子どもが、お昼にカレーをテイクアウトして、ご馳走してくれた。
行きつけのお気に入りの店で買ったらしく、
インドの方が本場インドのカレーを作っているそう。

私は、本来カレーがあまり好きではなく、
外食で、カレーを食べたことが無い。

先日、キーマカレ―で、カレーへの意識が変わり
一口でカレーと言っても、
自分が食べて、作って来たカレーとは全く別物であることを知った。

歳をとって、やっとカレーの辛さに目覚めた事で、
今頃、美味しさを知るとは。

前にも書いたが、これまでは、毎日子供達を食べさせていく事が精一杯で
夫の経済的、精神的DVに振り回され、とてもそんな余裕が無かった。

やっと今、ゆっくり美味しい物を味わえる時になった訳だ。
が、肥満、コレステロールなどを気にして、
思い切り好きなだけ食べることが出来ない悲しさよ。( ;∀;)

で、買って来てくれたインドのカレーは、
ナンで食べるもので、
まだアツアツの出来立てほやほやだった。
ナンは、チーズとはちみつが練り込んであり
香ばしい、本当においしそうな臭いがした。

カレーのルーは、私は海鮮にしてもらい、辛さは中間レベルにしてもらった。

海の幸がたっぷり入っており、
ナンをつけなくても、そのままルーをスープの様に飲むと美味しい。
辛さもちょうどよく、甘みと旨みの後に、ピリっとくるだけ。

ナンがふっくらとしていて、太ることも気にせず
バクバクと食べた。
子どもみたいに、嬉しそうに?食べる私を見ている子どもは
満足気な顔。

思い出すと、自分も独身の時、いつも同じ和食メニューばかりの母に
洋食を作ったり、調理道具を買ってあげたりしていた。
「おいしいね、こんな料理があったんだね」
と喜ぶ親の様子を見て「自分が作って欲しかっただけなんだけど」と
内心、母の料理下手に不満があったとは言えなかった。
自分も我が子にそう思われているのかもしれない(笑)
tachiaraiIMGL4745_TP_V

私の中の「カレー」とは違う、別の料理だった。

私が知らなかっただけで、若い人や、年配の方でもこの程度のものは
普通に食べておられるのだろう。

特に夫は、ありとあらゆる美味しい物を食べつくしていると思う。

家族にはひもじい思いをわざとさせて、
自分はまともに食べていないと嘘をつき、節約の演技をし、
実は浪費家だし、特に食べ物への執着が強い。
夫が、食べていないとか、食費の節約とかありえない。

おもいっきり、食べたい物を思う存分食べたいから
家を出て、給料を自分の欲を満たす為に使おうとしたのが一番の理由だろう。

子どものおかずまで奪って食べる人だ。
馬鹿らしい理由だが、夫ならありえる。

子どもの食費を自分の為に使って何が悪いと平気な人だ。

今では、対夫で、私を応援してくれる子どもたちが
美味しい物をご馳走してくれる年齢になった。
こんな幸せは無い。その気持ちが最高のプレゼントなのだ。

夫は、こんな幸せを味わえない。
と言うより、同じ事をしてもらっても、幸せも何も感じない人。
それどころか、ケチをつける。

私が、このささやかな幸せな気持ちを夫が知れば
必ず、陰湿な意地悪をしてくるはずだ。

本当に、夫のいない生活は気分が良い。
いない事が幸せ。