昨日の続き。


翌日、陰性だったとの連絡があったそうだ。

 ならば、これから診察してもらえるかと思ったら
「まだ、咳はでますか?」と聞かれ
たまにコホンと出る程度ですと答えたところ、
「なら、完全に咳がでなくなるまでは、診察出来ません。」
と断られたそうだ。

肋骨の骨折かもと思う位、痛いのに診てもらえないとは。

なら何のための検査だった?

陰性なのに、まだコロナ疑いで診察拒否されたわーと不満気に話すご近所さん。

保険で安く検査を受けられ
陰性が確認できたのは良かったが、
一番の苦痛と不安に対処してもらえなかったのはどうなのか、と
複雑な様子だった。

痛みは、激痛は少し収まってきたとかで
結局、このまま病院に行かずに済むかもしれないのでまあ良かったが。
かかりつけ医にも、痛みの話はしたが
特に検査もせず、だったそう。
専門外だからかなと思い、整形外科に行ったという訳で。

もし、重大な病気や怪我だったらどうなっていたのかなと
他の病院に行けということかしら、とぶつぶつ。

1800円の支払いは、2週間後にするか、振り込みでと言われたそう。
徹底している。

人から聞いた話なので
自分もこの病院の事は正確にはわからないが
何だか、おかしな話だなと感じた。

shikun81421089_TP_V


「かかりつけ医で咳は診て貰った」と書いた問診票を見て、
取り急ぎ手当をする必要はないだろうと
この病院では判断したのかもしれない。

それとも、受付の人が
マニュアル通りに、事務的に答えたのかも?

とにかく、風邪っぽい症状がほんの少しでもあれば
診察しないということ?
検査して陰性でも?

それだけ、病院での感染を防ごうとするのは正しいし
高齢の入院患者さんも多い病院なので仕方ないのかもしれない。

かかりつけ医は、別室に入れてくれ、
防護服で診てくれたというし、
いかに良心的かを感じる。

コロナ禍で、色んな方面で色んな対応をし、
人の受け止め方や行動の仕方も別れたり、
これまで見えていなかったものが見えて来た。
特に、政治というものがいかに国民の命と生活に影響を与えるかを実感する事となった。

とりあえず健康維持の為に、
私は毎日、ラジオ体操第1と第2をやっている。
汗が吹き出し、結構良い運動になっている。