ワクチン1回目の時、嫌な痛みがあって 
ビリビリ痺れたのは、あまり良くないことらしい。

針を刺された時に
「痺れませんか」と聞くのは、痛いのが良くないからだそうだ。

「痺れています」と言っても、
「そんなものですから」と笑顔で言われたが、
なら何故、聞いたのかなと思った。

痛いのは神経に針が刺さる場合もあり、
後遺症が残る可能性もあるという。
ellycollection008_TP_V

刺した時に「痺れませんか」と聞かれるのは
その事故を避ける為なのだろう。
痺れると言えば、注入をやめるか、浅く入れ直すのだろうか。

私の場合は、大人しくしていたからか?
痺れると言っても、そのまま続けられた。
看護師さんの感覚で、この人は大丈夫だろうと判断したのかな。

打った後も、しばらくは指先まで痺れがあり、むくんだ感覚と
腕全体がマヒしたような感じだった。

翌日はとれたから良かったけど。

痛いのが全て失敗では無いだろうが、
危険と隣り合わせなのは確かな様だ。

2回目があまりにも無痛だったし、
比べると、1回目は深く刺された様な感覚だった。

腕に力をいれたらいけない、
腰に手をあてたらいけない、神経にささりやすいからと
聞いたが、私は力を抜いて、だらんと下げていた。

まあ、無事だったから良かった。
何故、痺れませんかと聞かれるのか、理由がわかったから良しとしよう。

抗体は3カ月ほどで効果が弱るという統計もあるし、
2回打った後でも、油断はできない。

五輪後の感染者数が怖い。
テレビが異常に五輪ばかりで、
ニュースもまともに見れない。
五輪が終わったら、手の平を返した様に
コロナが激増した、医療逼迫だ、大変だ、
外に出かけた国民が悪いとか言われそうだな。