以前、体調を長く崩した時(夫が原因)
1カ月位、自然に囲まれた静かな別荘で1人ゆっくり過ごせたら
すぐに元気になりそうと思った。
現実から遠ざかり、山川、海など自然の中に身を置くことで心が癒され、
その結果身体も回復する気がした。

父が定期的に掃除に通う僻地の空き家を思い出していた。
自然に囲まれており、そこで過ごす事も考えた。
が、子ども達が一番大事な時期で、親は私しかいない、
頼れる人は近くに誰もいない。子ども達に心配させたくないし、
休職はしたけど、子どもの世話だけはどうにか頑張っていた。

最近また、別荘があればなあと思う時がある。
僻地の古い空き家に今も父は1カ月に数日掃除に通っている。

その空き家で生活はできそうではあるが、
かなりの古さ、井戸水、お風呂も壊れがち、トイレは水洗では無い。
不衛生な朽ちた家になっており、父は気にしていないが、
私達はあの家で過ごすのはもう無理だ。

道も暗く狭くなり、手入れされていない大木が倒れてきそうで危険。
癒される以前に物騒で怖い。

昼間、周囲を歩くと川のせせらぎ、取りの鳴き声、
田畑の緑、木々の臭い、蝶が人を怖がらずについてくる。
環境的には人間性を取り戻せそうな、命の洗濯ができそうな場所。

でも、夜は星が綺麗で蛍が飛んでいても、怖い。
なので、あの家は別荘にはできない。

お金があればなあと思う。

コロナ禍の時、海が目の前にあるホテルの高層階が激安になっていて
(コロナのせいでガラガラだった)
1泊した事があったが、部屋のベランダから見た海の眺めが最高で
こんな眺めの見えるマンションに住みたいと思った。
shikun221151329_TP_V

朝夕、海を眺めるだけで癒される。
旅行に行く必要は無い。ここにいれば。色が様子が時間毎に変化する。

買わずに借りてもいい。
宝くじが当たったらそうしよう。なんて今でも夢見ている。

子ども達も利用するだろうし
お正月皆でそこで集まるのも楽しそうと、どんどん妄想が広がる。
母が元気で、実家を綺麗にしていた時なら、
いずれ、実家を別荘みたいに使えるかもと思っていた。

まさか、父が寝る場所も無くすほど家を荒らすとは想像していなかった。
それ以前に、人を家に入れたがらなくなるなんて。

夢を叶えるには、お金だけじゃなく健康も必要。
健康な今のうちにと思うけど、どうしようもない。
結婚したばかりの頃は、夫の方が夢物語を話していた。
まるですぐにでも実現するかのように。

自分の言いなりにしていればすぐに叶うよと大ホラふいていた。
私は簡単に騙せる相手と舐められていた訳だ。
本音はお前がお金を出して実現しろと言いたかったのだろう。
忖度して妻が自分の夢を叶える為に動くべきと。
それをしないでいたら、脱価値化して簡単に捨てる。

なので、当然私の夢には当然私と子供達だけしか存在しない。