両親が夫婦であちこち旅行に行っていた事一つとってみても、
自分には全く縁が無かったなと思う。
その代わり、子ども達との思い出が沢山あるからいいし、
あんな奴との思い出なんて消したい位だ。と思う。

そういう結婚生活を、話し合いも無く、家族の意見も無視し、
夫が一方的に押しつけてきたという事に腹が立つ。

結婚前、夫は、嘘八百並べていた。
「新婚旅行はどこに行きたい?連れてってやるよ。
夫婦で旅行、これからも行きたいね。僕、旅行好きだから連れて行くよ」
などなど、勝手に盛り上がっていた。

よくあそこまで嘘をつけるものだなあと思う。病的だ。

内心人のお金をあてにしており、騙していた訳だ。
おそらく、夫の中では
「まあ、素敵!そこまで思ってくれるなら、費用は全て私が出しますわ。
あなたは何もしなくて良いのよ。私が尽くします」
とかなんとか、私が言うとでも妄想していたのだろうか。

自分にそれだけの凄い魅力があると自惚れていた?
あほだろう。

「連れて行ってやるよ」は
「お前に、俺様を連れて行かせてやる」
という意味だったわけだ。
その凄い自惚れはどこから?

今では、平然と私に「お金をそっちがだすなら行く」と言う。
プライドが高いくせに、みっともないことばかりする。

そして、お金が無くて困ってる演技ばかりする。
(お金持ちでは無いが)演技するうちに、
見た目も言動も貧乏臭いおっさんになってきた。
これが、心まで貧しくなったと言うことなのかな。

お金が無いと言いながら、自分だけでこっそり帰省したり、旅行に行っている。
パチンコや悪徳商法にもお金をつぎ込んでいる。

人から奪う時は、貰って当たり前という態度。
夫が人にお金を出す時は、ターゲットを騙す時。
利用して、何倍にもして返してもらうのが前提。

本来自分は、人の上にいて、
全ての人が自分の為に奉仕して当たり前と思っているから、
ちょっとでも自分が何かすると、
この俺様がやってあげたんだぞ、と思っている。
susipakuAB821PAKU5707_TP_V4

これまで、色んな人とトラブルを起こし、
裁判までやった夫は、常に言葉で人に勝つことばかりが頭にある。

私が離婚調停にしたり、誰かに夫の不満を訴える事も夫は想定している。
勝つ為の言い訳を準備していると思う。

例えば、生活費もださず、学費も知らん顔だった苦しい時期に
「旅行にいきたいね」と夫がわざと言ってくる。
「何言ってるの。そんなお金があるなら生活費を出してよ」
と私が怒るのをわかってて、わざと言ってくる。

そして、離婚話になった時、この時の私の言葉を使うのだ。

「いや、僕は妻をいつも大事にしてました。旅行に誘っても、妻の方が嫌がっていたんです。」
とか、自分の行動は美化して、全て妻が一方的に拒否したから
何もできなかった、と人のせいにする作戦。

その為の準備として、色んな私の言葉を切りとって使える様に
小細工をするのだ。そういうずる賢さだけ頭が回る。

夫は、精神的に、妻子と他人の区別ができない。
こういうやり方は、他人にも頻繁にやっている。
だから、夫のやり方はよくわかる。

都合よく相手の言葉を切り取り、
何も知らない人に、その人の悪口を吹き込む。

おそらくむこうの親族には嘘八百言っているだろう。
夫の親族とはもう会う事もないと思うからどうでもいいが
私が夫の近くに行くと、真実がばれるので
会わせないし話題にもしない。

全て、夫の1人相撲みたいなものだ。
普通に真面目に、誠実に生きていればよかったのに。
本当に迷惑でしかない。

それでも、自分は正しい、素晴らしいと信じて
敵を増やしながら生きていくのだろう。