今日の朝ドラには、主人公が恋人にプロポーズされるシーンがあった。
(若いっていいなあ、こんな男性、現実にいるのかなあ、とか
人生をやり直せたらなあ)と思いながら、自分の現実にがっくりした。

ドラマでの恋人の彼は、医師であり、真面目で地に足がついている落ち着いた性格。
その彼が、一生懸命言葉を選びながら、彼女に自分の気持ちを伝えようとする。 
その言葉の中で、これだ!と響くものがあった。

「僕はあなたといると、自分が良い方向にかわっていけると思える」

これだよこれ!と1人でニヤニヤした。

人間関係は、これに尽きる。
当然結婚は、相手を間違うと、自分の人間性まで壊れてしまう。

気が付かないうちに相手に影響されていて
自分が嫌な人間になっていることに愕然としたり、
どうしてこうなったのだろう、と後悔したり。


自分がまだ独身だった時に聞いた話。
ある海外の有名な女優が
「あなたはどうしていつも幸せそうなのですか」と聞かれ、
「私は自分を幸せにしてくれる人としか付き合わないの。自分が嫌な人間になる相手とは縁をきるの」
と答えていた。
当時、それが心に響いて、そういう人間関係をめざしていたのに。

自分は、相手選びに失敗した。(向こうも別の理由でそう思っているだろうけど)
まだ夫が家にいた頃、自分が友人と話していて、ふと感じた。
自分はいつのまにか嫌な人間になっていると。
嫌な物事の捉え方をしている事に気が付いた。
僻みっぽく、妬んだ見方をしていると。
一番自分の嫌いなことをしていた。

本来の自分じゃない、こんな考えでは無かったはずと、
このままだと親兄弟、友人とも縁が切れてしまいそうだと。
それは夫の影響だと気が付いた。
夫に洗脳され、共依存になるところだった。

それ以降、夫に悪影響を受けない様に、意志をしっかり持ち、
子どもへの悪影響も無いように気を張り、疲れていた。

夫に言いたい事は言い、負けない様にしていた。
そう言う事が、夫の計算と違っていたのだろう。

理由をつけてヒモになろうとし、
モラハラで洗脳し「女は黙って男をたてて、尽くすものだ。お前はおかしい、」
と、言い続ければ、自分の奴隷になると甘く考えて居た様だ。
最後には「お袋がそう言っていたから正しいんだぞ」
と言っていた。そう言えば人がいう事をきくと思っていたのが笑う。
(男をたててもいない、尽くしてもいなかった姑がそう言ったなんて~)
CDS_weddings_TP_V

妻を洗脳できず、抵抗され、利用できなくなったとわかったから
ポイ捨て感覚で、また次の寄生する相手を探して
転々としている人生。寄生といっても女性ではなく
金持ちの社長さんだ。

今の夫は、私から見れば、口がうまいだけで、男性的、人間的魅力は感じられない。
男おばさんみたいだし。
最近雰囲気も、言う事も、姑に似て来たかも。
父親じゃなくて母親に?だ。

利用価値が無くなったどころか、
子育ての責任から逃げて家族をポイ捨てしたとは言えず、
仕事の関係だの、家族を食わせる為だの
自分が犠牲になって支えるだのと、嘘の言い訳をしていても
私だけは絶体騙されない。

夫の真実を知っているのは私だけ。

親族や他人は騙せても、私は全てを見て来たし、一番の被害者。

今は夫の味方は誰もいないはずだ。
他人からみても、長年仕方なく単身赴任していると言いながら、
家族を一度も自分の別居先によばず、自宅にも滅多に帰らず、
自宅より遠い誰もいない実家には頻繁に帰り、旅行も自分だけで楽しむ、
そんな男、誰が見ても、家族を大事にしているなんて信じないだろう。

夫が一番怖くて苦手な相手は私だと思う。
嘘は通じず、自分の心の中も見抜かれる気がしているのではないか。

夫は心が折れるなんて事は無い人だと思うが
もし、夫を立ち直れない位に叩きのめすとしたら
私が、これまでの夫のしてきた事を
全て第三者に話し、これまで利用され裏切られた人たち(私の親も含め)から
どれだけ憎まれているのか、
そして一番の犠牲は子ども達であるということを訴えれば、
さぞ、怒り狂って言い訳に必死になることだろう。

夫は、否定しまくり、悪いのは全て相手であり、
自分ほど良い人間はいない、自分が被害者だと叫ぶ。
これまで、都合よく脳内変換しているので、
私が妄想で自分を陥れようとしている、妻として感謝が足りない、
金が目当てか?裏切られたとか、色々わめいて必死でもがくことだろう。

夫が目をそらし、逃げまくってきた、
一番言われたくない弱点を突かれるとそうなる事が予想される。

ムキになればいい。事実なのだからどうにもならない。
人をさんざん傷つけてきて、自分だけは守りたいなんて通じないのだから。
            
                             続く