なかなか実家に帰れず、弟からも連絡が途絶えがち。
おそらく放置しているのだろう。
父の栄養状態も良くないと思うし、
家の中はごみだらけだろう。

以前、弟と母の事を話していて、
「母には御詫びと感謝の気持ちでいっぱいだ」と言っていた。

その言葉に違和感がある。
今の父への態度を見ていて、母の時と何ら変わっていない。

どんなに私が実家の事をもっと大事にしてと言っても
無視していた弟夫婦。
なのに、私が帰省するとあれこれ家事を指示する弟。
それ、自分と奥さんでやれば?と言いたくなった。
(感じ取っているかも)

病の母からお願いされても、酷い言葉で言い返していた弟夫婦。

最近また実家の様子が気になってきた。

で、父に手紙を書いた。
写真も同封した。父への刺激になるように。

実家の近所の方が、特殊詐欺にあった噂を聞いた。
父にも注意してほしいと、その話題も書いた。

弟は自営で、時間にゆとりがあり、高収入も確実にある。
なのに、お金への執着が強い。
母も不思議がっていた。
おそらく、(成人している大人)子を自立させず、
世間体を繕う為に県外に住まわせ、遊ばせているから
その子にお金をつぎ込んでいるのではと母から聞いた。
父はそんな事は知らない。知ったとしても、
息子の事には、何でも甘い。
ellycollection038_TP_V

弟夫婦は、毎日の仕事に追われている訳では無い。
むしろ、退屈しており、羨ましい生活。
なのに、母が病気でも、実家の家事を手伝うことは最後まで無かった。
父もだ。母に冷たかった。
それを弟は真似している。

長い間、両親を利用して今日の楽な生活があるというのに。

弟に、詐欺も心配だし、たまには、実家の様子を観察してと言ったが
面倒臭いと言っていた。父がまともに食べていなくても、不衛生でも知らん顔だ。
世話をされることを父が嫌がることはない。
毎日は嫌だろうが、たまになら喜ぶ。ましてや息子なら。

弟夫婦にも「料理ができなくて困っている」
「食べたい物が食べられない」と父が話したという。
それでも、知らん顔をする。
そんな話を堂々としてくる弟の神経もおかしい。
父は、作ってあげれば勿論、惣菜を買ってあげても喜ぶ。
それも、たまにでいいのだ。

弟夫婦は、自分の面倒に思う事、
したくないことはしない、という性格なのだ。
甘やかされて育った似た者夫婦。
自分達は、人をどんどん利用する。

母が生きている時もそうだった。
いなくなってから、いくら泣き言や綺麗事を言っても
白々しく聞こえてしまう。