先日、NHKで、ウルトラマンの製作者たちを描いたスペシャルドラマと、
元祖ウルトラマン第1話他を放送していたので録画しておいた。 

ウルトラマンシリーズは、かなり前にBSで放送したのを見た気がするが
内容も何もかも忘れていた。
怪獣では、ダダがお気に入り。小太りでちょっと情けないところ(笑)

古いシリーズの中では、個人的には、ウルトラマンタロウが好きかな。
篠田三郎がいい。今も変わらないカッコよさ。
素敵な歳の取り方をしている理想の人。

現代の若者も、再放送やDVD、サブスクで観たり,進化したストーリーの
映画物を見ているだろうし、ファンも多いと思う。
今、上映中の映画、シンウルトラマンがかなり好評らしい。

で、本当に久し振りにウルトラマンの第1話を見た。

あの時代で、よくここまで作ったなあ、と思う。
特撮がおもちゃっぽいが、
それでも、最先端だったろうし、苦労だらけで大変だったと思う。

で、子どもの時は、おじさんにしか見えていなかったハヤタ隊員が
めちゃくちゃ若くて、カッコ良く見える。
こんな人だったっけ?と不思議な気分。
今も俳優として活躍しているナイスミドル?の彼をみているせいかな。
自分がいかに歳をとったか、という事だ。

shikun12865V7A9902_TP_V

エキストラを見ても、当時のファッションが新鮮で、お洒落に見えるし、
特に女性が今より洗練されている様に見えたのは意外だった。

日本は、その後、豊かになって文明も発達して、先進国になった…はず。

いつのまにか、後退しているのだろうか。
優秀な研究者は大事にされず海外に行ってしまう。
人々の暮らしは苦しくなり、どんどん税金も物価もあがり、
未来に夢が持てない時代に。
今こそ、ウルトラマン的存在がいてほしい。

元祖ウルトラマンが作られた頃の日本の若者たちは、
未来は明るく、夢と希望を持てた事だろうなあ。

ネットも携帯も無かったけど、今よりは、幸せだったと思う。

ウルトラマンを見ていたら、時代の流れを感じ、少し寂しくなった。

(私個人の想いです。)