自分だけがだるさを感じているのかと思っていたら
周りの人もため息をついたり、お疲れ気味。

せっかく涼しくなってきたのに、コロナ疲れかな。
皆、ストレスが溜まっているんだよね。

最近、感染者が減っているのは、ワクチン効果もあるだろうけど、
ウイルスの自壊(コピーミスを起こし増殖をストップ)もあるそうだ。

このまま、自然消滅してくれないかなあ。
早く特効薬が出回り、
インフルエンザと同じレベルになってくれたらなあ。
自壊していても、そう甘くみない方が良いそうだ。
形を変えて生き残るだろうなあ。
第6波もまたすぐ?

来月こそは、実家に行きたい。
行けます様に。
父が留守するタイミングを狙うので、どうなることか。

秋は寂しくなる季節。父は寂しくないのだろうか。
以前の父のままだったら、何度も会いに行けたのに。

RED1211018_TP_V

昨夜、ネットフリックスで観た映画、
「黒い司法0%からの奇跡」は素晴らしい映画だった。
実話に基づいており、ラストに本人達の動画や実際のニュース画面もでた。

ラストには、涙が出て、スカッとした。
今の日本にも通じるところがある。
主人公の弁護士が、裁判所で訴える言葉は、どの国でも共通し、
他人事ではないから、胸をうつのだろう。

「もし罪なき貧者よりも やましき富者が遇されるなら
そんな社会は公正じゃない!」

やっぱり映画は、スカッとするのがいいな。