結局、大きな声の会長さんと、しばらくの間、玄関先で話をすることになり、
色々、お疲れの様で、愚痴も聞いた。70代後半位の方。
長い間、会長を引き受けてきたが、最近奥さんが倒れ、緊急入院、
もう疲れた、誰かに代わってほしいと頼んでいるが
断わられている。
新しい役員もなかなか決まらない。
子ども会も加入者が減ってきて、消滅寸前だとのこと。

自分達が役員をしていた頃と比べると、
ずいぶん寂しい状況になっているんだなと驚いた。

我が子の時は、子ども会活動も活発で、町内会のお祭り、運動会など
行事は賑やかで盛り上がっていた。
もうそんな風景も無くなるのだろうか。
コロナで、更にダメ押しな感じだ。

そういう自分も、ママ友達と縁は切れ、近所付き合いは無いし、
来年からは、実家に頻繁に帰ったり、留守がちになる可能性もある。

こんな世の中になり、働くお母さんへの負担は更に大きくなり、
皆、疲れて余裕が無くなっている。
仕方がないのかも。
PAK86_atarasiiharu15090738_TP_V

会長さんが、住民の(私の)要望を聞こうとされた事は確かであり、
わざわざ家まで来て下さり、有り難い事だと思えてきた。
(ミラーは古すぎて、まだ所有者は不明)
遠慮のない所は疲れたけど、人が嫌がる会長職をボランテイアで
長い間、やって下さっているのだ。

「おたく、町内会長やってくれない?」
と言われた。は?まさか。
そこまで困ってるという事。
「ご主人は仕事何してるの?会長できるでしょ」
と大きな声で聞いてくる。

もしも「主人は(公務員とか)大手企業に勤めておりますの。」と答えたら、
即効、お願い、会長やって、と強く頼まれたことだろう。
とんでもない。うちは会長に一番なってはいけない人間ですから。

高齢者や古い考えの人は
「ご主人のお勤めは?」と平気で聞いてきて、
職業で人を見る傾向にある。

よりによって、ろくでなしの旦那の家だと知らずに気の毒に。

一瞬、焦って「うちは転勤が多くて、家にあまりいないんです」
と誤魔化した。転勤と聞いた瞬間に、すぐ諦めてくれた。

縁がきれたら、1人暮らしですと堂々と言えて清々しいのに。