夫と縁を切る時は
慎重に内密に準備をしっかりした上で
色んな反撃を想定し、タイミングを選んで実行したい。
現実にはどうなるか、
突然、夫の家族というだけで、とんでもない迷惑を被り、
ドタバタと縁を切る様な事態になるかもしれないし、
どうなるかわからない。

いざそうなると、加害者側の人間が
自分は被害者だと言いそうな気がする。
「酷い、こんな素晴らしい夫の俺様を裏切るなんて、悪妻だ」
などなど、自分が1円も失わない様、自分に責任がこないよう、必死になるだろう。
人間の小ささが露わになる。

「仕事や人間関係や家庭がうまくいかないのは
周りの人間が、嫉妬し、足を引っ張るからだ。」
「自分の能力を活かしきれないのは、社会が悪いのだ」
と夫は言い続けて来た。
都合よく、記憶をぬりかえるので、
話すだけ無駄だし、更に怒りが増すだけ。
elly21515C1855_TP_V


もう引き返せない。考えも生活習慣も、生き方そのものがあわない。
夫の生き方に合わせたら、ろくでもない事になる。
実際、同居中は、夫はトラブルばかり起こし、家族を巻き込んできた。

コロナは風邪、ノーマスク主義な事を家族には隠し、
ワクチンを打ったと嘘を言い、
そのうち抜き打ちで帰宅するつもりだろう。
絶対に拒否したい。
人に迷惑をかけず、さっさと自分自身で感染体験して
本当にただの風邪なのか、試せばいい。

そもそも、これまで、夫は実家を逃げ場にし、
帰る場所は親の元だと言っていたのだ。
子育てが一番大変な時に無視するどころか、嫌がらせまでしていた。
絶対に忘れない。

子育てが終わり、親がいなくなった途端、
ここを俺様の家だと言われても今更困る。

夫は、都合の悪いことは
記憶から消していて、気楽に生きている。

DV被害者は、過ぎたことだからと忘れようとしたり、
許そうとしてはいけない。
その隙に入り込まれ、再び利用されボロボロにされて
命まで縮められる。

完全に縁を切るまで、用心しないといけない。
それが、人格障害者の怖さだと思う。