休日になると、色んな町内会の幹事の方が訪ねて来る。
昨日は副会長さん。初対面。

まだ、私は班長じゃないのに、引き継ぎもしていないのに
「今すぐ、これをやって。終わったら連絡して。急ぐから」とお願いされる。
「ちょっと待ってください、何の資料も無く、どこに誰が住んでおられるかも
知らないですよ。現在の班長さんに話してください。
まだ3月までは、私は関係ないですし、何もできません」
とお願いしても
「面倒臭い、あんたがやって」と言い残し、自転車でさーっと帰って行かれた。

町内会長、副会長さん、高齢者なので、毎年大変なのはわかる。
誰も代わってくれないと愚痴っていたし、
人が嫌がる事を引き受けて下さるだけでも感謝しないといけない。

以前は、町内会長などの幹事は、
喜んで引き受ける方がおられると思っていた。 
定年退職後、エネルギーを持て余しているお元気な方々、
地域の為に貢献する事で、老後を充実させる楽しみとして。

どうやら、もうそういう時代では無くなっている様だ。
若い家族、忙しい世代が転入してきて、
近所付き合いも無く、町内の行事も盛り上がらず、
コロナで更に簡素化され、活動するのは高齢者のみ。

そう言う自分も、ここに住んで長いのに、
近所の人にもなかなか会わず、付き合いは無い。
子どもが小さい頃は、ママ友がいたが、
今はもう引っ越しされたり、縁はほとんど切れた。

できれば、近所の目を気にせず気楽に生活したい。
役員をすると家を留守にできない。
地元愛が無ければ、なかなか難しい。

今年1年、縛り付けられる感覚。
父に何も起こりませんように。

zubotty4141413DSC05765_TP_V

話を戻すと、
押しつけられた仕事について、
何もわからないので、現在の班長さんのお宅に行き、
話を聞いてもらった。
すると「それ、昨日私も言われて、それ、今すぐやらなくてもいい事ですよね、
いついつ、やりましょうと話をしたばかりですよ。
何故、無視してあなたに押し付けたのかしら」
と怒っておられた。

結果的には、私が今やることにした。
簡単なことだし、板挟みで面倒臭くなるのは嫌だったので。

きっと、副会長さんは、その人に言い返せなかったのか、
何もわかっていない私なら、黙ってやると思ったのか。
そう言えば、会長さんも、言い方が上から目線だった。
会長、副会長、もう1人も。

過去にPTAや子ども会で、何度か役員をしたが、
中に勘違いしている人がいた。

会長をやってくれるのは良かったが
決まった途端、急に態度を変え、自分は上司よ、私の命令を聞きなさいと
命令口調で話す人もいた。

え?あの人、我々の上司なの(笑)?これ、ただのボランティアよね、と
裏では皆笑っていた。

PTAでもなんでも、なるべく役員はやりたくはないが、
いざ担当が回ってくると
それまで見えなかった色んな事がわかってくるのは面白い。

それと、無償で地域の為に、頑張って下さる人の存在もすることが出来、
有り難いと思う。何だかんだと偉そうに言われても、
感謝して我慢し、協力しよう。