りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: つぶやき


 母は、若い頃は色白だったのに
いつからか、腕や足が茶色いシミだらけになっていた。

顔や首は、気を付けていたようで
大丈夫だったが、腕全体が着色したように見えるほどひどかった。

夏も長袖を着て、腕カバーに帽子と、日焼けに気を付けていたが
手遅れだった。本人は最後まで気にしていた。

おそらく、若い頃から外で活動する時に
顔は気にしても、腕や足までは気にしていなかったのだろう。
紫外線に当たる機会が多く、
シミになりやすい体質だった?

高齢になると、皮膚が薄くなり、透明になってきて
毛細血管ももろくなり、腕にあざも増えて来る。

亡くなった時、母の腕と手を見たら
しみやあざが増えて濃くなっていた。
それが、母が頑張った証にも見えた。

自分も、皮膚が強くなく、お化粧も苦手で汗っかき。
若い時は、お化粧嫌いだった。
シミ対策も全くしていないで、テニスとか外でやっていた。

その結果、腕を見たら、やばくなっている。

これ以上悪化しない様に、顔以外にも、毎日日焼けクリームを塗り、
外に出る時は、首にも腕にもカバーをすることにした。
長袖を着たいが、暑さのあまり、ついまくり上げてしまう。

部屋の中でも、窓際にいると日焼けする。

紫外線は必要なものでもあるので、
完全に避けることはできない。

これから、美白クリームなどをシミの部分に塗りつつ、
これ以上日焼けしないように気を付けるしかない。

と言いながら、洗濯物を干したりする時に
ついそのままで、もろに太陽に当たっている。
その一瞬の積み重ねが危険。

ELL19613002_TP_V

夏になると、汗をかいて、衣類の接触するところにほくろができたり
かぶれたり、肌が過敏になる。

皮膚がんに変化しないかとか、
最近はすぐ病気に関連して考えてしまう。

日焼けしても、シミにならない人もいるのに、
自分も母と同じ肌体質なのだろう。

髪も、パーマをやめてだいぶ経つ。
白髪染めは、しない訳にもいかず、
仕方なくやっている。

親が今の自分の年齢だった時を思い出すと
とても老けていた印象がある。
が、当時の写真を見ると、今の自分と変わらない。
こんなに若かったっけ?と驚く。

母の腕のシミも、老人だから仕方ないねと
年寄り扱いしていた自分。

その当時の母に今の自分を重ね、
母みたいに悩まない様にしなくちゃと焦る。

手も首も痩せてきて皺が増えた。
まあ、お金が沢山あって、プロに頼んで色々やれば、
綺麗にいられるのでしょうが、自分で努力しても限界があり、老化は止められない。

美しくいなくてはいけない商売してる訳じゃなし(笑)
まずは、健康の為に、気を付けて生活していこう。



ワクチン接種後2日目には、朝から嘘みたいに腕の痛みは消えていた。



腕全体に入っていた異物が、すっかり無くなったと言う感覚。
実際そうなのだろう。

1回目の副反応に関しては、腕の痛みだけでたいしたことは無かった。ホッ。
ただ、注射の痛みは予想外だった。

腕の筋肉が減っているせいかも?
脂肪はぶよぶよとついているが…(´;ω;`)
腕が痩せ細っている人と、脂肪が多くついている人では、
針の長さを変えるそうだ。

腕が細すぎると、針が骨まで行ってしまう。
太すぎると針が筋肉に届かない。

SHI1987A01AS6_TP_V4


よほどでない限り、誰にでもOKなサイズの針と
無難な❔分量にしているのだろうが、
女性に副反応が多い傾向にあるらしいというのは
そういう事が、関係していないだろうか?

2回目まで、また体調管理に気を付けないといけないなあ。
それと、接種後は、睡眠をしっかりとった方が良さそうだ。
効果の具合が違ってくるとか。

接種後、15分じっとしている時、眠気が襲った。
気持ち良い睡魔で、2~3回、ふわ~っときた。
これは、ワクチンに関係ないのだろうか?
まだ、仕事があったので、
「いけない、寝るな」と自分言い聞かせた。

ワクチンが、1回接種で効果が長年続くものならどんなによいだろうか。

これから毎年、打ち続ける事になるのだろうか。

そのうち、色々改良されたワクチンが製造されていくだろうから
期待して待とう。
「あの頃は、実験台だったなあ」と言う日がくるのかも。

夫は陰謀論を信じている様だから、
ワクチンはうたないだろうな。
そして、ワクチンを打つ人を馬鹿にしているんだろうなあ。

それとも、人の前では常識人ぶってて
さっさとワクチン打っていたりして。
嘘つきで無責任だから、何も信用できない。





コロナワクチン1回目。職域接種で予定より早く打てた。

予想していた場所より、肩の上の方に打たれた。
リラックスして力を抜いていたが、痛かった(T_T)。

注射の痛みは、インフルエンザとは違い、不快だった。

液を注入する時、ビリビリする嫌な感じ。 
注射には慣れているのに~。骨に響く感じ。
全く痛みが無かったと言う人と
何が違うのだろうか。

看護師さんが、うちながら「指先がビリビリしませんか?」と聞いてきた。
予想外の痛さに驚きながら、「そんな気もします」と答えた。
指がビリビリしたらヤバイの?と不安になる。

再び
「腕がしびれませんか?」と聞かれる。
「ビリビリしている感じがします」と言うと
「筋肉注射ですからね~仕方ないですね」と言われた。

痺れても良いわけね?と思ったが
聞かれたら、変に気になるじゃないか。
しばらくは、指がむくんだような、違和感がした。

15分様子をみた後、異常なかったので帰宅した。

打ってから寝るまでは肩の痛みは無いが、
腕と指がしびれる感じと重くてだらーんとしたくなる感覚が続いていた。

打った側の腕を下にすると痛くて目が覚めそうなので
横にクッションをあてて、腕を上にして寝たので大丈夫だった。

人によっては、痛くて眠れなかったという人もいる。
PPS_manatunokomorebi_TP_V


翌朝、目が覚めると、腕が痛くなっていた。
服もうまく着れない。
腕が上がらない。
何か重い塊が腕の中に入っている感じ。

皮下注射と違い、皮膚表面が赤く腫れたりするのではなく
腕の奥、骨が痛い感じがする。
でも、何かやっていると、忘れるほどのレベルだし、
動かそうと思えば動くし、たいしたことはない。
筋肉注射とはそんなものだろう。

それより、コロナワクチンに対して不安がある。
1回目という事もあり、熱も出ず、
今のところ、異常なし。
歳もとってるし、副反応はでにくいのかな。

水分を意識してとり、
早く異物を排出しようと思う。

接種前も水分をとっていた方が良いそうだ。

迷走神経反射や暑さからの脱水も防げるとか。

これから子ども達が、ぼつぼつ受け始める。
若いので、色々心配だ。

熱で収まる位であれば、コロナに感染するよりはずっとましだけど。

コロナになったら、看病もできないのだから。

小さいお子さんのおられるお宅にとっても
本当に大変な世の中だと思う。

もし、コロナ禍が、自分が子育て真っ最中の時だったら
体調不良の時期だったらと思うと
コロナに対してというよりも、夫に益々憤りを感じたと思う(笑)。


昨日の事故の件。

亡くなった小学2年生と3年生のお子さんの可愛らしい写真をニュースで見ると
本当に胸が締め付けられる。

飲酒運転をした運転手への怒りが収まらない。

怒りはそれだけではない。
学校のPTAからガードレールを整備を何度も要望されていたのに
工事が実施されていなかったというではないか。

今後はスクールバスで送迎するとのことだが、
もっと早くにそうすれば良かったのだ。

自分も危険な通学路の整備の訴えをした経験はあるが、未だに改善されていない。
幸い、酷い事故が無いから良いものの、
マスコミが問題提起して話題にしたり、
人の命が犠牲にならないと動かないのは何故なのだ?


B784_tokyowanmagic_TP_V

最近特に感じるのは、
日本という国は、子ども達の命、生活を後回しにしているということ。
子ども達の幸せ、健康、命を守ることを
何より最優先にしてほしい。

今だけ、自分だけ、自分の利益だけしか考えない大人が
若い人達の未来を暗くしているのではないかと思ってしまう。

守られたかもしれない命を思うと本当に悔しい。







千葉の八街市で、小学生の列にトラックが突っ込んだ痛ましい事故。
このような事故が起きると
いつも、何故よりによって子ども達の列に?と腹が立つ。

飲酒運転だなんて、怒りしかない。
事故するなら人を巻き込むな!だ。

高齢の寿命がきた親を看取った後でも
こんなに色々考えるのに、
もし、自分の子だったら?

まだ、小学校に入学したばかりの我が子が、朝出て行ったまま
こんな事に巻き込まれたら~と思うと
胸が張り裂けそうで、どうにかなりそうだ。

「諦められない。信じられない。何故我が子が?」
「あと何分か早くor遅く家を出ていたら、
休みの日だったら、助かったのに」
といくら問いても、答えは永遠にでない。

「あれが最後になるなんて、
もっとこうして置けば良かった、
叱らなければ良かった」
などなど、悔やんでばかりだろうし、
苦しい辛い思いばかりが襲うと思う。

親御さん達のお気持ちは察するに余りある。

テレビのニュースで現場の映像を見た。
通学路にするには、危険な気がした。

歩道もガードレールも無く、国道を車がスピードを出して次々通る。
とても子ども達を安全に歩かせる道とは思えない。
aozora0729IMGL8668_TP_V

私の家の近所も似た様な道がある。

狭い道が多く、車が通る時、身体が車に触れそうになる。

過去に何度か個人的に、市の方に通学路の安全を訴えた事もあった。
学校の役員をした時も、地域の危険な道路の改善をお願いした事もあった。

数年たって、一部は改善されたが、他の場所はそのままだ。

市に通学路の安全対策工事を、学校と地域が一緒になってお願いする機会があった。
近隣の住民や道路に接する土地の持ち主の承諾が必要なのだが、説明をしても、
「いじるな、ほっとけ、子どもがどうなろうが知った事じゃない。
毎年お願いにくるが、迷惑じゃ、二度と来るな」
と言う頑固な老人が何人かおられた事実にも、驚いた。

事故が起きて、犠牲者が出てから、慌ててその場所をどうにかするのは遅いのだ。
この現場も危険場所には含まれていなかったそうだ。
(いや、危険だろう。)

2人のお子さんのご冥福をお祈りします。
怪我をされた子どもさん達が、早く無事に回復されますように。





お腹がかゆいなと思ったら、
ぷつっと赤いふくらみができていた。

ニキビみたいな物だろうと思い、
石鹸で、よく洗った。
ところが、それが良くなかった様で
翌日から真っ赤になり、ふくらみが大きくなった。

ばい菌が入ったのか、化膿してきた。

そう言えば、だいぶ前にも似た様な事があった。

あの時は背中だったので、鏡越しにしか見えなくて
見えないと益々不安になり、
痛みが強くなってきたので皮膚科に行った。

塗り薬が出され
様子を見て見ましょうとの事で
たいしたことはなく、すぐに治った。 

皮膚が弱いので、
ちょっとひっかくとこうなりやすい。

今回も、同じ出来物の気がするから
塗り薬で治す事にした。
防水の絆創膏も張った。

父は、背中にできた出来物を長い間放置していて
後に皮膚がんだとわかり、切除した。
予後の良いものだったので今は完治している。
すぐに治らないできものは病院に行った方が良いと思う。

子育て中は、子どもを病院に連れて行くことが多く、
自分のことは後回しになりがちなのは
どこの親でも同じだろう。
NKJ56_poisonbottle_TP_V

自分の事だけを考えれば良い年齢になってくると
ちょっとした事が気になってしまう。

母の死が予想より早かったことも、その理由かもしれない。

”人はいつどうなるかわからない、
ある日、ちょっと異変を感じ、
とりあえず、病院に行ったらそのまま入院になり、
二度と生きて帰れなくなるかもしれない”

と思うようになった。

母も、元日に入院した時は
本人がそこまで体調の悪さを感じていなかったし、
2週間で帰宅できると思っていた様だ。

「(母の)部屋はそのままにしといて、退院したら私が片付けるから」
と何回も言っていた。
自分もそうなったら辛いし、そんなの嫌だ。

最近、自分にちょっとした不調があると
コロナ?悪い病気ではないかと不安になってしまう。

しかも、コロナは変異するし、なかなか収束しないし、
こんな時に、オリンピックなぞやって
インド株が蔓延したら日本はどうなるのだろうと不安が増している。

いつになったら、明るいすっきりした気分で
皆が自由に活動できて
ストレス発散ができて、
普通に過ごせる日がくるのだろう。




最近、疲れる夢を見て目が覚め、一日中頭が重い日がある。
夢の中で、必死で歩いているのに足が動かなかったり、
時間が無いのに、なかなかやりたい事ができないとか、
焦って頭も身体も疲労したところで目が覚める。

枕が高くて肩が凝ったり、
変な格好で寝ていたから頭痛がしたのか、
無呼吸になっているのか、理由は良くわからない。
 よくドラマなどで、悪夢を見ていて
ガバッと起き上がり、はあはあ…怖かった~みたいなシーンがあるが、
悪夢を見た時は、実際そうなる事が多い。

繰り返し、同じシーンの夢を見る事も多い。
最近では、
「今日も、またここに来たのか。」と慣れている自分がいる。
最近繰り返し出てくるのは、結婚する前の職場のビルとその周辺。

都会の1人暮らしをしている自分だったり、
そこを今の自分が訪ねて行くパターンだったり、ごちゃまぜだ。

現実よりずっと良い建物と環境。
必ず、同じビルが出てきて、必ずそこのエレベーターに乗る。

何階で降りるのか、わからないのに
とにかく乗りたくなる。

ビルの中をウロウロしていると
疲労してくる。
外は夜になり、
帰りたいけど、家がどこかわからない。

どこに帰れば?電車はどれ?駅は?
と迷子になる。
常に自分は孤独だ。

夢のストーリーはいつも同じ。
昨夜は、現在の自分が登場していた。

ビル前の広場を歩いていると、
母に良く似た人が歩いているのを見て、
母のはずがないけど、似ているから母だと思って見とこう。
とその人を遠くから見ている場面もあった。

いつもと同じビルに入り、エレベーターに乗った。

ビルの中のレストランやカフェに入ろうとするが
コロナで開いていない。

疲れてきて、外に出ると、足が動かない。
夜になり、帰り方が分からず、途方にくれるいつものパターン。

PAK85_ohirunenuko20150109092625_TP_V

これは、自己分析すると、私の無意識のストレスや悩みなど、心の問題が
夢に現れているのかもしれない。

夢の中では、いつも1人で行動し、孤独。
出て来る過去は、一番自分らしく生きていた時。
あの頃から、自分の生き方が変わったと思っているのか。

家が分からず、帰宅できないというのは、もう後戻りできない、
これからもどうなるのかわからない、という不安の表れ?

夢は自分にとって、大切なもの。
夢の中で、探し物を見つけたり、
考え事のヒントが出て来たり、
前日の行動で、あれは修正した方がいいよ、みたいな閃き?があって、
助かったことがある。

亡くなった親友の不思議な夢もあったし、
自分の脳から自分へのメッセージみたいなものかも。

ポールがイェスタディを夢の中で作ったというのも
理解できる。(全然レベルが違う!スミマセン(*`Д'))
自分ももっとレベルの高い夢をみたいものだ(笑)
それこそ、結婚前に「この相手はだめ」というメッセージがあったら良かったのに?と思ったり。

これからは楽しかった~と思える夢が増えます様に。

目が覚めた時、音楽がグルグル頭を流れている事も、たまにある。
リクエストできたら面白そう。



昨日、久しぶりに実家の夢を見た。

父の留守の時(父は定期的に自分の実家の掃除にいく)に
母の形見や自分の忘れ物などを取りに行かなきゃと気にしているからかな。

父(弟も)が勝手に処分したりどこかにしまい込む前に。

行けるとしたら、夏休みあたり?

オリンピックもあるし、ワクチンもうち終わる頃。
その頃は、インド株が広がり始めているかも?

タイミングが難しい。

そんな事を心配しているからだろう。

夢の中では、一瞬で実家に移動していた。

何故か、父も弟もいた。
母の形見を取りにいく夢だから、母はいないはずだが、
夢の中にでてきたような?曖昧だ。

母が生きているうちは
実家の夢をよく見た。
いつも両親は若く、昔のままの実家だった。

昨日の夢は、現実そのままの夢。

母が亡くなる5日前、
「5分置きにふーっと眠くなる。すぐに鮮明な夢を見る。
いつも自分の実家にいる。亡くなった母親や姉が出て来る。
目が覚めると5分しか経っていないのよ。その繰り返し。」
と、キョトンとした顔で話していた。

あまり嬉しそうでは無い母の表情が印象的だった。

nekocyan458A6582_TP_V

もしかしたら、お迎えだと気が付いていて、
まだ来ないでほしかったのかも。

私は、夢の中で母に会いたいと思う。
いつか、私の最期に迎えに来てくれるのは母だろう。

お迎え現象や臨死体験は、脳の機能の衰え、脳に組み込まれたプログラムなどと言われるが
血流も悪化し、機能が衰えた状態で
そんな力が残っているのだろうか。

あの世があるかどうかは、誰にもわからないが
不思議な事が起こるのは何故だろう。

過去の事だが、我が子が事故に遭い、奇跡的に軽傷で済んだ時、
不思議な体験をしたと話していた。
またいつか、その話題もしたいと思う。

自分の不思議な体験と言えば、
最初の出産後、医師の処置が悪く、子宮内感染を起こした私は
夜中、突然の腹痛に耐えられず、家で気を失ったことがある。

目が覚めた時、再び腹痛が襲ったが、
しばらくすると落ち着いた。
気を失うまでの行動の記憶が無く、どの位の時間倒れていたのかもわからず、
覚えているのは、ものすごい数の人が倒れている私の周りに立っていて
私をどうするか?についてがやがやと話をしていたこと。

あれは何だったのだろう。
気を失っていた時に見た夢?
臨死体験?
未だに良くわからない。

とにかく、二度とあの体験はしたくない。



今日は疲れた…



先日の開かずの物置を、ちょっと覗いてみたら気になってしまい、
割と涼しいし、半分だけやってみようと思い、手をだしたら…
結局全部片付けてしまった。

奥の段ボールを置いた記憶が無い理由がわかった。
夫の物だった。しかも中はゴミだった。
捨てる予定の物を、面倒臭くて押し込んでいったのだろう。

夫はこのゴミを置いた事を
すっかり忘れているはずだ。
どっちみちカビてひどい状態になっており、
捨てないといけなかった。

ゴミや段ボールを捨てたら引っ越し?と思われそうな位のゴミが出た。

全くもう、こんなところに押し込んでいたなんて!
と腹がたって、イライラ。
自分で掃除も、片付けした事もないし、出来ない人。 

家にずっといたら、家の中のあちこちが
夫のゴミまみれになっていたかも。

そして、人には「妻が掃除がへたで」と言うのだろう。

終わった頃には、へとへとで、
重い段ボールを数個、出したり、中腰で作業していたので
腰痛まで出て来た。
殆ど、夫のゴミの片づけで時間を過ごしてしまった。
HIR86_danborukarakaodasu20140614_TP_V

終わったらくたくたで、頭痛、腰痛が。

子育て中を思い出した。
こんな風に一日中、動いていたなあと。

いかに今、楽になってるかということだなあ。

その分体力も気力も無くなったけど。

夫に怒りが沸いたが、片付いた物置と、
処分したゴミと段ボールの山をみたら
気分がすっきりした。

これが、夫との縁を切る為の作業だったらなあと思った。
向こうに送りつけてやろうかとも思ったが、
そのエネルギーも費用も無駄だし、
また送り返してくるなどの嫌がらせもされそうだし、
捨てるのが正解だ。

さてお風呂に入って、気分転換だ。

今夜はぐっすり眠れそう。



知りあいからラインがきて
「企業枠でワクチンを早くうてそうなんだけど、今うつべきか迷うわ。どう思う?」
 と相談された。

まだ30代のその人は、市の接種ならば
2回目が終わるのは、8月末以降になるのではないかと言う。
企業枠なら、7月中には打ち終わるそうだ。

多くの人に接触する仕事の為、
感染リスクが高く、毎日不安な気持ちで仕事をしている。
聞くと、マスクをしていない人も来るし、
大きな声でお喋りしながら、密になっていたり、
中には赤ちゃん連れの人もいるので
神経を使うという。

だから、ワクチンは早くうってしまいたい、
と思ってはいるそうだ。

ただ、まだ日本では、若い人の摂取がこれからで、副反応に関する情報が少ない。

医療関係者の若い人で、すでに打ち終わった知り合いは
副反応が強かったそうで、2~3日寝込んだそうだ。
「熱と倦怠感で動けなかったので、食料や薬を準備しといた方がいいよ」
と言われたそう。

回復するから良いけれど、自分がどうなるかは
うたなきゃわからない。

女性の方が多い傾向にあるのは、
ワクチンの量を体重別にしていないからでは?という説もある様だ。
KMIMG_9301_TP_V

実際どうなのかはわからないが、
子どもに接種するのは不安が大きい。
歳とった私でさえ怖いのに、若い人、お子さんのおられる方、
無事終わるまでは心配だろうなあ。

痛いとかそういうのはどうでもいい。
打った直後は何ともなくても
数日後に急死された方も多く、ほとんどが脳内出血の様だ。

ワクチンは打ちたいが、やってみなきゃわからない。

なにせ、人体実験しながらという状態に近い。

陰謀論は嫌いで、ワクチンを否定はしない。
重い副反応さえなければ、必要だと思う。

相談してきた友人には
「不安なら、急がないで市の方でやったら?できれば病院の方が何かあった時安心よね。」
と答えてみたが、どうするかは、当人の決める事。

多少、何か副反応があっても、後遺症が残らず、
数日中に回復するなら構わない。

腕の痛みや熱、だるさ位なら全然自分は気にしない。
頭がふわっとするとか、吐き気などの気分の悪さが嫌いだ。

祈るしかない。


↑このページのトップヘ