葬儀の日「寂しいだろう、心配だからしばらく一緒にいよう」と思い、
寄り添っていた我々に向かって、
”娘や娘の孫は邪魔だ、帰れ”と言い放った父は、
私が怒っている事位は感じているだろう。気まずいはずだ。
弟の前では、弱味を見せず、格好つけてるから、
娘なんかどうでもいいと平気なふりをし、
弟には気を使っている様だ。

闘病中の母に向かって、
家事ができないなら出ていけと言う様な
女性差別する鬼みたいな人だ。
母の次は娘の私が被害にあっている。
理由もなく、ストレス発散に女性を虐めて来る。
同じ女性でも、お嫁さんは特別扱い。

亡くなる前の母に、弟は無神経な事を言った。
父を嫌う弟だが、根本的には似ている。
最近まで弟は父を尊敬していたらしい。
だから弟にも無意識の差別意識があるのだ。
父を真似していたら、そうなる。
elly181027B004_TP_V

亡くなる数日前になると、母は弟に電話をかけなくなった。
父と弟に不信感を持ったまま亡くなった。
母の長い間のストレスは大変なものだった。
私がずっと愚痴の聞き役だった。

それがもう無くなって、愚痴を聞かされるイライラは消えたが
まさか直接父が私に矛先を向けるとは思っていなかった。
母が亡くなってすぐに、まるで、虐める相手がいなくなり、
母の代わりはお前だと言わんばかり。

離れているから良かった。

父と会うのは控えよう。
今年は、弟がどうするか様子をみてみよう。

その前に、父が留守の時に実家に行って、母の形見を早く持ち帰りたい。
その時は、ホテルに泊まる予定だが、父がいつ留守(僻地の空き家に行く)するか、
こちらの都合とあえばよいが、コロナもあるし、タイミングがなかなか難しい。

自分にとって大事な人は誰なのか。
自分を大事に思ってくれているのは誰なのか、わからない人が多い。

大事にすべき人に意地悪をしたり、冷たくしたり、
利用して捨てるなんてもったいない。

ゴマをすり、利用しようと詐欺師みたいに寄ってくる人を大事にし、
言いなりになる。
本当に心配してくれる人の忠告は聞かず、悪意にとる。
失敗すれば人のせい。

夫を含め、そういった大変な間違いをする人が周りに多い気がする。