何となく知られてはいたものの、宗教と政治の関係、
カルトの問題が再びマスコミに取り上げられている。
この機会に膿をだしてほしいが、簡単ではないだろう。

事件とは関係なく、カルト信者2世の苦脳についての記事を読むと
心が苦しくなってくる。
表には出ていない多くのカルト2世が、どれだけ犠牲になってきたことか。

ネグレクトの問題が一番胸が痛む。
家庭より、活動を優先した母親、
山岸容疑者は幼児期に「ママがいない!」と裸足で外を泣き叫びながら探していたそうだ。
食べる物も無いまま、子どもが放置され、家庭は破たんし、
家族の命まで奪われる結果になるなんて
何のための信心なのだろうか。

大きな宗教団体でなくても、
偽占い師にのめり込み、お金をつぎ込み、
結果、家族を失ったり、家を全焼させたりと
救いを求めたはずが、不幸ばかりが続いた義実家。

それでも、夫の母は、活き活きとして、
自分の買い物と、占い師にお金を使い続けた。
「私の言う通りにすれば救われる」と
霊感商法に利用されたが、何も良い事はなかった。
それでも、目は覚めず、自分は正しいと信じたのが夫の母。


PPS_kanegatanohuurin_TP_V

子や孫にお金を使うのは嫌がり、
自分の欲しい物と占い師に使う事を優先していた。

夫は、カルト2世とは言えない。
そんな母親に同調して良い息子に思われようとし、
止める事も無く、賛成していた。
何でも母親が言うことは正しいと信じて。

山上容疑者の母親も、自分の(宗教の)せいではないと言っているようだ。
実際詳しい情報が無いので正確なことはわからないが、
自分の信仰は正しい、絶対に悪くないと信じて居るのだから
我が子の苦しみも理解できず、人間らしさを奪われる、洗脳と言う罪は
本当に恐ろしい。

ある意味、夫が容疑者の母親と重なった。
自分が原因で我が子が苦しんでいても、
他人事の様に、自分は何もしていない、悪くないというだろう。

自分の為なら、我が子の人生まで奪い尽くす、そんな悪魔に思える。