りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

夫のこと

夫は、嘘や内緒にしている事がばれたり、被害を与えた時は逃避する。期限が来ても借りたお金を返さない、約束を守らないし時間にルーズ。逃避するから謝るどころか、無かった事にしてくる。他者に対しては厳しく、すぐ指導(笑)したがるのに。こうなる前に、前もって連絡さ
『引越した事を話題にしない理由(2)』の画像

夫と真剣な話し合いをする時、特に夫に責任がある話になるといつもはぐらかされ、会話が成り立たない。わざといらつかせて、マウントをとろうとする。仕事でも同じ。理解能力の問題かと思ったが(学校の成績は良くても能力は別)人格の歪みの方が当たっていると思う。3年経
『引越した事を話題にしない理由(1)』の画像

海外ドラマ依存症か?という位、時間があると見てしまう。 暑くて外に出たくない日は特に。長いシリーズ物だとついついだらだら見てしまいがち。それが趣味?楽しみならいいんじゃない?と自分では思っている。1人で気は使わないし、コーヒー飲みながらソファでゆったりす
『1人でも地味に楽しく生きる』の画像

ミソジニー、差別主義者が政治家やTVのコメンターにも多くてうんざりする。ある政治家の顔をTVで見た時、直感的にこの人はハラッサ―だと感じて気分が悪くなった。ネットでは、私と同じ感覚を持ち、彼に不信感を持つ人も多く、自分だけじゃないんだとほっとした。「ハラス
『直感でわかるハラッサ―』の画像

夫は、以前、人と揉める度に、自分を守る為の嘘やごまかしのやり方を私に披露して自慢していた。こうやって嘘で相手を陥れるんだとか、こうすれば自分を守れるとか。人を騙すのは簡単だと。その手口を見せた私に同じ事をするなんて笑ってしまう。「近いうちに帰って同居でき
『同じ手口を使う愚かさ(2)』の画像

今日は誰とも話さなかったなあと思う日があるかと思うと子ども達から急に用事を頼まれて忙しくなるの繰り返し。それがちょうど良いバランスで楽しい。以前は、老後は夫婦仲良く散歩したり、のんびりした日々を過ごせるものと思っていた。まさか夫がここまで酷い人間とは思っ
『同じ手口を使う愚かさ(1)』の画像

以前、体調を長く崩した時(夫が原因)1カ月位、自然に囲まれた静かな別荘で1人ゆっくり過ごせたらすぐに元気になりそうと思った。現実から遠ざかり、山川、海など自然の中に身を置くことで心が癒され、その結果身体も回復する気がした。父が定期的に掃除に通う僻地の空き
『別荘があれば』の画像

夫とは事務的な連絡のやりとりしかやらなくなっている。都合の悪い事、私に負担させたい時、責任から逃げる時は無視する夫。(嫌がらせのつもりだろうが逆効果で、どんどん孤立していく。)夫は、自分が困った時には私を利用する目的で、何も無かったかの様に仲の良い夫婦の
『骨折したと連絡が来たが…』の画像

古いCD類を整理していたら、懐かしいディスクが2枚出て来た。それは、上の子がまだ幼児の時に買ったもの。好きな洋楽をオルゴールの音で奏でているアルバム。美しいメロディと優しい音が心を癒す。夫に振り回され、子育てを1人でしながら結婚を後悔ばかりしていた当時、こ
『二度と帰ってこさせない』の画像

時々、母がまだ健在だったらなと思う。相変わらず父の事を愚痴っていただろうし、奥さんに先立たれた息子が可哀想といつも弟の事ばかり気にしていた事だろう。今との一番の違いは、もっと私が実家に帰りやすかったという事。家も綺麗で、寝る場所もきちんとあって、帰る度に
『もし母がまだ生きていたら』の画像

↑このページのトップヘ