以前から、よくむせることはあったが、
最近またよくむせる。

突然唾液が気管に入り、苦しむ時もある。
食べている時は、気をつけているのに
今日も、ご飯粒が、すっと気管に入り込んだ。

咳き込めば出て来るので、気管の入り口で引っかかっているのだろう。

でも、本当に苦しい。
食べている時、口に何か入ったままだと
それを出してから咳こまないと、うまく出せないので焦る。 
息を吸ったタイミングで、本当にスッと入るので怖い。
のどには、間違って気管に入らないように、弁があるのだが、老化でそれが緩むそう。

私は弁の老化に間違いないだろうが、
気を付けていても、そうなるともうどうしようもない。

詰まった時は、へたに水を飲んだりしないで、
前かがみになり、胸に力を入れて無理にでも咳をする。

物を食べる時は、胸をそらさず、前かがみ気味の姿勢にする。

唾液が気管に入るのは気を付けようがない。

息ができないのは、本当に焦るし怖い。
何とか取れても、しばらくは苦しさが残る。

運転中に、タブレットをなめていて、
何かのはずみに気管に入り、
ヤバイ!と思って、路肩に止め、前かがみになって必死でもがいていたらとれたという
若い人もいた。苦しみながら、スマホで救急車を呼ぼうかと思ったが、
とれたから良かったと。恐怖だったと。

それ以来、運転中は、口に物を入れないことにしたらしい。

若い人でも、そういうことはある。
ellycollection065_TP_V

普段は交通事故や病気ばかり気にしているが
そういうアクシデントで、命を落とすこともある。

窒息は本当に怖い。
知人が、寝たきりのお父さんの介護をしていて、
食事の後にお水を飲ませたら
誤嚥されて、それが原因で亡くなったと聞いた。

ショックで知人は、鬱病になってしまった。

酔ってベッドに倒れ込み、嘔吐物で窒息して亡くなった女優さんも昔いた。

誤嚥には関係ないが、
何だか胸が苦しいなあと思ったら、
胃に空気が溜まっていただけということもある。

赤ちゃんがミルクの後、げっぷをだしてあげないと
苦しがって泣いたり、吐いたりするのと同じ?
げっぷが自然に出ればいいけど、
出ないで、苦しいだけなのは、気持ち悪いものだ。

これまでは、身体が無意識に動いていた事が
老化のせいで鈍くなるのかも。
今は、小さな違和感にも敏感になってしまう。

気分転換に、来週は映画を観にいきたい。
久し振りの映画館。家よりやっぱり映画館がいい。