蝉がすぐ近くの木にとまって鳴き出している。
また夏が来たんだなあ。
昨年の今頃もコロナ騒ぎで
今よりも緊張感にあふれていた。

母は、まだ元気で、定期健診でも異常は無く、
このまま何とか年月が過ぎればいいがと弟と話していた。

まさか、コロナ禍は、今年になってもまだ何も変わらない、
ワクチンを打てる様になっただけ。
東京都、感染者数が千人越えで、まさかのオリンピック。
そして母はいなくなった。
好きだった知り合いもいなくなった。

まさか、まさかの出来事が起きている。

 

肋骨は、まだむずむずはするが、
さほど気にならなくなった。
昨夜、色々身体を観察してみたが、
皮膚は全く異常無し、触ってみてもしこりや痛い所も無し。

ただ、脇を触ると、少し神経痛みたいな感じ。
肋間神経痛になりかけなのだろう。

右の肋骨に沿って、違和感があるから。
背中側から神経痛が響いている感覚。

まだ、痛みを感じるほどではない。
068mushi20419_TP_V

原因は、湿気と冷えだ。思い当たる。
それと、姿勢、筋肉の凝りもある。

歳をとってくると、色々出て来るよと母が言っていた。

私の場合、大きな病気はしたことが無いが
精神的な事が原因で、不定愁訴に悩む事が多かった。
もし、夫が出て行かずに、同居のまま、ずっと嫌がらせを受けていたら
今頃、どうなっていたことか。

結婚相手を間違うと、命を削られるかも?という事だろう。

コロナで夫に会わずに済むという安心感。

母が足の手術で入院していた時、
実家に帰り、父の世話をしながら、
母に会いに行き、お喋りをして帰るのが楽しかった。
あの時の父は、今とは別人で優しかった。
娘といるのが嬉しくてしかたないと言う感じがしていた。

どうしてこうなったのだろう。

同じ夏なのに、今年は寂しい。