りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

カテゴリ: 夫のこと

 
夫とは、コロナのおかげで会わずに済んでいる。
夫はコロナはただの風邪で、気にしないとSNSで訴えているので
コロナを気にして、帰宅しないのではなく、
コロナのせいにして、帰宅する費用を
遊びに使えてラッキーと思っているのだろう。

妻はコロナを信じて、自粛しているだろうから、抜き打ちチェックは不要ということだ。
もし誰かに、何故、帰らないのかと聞かれれば
コロナを理由に家族への感染を心配するふりして誤魔化すだろう。

でも、ばれているぞ。こっそり実家に飛行機で帰ったり、旅行で遊び回っている事。

話を少し変えよう。
これまでの夫の言動を見ていて、特に異常性?違和感を感じた事を書き出してみたい。
(自己愛性人格障害の特性にそのまま当てはまっているのだが)

●自分の失敗は全て人のせいにする。言い訳がしつこい。

●他人の成功を、自分の成功と思い込む。
→本当は自分がやるはずだった。自分ならもっとうまくやっていた。などと
次第に、成功者を自分に置き換えていく。(妄想が始まる?)
→成功者の作った実績(会社や商品、ノウハウなど)を自分が作ったと言い出す。

●成功者を「あの人は自分より学歴が低い、本来は自分の部下になる人である。」と言い出す。
→自分がいなければ、成功者は仕事ができなくなる。と信じる。
→周りに「これは私の会社」と言い出す。

●成功者の個人的資産、財産は本来自分の物になるはずだったと言う。
どうにかして、奪おうと企む。
自分は社長と同じ給料でないとおかしいと思いだし、実績もあげないまま、給料値上げを要求する。

●自分が普段している不道徳な行動を他人がしていると、非難し、説教をする。(投影)

●成功者を目の敵にし、自分の方が成功者より優れていると言いながら、後ではその人の真似をするが、必ず失敗する。(実は、羨んでいる。)

●これから大きな事業を始めようと準備している大物と話をしただけで、自分とその人を同一視する。人に、自分が事業を始めると言い、信じて貰えないと、真実だ、嘘じゃないと言い、堂々とほらをふく。その大物に寄生して、うまい汁を吸おうとするが縁を切られる。

ghdtrdg_TP_V


どう見ても、異常な妄想ばかりなのだが、本人は堂々としている。

自分には凄い才能があり、人を引き付ける魅力があり、
自分の為に尽くしたいと集まった人たちが全部やってくれ、
トップにつくのが自分の運命だ とずっと信じている。


同窓会に行きたがる。弁護士、医師、官僚の同窓生の中に入って
妄想の自分を演じて、自分は成功者たちの仲間だと自己陶酔する。
同級生には、すぐにばれているだろう。
身だしなみや仕草などに下品さが表れ、それなりの人格も感じられないからだ。
同級生は夫の性格を知っていて、哀れみ、合せてくれているのだと思う。
まともな人生を過ごしてきた大人で、器も違う。


”自分が失敗して他の人が成功するのは、おかしい。
本来ならとっくに大成功をおさめ、財を増やし、優雅に暮らしているはずの人間だ。

そうならないのは、世の中がおかしい、政治がおかしい、世界がおかしいからだ。
自分は、才能を妬まれ、なかなか本当の実績があげられない。
これは、何者かの陰謀だ。”→陰謀説が好き?ということか。

いつも欠点ばかりを話している様だが、
良いところを書こうと思えば書ける。

長所は他の旦那様よりもとびぬけて良く見えるかもしれない。
でも、それが、夫の本質であればの話。
演技だったら?油断させてその後地獄に落とすとか、
何か企んでいるとかの兆候?かもしれないのだ。

実際、被害にあうたび「長所に誤魔化されてはいけない、
あれで騙されるんだ」と自分に言い聞かせるようになった。

だから、夫の良い所はあえて思い出さない。
それが共依存になる入り口だから。



夫と争う機会なんて無い方が良い。
こういう嫌な事を考えさせられることが嫌でたまらない。


夫は人を不快にさせ、争う事が好きで、
誰と関わってもいつか、トラブルになる。
嘘つきで、ミスをしても上から目線で謝らない、約束を守らず無責任。
出会いの時は、へこへこして笑顔で、立派な事を言って騙すので、
いつも相手から詐欺にあったと言われている。
が、夫は夫で、自分が騙されたと言いふらす。

私も夫と近くにいると、同類に思われ、嫌な思いしかしない。
夫に悪い方向にひっぱられてしまう。
今は、離れているので、その点は救われる。

結婚相手がまともな人なら、こんな嫌な事を考える事は無い。
夫婦なら、一緒に良い方向へ向かおうとするものだろう。
夫は違う。
私に「妻は一緒に戦うものだ」と言いながら、家族の為には何もしない。
自分の為に利用する為のモラハラでしかない。

家族を一緒に良くしていこうなんて思っていない。

悪いのは自分の言う通りにならない(ヒモにさせてくれない)お前たちとなる。
つまり、夫にとって「良い方向」というのは
自分の為に家族が犠牲になることだ。
「自分以外の人間の不幸が夫の幸せ」だから。

人格の歪みが酷いので、関わらないのが一番。

夫と縁をきるにしても
嫌な事を思い出し、戦う必要がある。
まともな相手ではない。陰湿でストーカー気質だから。

これまで、仕事関係や友人関係で、多くの人が夫と縁を切った後、
清々しい気持ちになったことだろう。
関わらなくなって初めて、
いかに夫が精神的に良くない相手で、自分が搾取されていたかに気が付くと思う。

私だけなら書類一枚で縁をきれるが
子ども達は、一生切れない。
夫は子どもたちを利用するつもりでいる。
さんざん放置して、無視して責任も果たさなかったのに、
子どもが自立すると、利用してやろうと企んでいるのがわかる。
そんな勝手な話は無い。

利用する為には、私が邪魔だと思っているのかもしれない。
妻は騙せないが、子は騙せると思っている。

このままずっと私は盾にならざるを得ない。私の責任だから。
子ども達も口ではわかっていると言うが
夫の口の上手さ、騙しの演技に騙されそうで心配だ。
優しさにつけこみ、嘘の涙まで流して騙す夫だ。

006kzk2184_TP_V

おまけにずる賢いので、証拠?を残さない様に、間接的に人を利用する。
例えば、子の給料、貯金を全て自分の為に使う様に忖度させるとか、
うまく騙して保証人にして破産に追い込むとか。

「僕は、金をよこせなんて言っていない。子どもが勝手に自分の意志でやった」
「嫌なら断ればよかったのでは。強制してない。」
など、最初から言い訳を準備してから行動する。

恥かしくないのだろうか、後ろめたさもプライドも無いのだろうか。
と思っていたら、
先日、夫がSNSで
「最近は、恥を知らない人が多すぎる。恥を知れと言いたくなる。
悪い事をすれば必ず罰があたるものだ。
私は、真っ当に生きなければいけないと親にきちんと躾けられた。」
と、相変わらず、偉そうに発信していた。
同じことを、何年もずっとまだ言ってる。(*`Д')
お前が言うかだ。

人格障害の人は、他人に自分を投影して
自分が言われるべき事を他人に説教すると言う。

今は、遠くにいて、関わらずにすむから良い。
今、私が縁をきることは、夫の思うツボであり、
子ども達に迷惑がかかる可能性もあり、
実家からの借金も無かった事にするつもりだろう。

縁が切れるとしたら、何だかの理由で夫がこの世からいなくなった時か、
弱った時しかない。おかしな脅しや工作をする体力、気力が無い時がチャンス。

まだ、コロナは風邪と言っており、
感染対策を馬鹿にしている。
どうしてこんな奴がコロナに感染しないのか、
罰があたらないのか。自己中なので防衛本能が異常に強いのかも。

陰謀論を信じやすい人には、
共通点があるのではないかと感じる。
投影する癖についても、色々調べてみたい。



今日の朝ドラには、主人公が恋人にプロポーズされるシーンがあった。
(若いっていいなあ、こんな男性、現実にいるのかなあ、とか
人生をやり直せたらなあ)と思いながら、自分の現実にがっくりした。

ドラマでの恋人の彼は、医師であり、真面目で地に足がついている落ち着いた性格。
その彼が、一生懸命言葉を選びながら、彼女に自分の気持ちを伝えようとする。 
その言葉の中で、これだ!と響くものがあった。

「僕はあなたといると、自分が良い方向にかわっていけると思える」

これだよこれ!と1人でニヤニヤした。

人間関係は、これに尽きる。
当然結婚は、相手を間違うと、自分の人間性まで壊れてしまう。

気が付かないうちに相手に影響されていて
自分が嫌な人間になっていることに愕然としたり、
どうしてこうなったのだろう、と後悔したり。


自分がまだ独身だった時に聞いた話。
ある海外の有名な女優が
「あなたはどうしていつも幸せそうなのですか」と聞かれ、
「私は自分を幸せにしてくれる人としか付き合わないの。自分が嫌な人間になる相手とは縁をきるの」
と答えていた。
当時、それが心に響いて、そういう人間関係をめざしていたのに。

自分は、相手選びに失敗した。(向こうも別の理由でそう思っているだろうけど)
まだ夫が家にいた頃、自分が友人と話していて、ふと感じた。
自分はいつのまにか嫌な人間になっていると。
嫌な物事の捉え方をしている事に気が付いた。
僻みっぽく、妬んだ見方をしていると。
一番自分の嫌いなことをしていた。

本来の自分じゃない、こんな考えでは無かったはずと、
このままだと親兄弟、友人とも縁が切れてしまいそうだと。
それは夫の影響だと気が付いた。
夫に洗脳され、共依存になるところだった。

それ以降、夫に悪影響を受けない様に、意志をしっかり持ち、
子どもへの悪影響も無いように気を張り、疲れていた。

夫に言いたい事は言い、負けない様にしていた。
そう言う事が、夫の計算と違っていたのだろう。

理由をつけてヒモになろうとし、
モラハラで洗脳し「女は黙って男をたてて、尽くすものだ。お前はおかしい、」
と、言い続ければ、自分の奴隷になると甘く考えて居た様だ。
最後には「お袋がそう言っていたから正しいんだぞ」
と言っていた。そう言えば人がいう事をきくと思っていたのが笑う。
(男をたててもいない、尽くしてもいなかった姑がそう言ったなんて~)
CDS_weddings_TP_V

妻を洗脳できず、抵抗され、利用できなくなったとわかったから
ポイ捨て感覚で、また次の寄生する相手を探して
転々としている人生。寄生といっても女性ではなく
金持ちの社長さんだ。

今の夫は、私から見れば、口がうまいだけで、男性的、人間的魅力は感じられない。
男おばさんみたいだし。
最近雰囲気も、言う事も、姑に似て来たかも。
父親じゃなくて母親に?だ。

利用価値が無くなったどころか、
子育ての責任から逃げて家族をポイ捨てしたとは言えず、
仕事の関係だの、家族を食わせる為だの
自分が犠牲になって支えるだのと、嘘の言い訳をしていても
私だけは絶体騙されない。

夫の真実を知っているのは私だけ。

親族や他人は騙せても、私は全てを見て来たし、一番の被害者。

今は夫の味方は誰もいないはずだ。
他人からみても、長年仕方なく単身赴任していると言いながら、
家族を一度も自分の別居先によばず、自宅にも滅多に帰らず、
自宅より遠い誰もいない実家には頻繁に帰り、旅行も自分だけで楽しむ、
そんな男、誰が見ても、家族を大事にしているなんて信じないだろう。

夫が一番怖くて苦手な相手は私だと思う。
嘘は通じず、自分の心の中も見抜かれる気がしているのではないか。

夫は心が折れるなんて事は無い人だと思うが
もし、夫を立ち直れない位に叩きのめすとしたら
私が、これまでの夫のしてきた事を
全て第三者に話し、これまで利用され裏切られた人たち(私の親も含め)から
どれだけ憎まれているのか、
そして一番の犠牲は子ども達であるということを訴えれば、
さぞ、怒り狂って言い訳に必死になることだろう。

夫は、否定しまくり、悪いのは全て相手であり、
自分ほど良い人間はいない、自分が被害者だと叫ぶ。
これまで、都合よく脳内変換しているので、
私が妄想で自分を陥れようとしている、妻として感謝が足りない、
金が目当てか?裏切られたとか、色々わめいて必死でもがくことだろう。

夫が目をそらし、逃げまくってきた、
一番言われたくない弱点を突かれるとそうなる事が予想される。

ムキになればいい。事実なのだからどうにもならない。
人をさんざん傷つけてきて、自分だけは守りたいなんて通じないのだから。
            
                             続く






子どもが、お昼にカレーをテイクアウトして、ご馳走してくれた。
行きつけのお気に入りの店で買ったらしく、
インドの方が本場インドのカレーを作っているそう。

私は、本来カレーがあまり好きではなく、
外食で、カレーを食べたことが無い。

先日、キーマカレ―で、カレーへの意識が変わり
一口でカレーと言っても、
自分が食べて、作って来たカレーとは全く別物であることを知った。

歳をとって、やっとカレーの辛さに目覚めた事で、
今頃、美味しさを知るとは。

前にも書いたが、これまでは、毎日子供達を食べさせていく事が精一杯で
夫の経済的、精神的DVに振り回され、とてもそんな余裕が無かった。

やっと今、ゆっくり美味しい物を味わえる時になった訳だ。
が、肥満、コレステロールなどを気にして、
思い切り好きなだけ食べることが出来ない悲しさよ。( ;∀;)

で、買って来てくれたインドのカレーは、
ナンで食べるもので、
まだアツアツの出来立てほやほやだった。
ナンは、チーズとはちみつが練り込んであり
香ばしい、本当においしそうな臭いがした。

カレーのルーは、私は海鮮にしてもらい、辛さは中間レベルにしてもらった。

海の幸がたっぷり入っており、
ナンをつけなくても、そのままルーをスープの様に飲むと美味しい。
辛さもちょうどよく、甘みと旨みの後に、ピリっとくるだけ。

ナンがふっくらとしていて、太ることも気にせず
バクバクと食べた。
子どもみたいに、嬉しそうに?食べる私を見ている子どもは
満足気な顔。

思い出すと、自分も独身の時、いつも同じ和食メニューばかりの母に
洋食を作ったり、調理道具を買ってあげたりしていた。
「おいしいね、こんな料理があったんだね」
と喜ぶ親の様子を見て「自分が作って欲しかっただけなんだけど」と
内心、母の料理下手に不満があったとは言えなかった。
自分も我が子にそう思われているのかもしれない(笑)
tachiaraiIMGL4745_TP_V

私の中の「カレー」とは違う、別の料理だった。

私が知らなかっただけで、若い人や、年配の方でもこの程度のものは
普通に食べておられるのだろう。

特に夫は、ありとあらゆる美味しい物を食べつくしていると思う。

家族にはひもじい思いをわざとさせて、
自分はまともに食べていないと嘘をつき、節約の演技をし、
実は浪費家だし、特に食べ物への執着が強い。
夫が、食べていないとか、食費の節約とかありえない。

おもいっきり、食べたい物を思う存分食べたいから
家を出て、給料を自分の欲を満たす為に使おうとしたのが一番の理由だろう。

子どものおかずまで奪って食べる人だ。
馬鹿らしい理由だが、夫ならありえる。

子どもの食費を自分の為に使って何が悪いと平気な人だ。

今では、対夫で、私を応援してくれる子どもたちが
美味しい物をご馳走してくれる年齢になった。
こんな幸せは無い。その気持ちが最高のプレゼントなのだ。

夫は、こんな幸せを味わえない。
と言うより、同じ事をしてもらっても、幸せも何も感じない人。
それどころか、ケチをつける。

私が、このささやかな幸せな気持ちを夫が知れば
必ず、陰湿な意地悪をしてくるはずだ。

本当に、夫のいない生活は気分が良い。
いない事が幸せ。




ついに?夫は、自宅の住所を忘れた様だ。
郵便物に違う住所を書いている。

最初は、たまたま間違えたのかと思っていたが
それから何回も、間違えた住所を書いている。

間違っていると連絡をしたが、そのままだ。

配達担当者にどれだけ迷惑をかけているか。
毎回、配達の方に「ここですよね?この宛先は間違えていますよね」
と聞かれる。

自宅の住所すらまともに書けない、
間違いを教えても、直せない。それが夫。

何か病気?かと思ったが、本人の反応からは全くそんな感じはしない。
夫の場合、後天的なものだと思う。
人に迷惑をかけようが、とぼけて意地悪をするからだ。
気が付かなかったとか、たまたま間違えたとか
言い訳を準備した上での。

学校で、上靴を隠すような虐めをしているレベル。
で、表の顔は、親の躾けがなっていない子が多いだの、
説教ばかりしたがる。
夫は、自分を見たがらない。
自分から逃避し、人に投影して嫌がらせをする。

だから「親の躾け、環境」にこだわるのは
自分が歪む環境にいたからかも。
でないと、こんな大人にならない。
JUNtexture1123942_TP_V

このまま自宅の場所も何もかも忘れてほしい。
一生帰宅しないでほしい。
嫌がらせで、間違いを正さないのは
私が困るからだと思っているのだろうが、
私は全く困らない。
困るのは配達の人。

届かなければ、夫に返送されるし
そこで、ミスを指摘されるだけ。

意地悪をすればするほど、自分の価値が上がり、
すがりつくと勝手に誤解している。

私が夫の子で、まだ未成年だったら、親に突き放されたら、生きていけないからすがりつくかもしれない。でも、そうでは無いので、嫌いになるだけの話。
夫は、母親に似た様なことをされたのだろう。
だから、人に対して、同じことをすれば、効果があると思い込んでいる。

自分がされて嫌だったことを、
関係のない人にやり返し復讐する。大事にするべき人達を不幸にしていく。

子どもの時のストレスを、大人になってから
周りに嫌がらせで解消していく。

無意識にやっているので、自分で美化した虚像を自分だと思い込んでいる。

歪んだマザコンだが、実は母親に復讐する為に、
家族も含め、全ての人に母親にされた事を仕返ししていく様に見える。

相手が離れようとすると、自分を被害者にし、
相手から奪える物は奪って縁を切ろうとする。
現実逃避の人生で
引っ越しも転職も多い。

人に迷惑をかけているのを見ると
仕事なんて、うまくいくはずがない。
間違いを指摘されても、認めないし、反省しないので
何も変わらない。また同じミスをする。

ミスをするのが悪いというより、性格が悪いからミスを繰り返すのだ。


たまに、夫から郵便や宅配が届く。

私宛の書類の転送や、ゴミが入った段ボールなど。

浪費家なので、次々と買い物をし、自分が飽きた物、処分したいゴミはこちらに送ってくる。
(賞味期限切れの食品、穴のあいた服、泥のついた古着。壊れた小さい電気製品)
こちらは、ゴミ捨て場扱いだ。

段ボールにぐちゃぐちゃに放り込んでいて、中身がこぼれたりして、いつも臭い。
荷物の詰め方で、送る側の性格がわかる。
私宛の大事な書類は、くしゃくしゃで泥がついて汚れている。
それについては、一切話題にせず、とぼけまくる。

こちらが、文句を言えば
「プレゼントを送ってやったのに、文句を言うとは、礼儀知らずだな。絶対捨てるな。」
と言ってくる。
書類が汚れていた事に関しては、
自分は知らないと言ったり返事をしてこない。


私が夫の親で、夫がまだ若かったら
「この子はこのままではいけない。どうにかしなくては」
と焦るだろう。育て方を間違えたかもと悩むと思う。

夫は、向こうでは
「家族の為に色々、贈り物をしてやってるのに、
妻子らは贅沢ばかりして、文句言うだけで感謝しない。本当に苦労してますよ」
と話していることだろう。
PAK51_mizuiresippai_TP_V

ケチな夫は
(ゴミの処分もできて、お金を使わず妻子へのパフォーマンスに利用できて一石二鳥!)
と思っているのだ。
いつも裁判を意識している夫だから
送り物をして「家族思いの良い夫だった」と、
反論する為の材料を作る目的もあると思う。

「何をやっても自分のする事は立派な行為であり、
文句を言われたら、脅迫して黙らせればいい。
家族は俺様に構ってほしいのだ、俺様の愛情に飢えている。
意地悪をすればするほど、自分に執着するはずだ。」
と思っているお馬鹿さん。
ストーカーと似た様な思考の癖あり?

夫には、自分の信念や素直な感情と言う物は無いように思える。

いつも計算。どうやったら自分を悪く言われないか、
誤魔化せるか、人を騙せるかばかり考えて行動する。

純粋に子どもに喜んでほしいと思う親の情も無い。

何かしても、取り繕うのが目的だから
誠実さが無く、失礼な事ばかり。
相手にとっては「喧嘩を売ってるのか?嫌がらせか?」
と思われるだけ。
自分だけ「してやった」と満足しているお馬鹿さん(笑)。






夫はまだ引っ越ししたことを連絡してこない。

確実に引っ越したのか、現地で確認していないのでわからないが
おそらく引越しているはずだ。

連絡をしてこないということは
何か都合の悪い理由があるということ。

引越せざるを得ない何かが起こったという事、
引っ越し費用を持っていた事も知られたくないのだろう。
夫には何の期待も、感心も無いし、どうせ嘘しか言わないし
全く信用できないから、
こちらから質問もする気はない。困るのはむこう。

自分に都合よく思い込む夫は、
意地悪をすればするほど、家族が自分に関心を持ち、期待してくると自惚れている。
妻子は、喜んで自分の犠牲になるべきものだと
表の顔とは全く反対の最低な人格も持っている。

こそこそと好き放題やってるの、何回め?
数えきれない。
行動が幼稚だからバレバレだ。

何かのついでに、遠まわしに伝えたり、
「言ってたつもりだった」「自分の評価が高くて、大金を稼ぐ為に引っ越した」
といつもの嘘をつくつもりだろうな。
「評価されたから」「高収入になる」
と言えば、私が黙ると思い込んでいて、
毎回同じホラをふく。

もう笑ってしまう。また?
で、大金は?いつもお金が無いと言うのはどうして?
とつっこむたくなる。

そろそろ突っ込もうかな。何て誤魔化すかな、キレるかな。
「そうか、金が目的だったか」
と訳のわからない事を言って、
私を悪者にして、話をそらすだろう。それもいつものこと。

しかし、ここまできても、まだ自分を自分で褒めているの、
自分で恥かしくないのだろうか。
自分は、まだ20代のカッコイイ青年と思っている様だ。

お金が無いふりしているから
引っ越しにかかるお金があると思われたくないケチな人がだよ。

本人は、自分で自分の嘘に騙され、
自分のせこさや嘘が、周りに知られているのをわかっていない。

おそらくまた、人間関係のトラブルで、
前の場所にいられなくなったのだろう。
それ以外の理由で引っ越しや転職はしたことが無いから。
積み重ねて良くなっていくのではなく
トラブルの積み重ねをしてきている。

008kzk2184_TP_V

そろそろ職場で嫌われて、逃げだす頃だなと思っていた。

郵便物を送る時は、前の住所に送るしかない。
向こうで転送届けをだしたりして
それでも受け取れるのだろうが、
急ぎの書類だったら、困るのは夫。

自分でそうなるように仕向けているのだから
知った事じゃない。
でも、文句はこっちに言ってくる。
「もうそこにはいないのに」といきなり言う。

こっちが質問しなければ、それ以上はわざと言わず、
「そこにはもういないと言ったから」
と自己弁護し「引っ越した。新住所は○○」とまでは言わない。

こちらに、あえて質問させようとする。
自分からは言いたくない、話題にしたくないという本音が
態度にでる。わかりやすい。

こちらが、わざと質問しないでいると
「引越したといったのに、何も聞かないから住所も理由も話さなかった」とか
「聞いて来ない方が悪い」
と言うのも想定済。

本当に、幼児的。いや、幼児の方がしっかりしている。
人間的に問題があると言う方が正しいかな。

向こうが言って来るまで無視するつもり。

それにしても、歳を取っており、もうやり直せない。
成長もなく、同じトラブルを繰り返す人生というのは
老後の生活にも影響するだろう。

いつまで自分から逃げられると思っているのだろう。

自分の真実の姿を知る唯一の家族には
どこに逃げても、嘘は通じない。

夫の人生は「自分からの逃避」に尽きる。




両親が夫婦であちこち旅行に行っていた事一つとってみても、
自分には全く縁が無かったなと思う。
その代わり、子ども達との思い出が沢山あるからいいし、
あんな奴との思い出なんて消したい位だ。と思う。

そういう結婚生活を、話し合いも無く、家族の意見も無視し、
夫が一方的に押しつけてきたという事に腹が立つ。

結婚前、夫は、嘘八百並べていた。
「新婚旅行はどこに行きたい?連れてってやるよ。
夫婦で旅行、これからも行きたいね。僕、旅行好きだから連れて行くよ」
などなど、勝手に盛り上がっていた。

よくあそこまで嘘をつけるものだなあと思う。病的だ。

内心人のお金をあてにしており、騙していた訳だ。
おそらく、夫の中では
「まあ、素敵!そこまで思ってくれるなら、費用は全て私が出しますわ。
あなたは何もしなくて良いのよ。私が尽くします」
とかなんとか、私が言うとでも妄想していたのだろうか。

自分にそれだけの凄い魅力があると自惚れていた?
あほだろう。

「連れて行ってやるよ」は
「お前に、俺様を連れて行かせてやる」
という意味だったわけだ。
その凄い自惚れはどこから?

今では、平然と私に「お金をそっちがだすなら行く」と言う。
プライドが高いくせに、みっともないことばかりする。

そして、お金が無くて困ってる演技ばかりする。
(お金持ちでは無いが)演技するうちに、
見た目も言動も貧乏臭いおっさんになってきた。
これが、心まで貧しくなったと言うことなのかな。

お金が無いと言いながら、自分だけでこっそり帰省したり、旅行に行っている。
パチンコや悪徳商法にもお金をつぎ込んでいる。

人から奪う時は、貰って当たり前という態度。
夫が人にお金を出す時は、ターゲットを騙す時。
利用して、何倍にもして返してもらうのが前提。

本来自分は、人の上にいて、
全ての人が自分の為に奉仕して当たり前と思っているから、
ちょっとでも自分が何かすると、
この俺様がやってあげたんだぞ、と思っている。
susipakuAB821PAKU5707_TP_V4

これまで、色んな人とトラブルを起こし、
裁判までやった夫は、常に言葉で人に勝つことばかりが頭にある。

私が離婚調停にしたり、誰かに夫の不満を訴える事も夫は想定している。
勝つ為の言い訳を準備していると思う。

例えば、生活費もださず、学費も知らん顔だった苦しい時期に
「旅行にいきたいね」と夫がわざと言ってくる。
「何言ってるの。そんなお金があるなら生活費を出してよ」
と私が怒るのをわかってて、わざと言ってくる。

そして、離婚話になった時、この時の私の言葉を使うのだ。

「いや、僕は妻をいつも大事にしてました。旅行に誘っても、妻の方が嫌がっていたんです。」
とか、自分の行動は美化して、全て妻が一方的に拒否したから
何もできなかった、と人のせいにする作戦。

その為の準備として、色んな私の言葉を切りとって使える様に
小細工をするのだ。そういうずる賢さだけ頭が回る。

夫は、精神的に、妻子と他人の区別ができない。
こういうやり方は、他人にも頻繁にやっている。
だから、夫のやり方はよくわかる。

都合よく相手の言葉を切り取り、
何も知らない人に、その人の悪口を吹き込む。

おそらくむこうの親族には嘘八百言っているだろう。
夫の親族とはもう会う事もないと思うからどうでもいいが
私が夫の近くに行くと、真実がばれるので
会わせないし話題にもしない。

全て、夫の1人相撲みたいなものだ。
普通に真面目に、誠実に生きていればよかったのに。
本当に迷惑でしかない。

それでも、自分は正しい、素晴らしいと信じて
敵を増やしながら生きていくのだろう。



昨日の話の続きを書こうと思ったら
新しい夫の情報が入ってきて、
予想はしていたが、唖然として力が抜けた。

コロナ禍だから、流石に夫も自粛しているからこっちに帰宅しないのだろうと
安心していたのだが、
何と、うちより遠い夫の実家や、県外へあちこち旅行しているらしい。
こちらに帰るお金を使うのが惜しく、遊ぶお金にしたいのだろう。
こっちにはコロナを理由にいかにもどこにも行けない風に嘘を言う。

誰も帰って来てなんて思ってもいないのに。
家族が旅行に行って楽しい思いをすれば
嫌味を言い、贅沢だ、お金は送らんと嫌がらせをする人だ。
自分が旅行に連れて行かず、一円も出さないことを棚に上げ、
自分だけが楽しく、家族は不幸でないと駄目と思っているのが
腹が立つ。

現実は、こっちの方がずっと幸せで楽しく過ごしているのだが、
自分の嫌がらせがいつまでも通じると思っている馬鹿な人だ。

コロナはただの風邪と思っているからだろうが、
自分の愚かさに気が付かないのか。

ウロウロして、運び屋になり、迷惑かけているだろう。
検査なんてしていないはずだ。
検査も意味なしと言っている人。

夫の実家は、義兄が住んで居ると思うのだが
おそらく夫のことだ。黙っていきなり行って、
平然と数日泊まった様だ。

それにしても、お金が無いと家族には言い続け、
自分の支払いもこっちに立て替えさせようとするのに
自分の為にはいくらでも使うお金はある様だ。

もしばれたら、義兄が費用を出してくれたとか
嘘を言うのは想定済。

縁を切る時に、むこうが嘘八百言って抵抗してきた時に、
それを否定する証拠になるので
こういう情報は大事なのだ。

それにしても、私は母の初盆もコロナで遠慮するというのに
信じられない無神経さだ。

もしかして、私からいつ縁を切られてもおかしくないと思っていて
実家を逃げ場にしようとしているなら知ったことじゃない。
さっさと自分から縁切りを言って来ないのは、
1円もだしたくないからだろう。
自分の介護をさせる人がいないからだろう。

そういう時だけ、そこは俺の家だと、
家族は面倒みる義務があるとか言い出して、
ここに帰って来てほしくない。
serdtfgyhujik_TP_V

たまに、突然自宅に帰る目的は、ただ一つ、
「自分の存在アピール」の為。
会いたいとか情は無い。全て自分の為。

代わりがみつかれば、あっさり離れるつもりだったろうが
あんな人、誰も世話なんかする訳ない。

何度目かの引っ越し、遠い県外への旅行費用だけでも、
本来必要の無いものだ。子どもの食費にはなるだろう。
この長年、夫は相当の無駄使いをして来たと思う。

子どもの為に親はまず我慢するということを
私にだけ押しつけ、自分も苦労していると嘘をついてきた。

何故、こんな人が、周りに迷惑をかけて、
罰があたらないのか。
平気でウロウロして、コロナに感染しないのか、
真面目に気を付けて、自粛している人が感染して苦しむのか。
理不尽な世の中だ。

一生帰って来ないで欲しい。このまま会わずにいたい。
腹がたつのは
「家族は俺様の言いなりで、黙って耐えているんですよ、
俺様を必要としているんですよ。
たまには帰ってやらないと、寂しがるし、うるさいからなあ。」
と、偉そうに人に話すことだ。その嘘を自分でも信じてしまう。

最期には、夫の自惚れを、根底から覆し、
とことん、いかに愚かだったか、我々ははお前の思い通りにはならんぞ、
と知らしめ、夫が泣いて悔しがるのを見たい。

まあ、人格の歪んだ人には通用しないかもしれないが
こちらから、バーンと冷たく届けを叩きつけたい。
何を言われようが、クールに。

なんて、いつも言ってるけど、現実は何が起こるかわからない。
何かが起こってほしい(?)気もする。



 


そろそろ、また何かあるだろうと思っていたが
夫がまたまたこっそり?引っ越ししていた。
何回目かもうわからない。またかだ。
たまたま、夫の友人のSNSで知った。

こちらには連絡は来ていない。
郵便物を送る時には、転送させるからいいと思っているのか、
ばれるまでとぼけるつもりだろう。


これまでも、転職も引っ越しした時も、連絡は来た事が無い。
多額の退職金などを貰っても、隠して1人で全て使っていた。
子の学費も無い、苦労しているから送れないと嘘をつきながら
自分はお気楽な浪費生活。

全てがそうで、ばれるまでとぼけ通し
ばれたら嘘八百の言い訳が用意してある。
何回も同じ嘘を繰り返し続け、何度も人は騙せると思い込んでいる。

そういうところが、夫の人格の歪みで、
こういう人生を送る結果となっていると思う。

嘘がばれると開き直り、脅して黙らせる、
それがパターン化している。

これまで、引越したのかと聞いても、
「今までの住所に送っても、別の人が受け取ると思う」
という言い方をしてうやむやにする。
忖度しろ、言ったからな、ということらしい。

「引っ越したよ」で済む事なのに、それが言えない。

都合の悪い事は、主語を自分にして話さないのだ。

自分がこうした、自分が決めた、という言葉を夫から聞いた事が無い。
聞くとしたら、誰かの成功話に嫉妬して
「あれは自分のアイデアだった。」「自分のアドバイスのおかげだ」
などと負け惜しみをいう時だけ。

責任感の欠如が原因だろう。
自分に責任が来ないように、嘘ついたり、言い方を誤魔化し、
常にこそこそしている。

もう全て見抜かれているというのに。
どこに行っても、誰と知りあっても、
何度も縁を切られ、嫌われた事を現実逃避して逃げまわり、
引っ越しを繰り返していく。

ame56IMGP08101736_TP_V

家族が知らずに、辞めた会社に連絡したり、
前の住所に郵送したりしたのが人に知られ、
「家族に教えてないの?」と疑われたら
「いや、教えましたよ。全くだらしないんですよ、うちのやつは」
とか、
「あれ?連絡したのになあ、忘れたのかなあ、注意しときますよ」
と、間違いなく言うはずだ。

だから、親族にも別居先の知り合いにも
家族を会わせるはずがない。嘘がばれるから。

そういえば、他の方のブログで全く似た様な目にあっている人がいた。

旦那さんが、親族の集まりを教えず、ひとりでこそこそ行く。
生活費も入れない、ケチで自分は浪費しているそうだ。
親族にあわせないのは、自分が無責任な事がばれるからだろうと
「家族にお金がかかって苦労している」と嘘をついているからと。

似た様なお宅があるんだなあ。

夫が今引っ越しをしたということは
こちらで暮らす気は今のところないんだなと思えて、嬉しくなった。
このまま二度と会わずにすめば最高だ。

まさか、私が喜んでるなんて思ってもいないだろう。
夫は私が寂しがっていると自惚れている。
ここまで自惚れが強く、自分を騙せるなんて。
ストーカー気質ということ?

今回も、向こうが言ってくるまで、知らないことにするが
いい歳して本当に成長のない、幼稚な人。
本当に、馬鹿馬鹿しくて疲れる。

後は、いつ縁を、どんな風に切るか、
慎重にタイミング待ちだ。


 

↑このページのトップヘ