昨日は、久しぶりにケーキを作った。
最近、テレビなどで美味しそうなものを見ると
すぐに食べたくなる。

単純…。ささやかだけど、やりたい事ができる幸せ!
夫がいればこうはいかない。

自作ケーキは、買うより安くつくし、
自作の方が、スポンジ、クリームの味、弾力などがお店のよりも美味しく感じる。
出来栄えは、ぐちゃぐちゃだけど。
そこは流石にプロに敵うはずがない。

粉をとばし、クリームを飛ばしながら、時間をかけて作っても、
無くなるのは一瞬。
保存のきくものじゃないし、最初の一口の幸せの為に作るようなもの。

今回は、冷凍のベリーミックスを見つけ、
それをたっぷり飾りに使った。
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、ブラックベリーが
とても可愛く、美味しかった。

ケーキは、子どもが小さい時に、良く作っていたが、
最近は、面倒になってた。
たまに作ると、やっぱり美味しい。

少しでも、明るく笑顔で過ごせるように、
子ども達の為にと、作って食べて笑って、気を紛らわせていた若い頃を思い出す。
MMK_settingsaretacake_TP_V4

ケーキの次は、お好み焼きを食べたくなった。
小麦粉があまったし、ちょうど良い。
でも、また粉もの?太るし、糖分大丈夫か?と自問自答。

長生きしていて、元気な人は、良く食べている。

食事に気を付け、しっかり食べていた母が
突然、食欲が無くなったことから始まり、
結果的に口から物が食べられなくなった。
最後は水すらも。
飲食した物は、途中、腫瘍で腸が塞がり、物理的にそこで詰まってしまう。
1度目は成功したが、再発後は、手術もできなかった。

あと1年、1カ月でもいいから、食事ができるようになり、
治ったんだと母を喜ばせたかった。
そうなると信じていた母の様子は可哀想で、辛かった。
私は、母がこんなに元気なのだから、このまま、長生きするかも
と希望を持っていたのに。

「食べられなくなったら終わり」という言葉を耳にすると
今は、胸が痛む。
食べたいと思った時は、食べよう。ただし、適度に。

食欲のある私は、まだ大丈夫だなと、今日の命に感謝する。