父が母とのなれそめを長々と話した時を思い出す。

嬉しそうに、にやけて?話す。
弟には話さない。私だけに。
母の醒めた話し方とは正反対。

弱い立場に置かれてしまい、
縛りつけられてしまった方は当然後悔する。

亭主関白で、こういう父親は昔は多かったと思う。
 
母とやっと結婚できた父は、変わったのだろう。
母より強く、亭主関白に。
結婚する前までは、どんなにいい格好していたことだろうか。

父は、母に一目ぼれをした。
詳しくはわからないが、結婚前に、母は一時、父から離れたという。
県外に引っ越したのだ。
叔母さんの自営業を手伝いに行ったと言うが
もしかしたら、最後の迷いがあって、冷静になる為?

で、父が言うには
「仕事でたまたま母が引っ越した先に行った時に
母に会いに行ったんだよ。
結婚する時は、迎えに行って、一緒に帰って来た。」
と嬉しそうに話していた。

遠くに行けば、父があきらめると思ったら
何度も会いに来て、プロポーズをしてきたから
母も熱心さに心を動かしたのかな。

でも、その後の父の言い方にむっとした。
「結婚をうちの親が反対したんだよ。あんな家の子にうちの嫁がつとまるかと。」
「でも、姉が賛成してくれて、親を説得してくれたから結婚できたんだ。」

あんな家の子?母の実家の方が父より名家だったし?。
家なんて、どうでもいいこと。
昔はつまらない事で反対する世の中だったわけだ。

PAK25_turubaranodo-mu_TP_V

私はそんな事を考えて居たが
父は何のこだわりもなく、にこやかに話していた。

とにかく、父は母との結婚話を嬉しそうに話す。
全く後悔なんかしていない。

父は、夫に比べればずっと良い。
父は、やるべき事はやっており、責任感もあった。

「仕事を何度やめようと思ったか、でも家族の為に踏ん張った。」
と定年退職の時、しみじみと話していた。

母は「あそこにまた住みたい、私はあの街が好きなの。」
と良く口にしていた。
父が結婚しようと迎えに行った、母が引っ越した県外の土地。

偶然にも、今私はそこに住んでいる。
色々引越して、ここに落ち着いた。
本当に偶然に。
これまで何度かうちに母が来ていたし、
亡くなる前の、最後の旅行は我が家だった。

「最後に○○にいけて、本当に良かった。有難うね」
と何度も言っていた母。

母は実家ではなく、今も我が家に居る気がしているが、
母が住みたい土地だったのだからこれで良かったのだ。

いろんな事が、後から繋がっていく感じがする。