駐車場で車を停めて人を待っていたら
猫が寄ってきて、私を見て何か訴えてた。
ニャーンと何度も声をかけ、眠たそうに眼をしょぼしょぼさせていた。
車から降りて、抱っこしたい衝動にかられたが我慢した。

まん丸に太り、綺麗な猫だったので、
大事にされてる飼い猫だろうな。
車にひかれてしまうよと心配していたら
駐車していた別の人がコンビニから戻り、
その猫に買って来たパンをあげていた。

どうやら猫は、その人を待っていた様で、
いつも同じ場所で食べ物を貰っているのかも。

パンをあげる人と馴染んでいる様で、もしかしたら飼い主だったかも。

25NJ_yokowomukunekochan_TP_V

数年前に亡くなった犬との別れから
二度とペットは飼わないと決めた。
別れが辛すぎた事もあるが、これからは、留守番をさせることが多くなりそうだ。
今までは家族の誰かがいたが、今は私しかいない。
自分が先に病気になったりしたら、最後までペットへの責任を負えるかと思うと
自信が無い。

純粋無垢な目で、飼い主を信じて生きているペットを見ると
絶対にこの子を守らなきゃ、
辛い目にはあわせたくないと思った
その気持ちが、自分を律する力にもなった。

夫は「自分は動物好き。動物の扱いに慣れている。」と自慢する。
私から見れば、「自分の欲の為に存在する動物が好き」な人だと思う。
自分が多少犠牲になっても、いざと言う時にその子の為に
責任をとる覚悟は最初から無い。
言い訳をして誰かに押し付けるつもりでいる。

愛しい者を大事にしたいと思っているつもりでも、
自分の思い通りにならないと、すぐに飽きる。逃げる。
それでも自分は子ども好き、動物好きと思っている。
そう思っている自分が好きなだけなのに。