続き⇩

失敗ではなく、間違いと言えばいい。
自分が間違っていた、と。

ある友人は、育てにくいなと思っていた娘さんが
小学校の高学年で自閉症と診断された。
心配するあまり、彼女は精神科にカウンセリングに通っていた。
当時の彼女の口癖は
「失敗したわ。子どもなんか産むんじゃなかった」だった。

それを公にあちこちで言うので、
いつも周囲からは注意されていた。
気苦労の連続でつい口にした言葉かもしれない。

誰でも、追い詰められる。
でも、公に口に出したらダメだと思う。
彼女は世間体を気にする人だったので、
まさか、世間体を気にして?それは酷いと内心思ってしまった。
が、彼女の本心は彼女にしかわからない。
aig-ai221017305-xl_TP_V

私も親から似た様な発言をされたり、態度をとられた事ことはある。
失敗とまでは言われなかったが、
私が自分の思い通りにならなかったから、世間体が悪い、
娘はいないことにしたい、と言われたこともある。

帰省した時、近所の人にわからない様に隠れろ、
居ないふりをしろとまで言われた時もある。
何も悪い事はしておらず、世間体の良い経歴じゃなかったというだけで。
一流大学、一流企業に入らず、結婚相手も一流じゃなかったからだと。

誰の為に生まれた子ども?
世間体があなたの人生に何の価値があるの、
世間があなたの人生の責任をとってくれるの、
と言いたかった。

誰の幸せの為に子どもを作るのか。
子どもの為でしょう。
親の為じゃないということを
分かっていない人がいるんじゃないかなと、
自分にも言い聞かせて、我が子に心の中で謝っている。

夫は問題外。私からしたら一生檻に入れてしまいたい。
夫なんかに比べたら、皆さんずっとまとも。
親として自分と向き合い、悩んでいるのだから。