家で映画を沢山みていると
以前観たことを忘れて、1年後位にまた観てしまう事がある。
タイトルをいちいち覚えていないので
大まかなストーリーを読んで、面白そうだなと思う物を選ぶとそうなってしまう。

始まると、前に観たなとすぐに気が付く。
それでも面白かったものは、そのまま何度でも観る。

先日観た映画「ゴーン・ガール」は、2年前に観ていた。
ラストがどうだったかを忘れていたので、再度じっくり観た。
      91ix-MN4veL._AC_UL320_
                                                                                                         (Amazonより)
                    
ネタバレになってしまうが、
モラハラ、DVヒモ夫の犠牲になった優秀で 美しい妻の物語かと思いきや、
え~そうだったのか~!というショックを受けるどんでん返し。

ラストが近づくと恐怖を感じて来る。

サイコパス、演技性人格障害の話かなあ。
たまにあんな人いるなあ。
映画程じゃないけど、狙った相手を捕まえる為には何でもする人。
絶対に関わりたくない人。

でも、能力があり、お金を稼ぎ、魅力的で人気がある。
それが表の顔だから、誰もが騙される。
裏の顔を知り、関わりたくないと思っても、
ターゲットにされたら、怖くて逃げられなくなりそうだ。

映画そのものは面白かった。
が、ラストは個人的にはがっかりした。
だから、この映画のラストが記憶に無かったのかも。

2年前もきっと、がっかりしたのだろうな。