実は、こういう事を母は予測していた。

亡くなる前に「(弟が)勝手に持ち出す前にあなたが全部持って行って。
いずれ娘に渡すつもりで買ったのだから」
と母に言われ、以前から少しづつ、形見分けとして母が私宛に送ってきていた。
亡くなる前にも、「今のうちに○○にあるアクセサリーは全部取っておきなさい。」
と母から言われていた。

我が子も、遊びに行った時に形見分けを貰ったと言っている。
「大事にしてくれる人にしか、あげたくないの。」と言っていた。

母が、弟に形見分けをしたくないと言ったのには理由がある。

弟は、母の手編みのセーターを全て捨てた。

母は若い時、編み物のプロ?だった。
働く事を許さないDV気質の父には
趣味でやっていると嘘をいい、こっそり稼いでいたらしい。

と言っても、あまり沢山はできず、
家計の足し、自分の物を買う時のへそくりにしかならなかったと言っていた。
編み物教室もできるほどの実力で、教師免許も持っていたのに
父は母を家に縛りつけた。

「女は男より劣っているんだから、夫の奴隷になるべき」と言った父。
(本当は母の有能ぶりが怖いだけ、威張りたいだけだろうが)
母の編んだ物は、良質なウールで、デザインも出来上がりも良かった。

母に頼むと、自分のデザインした通りに編んでくれるので
学生時代から喜んで着ていた。
ジャケットからスカート、ズボンまで編んでいた。
デパートから注文を受け、結構高値で受けていた。

なかなか服を買って貰えなかった私は、夏はサマーヤーンで、
冬もウールのニットスーツを編んでもらった。

学生時代も、服を買うお金が無く貧乏だったのだが、
何も知らない友人からは「凄い、オーダーメイドのニット着てる!」と
褒められ、それを母に言うと、とても喜んで、どんどん編んでくれた。
なので母の編み物にはかなり救われた。
着なくなっても、絶対捨てられない。

で、弟は、「飽きた。もう着ない」と言い、母の目の前で捨てたらしい。

母はショックを受け、
「着なくてもいいから、形見として持っていてほしかった」
「私にわからない様に処分すればいいのに、無神経すぎる」
「お嫁さんに気を使ったのかも。もう絶対あの子には自分の形見はあげられない。
簡単に人の心の入った物を捨てる神経がわからない」
と私に泣きそうな声で言った。
他にも、色々弟の家に買ってあげた物を奥さんに捨てられた事があったらしい。
(そうやって甘やかすからだと注意しても聞かない母)

母の悪いところは、弟にはご機嫌伺い、いいよいいよと良い格好をするところ。

裏で私に愚痴るだけ。本人には伝わらないし、価値もわからないダメ男になる。
親として、息子に言えることは言うべきだった。
私にはずけずけと罵るのに。息子と娘への態度が全く違う親だった。

その差別が、結果自分に正反対の結果をもたらした。

無神経な、親のお金をあてにするような人間に弟を成り下げたのは母自身だ。

SHI83_kuri-muironosekai_TP_V

弟も、セーターは捨てたのに、貴重品は欲しがるなんてなあ。

お金になりそうな物だけを形見と言うのか。

私はお古でも、母の物を使いたいと思う。
弟は女物を使う訳ないし、おそらく、売ってお金にしたり、
嫁や娘にあげればいい格好できると思っているのかも。

それは間違いだと気が付いていない。
贅沢に慣れた嫁と娘が喜ぶ様な、高価な物は何もない。
それに…弟の家は豪邸だが、掃除もせず、汚い。
物を大事にするイメージが無い。
持ち帰っても、ポイと置きっぱなしにしそうだ。
そしていつしか、奥さんに捨てられる、でも気が付かない。そんな気がする。

母の私物は、私がお土産にあげたり、記念に贈った物ばかり。
母が父に遠慮して何も買わなかったから
私が独身の時から、プレゼントしてきたものを母は大事に使っていた。
服、バッグ、下着から帽子、財布、ネックレス、腕時計もそうだ。
弟は親にお金は使わないし、むしろ貰うのが当然と思っていた様だ。
弟夫婦の方が、親より何倍も裕福なのにだ。

お金の使い方が普通と違うのだろう。
そうさせたのは親にも原因がある。

母が私に形見を全部あげたいというのは
思い出を渡すと言う気持ちもあるだろう。

「嫁や弟孫にあげたって、捨てられる気がする」と言っていた。

これまで、長い間、孫の世話から何までしてあげて尽くしてきたけど
心の通い合いが何も無く、思い出も残っていない、
嫌な思いしかない、との事だった。
弟は心の持ち方が、私とはどこかずれている。


                               続く