夫は、人間関係でトラブルを起こすのが癖みたいになっている。
自分に原因があると思わず、自分は正しい、特別と思っているので、
どこで働いても、誰と出会っても、同じ問題を繰り返す。

その都度言い訳をするが、付き合いの長い人なら
真実に気が付いている。

夫は、人と争い、トラブルになるのを前提にして生きている気がする。
例えば、相手が私であれば、いつ離婚を迫られるかを意識し、
自分が有責にならないように、一円もとられない様にと
そんな計算ばかりしていると思う。
人の気持ちなぞ、頭に無く、自分が損をしない、得をする計算で生きている。
私との電話をこっそり録音していたり、
メールを保存して(切りとって)自分に都合の悪い時には
それをいざとなったら証拠に使うぞ、と脅迫していた。
どうぞ、どうぞ、といつも答えている。

夫は「自他」「家族と他人」を区別できないので、
ターゲットにした人間、家族にも、同じ接し方をする。
ellyflt52807_TP_V

転職する度、社長ともめた時のこと。
会社側は、夫の人格について、
私と同じ様な事を言っていた様だ。
人格に問題ありみたいな表現だった。

その時、電話で私に夫がこんな話をした。
「この前、友人にあって、社長の事を話したんだよ。
社長やその取り巻きは、僕を人格障害みたいに言う。酷いよね。
あれは名誉棄損だ。ね?そう思うよね。この僕のどこが人格に問題があるの?
こんなにまともで、温厚なのに。僕に人気があるから嫉妬なんだよね。
って、話したんだ。ああ、色んな人に悪口を言い触らされて、説明が大変。」

この時の友人がどこの誰かは知らないが、
私と同じ事を感じたのかもしれない。

この時の夫の話し方、表情が目に浮かんだ。
そう、ターゲットを狙う時の、演技の時と同じ。
誠実そうに、笑顔で腰が低い善人の演技。
夫自身が演技で自分を騙している。
自分が騙されるから、他人も家族も騙されると思い込んでいる。

勿論、善人の行動をする時は、
実際善人になっているのだが、それはその時だけ。

人の全人格を否定したくはないが、
人格障害相手に、それを気にすると、被害者は壊れる。
その後ろめたさに付け込むのが、サイコの作戦。
心を鬼に。