

天気の良い涼しい時間に
窓を全開にして、マスク、手袋して
雑巾片手に頑張らないと、と先延ばし。

以前の片づけの時は、
その段ボールの中の物は、捨てられなかったのだろう。
子どもの物かもしれないが、
このかび臭さでは、捨てても良いだろう。

とりあえず、中を確認しないと進まない。
気持ちだけが焦り、なかなか実行できない。

KAZ88_gakuajisai_TP_V

今より忙しかったはずの若かりし自分は、
思い立ったら、さっさとやっていた気がする。

最近の自分は、思っても色々考え、
気が散り、後回しにしてしまう。

気力、体力が本当に弱っている。

実家の片づけの事を考えると、父がこのまま長生きすると
実家はどんどん荒れていくことだろう。

私が、定期的に通って、手入れをする予定だったのに
まさかの状態になったし、
弟はどんなに荒れても、見て見ぬふりをするだろう。

父はわかっていない。
自分より、子どもが先に倒れるかもしれないということ。
そして、いざとなった時、
親身になって世話や心配するのは息子と息子の妻子ではなく
娘と娘の子たちだということ。

自己愛の人は、自分にとって幸せが何なのか、
何が大切なのかがわからないみたいだ。





断捨離は続く~
ビデオテープ関係は整理できた。
他にどこかに埋もれていないことを祈る。

記憶にあるテープが見当たらないのは
過去に捨てたのだろうか。
自分がした事なのに、覚えていない。

そして、かび臭いのでなかなか開けない物置の中をざっと見たら
過去に、何度か中の物を全部出して、整理したはずなのに
奥の方の段ボールが何であるかわからない。
そもそも置いた記憶が無い。

で、手前の段ボールを開けてみたら 
古い手紙や手帳が入っていた。

捨てたと思っていたのに、何故ここにある?
自分のした事が益々わからなくなった。

とりあえず、手紙類を取りだし、中身をチェック。
今は亡き祖父、祖母からの手紙、結婚の連絡をくれた友人からの手紙、
そう言う物は捨てられない。

私が生きている間は、大事に保管しておこう。
もしかして、以前もそう思ったからここに置いたのかな?

でも、もう捨てていいだろうと思える物も沢山ある。
学生時代、初社会人になった時、結婚したばかりの頃の手帳が沢山。
日記かわりに、メモがしてある。
見ると、当時の行動が甦ってくる。
ELL89_huruicard20140405_TP_V

以前整理した時は、保管しておこうと思ったのだろうな。
今は、もういらない。
過去の自分と今の自分は違う。

自分がいなくなった後に、子ども達に見られることを意識して
残す物は選ぶ。

作業の続きは、アレルギーを起こしたくないので
晴れた日の涼しい時間にやることにした。

とにかく自分の物は、できるだけ減らしたい。

思い出だけの書類関係は、目を通さないといけないから面倒だ。
なるべく残さない様にしたい。

押し入れは、子ども達の物で溢れて来た。
その中にひょこっと私の物が紛れていたりするので
良く見ないといけない。

良く考えれば、以前は引っ越しが多かったから
その都度、家の中の物を片付けられた訳だ。

今では、夫との別居のおかげで
引っ越しが無くなり、家中の物を動かす事が無かった。

片付けていたとしても、記憶していない自分は間抜けだ。

何度も同じ事を繰り返す事になる。
でも、それが意外と良かった。

過去の自分と今の自分が変わっていることで
過去のこだわりを捨て、更に整理ができる。
心の断捨離。

親との別れを体験して、物への執着が無くなった。

人間、どうせいつかはこの世からいなくなる。
こんな物持っていても、いつかはゴミになるだけ。
「どうせいつかは、」という思いが頭に浮かぶようになった。

歳をとったということだな。
今を楽しむ事だけ考えよう。




自分にとっては、太る時期に入ってきた(笑)。

何故か、夏になると太りだす。
汗っかきだし、代謝が良くなって夏はやせるかと思いきや、どんどん太る。

実家に長くいると、父の食事に合わせて料理をするので
肉や固い物が食べられずストレスは溜まるけど、いつのまにか体重が減っている。
健康的に、意識しない楽なダイエットだ。
もう実家で父の世話をすることも無さそうなので
実家ダイエットはできなくなっ(笑)

夏に太るのは、水分の取り過ぎや
バテ無い様に、ちゃんと食べなきゃと思って
つい食べ過ぎるのかも。
もう若くないのだし、運動不足だし、気をつけないといけないが
無理なダイエットはやめることにした。

母を見ていて、体重は少し多めがいいと思った。

病気によっては、1カ月で10キロ近く減ってしまう事がある。
母の場合、若い時に比べて、10キロ太っていた。
だから急に痩せても、若い時に戻った感じて
やつれて見えず、本人もさほど見た目を気にしなくてすんだ。

まさかの大病、災害、遭難?などがいつ我が身に起こるかもわからない。

ある程度は脂肪も蓄えていた方がいいのかなと思う。



tachiaraiIMGL4745_TP_V


自分がお酒が飲めないのは、その点では良かったかも。

お酒が強ければなあ、人生もっと楽しかっただろうなあといつも思っていた。
私の場合、お酒に逃げて依存症になったかもしれない?

夫が帰宅した時、浴びる様にお酒を飲んで
夫に絡んで、言いたい放題、罵声を浴びせていたらすっきりしたかもなあ~(笑)

でも、そんな事したら
向こうの思うつぼ、妻がこんなだから、自分は被害者だと
全て自分の罪を私に着せて来るに違いない。

ダイエットから話がだいぶそれてしまった。(*^・ェ・)ノ





10年以上前の事だが
ある事件の裁判を傍聴した事がある。

その事件は~大学生がストーカーに 命を奪われた。
犯人は、被害者の父親と年齢が変わらない位の中年男だった。

被害にあった女性は、知りあいの親族の方だったので
他人事に思えず、傍聴しに行ったのだ。

不謹慎だが、裁判の様子は、まるでテレビドラマの様だった。

極刑を願うお父さんの無念の訴えの中に、驚く内容があった。

その裁判までの間に、お父さんが犯人に対して気持ちをぶつけた時の事を話された。

(当時の記憶なので、曖昧ですが)

「何故こんな事をしたのか、お前にも同じ位の娘がいるだろう。
娘を奪われた家族の気持ちがわかるか?
お前のせいで、我々家族は毎日が地獄の日々を過ごしている。
と先日私が言ったら、お前は言い返したな。
”辛いのはあんたたちだけじゃないよ。俺の家族だって辛い生活してるんだ。
こっちも被害者なんだぞ”と。
よくもそんな事が言えるな!
誰のせいでこうなったんだ?
お前が起こした事件だろう。お前がやらなきゃよかったんだろう?」

の様な事を怒りに震えながらおっしゃっていた。

他にも色々訴えておられたが、その間、隣に座っていたご家族は
泣いていた。自分ももらい泣きしてしまった。
104fj21329_TP_V

人の命を奪っておいて
それでも、まだ「被害者のせいだ、こうさせたのは被害者が
自分にそっけなかったからだ」と言う人間がいる事に驚いた記憶がある。

妄想で娘と同じ位の歳の若い女性に勝手に想いを寄せ、
ふられてもそれを認めず、ストーカーになった。

こんな事で命を奪われるなんてご家族の気持ちを思うと
極刑を望むのは当然だ。

判決は懲役13年だった。
短すぎる、軽すぎる。と思った。



家族がいる身でありながら、何故、自分の愚かさを被害者のせいにするのか
そこからして、狂っている。

夫も、ここまで酷くは無いが、
自分の行動の責任を負わず、人のせいにする。

自分は、被害者だと言う発想の仕方もこの男と似ている。

勝手に別居したのは、家族がいるせいだ。
扶養する存在があるせいで、自分に責任が問われる。
だから、家族の存在が悪いのだ。
みたいな訳のわからない事を言う。

自分から「結婚したらどんなことがあっても家族を守るよ。家族から離れたくない」と
甘い言葉を並べて、結婚を迫ったことは忘れ、
「そこに結婚したいと思った人の存在があったのが悪い」となりそうだ。

笑いごとみたいだけど、本当にそういう事を言う人間はいる。






アマゾンプライムで「ガス燈」を観た。

1944年の作品。白黒。
その頃の日本は…?自分はまだ生まれていない、かなり昔の映画。

画像は綺麗、俳優も有名な人。
イングリッド、バーグマンの美しさと抜群のスタイル、品の良さに気を取られてしまう。

タイトルは良く耳にしていたが
時代が古いし、恋愛物語?みたいな勝手な印象を持っていた。 

全く違った。

ストーリーは新しい気さえする。
この映画がサスペンスの土台になったのかなとまで感じる。

白黒ということ、夜の暗いシーンの多さ、恐怖心を煽る演出で、
最後まで怖かった。

凶悪な宝石泥棒が、狙った家の持ち主である娘に近づき、騙して結婚する。
完全に騙された彼女にとって、男は優しく紳士で、良く気の付く素敵な男性だった。
男は、結婚すると、資産や宝石を奪う為に、妻を洗脳し始める。

コントロールする為に、妻を家に閉じこめ、人と接触させない。
周りには、妻は病気だと言いふらす。
色んな細工をして、妻自身に、自分は精神の病気だと思い込ませる。

妻が苛立ち、反抗しようとすると
男はすぐにご機嫌を取り、優しくし、誤魔化す。
妻は愛されていると思い、夫を信じてしまう。

家のガス燈が、事件解決の鍵になる。

正義の味方が登場し、スカッとするラストに救われた。
                                         71aUCtMI2sL._SX300_     
                                                                                                  (Amazon primeより)

「ガスライティング」という言葉がある。

それがこの映画のタイトルから作られたものだったとは。

ガスライティング~~心理的虐待の一種。被害者に些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑う様仕向ける手法。
例としては、嫌がらせの事実を加害者が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させる為に、奇妙なハプニングを起こしてみせるというものまである。(ウィキペディアより)

加害者は、虐待を否定し、悪いのは被害者の方であると、
被害者本人に思い込ませるやり方。

映画では、妻を世間の人と接触させない、趣味も奪い、家に閉じ込め、
夫だけを頼る様に仕向けて行く。
カルト宗教でも夫婦間DVでも加害者のやり方はそれに近い。

最近でも、福岡でママ友に洗脳されて、
全てをコントロールされ、遂には我が子を餓死させた母親の事件があったが、
これもまさしくガスライテイングが行われている。
逃げられないのか?何故簡単に洗脳されるのか、と世間の人は不思議に思うだろう。

加害者はおそらく人格障害なので、恐ろしいほど洗脳がうまいのだろう。
被害者になりやすい性格の人を直感的に捉まえ、
逃げられない様に最初はとても優しく、
自分がいなければ生きられないみたいなところまで洗脳していくのだろう。

今でも、現実に事件になっているのだから、とても怖い話だ。

学校でも、もっと心理学や哲学、こういった洗脳の事例を学べないものだろうか。
(オウム真理教の事件については、触れるようだが)

そういう人間がどこにでもいるという事を知っているだけで、
自分を守るきっかけになると思う。

一旦洗脳されてしまうと、救おうをする人を「自分に嘘を言って、足を引っ張る悪い人」
と思い込むかもしれないし、加害者からそう言われれば信じることだろう。
洗脳を解くのは、身内でも難しい。

洗脳から逃げた被害者の声を信じて、もっと社会の理解が増し、
被害者を救える世の中になれば良いと思う。

少し前よりは、だいぶDV,モラハラ、虐待問題が取り上げられては来たが、
まだまだ男尊女卑、差別、被害者への二次被害が溢れているのも事実。
それも、教育の力が必要だと感じる。

我が身を守る為に、まずは「知る」ということから。






断捨離を続行中だけれど
なかなか気分がすっきりしない。

自分の物は好きに処分できるけど
子ども達の物は勝手に捨てられない。
だから荷物が減らない。

片付けてとずっと言い続けているが
実家を倉庫代わりにしている感覚で
置いといて、と言われてしまう。

母が編んでくれたセーター類は形見として大事に保管。

私がいなくなった後、子ども達が整理する日が来るのだろうか。
我が実家の荷物の山の整理に途方に暮れている私の様に、
大変な思いはさせたくない。

我が家に夫の物は殆どない。
いかに長い間、存在が無かったかがわかる。

残っていたビデオテープ、捨てる前にチェックした。

子供達が幼い時のテープを見ていると、夫が写っている。

そしてある事に気が付いた。

夫がいた時期のテープには、私はほとんど写っていない。
私が全て撮影している。
子どもを写しても、やたらと夫が出しゃばってくる。
常にカメラ目線で、満面の笑顔。
凄くわざとらしい。

当時は感じなかったが、今見ると全てが演技っぽい、
カメラを意識していて
自分を良く見せよう、子どもより目立ちたいというのが伝わる。

作り笑いが気持ち悪い。
ナルシストぶりが気持ち悪い。

一度も撮影をかわろう、と言わなかった。
だから夫が子供を可愛がっているような
小芝居ばかりの動画ばかりで、
私と子供が一緒にいる動画は残っていないのだ。

この時から、嫌な奴だったな、
人格障害という言葉を知らなかった自分が馬鹿みたいに思えた。

今の自分なら、夫を見れば
この人何かおかしい、違和感あると警戒したと思う。
ogasuta458A8658_TP_V


テープはもっとあったはずだが、おそらく前に捨てたのだろう。

自分がやった断捨離の記憶が無くなっている。

今は、このブログに書いているので確認できるが
過去の自分の行動を忘れてしまっている。

あれはどこにあったっけ?
まだとっといたはず?捨ててないはず?と思い出そうとして
何度も、同じ場所を探したりする。

捨てた記憶が消えている。

やばい?認知症の始まり?

あれがない、これが無いと探し回る。

無くても困らないし、捨てていた方が良いのだが
本当に捨てたのか?どこかに紛れていないか?などと
確信が無いので、気分がすっきりしない。

記録しておけば良かったが、捨てる時には、
未来に忘れるなんて思ってもいなかった。

災害にあって、家が無くなったり、
家具や何もかもがダメになったりすると全てが0になる。

それを思えば、断捨離なんて、贅沢な話で、有り難い事だ。
そう思って、物に執着せず、少しづつすっきりさせていこう。






コロナワクチンの予約が順調にとれるようになってきたようだ。

聞いた話によると
副反応が出る人の割合が多いらしい。

早く打った知りあいの医療従事者は、
倦怠感が強くて、寝込んだとか。
何もできなくなるので、
食べ物を(ゼリーとか)を用意した方がいいと言われた。
特に2回目。

接種した腕が痛くなるのは、当たり前というか
これまでの経験で慣れてはいる。
痛みだけで終わるなら幸いだ。

クラプトンみたいに、痺れなどの全身症状が出て
打った事を後悔するほどの影響が無ければ良いが。

2回目の方が、強くでそうだし、
発熱するパターンも多いらしい。

数日で収まるとは言え、症状がでたら不安になることだろう。

それでも、コロナに感染するよりはずっと良い。
7月までに全ての人に、というのは無理だろうが
とりあえず、予約がスムーズにとれるだけで安心感は持てる。

自分は去年まで、インフルエンザの予防接種は受けて来た。

仕事柄、受けないといけなかったので。
慣れているのに、打つ度に緊張し、
副反応におびえている自分。
MAR89_ajisai20140601_TP_V

子どもの時、風邪で診てもらった近所の医院で
2種の注射を一度に打たれて、
アナフィラキシーショックを起こした事がある。

帰り道に急変した。
すぐに医院に戻ればよかったのに
そう言った事に全く無知な母は、事の重大さがわからず、
私が単に甘えていると思い込み、
座り込んで吐いている私を怒鳴りつけ、
おんぶして帰宅した。

その後、医師の医療ミスだとわかったが
親は苦情も何も言わず、無事だったからと放置だった。

大人になってからも、歯科で麻酔の量が多かったらしく、
治療後、帰宅1時間後に呼吸困難が起こり、
寒気でガタガタと震え出した。
しばらく休んでいたらなんとか落ち着いたのだが。
歯科に問い合わせると「よくあることです」で済まされた。

そう言う体験をしていると
身体に薬物を入れるのが怖くなる。

今でも、歯科で麻酔を打たれると、思い出し
動悸がする時がある。
気にしないように自分に言い聞かせ、
リラックスする様にしていると落ち着く。

が、始めてのワクチンは、やはり不安だ。

若い人ほど、反応が強くでるそうなので
自分よりも子ども達が心配だ。

仕事に差し支えたりするかもしれないし、
接種する翌日に休みを取っていた方がいいと勧めたい。




昨日、フェイスブックの友人から
「投稿記事が消えてるよ。2年前の分から」
と連絡があった。

もともと、あまり更新せず、投稿も少なかったので
気が付いていなかった。

見てみると、本当に2年前の記事から今日まですっぽりと消えている。

アクティビティログやゴミ箱をみても
画面がバグって、見る事ができない。

うちのネット状況が悪いのか、
フェイスブックそのものの問題か、わからないので
とりあえず、パスワードを変えて様子を見た。

パスワードは何度か変えて来たし、最近も変更したばかり。
ログイン履歴をみても、
不正ログインの可能性は無いと思う。

あえて個人情報もほとんど入れていない。

 フェイスブックは、情報の保管庫として使っている。
どちらかというとツイッターの方が、活用しやすい。
使い方は個人の好みで、色々あるだろう。

で、今日、フェイスブックを再度チェック。

アクティビティログには、投稿の履歴は何も残っておらず、
バグっていたゴミ箱は、今日はすぐに見れた。

何という事でしょう。
ごっそり、ゴミ箱に移動されていた。


大事な情報の倉庫として使っているのに
自分で2年分もゴミ箱にいれるはずもなく、
いったい誰がこんな事を。
すぐに、復元させて確認。
元に戻った。
domain458A0768_TP_V

ググると、フェイスブックは、色んな不具合が結構ある様だ。

あと、フェイスブック社が問題ありと判断すれば、削除される場合もあるらしい。

私は、そんなレベルの情報は投稿していないし、
2年分を一度にゴミ箱に移動するなんて、フェイスブック社はやらないだろう。

何かの不具合かな。
それにしても気持ち悪い。
解決するまでは、気分が悪かった。

一応、フェイスブック社に、
問題報告とどういう理由が考えられるのかをメールで問い合わせた。
返事がくるかどうかもわからないけど。

人によっては、政権批判をしていたら
勝手に記事が削除されたとか、
ロックかけられたとか言う人もいたが、
どこまでが会社の操作か、それとも不具合なのか
よくわからない。

ツイッター社は、あからさまに
理不尽な凍結をすることがある。

この人を凍結するなら。あの人の方が先に凍結するべきだろう
と思えるような、ちぐはぐな事もある。

とにかく、ネットというものは、信用できない。
が、今の時代、ネットがないと生きていけない?
無くてはならないものになった。

常に怖がりながらやる方が、自分には向いている。
分からないことは、若い人に教えてもらいながら
どうにか楽しんでいる。



仕事帰りにいつも立ち寄るショッピングセンターで買い物しようと
思ったが、遅くなりそうなので、営業時間を調べてみた。

時短営業の可能性もあるので、ホームページを空けて見た。

すると、えっ?
「当店の従業員に、陽性者が出ました」とある。

消毒はきちんとしています。
みたいな事が書いてあるだけで、広い店内のどの売り場なのかはわからない。

店はいつも通り営業。

検査結果は、昨日でたもの。
ということは、濃厚接触者とか、
同じ部署の人とか、検査結果待ち?

従業員の出社日、休んだ日が書いてあったが
どの売り場かわからないことにはなあ。

自分はよく行くので、その人とどこかで接触した可能性はある。

食品レジなら、不安になる。

買物に行って大丈夫だろうか。

具体的に、売り場を教えてくれた方が良さそうだけど。
わからない方が、不安になって
客が減るのではないかなと思う。

生鮮食品だったら、そういう訳にはいかないのかなあ。

drtftgyuhij_TP_V

不特定多数の人と接する仕事は
陽性者がでたと公にされ、影響を受けるので神経を使うことだろう。

お店へのダメージもだけど、職場での居心地も悪くなりそうだ。
どの職場でもそうだろうが、
気を付けていても、なる時はなる。
先日、感染して職場に迷惑をかけたと
命を絶った女性がいた。
悲しすぎる。

コロナは風邪だ、マスクもいらないなどと
迷惑をまき散らす人もいるというのに。

自分は、買物中は、手の消毒は何度も店内でやっている。
それとマスクだけで、本当に大丈夫だろうか。
最近は、花粉症なのか、よくくしゃみをしている人がいる。
通りすがりにやられると、心配になる。

今日は、他の店に行こうかなあ。

まだまだ、こんな状態の日本で、オリンピックを絶対に開くと言うIOC.

これで、オリンピックが開催されて、
とんでもない事になったら、誰がどう責任とるの?

おまけに地震、水害、台風と
これから自然災害も増える時期なのに、
人災まで起こされたら、
日本は終わってしまうのでは。

コロナ禍になってから、
病む人が増えたのではないか。
芸能人を見てもそう。
色んなところで、悩み、困っている人が増えている。

「どげんかせんといかん。」という懐かしい言葉を思い出した。
このままじゃいけないよ。
どうにかしないといけないよね。


今日、お昼前に用事で外に出たら
凄い車の渋滞、お店の駐車場はどこも満車、
え?コロナ禍だよね?

何故こんなに混んでるの?

と不思議だった。

そういう自分も外に出ている訳だが、
頼まれて、急ぎで届けないといけない用事があり
行きたく無い?店で買い物をし、急いで届けた。 

今日、何かイベントあったっけ?というほどの人出。

コロナも2年目、IOCも国も、オリパラをする意志しか感じない。
医療崩壊と言われている中、無策の上に、何を考えて居るのだろう。
そんな国の姿勢も、国民にコロナ疲れを与えている。

このままワクチンが行きわたらないまま、
インド変異株が蔓延したらどうなるのだろう。

鳥取県知事の記者会見の動画を見た。

県が聖火ランナーのタレントに
辞退するように求めたとの説明は虚偽であったと謝罪。
実は大会組織委員会が誤りの情報を流したと説明した。
&タレント事務所のお偉方から、県職員への恫喝などがあったなど、
の説明をした。

長い会見で、コロナ対策についてのさまざまな説明を
きちんとされた後にこの話をされていた。

原稿など一切見ず、全て自分の言葉で、
分かりやすく、誠実に話されていた。

こういう地方のトップの方が、国のトップより
よっぽどまともに見える。
PKASXZdasdfa_TP_V

聖火ランナーのユニフォームについても、
高齢者や身体の弱い方などが、
寒くて中にセーターを着ていたら、
ユニフォームの形が崩れるからと、ぬがされたとか、
上着を着て走ることもできないそうである。

オリンピックの為に、何で健康を害してまで
国民が尽くさないといけないのだろうか?
鳥取県が流された虚偽の情報といい、
オリンピックの組織委員会は、そんなに偉いのか?
何様ですか?と言いたい。

誰の為にやるのかわからなくなってきた。

「メダルをとらないと」というプレッシャーに
追い詰められるオリパラ選手たちを見ていると
国の為にとか、まるで戦争にいく兵隊さんみたいに見えた。

確かにこれまでは、応援する楽しみ、メダルをとってくれる感動を
与えてもらえて、世界の国の運動会みたいでいいなと思っていた。

が、コロナによって、色んな事が透けて見えてきて
4年に1度とか、税金を使って新しい施設を作るとか、
もうオリンピックは無くても良い気がしてきた。

国がもっと早くに延長や中止を決めて、
国民第一に世界の先頭をきってどんどん対策をやっていたら
オリパラなんて無くていいなんて思う事は無かったと思う。


↑このページのトップヘ