つづき~
次第に、彼女もジョンの嘘に気が付き、
一旦は離れようとするが、
またまた、嘘と演技に翻弄され、共依存関係になり、
彼から離れなくなってしまう。
娘たちからは呆れられ、親子関係もおかしくなる。
それを裏で、しめしめと笑うジョン。

共依存になったところで、
男は本性をだしていく。
が、嘘が再びわかり、女性は、やっと目が覚める。
弁護士や警察にも相談するのだが、
すぐにはどうにもできない。

ジョンに別れを告げると
ストーカーされ、娘への嫌がらせや
彼女の仕事までも妨害が酷くなり、
命の危険を感じ出す。
最後には、不幸な事が起きる。

だいたいこんな内容だったが、
このジョン程では無いが、
似た様な結婚をした被害者は多い事だろう。

結婚するまでのあの優しさは本物だと
信じたくて、本性を見ても、
きっと良くなる、治ると信じて、
助けてあげたいと思う被害者。
そうなるように、弱い振りの演技をする加害者。
MZ18063DSCF4539_TP_V

ターゲットが離れようとすると
泣きついて、反省するふり、病気のふり、
自分でもわかっている、変わりたいんだ、と
助けてくれ、とすがりつく。
それも演技。

実際、そうやって騙される人は多いのではないだろうか。

ジョンは、反社会的人格障害、自己愛性人格障害、
演技性人格障害、全てがあてはまる気がする。
とにかく恐ろしい。

日本でも、別れた夫が
元妻や妻の親を危険な目に合せるという不幸な事件が多い。
そんな人に関わってしまったら、人生悲惨なことになる。

結末は、解決したからすかっとしたが、
現実には、多くの似た様な悩みを持つ被害者が
存在することを思うと、ため息が出た。

この体験を、主人公の女性は
マスコミに取材してもらっている。
同じような被害が出ないように、
この体験が誰かの参考になればと語っていた。