秋を感じる日々。
気候が良くなると、さあ、外へ出よう、何かしなくちゃと
焦りがでてくる。
それに、太ってしまったし!

家の中は、少しづつ片付けてはいるが、
気になるのは実家の母の物。
とにかく勝手に処分しないでほしいと祈るのみ。

母の持ち物は、意外に私がプレゼントしたり、お土産であげた物が多い。
母が若い頃、自由に使えるお金が無く、
父の顔色を伺っているのがが、子ども心に可哀想に思っていた。

そのせいか、就職してから
母に何かと服や時計、ハンドバッグ、ミキサー、ホットプレート、炊飯器まで
買って送っていた。

娘が買ってくれたのだと、古くなっても捨てずに大事に保管していたことを
私は、葬儀の前後に母の部屋を見て知った。
父も弟もそんな事は知らない。

それを父は勝手に「こんな物を買いやがって」と捨てようとした。
弟も「ボロだから捨てていいね」と電話で言っていたが、止めた。
私が母に贈った物は、私の思い出の物でもある。

初めてのお給料、出産の時、新婚旅行、病気の時手伝ってくれたお礼などなど。
捨てるなら私が自分で捨てたい。母の気持ちに応えて、私が捨てるなら許してくれると思う。
008ELA201029A_TP_V

父にも贈り物をしたが、父はすぐに忘れるし、
もう残っていないだろう。
娘からプレゼントを貰ったと言う事が頭に無い。

「家の中の物は全部、自分の金で買ったのだから自分の物だ、
どうしようが俺の勝手だ」と言う父。
弟が今は父を止めているが、このまま捨てずに父が我慢できるかどうか。

母の物は捨てたがり、自分の集めたゴミ?は増やしている。
家はゴミ屋敷になりそうだ。
ゴミを捨てられないのに、母の着物や思い出の品は
すぐに捨てようとするのが理解できない。
父の心を分析しても、辛いことしか浮かばない。

老化のせいだとわかっているが、
足腰が動く為、止められない。

弟は、次第に父の様子を見に行くのが苦痛になって来たと言う。

顔を見るだけで、具合が悪くなりそうだと。

でも、父に期待され、大事にされてきたじゃないの。
私に比べれば、楽じゃない。贅沢よねと内心思ったが、
弟のストレスは他にあるんじゃないか。

さて、動かないと。