母の初盆。
コロナ禍で私は帰れず、
結局父からも何も言って来ず、
弟からラインで報告があっただけだった。

母の気持ちを伝える手紙も
結果的には何の効果もなく
今の父には、何を言っても無駄だった。

が、かといって、
弟の様に言いたい事も言わず、
御機嫌取りばかりする考えは反対だ。

言わないで同意するという事は
父にとって、自分は絶対正しい、子は自分の言いなりになるものだと
認めることになる。

そんな風に、父を騙して
裏で「ストレスが溜まる、嫌だ」
と文句ばかりいうのをこちらも聞きたくない。 

自分の意見を言った上で
父が自分のしたい様にしたのなら諦めもつく。
何より、我々、子ども達の考えを伝えることに意味があると思う。

病院に行くほどの認知症でもなく
年齢に応じた脳の老化、本来の頑固でDV体質だったのが
更に悪化したというレベル。

弟が、何も言わず、現実逃避しているのは
奥さんに対しても同じ。
そのせいで、どれだけ両親に迷惑かけたり、
裏切られた思いを与えたことか。
その事実からも目をそむけ、謝る事も無い。
甘やかされ、我儘だということ。

弟は父と揉めるのが面倒。
見て見ぬふりをして
時が過ぎるのを待つ、というタイプ。
そんな2人だから、こうなる訳だ。
まさか、母もここまで冷たいとは思ってもいなかったと思う。
fjk85s24040_TP_V

父は、初盆をやっていないどころか、
お盆の間、家を留守にしている。
母が帰ってくるのを迎える気も無い。
納骨だけさっさと済ませたらしい。
嫌がっていた場所に。
母の嫌がることばかりやっている。


せめて、実家で母を迎え、初盆の弔いをして
その後、納骨ならまだ諦めがつく。
それもしないで、自分のやりたい事優先の父。

父自身は、よかれと思って
しっかりやっているつもりなのだろう。

が、自分のしたいことしかしない。
したくないことはやらない。
母の為にと供養をする気持ちが無いのだろうか。
父がわからなくなった。

山奥の荒れた父の自分の古い実家への執着。
母にとっては、嫌でしかない父の実家。
その山奥の墓にお骨を強引に入れた父。

弟も一緒になって実行した。

こりゃ、母は成仏できるのかと心配になってきた。

生きていたら今頃私に父と弟の愚痴ばかり言っていた事だろう。

母の親族から、私に連絡がくる。

母の親族も父に怒っている。

昔の話をきいていると納得がいく。
そういう家柄なのだ。父の家は。

何だかんだと裏で文句を言う弟も
実は父の性質を一部継いでいる気もしてきた。

私は、毎日母の遺影に向かって話しかけている。
「家に帰っても寂しいでしょう。いつでもうちに来てね」