断捨離の続きをしたいのだが、
この湿度と暑さで一時停止中。

普段、よく使う物置はざっと見渡し、
その中の自分の物は1部処分した。 

問題は、普段開けない物置。
ここもほとんど子どもの物。
幼児期のおもちゃや道具、部活の道具など。

処分するには子ども達と一緒に片付けないと
勝手に判断できない。

とりあえず、自分で判断出来る物はどんどん捨てたい。

開かずの物置の奥の方を見ると、段ボールが数個ある。
何年か前に整理したはずだが、
中に何を入れたのか全く覚えていない。

奥の方なので、手前の物を外に出さないと届かない。

かび臭いし、埃っぽい。
これは、本気を出してやらないと
そう簡単ではないなと思う。

天気の良い涼しい時間に
窓を全開にして、マスク、手袋して
雑巾片手に頑張らないと、と先延ばし。

以前の片づけの時は、
その段ボールの中の物は、捨てられなかったのだろう。
子どもの物かもしれないが、
このかび臭さでは、捨てても良いだろう。

とりあえず、中を確認しないと進まない。
気持ちだけが焦り、なかなか実行できない。

KAZ88_gakuajisai_TP_V

今より忙しかったはずの若かりし自分は、
思い立ったら、さっさとやっていた気がする。

最近の自分は、思っても色々考え、
気が散り、後回しにしてしまう。

気力、体力が本当に弱っている。

実家の片づけの事を考えると、父がこのまま長生きすると
実家はどんどん荒れていくことだろう。

私が、定期的に通って、手入れをする予定だったのに
まさかの状態になったし、
弟はどんなに荒れても、見て見ぬふりをするだろう。

父はわかっていない。
自分より、子どもが先に倒れるかもしれないということ。
そして、いざとなった時、
親身になって世話や心配するのは息子と息子の妻子ではなく
娘と娘の子たちだということ。

自己愛の人は、自分にとって幸せが何なのか、
何が大切なのかがわからないみたいだ。