我が子が、職域接種で1回目のワクチンを打った。
「痛くも何ともなかった。注入された感覚も無かったし、腕も痛くない。」
と、私の体験よりも軽いと自慢気だった。

ところが、翌日の夕方というか夜近い時間になって
急に、腕の痛みが始まり、悪寒と倦怠感が襲った。
熱を測ると37,3度。

厚労省では、発熱の基準が37,5度以上らしいので
統計では、これは発熱には入らない様だが、
本人は結構きつそうだ。
食欲も無い。

そのままベッドに入り、翌日の朝は平熱に戻った。
夜中はだるくて、きつかったと言う。

仕事に行ったが、昼間にまた倦怠感と微熱がでたようだった。
頭がぼーっとしたが、動けないと言うほどでは無かったので
普通に仕事はできたらしい。

その日の夜も37,3度だった。
バファリンルナを飲んで、早めにベッドに入った。
翌朝はすっきりし、熱も下がり、副反応は収束した様子。
elly21515C1872_TP_V

20代は、やはり副反応が強く出る様だ。
微熱だし、すぐに収まるが、
気分は良く無さそうだったので、傍から見ている方も心配する。

接種した日から2日目に表れ、3日目も熱があり、
4日目の朝に落ち着くというのは、長く感じた。
微熱は、発熱にカウントされないので、統計の数字より、
実際にはもっと多くの発熱した人がいる事だろう。

コロナに感染するよりはずっとましなのだが、
症状が落ち着くまでは、後遺症や急変が心配だ。

1回目からこうだとすると
2回目はもっと強いかも?

自分の2回目も近いので、不安になってくる。

効果は6カ月程で弱くなるとかで
3回目をうつと、5~10倍の効果があるとか。

3回うつなら、10年位、効果が続いてほしいものだ。
毎年、こんな思いで接種するのは苦痛だ。

来年は、1年に1回で済むのかな。