最近、急な温度変化、乾燥で、
咳がとまらなくなる時がある。
たまに唾の誤嚥で自滅?する時もあるが、苦しい。

このご時世、風邪でもコロナでもないけど
ただ、のどが過敏なだけだったり、反射みたいな物で
咳き込むと、周囲にとても気を使う。

アレルギー体質の人は、鼻炎や後鼻漏からのど、気管支に炎症が広がり、
今の時期、苦しそうな人を見かける。

先日、実家に入った途端
喉がイガイガして、咳が出た。
母がいたら、窓を開放して空気の入れ替えをやたらとするのだが、
父は窓も開けず、閉め切っているので
埃っぽく、乾燥していたせいかもしれない。

それにしても、父の世代の人は食べ物もなく
今と比べれば劣悪な環境で、
小さな身体で家の手伝い、子守りをさせられたり、
体力、気力共、強かったんだなあと思う。
今より、自然の中で育ち、多くの菌に触れ、
抵抗力は備わったのだろう。

その代わり、薬や医療も乏しく、
幼くして亡くなる子も多かったと聞く。
haro20211016-A7304543-Edit_TP_V

それにしても、父の丈夫さには驚く。
あんな環境で生活しても、元気で熱も出さない。
むしろ、母がいた時の方が、
突然体調不良を訴え、救急車を呼んだこともあったほど。

1人暮らしで、気ままなせいか、
周囲の心配に反して、しっかりしている。

寂しくはないのだろうか。
寂しいはずだけど。
父より、私の方が先に倒れる気がしてきた。

目の状態は、少しづつ気にならなくなってきた。
光視症もほとんど感じない。
ドライアイで、違和感が強かったのも
薬のおかげで消えて来た。

次の検査でどうなっているか、
少し不安だけど、硝子体が無事網膜から外れていますよと
もう大丈夫と言われたら、どんなにか安心かなあ。
心配なのは右目だけど、左目もどうなるか。

骨粗鬆症予防に、かかと落としもやる様にしている。

何だか一機に老化を感じる日々。
誰でもいつかは、こうなるものとわかっていても、
これも寂しい気持ちになるものだな。