りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: 夫のこと


 夫はまだ引越したことを連絡して来ない。
もう4カ月過ぎているはずだ。

SNSで引っ越しの話を細かく書いているから、間違いなさそう。

私がSNSを見ているとは思っていないはず。
自分の書き込みを見ろと言いながら、「どうせわからんだろうな」
と、馬鹿にしていて、まさか私がブログを書いたり、
PCを触っている事も、見たことはあるはずなのに
何もできない、SNSを見る事もしないと思っている。

思いたいように思う癖があるから、
全ての女性は、自分より劣っていると思いたいらしい。
職場で優秀な女性上司のことを
「社長に気に入られただけ。所詮女だから」
などと負け惜しみを言っていた。
誰がどう見ても、夫より、優秀、有能な人に向かって。
「見苦しい」それが夫を表現するのにピッタリ。

郵便物は、前の住所に送るしかない。
夫はそれを承知なのだから。
もう届いたはずだが、何も言って来ない所を見ると
まだ教える気が無いということか。

夫は転職を繰り返す度に引っ越している。
くびの連続だし、現実逃避で離れたところに引越すのだ。
その都度、費用がかかり、どれだけ自分の都合で浪費したことか。
これが、もし私がやったことなら
ボロカスに無駄なお金を使いやがってと言われた事だろう。

とても、家族の為に働いている人のやることではない。
家族の為は嘘だし、自分の為だし。

「引っ越した」とは絶対言わずに
「そこに送っても受け取れないと思う」みたいな変な言い方をする。

「引越した。」の一言を言いたくないようだ。
何故なら、夫の引っ越し=くび の意味だから。

引越したの?と相手に言わせ、自分はイエス、だけを言って済ませたいのだ。
何故?と聞かれたら、また相手のせいにするだけ。

認めたくないことを他の言い方ではぐらかし、
言葉にしたくないのだ。

できれば、遠まわしな表現をして、
相手に忖度させ、話題を避けたいということ。

でもし「何故、連絡くれなかったの」と言われたら
「あの時、当然感じ取ってくれたかと思っていた。
聞いて来ないお前が悪い」となる。
006ameman54_TP_V

目の前で、夫が道にゴミを捨てたとする。
「ゴミを捨てたらだめでしょう」と注意したとする。
その時の夫の行動は、
目の前の捨てたゴミを見ずに
キョロキョロと不自然に頭を動かし
「え?どこに?ゴミなんか見えないけど」ととぼける。
「ほら、そこに、今捨てたでしょう」と指をさしても
キョロキョロするだけで、
「何の事?見えないけど」と言って逃げるのだ。

どう見ても、ふざけているように感じるが、
夫は本気でそんな振る舞いをする。

最初、そこまで現実逃避をするのかと驚いた。
この人、自分の姿を見て恥ずかしくないのだろうか、
とぎょっとした。

家族には嘘ばかりついているから
辻褄があわない行動は、内緒にしたいのだろう。

嘘をつきすぎて、自分でその嘘に縛られているだけじゃないか。

今更引っ越したことなんて何の関心も無い。
すぐに責任から逃げるのだから、
転々とするのも想定済。

お金が無いふりをしているけど旅行したり、
これまで同じ嘘を何度繰り返したのか。
またですか。はいはい。さようならとしか反応したくない。

が、夫の頭の中は、ずっと昔のまま止まってて
まだ家族が自分に期待していて、すがりついてると思っているのだろう。
そう思いたいのだろう。
いったい何年経ったと思っているのだ。

引っ越したことを家族に教えないで困るのはむこう。
こっちは何も困らない。

言って来ない以上、これからも前の住所に送り続ける。
夫宛の郵便物を転送する位だけど。

年を取り、誰も周りにアドバイスをする人がいない生活が長く、
おそらく、ガチガチの頭で劣等感も最大になっているだろうし、
モラハラ気質が更に悪化していることだろう。






弟は顔の麻痺が治らないのを、父へのストレスが原因だと言うが、違うと思う。
他にストレスの本当の原因があると思う。
弟には、話題にしたくない、隠したい悩みがあるなと私は感じる。

絶対に本心を悟られない様にしているのだと思う。
だから、麻痺が治らないのだ。
正直に喋ってしまえばいいのに、
世間体や、競争意識から、世間に嘘をついているのかもしれない。
私にも。親族にも。
いくら裕福でも、幸せとは限らない。
これまでは、お金で解決できたのだろうが
お金ではどうしようもない悩みなのだろう。

それも、弟の自業自得。仕方が無い。
私からすれば、生活の心配が無いという事だけでも
充分恵まれていると思う。
私とは、幸せを感じるハードルが違う。
elly21515C1863_TP_V

お金は無くても、
自分には(夫抜きの!)温かい家族という宝物が残っている。
人を利用したり、陥れたりせず、堂々と生きて来たから胸を張れる。

弟のストレスの原因はだいたい予想がつくが、
真実は本人にしかわからない。
私には関係ないし、聞いても弟は答えない。

私のストレスと言えば、老後の心配と夫の存在。
以前に比べれば、全然楽になった。

逆に、ストレスが増えて来たのは夫の方かもしれない。
若いうちは、現実から逃げれば何とかなると
自信過剰だった。自惚れが酷かった。
今は歳を取り、失敗から逃げ続け、何も残っていない夫。

最初から私は予想していたが、わかっていないのは本人だけだった。
だから言ったのに!と言いたいことばかりをしてきた。

おそらく、夫は老後も逃避しようと企んでいると思う。
どこに逃げて、誰をターゲットにするのかはわからない。




私が思うに、父の本音は、弟が言う事とは違う。
ただ、頑固で高齢になり、
被害妄想も出てきて、素直でなくなったという面もある。


母に対しての行動は、許せないが、
子に関しては、仲良くしたいという願望はきっとあると信じている。

ただ、カッコ悪いから自分から折れないだけ。
典型的な昭和の頑固親父。
娘との関係がうやむやに元に戻る事を、父は期待していると思う。

でも、母の形見をあんな風に扱うのは許せないので
私がまだ父と会いたくないだけ。
弟に言われたからではなく、自分の意志。

何故、弟が私をコントロールしようとするのか。
結局、両親の影響を受け、差別意識が染みついているのかも。
それについても、話した事もある。
弟は差別はだめだ、自分だけ特別扱いだなんて嫌だ
と言っていたが、それでも、つい無意識の中に親の真似をするのだろう。

それ以外に、父に私が嫌われている方が、弟にとって都合のよい事があるのか?
NS6012_otoomenosusume_TP_V

父親に姉より自分を評価させたいという願望?
相続を有利にしたい?
嫌いと言いながら、自分は父には同調している。
会いたくないと言いながら、頻繁に会いに行き
頼まれないのに自分から車出しをやっている。

それはそれで助かるし、どんどん親へ恩返しをやってほしいが
家事はいっさい手伝わない。
どんなに汚れても知らん顔しているのは困る。
嫌っているからではなく、元々したいこと以外はしない弟夫婦。

父が嫌いだ、ストレスだと言う割にはそうは思えない。

普段は私を父から遠ざけ、いざ、実家で面倒な家事や作業をしなくてはならなくなったら、
その時は、私に父と仲直りしてと言い出すだろう。
私を作業要員にしたくてそう言ってくるのは予想できる。

奥さんに頼むこともやらず、好き放題させ、親や姉を馬鹿にされてもかばい、
嫌なことは私にやらせようとしてきた。

私は、弟の指示は受けない。やる時は、自分の意志で決める。
そして、おかしい事ははっきり言うし、断る。

弟のそういう裏の面を知っていたのに母は注意しなかった。
息子に嫌われたく無くて言いなりになってきた。

結果、母自身に返って来た。
人生の最期に息子に落胆したままで逝ってしまった。
弟との最後の電話で、弟を叱りつけ、
弟嫁との面会をきっぱり断ったのが、せめての母の抵抗、意志表示だった。





髪がのびてきたので
美容院に行かなきゃと思っていたが
自分で毛先を切っているうちに、あれ、これでいいじゃんと思い、
結局行かずじまい。
それでも、髪にお金をかけていないのはまるわかり。

若い時は、固いくせ毛だったが、
今では細くなり柔らかくなっているところに
白髪染めのダメージで薄くなってきた。

白髪染めは止められないが、パーマはかけなくても影響無いのでやめた。
自分でカットした後、カールをかけて誤魔化している。

段々、何をするにもおっくうになっている気が?
子育ても終わり、家事も楽だし、時間はあるのに。
認知症になるぞ。体力、筋力弱るぞと自分に言う。

早朝や深夜まだ暗い時間に、
お茶を飲みながら、洋画を好きなだけ観ているのが楽しくて、
今は1人で気楽に過ごす時間が最高なのだ。

仕事をやめて年金生活になった時、
このまま外出もしなくなり、
気が付くと友人がいなくなっているんじゃないか?なんて不安になる。

そうならない様に、老後は地元に帰って暮らすか、
県外の仲良しの友人の近くに引越そうかなんて色々考える。

もし今、私が黙って引っ越し、居場所も教えないと
妻が家出をした。どんな酷い奴なんだと言われそうだ。
夫は、すでに何年も勝手にそれをやってきたのに。

夫みたいに黙って引っ越しするというのは、
まともな家族ならありえない行動。

ばれる度に言い訳をし、自分を正当化するみっともない人。

sakura430-0_TP_V


夫は、家族をその状況に慣れさせたつもりだろうが、
慣れる訳が無い。
嫌いになっていくだけのこと。

家族はダメで、自分だけが何をしても許されるなんて
考えが甘い。人の気持ちはそれで済むはずが無い。
だから、早くおひとり様になり、
仲の良い友人の近くに引っ越したい。

ただ、子ども達の近くに居て
緊急の手助けを求められた時(今も良くある)
助けてあげたい気もするし、悩むところだ。

先日夫に、縁を切りたいと、ほのめかすメールを送ってみた。
はっきりとした返答は無かったが、無視するということは
向こうにとって、都合の悪い話だということ。
でも、何か考えてはいるだろう。
せこい作戦を?偉そうにするが実はかなり気が小さい。
現実逃避ばかりする。

もしかすると、実家を逃げ場にしようとしているのかも。
私から縁を切られる可能性を感じているのかも。
でも、義兄がいるし、相続でもめているから
実家に住むことは不可能だろう。

どうなろうが、勝手に内緒でやってきたこと。
知った事じゃない。






夢の話に戻ろう。
夫はまた一人で旅行に行っていた。
今日もまだ旅行中。
春と秋に毎年、コロナであろうが旅行に行く(ここより遠い実家にも)
と決めている様だ。

家族にお金を使う位なら、自分で使う方がいいらしい。

向こうで、いくら周りを騙し、家族思いのふりをしても、
信用されないだろう。
もう離婚しているんじゃないか、
家族から嫌われているんじゃないかと思われているのでは。

長年、実家や旅行には行くのに、自宅には帰らないし
家族の話題をしないし、家族を呼んだこともない、
だらしないし、転職ばかりしているし、
そんな人、とっくに縁切られてもおかしくない。と思われているかもしれない。

私なら、職場にそんな人がいたらそう感じると思うし、
家族を大事にしていない人は信用できない。


夢に出て来た後には、いつも夫の嘘がばれる。

SNSで嘘を知ることができて笑える。

縁をきる理由の証拠にもなる。
どんどん墓穴をほってほしい。

夢でわかるのか?と思ったが
夫は常に嘘をついて変な行動しているから
いつ夢を見ても、当たってしまうのだろう。
004kzk2184_TP_V

「お金が無くて、食べる物も減らしてるよ。」
なんていつも言っているが、
「ふーん、でも旅行にはいくんだねー」とか、
「子どもの学費払えない、お金が無くて、自分の生活もままならない」
なんて言われても、
「ふーん、でも、霊感商法には何百万も払えるんだねー」
と言い返したとしても、効果は無いし、解決できる相手ではない。

まあそのうち、まとめて爆弾をおとして縁をきるつもりだ。
どんどん使える証拠を残してほしいものだ(笑)

それにしても、夫のお金の使い方、行動の癖?
ずれているというか、何で今そうする?そうじゃないだろうと思う事ばかり。
先を見る目が無く、選択が間違い過ぎており、
それが人格の歪みなんだなと思った。
悪いのは周りだ!と言う夫。
違う、夫の人格のせい。

こういう生き方しかできない人。
一番の問題は、人を巻き込み、責任をその人に押し付けること、
人を不幸にすること。
自分がどんな人間か、全くわかっていないこと。
それどころか、立派だと思っている事。

いつになったら、罰があたるのだろう。


 

あー。やっぱり嫌な夢が当たった。
つい先日、夫は、景気が悪くてお金が入らないと、
言い訳してきたところだった。

夫のそういう嘘や嫌がらせには慣れているのだが、
まだ私に嘘が通じると思っているのか。

一瞬怒りが沸くが、ぼろをだしたなと夫を馬鹿にする自分がいる。

「あなたは、結局最後まで借金も返せない、家族も養えない、負け犬だったねえ」
と夫に言ったなら、夫は真っ赤な顔をして怒るだろう。

誰でもプライドがあるし、そんな事言われたくないだろう。
特に夫は、一番言われたくない言葉だと思う。
そして「誰のせいだと思ってるんだ。家族のせいだ。」
「お前がもっと稼げばよかったんだ」と
妻子の存在そのものが悪だと言い出すと思う。
kazuhiro17810000_TP_V

が、よく考えると、
夫が自ら、自分で「稼げない」「金が無い」とずーっと言い続けて来たのだ。

「馬鹿にするな、俺様は稼いでいたんだぞ。旅行にもよく行ったし、
高い服も着て、ご馳走も食べていたんだぞ」
と言い出す気がする。自分で自分の話を否定する?

「へ?なら、何故、そのお金を家族に使わなかったの?
その為に別居したって言っていたみたいだし、
いつも稼げない、お金が無いって言ってなかった?」
と追求されることは頭に無い。

嘘をついてその場をごまかせばすむと、世の中を馬鹿にしているからだ。
私も、馬鹿にされているのだと思う。
嘘をついてきて、うまく誤魔化せてると調子に乗っている。

目の前にいたら、ばれた時が面倒だから
別居は楽し、やめられないのだろう。
それに、まだ家族が自分を必要としていると自惚れている。

その自惚れをへし折ってやりたい。


過ごしやすい今のうちに
断捨離の続きをしようと思っている。

夫の古い服は捨てた。
残った物を一つ残らず向こうに送りつけてやりたい。
送りつけても、ゴミをまたこっちに送ってきて
捨てるなと言ってくる。
自分の存在アピールしたいなら
ちゃんと父親らしいことをしてからだろと腹が立つ。

子ども服は、ほとんど処分したが
思い出の物だけは残す。
そういう「思い出」にこだわるから物が増える。
でも、自分の歴史でもあるから
子どもの幼い頃の思い出の服はまだ捨てられない。

夫があんな奴なので、
1人戦いながら笑顔を作って踏ん張ってきた思い出、
悔しさも浮かんでくる。

最近、本類を片付けた。
子どもの教科書、参考書類を処分した。
中身をぱらっと見て、
自分がもう一度学びたくなった物は数冊残した。

子どもにもういらないと判断させた本も一緒に。

かなりの重さになり、運ぶだけで腰にきそうだ。

それでも、少しづつ物を減らしたい。
私に何かあった時、
家の中を片付ける負担を子にさせたくない。
夫にかき回されたくない。
それが断捨離の目的。

ぱっと見た目には、まだまだ何も変わっていないなあ。
PAK105191150_TP_V

子どもが受験の時に使った問題集や参考書を見ていて
当時を思い出した。
それと同時に、夫への怒りがふつふつと湧いた。

一番大変な時期、応援すべき時期に
いつも嫌がらせをし、子の足をひっぱる事しかしなかった。

夫は最低な父親だ、今でも変わらない。
一生、子の足を引っ張っていくのだろう。

色々文句を言ってやりたい。
過去には言って来たが、それをすると
夫が内心喜ぶことに気が付いた。

こっちが、怒ったり、不安になったりすると
夫は安心するのだ。
家族の不幸が夫の安心なのだから、私が不機嫌だと
にんまりするだけだし、
そこだけ切りとり、家族は恩知らずみたいな
作り話をするのも予想ができる。

自分の気持ちを理解しろというのは無理な相手。

自分が人に不安を与えたり、
不快な気分にさせることが、夫にとっては「勝ち」で
「相手を脅して言いなりにさせる」に適した方法と思い込んでいるのだから。

普通じゃない人間と戦うのは面倒なことだ。
気持ちを抑えて、クールに。

縁を切ったら、こんな事も思わなくなるのだろうか。
心からすっきりするだろうか。

相続放棄は親が亡くならないとできない。
生きている間に、子が夫の相続人で無くなれたら良いのに。

虐待を受けて育ち、大人になっても毒親からつきまとわれる人がいる。
子に、親と法的に完全に他人になれる権利を与えてほしいと願う人もいる。


 


久し振りに夫が夢にでてきた。
出て来なくて良いのに、何か私の心に気がかりがあったり、
夫が何か企んでいたり、内緒で何かしでかしていたりすると
夢に出て来る気がする。

夫が何かしでかすのはいつもの事だから
いつでも、あたるのかもしれないけど。

本当に朝から気分が悪い。 

夢の内容は~
私が実家に帰省していて、
父と兄と墓参りに出かけようとしている場面。
突然夫が現れて、勝手に実家の中を詮索して回る夢だった。

実家の物を盗もうとしているのか、
父がお金をどれだけ持っているのかとか
探っている様な、嫌な態度の奴だった。

これは、私の不安も表していると思うが
夫は、現実にそういう人間で
これまで色んな人のお金をあてにして生きて来た。
今後、老後破産しそうだから
どうにかして、誰かあてにできないかと
そろそろ、次のターゲットを探しているのかもしれない。

夫が寝込んだら、私にすがりつき
実家のお金を返すどころか、父の年金まであてにしている気がする。

夫は自分の内面を、他者に投影する。
なので、場違いなおかしな事を言う。
それはお前だろう、と言いたくなる言葉を。

それを踏まえて分析すると
前から何かにつけ、私に「(夫の)実家のお金をあてにしても無駄」
みたいな事を口走ったりしていた。

もう夫には実家は無く、義兄が全て相続したはずだし
相続することになっていると聞いた。
夫ともめているとかいないとか、どうでもいい。
勝手に喧嘩してくれ。
そうやって、どんどん人に嫌われ、もう誰も夫の味方はいなくなる。

浪費家だった義実家に財産があるとも思えず、
私が人のお金を最初からあてにするはずもなく、
どこからそんな発想が浮かぶのか不思議だった。

人のお金に執着するのは夫だけ。
そもそも、夫は私を騙して私に自分を扶養させるつもりだった。

私にお金が無くなれば、私の実家から、その次は弟から搾取、と
次々と取れる相手から奪うつもりだったはずだ。

だから、他者もそうだと思うのだろう。
働いて家族を養う、子どもを育てるという当然のことを
夫はできないし、自分の仕事じゃない、おかしいと思っている。
私が軌道修正して、当たり前に仕事をし、子どもを育てるように仕向けたら
それが夫と姑にとっては
「嫁と子が、人のお金をあてにしている」というおかしな妄想を生み出した。

KAZUKIcghvbnkm_TP_V

夫の働いたお金を子どもに使うことが
「俺様のお金を狙っている悪い妻子」ということになるのだ。

その上、夫が働かない、生活費を送らないとなると
「俺様の実家のお金を狙うなよ」となる。
狙うどころか、奪われているのはこちらであり、義実家とは縁を切った。
興味もないし、関係も無い。
夫が1人で嘘をまき散らし、1人芝居している。

再び、おかしな事を言い出した夫は
そのまま、自分が考えていることを
私に投影しているのだろう。

「老後は、妻の相続する遺産をあてにしよう」
と企んでいるからだ。
妻にうまく取り入ってすがれば、間接的にそうなると。
このやり方は、これまで、何度もやられた。
意見も聞かず、勝手にしたことが毎回失敗、
お金が無くなると、急に態度を変え、御機嫌取りをし、
これからは家族の意見を一番大事にする、とか
家族無しでは生きられないとか、
笑顔で擦り寄って、私に甘えていた。

が、またすぐ別のターゲットを見つけると
同じことの繰り返し。
家族が邪魔だと言い出す。

それを夫自身は記憶から消している。
自分の二重人格を無かった事にする。

私は、もうその手には乗らないと宣言した。

なので、あてにしないよう「あなたは借金をまだ返していないし、父は怒っている」
とくぎを刺して置いた。

今後夫と同居するのは無理だろう。
それは向こうも同じ。
これまでさんざん、家族に嘘をついて
浪費したり、遊んだり、転職、引っ越し、
好きな物を好きなだけ食べられて、我慢しない自由な生活をしてきたのだ。

帰宅した時、無理して演技しているのがわかる。

お金が無いふり、食べていないふり、遊んでいないふりをして
自分で自分の首を絞めている。

我慢したくないから別居したんだろうから
二度と自宅には帰れないはず。
それは夫が一番わかっていると思う。

同居はせずに、お金と自分の世話を都合よく
妻にさせる方法を考えているのかも。

こんな人とずっと同居していて、
共依存になっていたらと思うと
恐ろしくて、あほらしくて。
出て行ってくれたお陰で、目がさめて良かったと思う。




リビングのテレビの調子が悪くなっており、
片付けが面倒で買わずにいたら
子どもが買ってきた。と言うより、自分が欲しくて買った様だ。

皆で喜んでいると、ふと憂うつになってくる。

夫が帰宅して、このテレビを見れば
また嫌味を言い、陰湿な嫌がらせをするんだろうなと。
このまま、一生帰ってきませんようにと祈りたい。

そうそう、夫がSNSで
「人のせいにしてはいけない。自分のした事の責任はしっかりとろう」
と書いていた。
人に説教するのではなく
自分に言い聞かせているのなら良いことだが。
それとも、誰からか注意され、それをいつもの復讐で
人に説教して発散しているのかも。
MIZUHODSC_0292_TP_V

夫のことだから
私や子どもたちから、縁を切りたいと言われたり、批判された時に
「俺様のせいにするな、全て自分の責任だろう」
と説教してきそうだ。
自分が親の義務を果たさなかった事も
子どもの存在そのものが悪い、と遠まわしに言ってる人だから。

こんな風に何をしても
夫の嫌がらせやどんな迷惑をかけられるのかという不安が付きまとう。

このまま全く連絡もとらず、
顔も見なくてすむならどんなに良いか。

それとも、何かが起きて、きっぱり縁を切れる理由が見つかるとか、
何かが起きることを期待しよう。

チャンスを見逃さず、いつでもそのつもりでいる。





「コロナで飲みに行く機会が減ってお金が手元に残る様になった」
と言っている人の話を昨日書いた。

飲み会の費用は、1カ月でかなりの額になっていたらしく
付き合いなので断りにくく、困っていたそうだ。

今は、そのお金で家族で外食できるし、
旅行にも行けるかも、とのこと。

かなりの飲み代。高給取りの方の様だ。

まともなお父さんなら、そういう発想になるんだよなあ。
と思った。

これが夫だったら、とすぐ想像してしまう。

家族で旅行なんて、絶対ありえない。
夫は独り占めする。
家族にはいつもお金が無いと演技する。
そして、さっさと使ってしまう。

子どもの給食費、学用品を出さなくてすむように
(出す位なら自分で使うという思い)手元にお金を残さない。

夫と同居していた頃は
「家族で旅行に行きたいなあ」
とよく口走っていた。
いかにも家族思いのパパのように。

失業していたり、転職したばかりの時、
旅行どころじゃない状況の時に限ってそんな事を言うのだ。

つまり、私に全部費用を出させるのが前提。
そう、結婚式、新婚旅行がそうであったように。
言い出すのは夫、「連れて行きたい」と言う。

いざとなると、言い訳をして払わない。
立て替えといてと誤魔化し、後は知らん顔。
今思えば、人にお金をださせるのは当たり前と思っている。

「自分の為に周りが奴隷になるのが当然だ」という歪んだ人格だから。
人には感謝しない、当然だと言うが、
自分や自分の親が出したお金については
しつこく、感謝を要求する。
こちらには関係ない自分が出すべきお金でも。
何故か、恩を着せ続ける。

「今旅行どころではないでしょ。しっかり働いてね」
と言う私の言葉を利用する。

「自分は、家族旅行に行こうと提案したが、妻が反対してできなかった。
家族から無責任だったと言われるのはおかしい」
と弁解に使うのだ。
前後の状況は言わず、自分を庇う為に。

仮に、私が、お金をだしていければラッキ―な訳で。

1人より、子どもと一緒に遊んだほうが楽しいのに。
自分の事しか頭に無いのが、親として理解できない。

ellycollection008_TP_V

夫にとって、子どもの喜びは自分の幸せではないようだ。

こんなに目の前に沢山の幸せがあるのに、
わざわざ、捨てて何が楽しいのか。

まだ義両親が健在だった時、
夫の職場の人がこっそり教えてくれた。
「ご主人が言ってましたよ。会社をくびになってどうしようもなくなったら
実家に自分だけ帰って、親に食べさせてもらうから大丈夫なんだ」
と言ってたそうだ。

困ったら、妻子を捨てて自分だけ実家に帰って、親に面倒見てもらうのだと。

普段は、外面が良くて、家族の為にどんなこともすると
嘘ばかりついて、カッコつけているが
この相手には、本音が出た様だ。

それだけではなく、他の人にも
妻や人のお金をあてにする様な事を平気で言っていたそうだ。

その人たちは、私を可哀想にと憐れむ目で見ていた。
「どうしてこんな人と」
と言いかけて止めた人もいた。

夫は、今はもう親はいないし、妻子とも縁が薄くなってきたし
計算が狂ったことだろう。
心配なのは、矛先が子どもに行くこと。

大人になり、自立した子どもたちも、夫の事は、どこかおかしい、
サイコだと子どもの頃から感じていたらしく、気を付けている様だ。
少しは安心しているが、まだ油断できない。


↑このページのトップヘ