りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: 夫のこと


アマゾンプライムで、「ムーンフォール」の配信が始まり、
早速観てみた。

宇宙の広大な映像や、月の軌道が狂って、地球に大災害をもたらす映像など
丁寧で迫力ある映像。

大スクリーンで観たい!

ストーリー、登場人物の設定がシンプルで疲れない。
何て言うか、押しつけがましくないというか、
好感が持てる創り方というか。

「インデペンデンスデイ」の監督が作ったと言えば、なるほどと言う感じ。
 専門家にはいまいち評価が高くなさそうだが、
私はこれ位の作品がちょうどいい。



640
                   (C)2022 UK MOONFALL LLP All Rights Reserved


登場人物の濃いキャラやストーリーを強調したり、
いかにも肉体系の熱いヒーローを活躍させるよりも、
映像を楽しませることを重視している感じがいい。

好きな俳優で選ぶ映画やドラマもいいが、
映像で選ぶ作品も良いなと思う。

こういう話題は、子ども達と盛り上がるから嬉しい。
素直に何も考えなくていい。
会話って、それが当たり前だと思うのに、
NPDが相手だと、嫌味言われたり、嫌がらせされたり
楽しい話もぶちこわされる。

友人や配偶者には、素直に何でも話せて、
楽しいことは一緒に楽しんでくれ、お互いに共感できる人を選ぶのが良い。

が、それを見抜くのが難しいのだ。
NPDは、ターゲットを信用させるまでは、
演技がうまいから、本当に良い人、自分の理解者のふりをする。

NPDの人を自分の世界に入り込ませてしまった不幸を
つくづく後悔する。


先月だったか、夫が変な事をメールしてきた。
僕の相続したお金をあてにしても無いよと。
??相続は、1円ももらえなかった。と言っていたはず。
あてにするどころか、内緒で全部夫が使うに決まっている。
夫がお金を大事にするわけがないから、
どうでもいいし、人んちの財産とか考えた事も無い。

それと、自分に貯金が無いのは、家族が全部使ったからだと言う。
は?どこに貯金があった?いつ家族に使った?
そもそも、家族に使って何が悪いの。
家族の生活費まで自分が使っといて、何を言ってるのか。
おそらく、世間にはそういう事にしているのだろう。
使ったのは夫の方。子どもの貯金まで。
自分の嘘を自分で信じてしまう。

他人のお金も搾取してきた奴に言われたくない。

悪い事は、投影して人のせいにする。
それで、夫の本音がわかる。
自分が人に寄生し、搾取する生き方をしてきたのに、
自分が搾取された、利用されたと言っている。

夫は私が自分を頼り、絶対離れず、
老後もしがみついてくると自惚れているのかもしれない。
でも、ケチだから、少ない年金を妻との生活費に使うのは嫌なはずだ。
OHT96_higaochitasougenoki_TP_V

現実は反対。
夫の方が、家族をあてにしている。
今後、いずれ私が親から相続する財産があるはずと思い込み、
あてにしているのを、結婚当初から感じて来た。
妻子だけでなく、妻の実家からも搾取する人。

その手には乗らないが、夫のやり方は姑息。
演技をして近づいてくるのが目に浮かぶ。
もう騙されないのに。

私がもし今「大金が入った」と夫に言ったら
すりよってくるに違いない。
ばればれな演技をして、すぐに帰宅するだろう。
そして、毎日遊んで暮らすはずだ。

私が拒否して、縁を切ると言えば、
「金の亡者か。金さえあればいいのか。これまでの俺様の恩を忘れたか」
と罵倒するだろう。そして、慰謝料だの何だのと、請求し
泣いてみせたりして、罪悪感を持たせる作戦を使ったり、
みっともない姿を見せるだろうなあ。

実は以前、夫が誤解して、上の様な言葉を吐いたことがあったのだ。
NPDは、欲をむき出しにする。



NPDの特徴の一つ。
家族にお金を使わないで(経済的DV)、自分は沢山お金を持っている場合。
家族=困った、辛い、ひどい夫で父親だ。と感じる。
夫=俺様はお金がある。楽しい。

なのだが、ここで夫は
家族=夫はお金を持っている。凄い。幸せ。
と思っている。
自他の境界が無いので、
自分=自分以外の人、と思っている。

だから、どんなDVをしても、
自分が幸せなら、家族も幸せなはずだと思い込む。
家族から抗議されると
「幸せなのに、文句を言うとはとんでもない贅沢な奴だ」
と怒る。

夫のおかしさを指摘しても、
こちらがおかしいと、突き放されるだけ。

相手の気持ちを想像できない。

いざ離婚調停になったとして、
あまりに訴えたい事が多すぎて、うんざりする。
調停委員は、すぐに理解してくれて
夫に説教してくれそうな気もする。
が、夫は私の被害妄想だとか、自分がいかに努力してきたか、
を熱弁し、全否定するだろう。

そんな事を考えたら、調停は無駄に終わりそう。
うやむやになり、裁判にするしかなくなる。

そこまでエネルギーを使う価値はない。
若いなら、もっと頑張れそうだが、
もうこの年齢では消耗したくない。
ellycollection008_TP_V

私の意志表示に対して、相手がどう態度を変えるかだ。
ストーカーみたいになったり、
嫌がらせや、子どもに執着してきたり(すりよる)
悪化するのは困る。

クールに「自業自得よ」と言ってさよならしたい。

そのうち、病気になっても、お金に困っても
誰も頼る人がいないことに気が付けばいい。
失ったものの大きさを知ればいい。
それでも、自分は被害者だと家族を責めるだろうが、
もうどうでもいい。

どうでもいいと思えたら、洗脳がとけているそうな。
怒りが沸いたら、どうでもいい、と思う事にしている。
自分の周囲にいない方がいい、記憶から消え去りたい、
そんな人、いたっけ。どうでもいいわと思うことにする。

縁がきれて、本当にどうでも良くなる日がきますように。


少しづつ夫と縁を切る心構えをしようと思う。
チャンスがいつ突然来ても良いように
慌てず、スムーズにいくように。

まずは、年金分割の準備。
簡単かと思っていたら、結構面倒。

まずは「年金分割のための情報通知書」が必要。
離婚前でも、1人でこっそり請求できるようだ。
50歳以上で、老齢基礎年金の受給資格が認められる人は、
見込み金額を教えて貰える。
この申請は、郵送でできるし、
書類はダウンロードできる。
離婚が延びた場合は再請求できる。


情報通知書を前もって手にしておくと、
分割の内容がわかりやすくなる。
調停になったらこの書類が必要。

離婚届けを出したら、2年以内に分割の手続きが必要。
標準報酬改定請求書を提出する必要がある。

合意が必要な期間がある場合は、合意書を作り、二人一緒に年金事務所で
手続きしないといけないそうだ。
代理人でもよいので、自分なら夫の代理人を誰かに頼むつもり。
その前に、ケチな夫が合意するかどうか。
離婚もごねるか、嫌がらせで変な条件をつけてきそうだ。

平成20年4月以降に3号被保険者期間があれば
その部分は合意なしでOK.。

ざっくりな書き方で、わかりにくい内容だが、
これだけでも、うんざりしてくる。

早速、情報提供請求書をダウンロードして、
4枚の用紙に記入してみたが、
記入内容は、たいした事は無かった。
が、面倒だったのは
年金加入の記録を全て細かく書く作業だ。

若い人や、転職していない人、転職の少ない人なら簡単。
うちの夫の記録を書いていると(年金ネットを見ながら)
凄い量になった。とにかく転職、失業が多く、
記入用紙が足りず、2枚になった。

TKL0614_2_TP_V

これを夫に書かせたかった。
書くわけないが。自分の年金が減る書類なのだから。

記入する作業が、結婚生活を振り返る事になり、
嫌なことばかりだったのを思い出して悲しくなった。

夫は、未納期間も多く、一般の人より受給額は少ない。
その少ない年金から
僅かな金額であっても、分割させるのだ。

人格が歪んでいる夫は、
何を言っても開き直り、人のせいにする。
年金記録は、夫の人格を表す記録。

夫は、認めたくないことから目をそらす。
思いたい様に思い込む、自分に嘘をつく。

いざ、現実を突きつけられると
これはおかしい、政治が悪いの何だのと
自分のことは棚に上げ、世間のせいにする。

こんな奴だから、縁を切るのも厄介なのだ。

それでも、できる範囲での準備はしておこう。
まさか、私がこんな事を考えて居るとは思っていないだろう。
ざまーみろだ。





続き

夫からの手紙には、御詫びの言葉がずらりと並んでいた。
”あれは、本当の自分じゃない、色々うまくいっていない自分に比べて
君が充実した生活をしているのが羨ましかった。
つい、子どもっぽい意地悪をしたくなってしまった。
自分が恥ずかしい。
本心は、全く違うし、これからも仲良くしてほしいので許してほしい。”
みたいな内容だった。

今となれば「こんな素直な俺、カッコイイ」と自己陶酔しているような文だった。
当時はあまり夫の事を知らず、私も若くて未熟だった。
世間知らずで、人格障害という言葉も知らなかった私は、
素直にその内容を信じてしまった。
素直に自己分析をし、すぐに謝れる人なんだと。

今の私なら、「これは、NPDの特徴で、ターゲットが離れようとすると、
急に優しくなったり、泣いて見せたりして、引き留めに入る作戦だ。
騙されたら、また同じことの繰り返しになる。」
と、用心して騙されないぞとなる。

そう思っても、演技に誤魔化されてしまい
結果共依存になっていく人が多いと思う。
相手を信じた方が楽、という現実もある。
人を疑い、抵抗するのはかなり疲れるのだ。
流されて当然だと思う。

手紙が到着して数日後から
夫は積極的に連絡をしてきた。
きっと、あの時私をターゲットにしようと決めたのだろう。

不思議なのは、何故強い抵抗にあったのに私をターゲットにしたのか、ということ。
たまたま、あの時、別のターゲットを失っていて
追い詰められていたのかも。
落ち込んでいたという事は、そうなのだろう。
ちょうどそこへ、現実逃避先となる私が現れたわけだ。

仕事が好きそうに見えた私をうまくコントロールして働かせ、
一生搾取して、楽ができそうだと勝手に想像していたことも考えられる。
まずは、手紙で様子を見て、
うまくいけば捕まえよう、という作戦だったのだろう。
31ellyri529F_TP_V

まんまと騙された私は、ちらほらと現れるNPDの本質に違和感は感じたが、
その都度、抵抗したり、離れるしぐさをすると
必死で言い訳していた。
酷い時は、嘘泣きもしていた。それがまさしくNPD.

当時、人は変われると思っていた。
結婚したら、子どもがうまれたら、とその都度期待した。

結婚したら、子どもができたら~人格がまともな人なら
責任感が出てきて、失敗に学びながら成長していく。
仕事も同じ。経験や失敗が人を成長させていく。

人格障害者は、逆に悪化する。
結婚すれば「もう逃げられないぞ、こっちのものだ」
と、本性を出す。
子どもが生まれると「子育てで動けないから益々逃げられないぞ、いう事をきけ」
となる。
口で宣言しないで、そうなるようにずる賢く、追い詰めていく。

抵抗しようとすると
「ああ、お前もそんな人間だったか。残念だ。僕がこんなに苦労しているのに」
みたいに、罪悪感を持たせたり、
「そんな事を言うと、~なるけど、それでもいいの?」
と脅して、不安にさせていく。
ガスライティングだ。



もうかなり昔の話。
夫との出会いというか正しくは再会なのだけど、
久し振りに会ったのに、最悪だった。喧嘩別れをした。

今思えばあの時の夫の行動に夫の本質が露呈していた。
当時は、人格障害の研究も、モラハラ、DVという言葉も
世間には知られておらず、私は若くて無知だった。

お互い遊び仲間の一人で、顔を知っている程度だったし、
共通の友人の事を聞きたくて連絡したら、
久し振りだから会って話そうと誘われたのだ。

その時の夫は、共通の友人の話題になると、批判ばかりしていた。
「あいつは俺に相談しないからだめなんだ」
が口癖だった。
まだ人生経験も未熟な年齢だったし、相談するほど信頼関係が無いかもしれないのに
どんな人でも、自分の指導を聞くべきだ、みたいな
それこそ、何様?と言いたくなる、当時から自惚れた奴だった。

夫は、当時から悪徳商法に騙されている風で、
自分がいかに勉強熱心か、優れているか、努力家かを話していた。

悪徳商法であることは、当時すでに有名な会社であり、
それ位の情報は知っているはずと思ったが、
当時の夫は、信じ切っており、
そういう事にお金をかけるのは立派な事だと自慢した。
私は、黙って聞いてはいたが、賞賛や同意できる話題は無かった。

嫌な話ばかりしてくるので、話題を変えようと、
当時、都会の真ん中で忙しく働いていた私は上司に恵まれ、仕事を覚えるのが楽しいと話した。

すると、夫は、それまで笑顔で穏やかな態度だったのに、
目を吊り上げ、口をとがらせて言った。
「ふん、君は社会をわかってないね。何様なの?どうせ何もできないんだろう。」
と不機嫌というか、必死でマウントとろうとしてきた。
bobsan-10171_TP_V


で、あの頃、おそらく私は、弱くて、自信が無くて、
思い通りになるタイプだと思われていたのだろう。
友人の批判をしたり、(悪徳商法に騙されてるとも知らず)お金をだして
勉強していると自慢をすれば
私が「わあ凄い!尊敬するわ」
と一目置くとでも思ったのか.,
うまくいけば、そのまま洗脳、支配できると期待していたかもしれない。

一言も称賛せず、自分の仕事の話を活き活きと話してきたのが
予想外で、気に入らなかったのだ。
どうにかして平伏させよとうと、むきになったわけだ。

その時の、夫の顔つきが本当に酷かった。

あの時、私は何がなんだかわからず、腹が立ってきて、
「今のあなたの態度はとっても失礼よ。意味がわからない。
せっかく楽しくすごそうと思ったのに不愉快よ。そんなに私が嫌いなら帰る。
さようなら、もう二度と会う事は無いでしょう。」
と捨てセリフを吐いて、私は席をたち、お金を払い、さっさと帰った。

タクシーを待っていると、慌てて追いかけて来た夫が
あたふたして、意味不明なことをぶつぶつ言っていた。
タクシ―に乗り込む時に、
夫が寄って来たので、再度「もう二度と会う事はないから安心して。」と嫌味を言った。

当時の私は、夫に関心も無く、
どうでもよい人だったので、本当にもう会わないつもりだった。

ただ、大事な時間を無駄にさせられた怒りは引きずっていた。

その後しばらくして、夫が電話をしてきたが、でなかった。
すると手紙が届いた。





何となく知られてはいたものの、宗教と政治の関係、
カルトの問題が再びマスコミに取り上げられている。
この機会に膿をだしてほしいが、簡単ではないだろう。

事件とは関係なく、カルト信者2世の苦脳についての記事を読むと
心が苦しくなってくる。
表には出ていない多くのカルト2世が、どれだけ犠牲になってきたことか。

ネグレクトの問題が一番胸が痛む。
家庭より、活動を優先した母親、
山岸容疑者は幼児期に「ママがいない!」と裸足で外を泣き叫びながら探していたそうだ。
食べる物も無いまま、子どもが放置され、家庭は破たんし、
家族の命まで奪われる結果になるなんて
何のための信心なのだろうか。

大きな宗教団体でなくても、
偽占い師にのめり込み、お金をつぎ込み、
結果、家族を失ったり、家を全焼させたりと
救いを求めたはずが、不幸ばかりが続いた義実家。

それでも、夫の母は、活き活きとして、
自分の買い物と、占い師にお金を使い続けた。
「私の言う通りにすれば救われる」と
霊感商法に利用されたが、何も良い事はなかった。
それでも、目は覚めず、自分は正しいと信じたのが夫の母。


PPS_kanegatanohuurin_TP_V

子や孫にお金を使うのは嫌がり、
自分の欲しい物と占い師に使う事を優先していた。

夫は、カルト2世とは言えない。
そんな母親に同調して良い息子に思われようとし、
止める事も無く、賛成していた。
何でも母親が言うことは正しいと信じて。

山上容疑者の母親も、自分の(宗教の)せいではないと言っているようだ。
実際詳しい情報が無いので正確なことはわからないが、
自分の信仰は正しい、絶対に悪くないと信じて居るのだから
我が子の苦しみも理解できず、人間らしさを奪われる、洗脳と言う罪は
本当に恐ろしい。

ある意味、夫が容疑者の母親と重なった。
自分が原因で我が子が苦しんでいても、
他人事の様に、自分は何もしていない、悪くないというだろう。

自分の為なら、我が子の人生まで奪い尽くす、そんな悪魔に思える。







NPDの人と離婚調停や裁判をすると
「自分の方が被害者」的な反論をするので
解決しにくいという例を聞く。
調停委員にも、理解してもらいにくいらしい。
口がうまいし、騙すのは得意だから。

夫の場合、悪知恵だけは働くので、
普段から証拠を残さないようにしているのがわかる。
自分からは~しろと言い出さないし、メールにも残さない。
やり方が陰湿で、相手にそうせざるを得ない状況に追いつめ、
やむを得ず相手がフォローすると、感謝どころかふてぶてしい態度で
「自分は指示していない、何も知らない。勝手に相手がやった」
と言う。
ellych52819_TP_V

自分の尻ぬぐいをさせといて、御詫びや感謝なんてとんでもない、
人が自分の犠牲になるのは当然と思っている。
自分が責められないよう、最初からそのつもりで計算している。
親から叱られないように、嘘をついてとぼける幼児レベル。

こんなクズ人間相手に、
揉めずにうまく縁を切れるのか。
慎重に考えて行動したい。

大災害、感染症、元総理の事件など、
まさか今?という事が連続すると、
世の中、いつどこで、何が起きるかわからないと感じる。
それが、今後良くなる方向へのきっかけになればいいと思う。
あきらめないことだと自分に言い聞かす。



続き




夫の行動は自己満足の異様な妄想の世界にいて、幼稚で滑稽に見える。
私から言われた事なのを忘れて
私にそのまま偉そうに指導してくる。

私が夫に注意する内容なんて、大したことじゃない。
普通の誰でもわかっていて、実行していること。

それを私に説教してきて、
「それ、以前私が言ったことよ。」
と、言い返すと、
脳がバグった顔になり、聞かなかったふりをしていなくなる。
その逃げる様子が幼児に見える。
爪を噛み始めたりする時もある。
そうやりながら、記憶を消すか塗り替えているのだろう。

かといって、放置できないこともある。
その時は、しつこく言うしかない。
NPDは、元来気が小さいので、このままだとこうなるよ、とか
損するよとか、不安にさせたりして
やるべきことはやるように仕向ける。

それがとても疲れる。
大人なのに、偉そうにしているくせに
いちいち人から言われないと、何もできない奴。
「成績だけ良くても、人格や能力のない人間が偉そうにしている」
と夫はいつも人をけなす。
が、この言葉、夫そのものだろう。
06ellyri529A_TP_V

人のものは自分のもの、と平気で搾取する。
騙して、吸い尽くし、利用しまくった後は、平気で捨てる。
だから人から恨まれる。
それでも自分に原因があるとは思っていない。
いつも自分が騙された、妬まれたと被害者面をする。

家族に対しても、全て損得。
子育てにお金がかかるのは、損。
だからいらないと。
子どもの存在そのものが宝とは思っていない。

自分以外の人間は、いかに利用できるかしか頭に無い。
子どもにお金のかかる時期は逃げて、
かからなくなった今からは、利用することしか頭にないだろう。
だから、私が子ども達を守らないといけないと思っている。

自他の区別が無く、家族は自分と同じ気持ちで当然と思っている。
家族にDVをしても、苦しめても、嫌うはずがないと。
自分が楽しかったから、家族も楽しいはずと。
自分の幸せを一番優先し、自分のことは犠牲にするのが
良い家族だそうだ。
何言ってるの。馬〇だろ。といつも思う。
                   続く                      
             


自己愛性人格障害=NPD
夫がこれだと気が付いてからは、
堂々と抵抗ができるようになり、自分が悪いのではないと
自信が持てて救われた。
NPDは、とにかく相手のせいにする。
夫の場合、その場しのぎの生き方、計画性も無く異常にだらしないのに
とっさに誤魔化す能力だけは高い。
嘘つきで悪知恵だけはよく働く。

今では、夫の嘘に対して駆け引きができるようになったが、
最初の頃は完全に洗脳され、子どもと共に人生を振り回された。
それでも、悔しくて、おかしいことはおかしいと言っていた。
話し合いができる相手では無く、
自分だけが消耗し、体調も崩した。

NPDは、話題をすりかえる。
相手が悪いという結論に強引にもっていく。
話すだけ無駄。

かといって、こっちだけが我慢し、黙って好き勝手にさせるのは悔しい。

できるだけ、理不尽な言い分は無視し、
最後は冷たく突き放し、自業自得と笑ってお別れすののが理想。
孤独な末路を期待する。

それでも、やっぱり腹がたつ。
色々、言いたくなってくる。
その度、想像してみる。
すると、やはり話しても無駄という結論になる。
elly21515C1861_TP_V

例えば、NPDは、自分が言われた事を相手にそのまま投影して跳ね返してくる。
過去を思い出すと、
人との約束を平気ですっぽかした夫に
「相手の方にきちんと謝らないと」と私が言ったとする。

夫は、自分は悪くないと言い訳を並べる。
最後は「そんなに約束を破られるのが嫌な人間なら、約束しなきゃいい。
あいつはそんな嫌な奴だったのか。こっちから縁をきりたくなる」
とさえ言い出す。
それはおかしいと更に私が、忠告すると
「何を偉そうに。その態度気を付けた方がいいよ。」
と、今度は話をそらしてくる。

それと、オウム返し。
こちらの言う事をそのままこちらに向けて跳ね返す。
「お前こそ、人に謝るべきだ。」
と、言われた事をそのまま相手に言う。
この時は、病的な感じがした。

”自分が人から注意やアドバイスされることが間違いである。
自分が人に指導する立場なのにあいつは何様だ。”と、忠告された事を根に持つ様だ。

どんなに自分にとって正しい、有り難い忠告でも同じ。
内容なんてどうでもいい。それを恨むのだ。

で、それを他の誰かに復讐して発散する。
忠告された自分を誰かに置き換え、指導する自分を演じて記憶を改竄する。
注意された自分は消え、指導した自分が残る。

だから、私が夫に何か注意すると、
その後、夫は誰かにその復讐をする。
それを思うと、もう何も言えなくなる。   続く



↑このページのトップヘ