コロナ禍で、鬱病になる人が増えているという話を聞いた。
鬱状態、双極性障害(躁うつ病)、適応障害など似た様な症状の病があるそう。

最近は、 経済的な苦境から、発症する人が増えているとか。

親族に、30代で発症し、70代で亡くなるまで病と戦い続けた人がいた。
発病時、小学生の子が2人いて、旦那さんの親と同居生活だった。
色々、義親兄弟が問題を抱えており、巻き込まれて苦労した人。
問題が解決した時、動けなくなり発症したと聞いた。

この人みたいに、長く辛いストレスから解放された時も
発病しやすく、危ないのかもしれない。

この人は、回復したり悪化したりを繰り返しながら、
最後まで病気と戦っていた。
副作用なのか、症状なのか、
久し振りに会った時、落ち着きが無く、表情も無く、
ロボットの様な動きをしていた。

その直後に、家族が入院させて、きちんと治療を受けると、
回復して元の生活に戻った。本人は、治療を嫌がった。
入院させるまで、本人の抵抗があり、家族も大変だったらしい。

退院後は(今は亡き)私の祖母が、家に介護をしに行っていた。
夜は、タオルでお互いの腕を結んで寝ていたと言う。
彼女が夜に何をするかわからないので。
同居していた義両親とは、病気をきっかけに別居。
祖母の気持ちを思うと、どんなにか心配だったことだろう。
幾つになっても、娘は娘だから。
ellycollection028_TP_V

鬱病は、薬との相性もあるし、副作用も強く、すぐに治る病ではないので、
周囲から「悪化しているから薬をやめろ」とか
治療に関して、色々心配される傾向があると思う。

夫の親族もそうだった。身内に鬱病治療中の人がいると、
医師を批判し、薬をやめさせ、カルト宗教や、偽占い師を信じて連れ回した。

医師に不信感があるなら、口コミや紹介で良い医師を探せばいい。

もしかすると私自身も、危なかったかもしれない。

夫が、じわじわと不安を与え続け、脅迫で言う事を聞かせようとし、
身動きが取れない様に追いつめようとしていた時期。
私は、体調に異常がでてきて、仕事も長く休むことになり、
仮面鬱かも?ヤバイと感じ、悪化しないようにもがいた。
1人で抱え込まず、夫からのストレスが原因だと母や夫の親にも話した。
まだ、怒る力が残っていた。

あの時、我慢して病院にも行かず洗脳されたまま、
1人で抱えこんでいたら、
今頃この世にいないか、日常生活をまともに過ごせなくなっていたかも?
夫と姑は、私のせいにし、弱い人間で、迷惑をかけられたという事にしたはずだ。
子ども達は、夫に見捨てられ、夫の上手い言い訳に押し切られ、
私の実家が育てる様に仕向けられただろう。
(夫から離れた方が良いのだが、理由がお金を一円も出したくないからだと想像できる)

鬱病は、心の持ちようではなく、脳の不調による病。
きちんと治療するのが一番。
ストレスは万病の源。
そうならないよう、ストレスを溜めない事で予防するしかない。
心の持ちようが効果的なのは、健康な時。病気になってからでは無理。
予防として大事。

夫の様な人と関わる事で、じわじわと傷めつけられ、
病になってしまう事もある。
人の影響力は馬鹿にできない。

とにかく、不調が出たら、病院へ。