今朝は、早く目が覚めてしまい、
涼しいうちに何かしようと思って
先日片付けた物置のチェックをした。

物置というか、押し入れなので
棚が無く、段ボール類を押し込んでいるだけ。

棚を作り、綺麗に並べれば探し物をする時わかりやすいのだが
今の自分にはその気力が無い。

一度、押し込んだ中の物を全て出し、
箱を入れ直した。

不要な物の捨て忘れがないかのチェックも兼ねて。

あまり朝から張り切ると、
これからの活動に差し支えるので
この暑さだし、またどこか痛くなると嫌だし、
ほどほどにと自分に言い聞かせながら。

思ったよりすぐに整理し終わった。
片付けながら思うのは、
これらの物を処分する権利は子ども達に渡すのだということ。

私に何かあった時、いつかここを整理する日が来るのだろう。

「母親がこんな所に置いていたんだ」と
自分達の懐かしい思い出の品を見ながら
片付ける姿を想像してしまう。

実家の事が気になっているから尚更だ。

今、コロナと父との確執で、
母の形見分けや荷物の片付けが出来ない状態だが、
前回実家にいた間、母の許可を得て
母の部屋を少し片付けて来た。
父の様子を見ていると、
勝手に処分しそうな気がしたので
母が大事に持っていた物は一部預って来た。

母に「今のうちにあなたに渡したいから持って帰って」と言われた物もある。

takerukuma0148_TP_V

母の荷物の中に、マジックで包み紙に
「これは○○(私の名前)の物」と書いてあった。
誰かが黙って持って行かない様にと母が書いていた。

その字を見たら、涙がでてきた。

母が生きている時は、
「誰も持って行かないから、わざわざ書かなくても大丈夫よ」
と笑って済ませていた。
が、予感していたのだろうか、
母がいなくなったら、
誰かが、勝手に持ち出したり、捨てたりしそうな雰囲気になってきた。

母の字で、私の物と書いてあれば、
誰も触らないだろう。

そこまで心配してくれた事、亡くなってから感じる母の可愛さ。

父が、母の部屋をかき回し、引き出しをいじり
何がどこにあるのか訳が分からなくなっている部分もあるそうだ。
弟は、裏で騒いで、私を不安にさせるだけ。

ワクチンを2回打ち終わったら、
近いうちに実家にいかなくちゃ。

最近、たまに母が来ているなと感じる時がある。

何か訴えたいのだと思う。
お墓のことが一番嫌だよね。
父と私の関係のことも気にしているはずだ。

何やかんやと私に言うだけで、かき回すだけの弟にも、
「しっかりしなさい」とはっぱをかけている気がする。

今朝、母が来ている気がして仕方がなかった。
右の胸が痛いのも、そう言えば母と同じだな。

そう言えば、もう一つ、不思議なことを思い出した。
続きはまた明日。