友人から、ラインがきた。
別の友人に、二人目のお孫さんが生まれたとのこと。
その文の中に
「内孫で長男がやっと産まれたらしいよ」
という言葉があった。

このラインをくれた人は私よりも若いのに、古臭い表現をしていて驚いた。
この時代に、内孫、外孫、長男がやっと生まれたとか、
(すでに上に女の子の孫がいる) 
そんな事を気にする人がいるんだと驚いた。
おそらく、当事者もこの人も同じ感覚の持ち主なのだろう。

内孫、外孫という言葉は、
私が最初に出産した時に、両親が何度か口にしていたが、
すぐに言わなくなった。
世間とは真逆の対応をしていたせいかもしれない。

内孫は、跡取りの子、親と同じ名字の子。自分の家の子。
外孫は、娘の子、よその家の子、ということ。

結婚は、男女同等であり、男女、順番関係なく親の相続人である。
はるか昔の法律と今とは違う。
古い考えに執着している人がまだ存在する。

私が見て来た中では、
内孫は自分の家の子だから、遠慮しない。
外孫は、娘の旦那さんに気を使い、丁寧に扱う、みたいな
娘の家族はお客様、みたいな対応の家が多かった。

うちの親は、真逆で
私の事を、口では、嫁に出したからよそ者と言いながら、
使用人の様に遠慮なく扱う。
息子の方は、自分の家の人間と言いながら
お客様扱いしていた。

NS725_akacyannote_TP_V

外孫であるはずの私の子に向かって、
「あんたたちは娘の子だから、軽く扱っていい。息子の子はお客様だ」
と平気で言っていたのだから大きな矛盾があった。

いつしか内孫だの外孫だのと、我が親は、一切言わなくなった。
可愛さはどっちも同じ、関係ない、と言えばいいだけの事。
差別しようとするからそうなる。

母は、亡くなる直前には、そう言った行動は無意味だったと
後悔していた。物事の本質が見えた様だった。
それだけでも、私は救われた。

話を戻し、若いのに友人達が古臭い言葉を使うのは、
そんな男尊女卑的な考えを持っているからなのだろうか。
そういう環境で育ったからかな。
私みたいに、いじけたりせず、幸せで、
素直に受け入れてきた人なのだろう。

かなり前に、孫が生まれる度に「男の子でないと駄目だ」とか、
「また女か」と平気で言うお爺さんが近親者にいた。
腹が立って仕方が無かった。

「こんな大変な時に、無事に産まれてきて本当に良かった!」
それでいいよね。それで充分だと思う。